Archive for 11月, 2017

11月-21-2017
Filed Under (新入荷) by wsrecords

ノルウェーのガールボーカルパワーポップパンクDAHLMANNSのAndreから日本ツアーがしたいという連絡がまた来て、今何やってんだろうと思ったら結構新作リリースしてたんで早速入荷をばしました!YUM YUMSのギタリストAndreが奥さんと組んでいるバンドですよ。YUM YUMSを女性ボーカルでやってる感じです。

いよいよ明日はCHEERS RADIOなんで時間ある方は聴いてちょうだい!19:30頃から放送予定です。

DAHLMANNS “FOREVER MY BABY” CD

2017年作2曲入りシングル。今作では再びパワーポップ路線に戻ってきてると思いきやこのところ多くのバンドへ曲を提供しているTHE DICTATORSのAndy Shernoffによる2曲。ウキウキとさせつつもホロッとさせる名曲”Forever My Baby”と、完全泣かせに来てる”The Last Time”を収録。素敵です。(O)

DAHLMANNS “PLAY IT (ON REPEAT)” CD

2016年作2曲入りシングル。タイトル曲夫婦共作なのかよ、思いっきりニューウェーブバンドのカバーかと思ったよ。しかし、すげー良いメロディー書くな。これは確実にYUM YUMSファンは大好きだろうよ。どっちかっていうとVIBEKEのアルバムみたいかな。もう1曲の”Do You Want Crying”はKATRINA AND THE WAVESのカバー。早くMortenと仲直りしてYUM YUMS戻ってください!(O)

DAHLMANNS “GIRL BAND” CD

2015年作2曲入りシングル。今作はMichael Chaney作曲の”GIRL BAND”とMEN WITHOUT HATSの”POP GOES THE WORLD”(80’sニューウェーブの名曲っす)をDAHLMANNS流にアレンジ!で悔しいかな特にひねってもいないんだけどやっぱり良いんですよね。(O)

DAHLMANNS “HE’S A DRAG” CD

2014年作2曲入りシングル。”HE’S A DRAG”は現在スペインに移住中のKURT BAKERが書き下ろした曲なわけで、それを女性ボーカルが歌うんだから悪いわけないじゃないですか。もうこの時点でありがとうです。でもう一曲は何故になんだけど、ABBAの”RING RING”のカバー。しかしこれもしっかりとDAHLMANNS流パワーポップパンクに仕上げています。(O)

DAHLMANNS “FOREVER MY BABY” Tシャツ

新作”FOREVER MY BABY”に合わせて限定で製作したTシャツです。ボディーはGildan Heavy Cotton。ボディーカラーはグレーでプリントはフロント。サイズはSmallとMediumあります。

THE STANLEYS “S/T” CD
h
DAHLMANNSとのスプリットで一気に知名度上げたオーストラリアのパワーポップバンドTHE STANLEYSの11曲入り1stアルバムがお値段お買い得なUS盤でも登場。もう世界中のパワーポップブログで絶賛されてるように無茶苦茶ポップでホロ苦くてキラキラなサウンド!90年代以降のパワーポップファンは無視しちゃ勿体ないよ!THE POSIESのKen Stringfellowもお気に入りなんですよ。5曲目の”Always”がお気に入り!(O)

THE GO WOWS “GIMME SOME FUN” CD

テキサス州オースティンのパワーポップバンドTHE GO WOWSの12曲入りアルバム。コメントはあとで。

こちらも再入荷!
DAHLMANNS “ALL DAHLED UP” CD
DAHLMANNS “DUMB ME DOWN” CD
DAHLMANNS “4 TRACK ep” CD
DAHLMANNS “3 TRACK ep” CD
VIBEKE “FROM ALL OF ME” CD
VIBEKE “THE WORLD FAMOUS HAT TRICK” CD

SHOP(通販)はこちらから




11月-21-2017
Filed Under (新入荷) by wsrecords

CHINESE FOOBALLの招聘や2 sick worryでドラムを叩いているイマキンさんのimakinn recordsからこんにちは!SHIPYARDSのしのざわが加入して話題になっているV/ACATIONのニューシングルでっす!

V/ACATION “Your Name Here” 7″+mp3

SUPERDUMB、チーターズマニア、DIEGO、ffeeco womanなどのバンドのメンバー在籍。Less Thanks TVから1stアルバムリリース、それからMETEO NIGHTの出演などでお馴染みの東京のストレンジハードコアバンドV/ACATIONにshipyardsのナーバス篠沢がベースで電撃加入し産み落とされた6曲入りのニューシングル。これが初の7″リリース!アートワークからMINUTEMENを彷彿させてくれるけど、やっぱりMINUTEMENやBIG BOYS、DEEP WOUNDなどといった一筋縄ではいかないヒネクレた構成ながら意外にポップさも感じられるよ。1曲目はボストンのPROLETARIATを彷彿させられた。B面の1曲目では驚きのオルタナインディーアプローチなサウンド。これは篠沢の加入の影響なのかな?!shipyardの篠沢とのギャップも聴いてみて!(O)

SHOP(通販)はこちらから




11月-21-2017
Filed Under (新入荷) by blackie

USモノの再発ももう尻つぼみだろなと思ってましたが、これはハードコアだけじゃなくメロディック狂にもたまらない音源のリリース!!!3枚組ボックスも魅力はあるけど高いし絶対全部聴かない(笑)だからこの5曲を爆音で聴こうぜ!!!

HUSKER DU “EXTRA CIRCUS” CD

これさ、もう四の五の言わずジャケだけで買いだよね。今となっちゃブートより楽にツベで聴けちゃったりするから“レア音源”とか言う言葉は必要ないけど、間違いなく最高!いや最強。82年のクリスマスに録音されたメロディック狂にとってはアンセム的音源『METAL CIRCUS』のアウトテイク!しかも無くなってしまったと言われてたマスターが発見されたとか!82年当時の状況を考えてみても、NECROSやNEGATIVE APPROACHにタメをはる怒りに満ちた音、音、音!!!これがハードコア。スピードだけじゃない魂の叫び。これ聴いてたらデトロイトの連中も口あんぐりだっただろね。そしてHUSKER DUの本領が発揮される3曲目の“WON’T CHANGE”。フルテンの五月蠅すぎるギターが、哀愁ギターに変わる瞬間!この音がなかったらUKメロディックは生まれなかっただろうしね。これは作品としてとても素晴らしいリリースですわ。ありがたい!しっかし!レーベル直販のみで買えたボックスセットにはこの5曲の7インチ・バージョンが付いてたんだけど即完!!!しかも2ndプレスからは付かない!!!あぁぁぁぁぁ欲しい!!!ですよね門脇さん。。。(R)

SHOP(通販)はコチラからでありやす!




11月-20-2017
Filed Under (新入荷) by wsrecords

もうこの寒さは何なのってところにこの季節にぴったりなUKメロディックの新作が到着!!CHEERS RADIOは今週の水曜日19:30頃から放送予定!

HEADSPARKS “VS THE METRIC SYSTEM” CD

GAN、SERVO、DON FISHERのAndyによるHEADSPARKSの3rdアルバム。12曲入り。先日の来日ツアーは相当良かったようで行けなかったのホント残念。ついにAndyの生ギター聴けると思ってたのにさ。。。これまで同様、完全なるAndyサウンドなUKメロディックワールド炸裂。2ndよりも1stの頃の疾走感があっていいね。2ndの地味な感じも良かったけどね。90年代のCrackle!なUKメロディック好きならば安心して手に入れてください!うん、やっぱりジャケはこんな感じなんだね(笑)ホントこのバンドのジャケはサウンドを想像させるアートワークにすればいいのにと思うけどそれも味なのかな?(O)

TONOTA 80 “KILLER SANDS AND BEATING HEARTS” CD

UK激渋メロディックバンドSTROOKASのメンバーによるTONOTA 80も12曲入りの2ndアルバムをリリース。相変わらずの地味さは健在(笑)前作同様、後期HUSKER DUに初期SUGAR大好きすぎる、その影響丸出しのサウンド。ホント地味なんだけどジワジワ来る系で、これはこれでLate 80’s〜Early 90’sのUKメロディック掘ってた人なら分かる感覚でしょう。BUZZCOCKSテイスト入ったアップテンポな”During The War”がかなりかっこいい。イギリス以外の国からは絶対に出てこないサウンドだな。(O)

こちらも再入荷!
HEADSPARKS “VEASTRO” CD

※レーベルのご好意にてこないだの日本ツアー会場限定で販売されたこのアルバムの別ミックスバージョンのCDをご購入の際に差し上げます。

SPLIT SKIMMER / NAVEL CD

SHOP(通販)はこちらから




11月-17-2017
Filed Under (新入荷) by wsrecords

岡山の掛け合いラフメロディックパンクバンドBIG CITYの1stアルバムが完成したよってことでプレオーダー開始!

BIG CITY “大都会” CD

PARKMATESの松田くん、ex-LEEWAYのマット(給食嫌いな英語教師)、folksの安東くんによる岡山の掛け合いラフメロディックバンドBIG CITYの1stアルバム!8曲入り。BROADWAYSの曲名からとったバンド名通りにあの手のサウンドが好きな人は好きなはず。4曲入りの前作の時よりも歌い方が自然になってすっげーいいと思うよ。日本語の曲と英語の曲あり。LAWRENCE ARMS、DILLINGER FOUR、OFF WITH THEIR HEADS、SPRAY PAINT、DEEDS NOT WORDS、ANTI JUSTICE、ZERO FAST、neko!、とか挙げたバンドでピンときたら聴いてちょうだい!MVで殺し屋に扮しているのはbowsのギターのゾエ君でっす。しかしマット英語の発音うめーな。日本語も上手いんだけど。(O)

前作も再入荷してるよ!
BIG CITY “4 songs” CD

SHOP(通販)はこちらから




11月-17-2017
Filed Under (新入荷) by blackie

『何度でも告知しろよ下っ端!!!』と東京都在住の村山君から半ば脅されてますので25日は死んでも行かなまずいで!タイテ聞いたら教えてくれませんでした!スタートから来いってことやで!では来週は吉祥寺WARPで!さてでは今夜も20時に委託中古盤アップされますのでよろしくお願いします!あ、SHOPLIFTERSの7インチめちゃくちゃ良いな~CHINA DRUMが現代に蘇ったかとオモタわ!!!サイキョウか!MILES APARTは変わらない良さはあったが、哀愁メロディックの奥深さはこっちに軍配だろ!(R)

SHOP(通販)はコチラからでありやす!




11月-14-2017
Filed Under (新入荷) by wsrecords

もうプレス工場の完成時期全く読めない!予定よりも早く仕上がってしまうものもこの作品のようにあれば、最初伝えられていたよりも突如遅くなる通知来たり海外の工場はカオスが続いてます!どうせクリスマスに向けてメジャーがどうでもいい音源のアナログ化をしてんだろうけど。マライヤキャリーのリリースされたらガックシですよ。ってことでプレオーダー開始します!

SHOPLIFTERS “FORGIVER” 7″+mp3

※限定50枚

SNUFF meets BIG DRILL CARなサウンドで登場してメロディック狂の度肝を抜かした現在進行形のセルビア・メロディックパンクバンドSHOPLIFTERSが早くもニューシングルをリリース!今作もとにかくヤバイ!これ音だけ聴いたら確実にUKのバンドだと思うよね。セルビアのバンドとは思わないでしょう。そもそもセルビアのバンドそんなに知らないし!SNUFF、CHINA DRUM、DRIVE、HOOTON 3 CAR、LOVEJUNKといったHUSKER DUの影響大な90’s UKメロディックパンク好きな人は絶対に聴くべし!もうサイドAの2曲の時点で反則です。。。あのCHINA DRUMの初期サウンドを彷彿させる疾走感ありの陰りのある極上のメロディックサウンドが炸裂してるんすわ!しかもやってる彼らはCHINA DRUMを全く意識せずに自然にこの曲を作り上げていることが恐ろしすぎる。残念なことに現在のUKではこういったみんなが求めているメロディックサウンドを奏でるバンドは殆どいない状況ですが、そこを埋めるようにフランスのCHESTNUT ROADに続き他国から現れて来たってのは頼もしい。口コミでようやく日本でも認知され始めた彼ら、日本ツアーも切望しているのでみんな聴いてあげて!今作はWATERSLIDE、UKのBRASSNECK、そしてアメリカからPOP KID、スペインはBARTOLINI、それからオランダはTRAVOLTASのリイシューをしたWHITE RUSSIANも名乗り上げての共同リリース!(O)

PopKid RecordsのTimも大興奮の長文レビュー書いてます!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
This is the third entry in the I Buy Way Too Many Records Dot Com / PopKid Records conflict of interest posts.  Once again, I’m writing about a record that I love, but also that I’m releasing through PopKid records.  There is bound to be some bias, thought if I didn’t love this record, it sure wouldn’t be coming out on PopKid.  Needless to say, I think these are some pretty incredible songs.

Shoplifters are from Serbia and to be honest, I don’t think I’ve ever heard a band from Serbia before.  I like to think I have my ear open to the whole world when it comes to finding excellent rock and roll music, but this is a country that hasn’t been on my radar before.  I’m not sure that I would have heard of them if it wasn’t for Kazu at Waterslide records who hipped me to their outstanding full length album Believe.  I reviewed that a few months ago and to summarize, it was incredible.

Fast forward a bit and Scott from Brassneck Records had mentioned that he was involved in putting out the new Shoplifters 7″.  He sent over the songs and there was just no way that we could pass up having this record on PopKid as well.  It’s everything I love about music.  Chances are, if you agree with my taste in music when it comes to the records I write about on this website, you’ll probably like this Shoplifters 7″.  Particularly if you are a fan of the mid 90’s UK scene.

While I know it’s not a comparison that will probably move a lot of records, what I hear most in these four new Shoplifters songs is an uncanny similarity to primo, early China Drum.  What’s even more fascinating to me is that I was alerted by the band that they hadn’t ever listened to China Drum until very recently when this similarity was mentioned to them.

The four songs on this 7″ build off of the Snuff meets Big Drill Car sound of their last album, but they have managed to weave in tighter hooks and bigger melodies, calling to mind the aggressive, but still extremely poppy sound that defined early China Drum. Add in some wild guitar dynamics and vocals that remind me of the sort of thing Bob Mould has built his career on and you’ll start to see the picture that Shoplifters are painting.  They’re taking the influences of the 90’s, but they’re interpreting them in a way that’s clearly their own.

Opener “High And Dry” sets the stage with with it’s driving dark pop verse that lurches into a huge chorus with the sort of vocal harmonies that just drive me crazy.  But for me, the highlight of these songs is “Instant Forgiver.”  With its driving rhythm, big hooks and supremely placed handclaps, I can’t help but air drum along every time I hear it.  It’s just such a killer song, and it’s only one of the four.  I’m don’t know what Shoplifters have planned next, but I sure want to hear it. I hope you do too.(Tim Popkid)

SHOP(通販)はこちらから

 




11月-13-2017
Filed Under (新入荷) by wsrecords

MILES APARTの別ルート発送の第二便が税関でストップされるも無事到着!すったもんだありましたが、今回到着分は発送の遅れのお詫びを兼ねてカラービニール盤送ってくれました!先に購入してしまった方すみません。知らなかったんだもん。けど、少数のみの入荷です。そして復活の会場限定で販売されたTシャツも入荷しましたよ。こちらは再入荷なしです。30枚限定っていうことだったけど、それよりもう少しありそうだけど。良かったらどうぞー

MILES APART Tシャツ

2017年5月に一夜限りの復活ライブを行なったMILES APARTが会場で限定30枚で販売したTシャツをゲット!復活のラストシングルのアートワーク。ボディーカラーはグレーで、プリントはフロントにえんじ色という渋いデザイン。ボディーはGILDAN Softstyleで、サイズはSmall、Medium、Largeあります。

MILES APART “ALMOST LIGHT” 7″

再入荷!

それからチェックしてくれた人だけに何かアップされてるはず。

SHOP(通販)はこちらから




11月-13-2017
Filed Under (新入荷) by wsrecords

PUSHERSの一日限りの復活ライブ見に行きたかった!

Target Earth Recordsの中上先輩に期待のパワーポップバンドと教えてもらったのがこのバンドとの出会い。PSYCHOTIC YOUTH、SONIC SURF CITYとも一緒にやってもらった東京のパワーポップトリオTRIPLE JUNKの4曲入り2nd 7″シングル入荷でっす!

TRIPLE JUNK “GET AWAY” 7″

自分たちのBLUE MY MINDから自主でリリース!ライブで見てもらった人ならわかると思うけど、メロディーがむちゃくちゃ良くて、女性がドラムという編成でもっともっと注目されて欲しいバンド。メンバーがパワーポップにこだわらずメロディーが良ければポップパンクも好きだっていうのも、聴けばすぐにわかるはず。1曲目の”Get Away”の時点で切ないギターのカッティングから泣きのメロディーに雪崩れ込む展開にニンマリ。そこに女性コーラスも入ってくるんだもん。この曲ってパワーポップとポップパンクの良い所どりじゃねーか。STILETTO BOYSとか好きな人要チェックですよ。続く、”Blow Up”もTHREE MINUTE MOVIEにも通じるしで、バンドをやってる人からもTRIPLE JUNKむちゃくちゃ良いという声が上がってるのも納得だと思う。ポップパンクファンも聴いてみて!(O)

SHOP(通販)はこちらから




11月-10-2017
Filed Under (新入荷) by wsrecords

お待たせしました!俺もすごい待たされたよ!プレスに入る前に予約してたのにその後、連絡が途絶えあれこれありましたがついに入荷!デッドストックも一緒に入荷です。第二弾もすでに発送されてて会場限定で発売されたTシャツも近日入荷予定!

MILES APART “ALMOST LIGHT” 7″

イントロからCURZぽいじゃん!!!でも歌が入ったら相変わらず最高なMILES APART節でした(笑)年寄りくさくもなく歌心あふれる哀愁エモーショナル・メロディックは流石だな!MILES APARTはMILES APARTでしかない捨て曲なしの音源。コメントなんて要らんわ。(R)

2017年5月に一夜限りの復活ライブを行ない。それに合わせて3曲の新曲をレコーディングしてることをSNSで発表したことで話題になったイタリアの極上メロディックパンクバンドMILES APART。もうね、何も変わってないのよ。敢えて言えばラストアルバムの頃の音ではなくてその前の時期のベストな状態なわけ。レニーも書いてるけど、CRUZらしいリフからボーカルの声が入った途端にもうMILES APARTの世界が炸裂するんだ。四の五の言わずにとにかく聴いてください!そして過去の作品を再び聴きまくってくださいな!最後のアルバムから11年もう経ってるんだね。全然色褪せねーなこのバンド。ちょっと1曲目のイントロってさAG’Sっぽくない?この調子で活動してほしいと望むとこなんだけどさ、10/28に彼らの地元のRiminiって街で本当に最後のライブをやってしまったんだな。近いうちに会場限定で発売されたTシャツも入荷予定。この調子だとすぐ送ってくれるのかわからないけど。。(O)

こちらも再入荷!奇跡の新品デッドストックまだありやがったのかよ!
EVERSOR “BREAKFAST CLUB” CD
EVERSOR “BREAKFAST CLUB” LP
EVERSOR “SEPTEMBER” LP
MILES APART “SOME MEMORIES LAST FOREVER” LP
MILES APART “BETWEEN YOU AND THE DRIVING RAIN” CD
MILES APART “DAYS ARE TALKING OF US” CD
MILES APART “STORYBOARD” CD

SHOP(通販)はこちらから