Archive for 9月, 2018

9月-21-2018
Filed Under (新入荷) by blackie

いよいよDE LYCKLIGA KOMPISARNA 来日ですな!名古屋についてくぜ!とノリノリで宣言してたpphって人ですが会社に有給貰えずひよって行かなくなりました(爆)なんで高橋組号に空きがあるみたいなんで行きたい方は是非!さてでは宣言通り本日はコレクターさんの委託中古盤のアナログ編!カセット、7″、LP合わせて100枚越えです!本日も22時にアップされますので是非チェックしてみて下さい!(R)

SHOP(通販)はコチラからになるでありちゃん




9月-19-2018
Filed Under (新入荷) by wsrecords

いやードイツのPARTYSPRENGER2年前にFLANDERSとILLIC PEOPLEのスプリットがリリースされて復活したのかよと思って入荷したかったんだけど、どこにも連絡先掲載されてなくて入荷できなかったんだけど、こないだひょんなことからEVIL O’BRIANSから連絡きて、PARTYSPRENGERの連絡先知らないって言ったらレーベルやってるAxelの情報やって手に入りました。連絡したら、ドイツの90年代から有名なファンジンOX MagazineのライターやっててWaterslideのリリース作品ほぼ集めててレビューしてくれてる人でした。SNSやレーベルのサイト作るとどんどん連絡来るからめんどくさくてやってないというのがこれまでたどり着けなかった真相でした。で、リリース作品卸してもらうことになって、リストにはなかったAxelのリリース第一弾のヨーロッパの珍ラモバンドの一つDIE SCHNICKERSの7″を俺ずっと捜してるんだけど見つけられてないし、俺の友達も捜してるから手に入れられないか相談したところ、彼がそのDIE SCHNICKERSのメンバーだったんだな(笑)で、日本で興味持ってくれてる人がいるならってことで、彼の個人ストックから卸してもらえることになったよ。そしたらDIE SCHNICKERSがアルバムをCDでリリースしてた事実も知れたし、DIE SCHNICKERSのメンバーがバンド名変えてやってるILLIC PEOPLEの廃盤音源まで出してくれました。ちなみにこの2つのバンドの違いはDIE SCHNICKERSはサーフポップパンクで、ILLIC PEOPLEはドイツの60年代70年代のクソみたいなフォークソングをラモーンパンクでカバーするというコンセプトの違いだそうです。
今回また奇跡の新品デッドストック入荷できることになりましたんでみなさんにおすそ分け!旧作は在庫有る限り、新作は限定300枚なんでユーロポップパンク好きな人この機会にガツンといっちゃってください!彼にあることを提供するんで今回の卸値も抑えてもらえましたんでね。
枚数に限りがあるので19:00にアップします!

DIE SCHNICKERS “BREIT AUF’M BRETT” 7“

※新品デッドストック(超美品)

CHEERS PUNK!CHEERS! PUNK RADIO Vol.13でグングンがかけてましたね。ラモーンパンクというジャンルがあるくらいにラモーンなパンクが大好きなドイツ。92年に自分たちのバンドDIE SCHNICKERSをリリースをするために立ち上げたPartysprenger Recordsの記念すべき第一弾レコード。このレーベル最近またリリースし始めたんだけど、ホームページもないし今の世の中当たり前のSNS一切やってないんだよね。で連絡先がみつからなかったんだけど、ついに知り合い経由で連絡が取れました!で、俺ずっと捜しててダメ元でこの7″の在庫ないか聞いたらあるよってことでみんなの分も在庫ごっそり入荷しました。珍ラモの人気は世界的にも高くてこの7″も現在レア盤化してます。もうこんなの新品でしかも美品で手に入れられるチャンスないんでユーロポップパンクファンはこの機会を逃しちゃだめよ。ラモーンな3コードパンクに、シンセを入れてサーフィンについての歌詞をやるっていうコンセプトで結成したバンドなんだけど、これがズッコケなセンスを発揮してるもんだからもう大変な珍盤に!グングンのコメントが的確なんで「7人のパカたりんなドイツ人から構成されるC級ビーチパンクの決定打。頭空っぽにして楽しみたい時に持って来いな1枚。DIE BONNER PRASERVATIVEとかDIE WOMBELSとか好きなら分かると思う。キーボード(音色切なめ)、単ゲンびき、ロウトーンなメロディ、コミカルなジャケ・・・。 500枚番号入り。」(BLOWPOP-T CHEERS!)そう、まさにWOMBELSの1st 7″のようなアホさ加減なんだな。(O)

DIE SCHNICKERS “KARL-HEINZ IST EIN SURF ROCKER” CD

CHEERS PUNK!CHEERS! PUNK RADIO Vol.13でグングンがかけてたDIE SCHNICKERS。実は今も現役でやってるようで2008年にひっそりとアルバムもリリースしてたんです。15曲入り(曲は13曲)。1st 7″とのかぶり曲は”Der Gottliche Surfer”1曲のみですがこの曲もバージョン違いで同じ曲とは気づかないと思う。1st 7″はモッサイ感じなんだけど、このアルバムではやっぱりスピード出ててメロディック色ありますね。やっぱり基本コンセプトは変わらずサウンドはラモーン影響下でサーフィンについて歌ってます。けどドイツ語なんで歌詞は全くわからん(爆)打ち込み入れてるんだけどTRAVOLTASの洗練されてる音とは全くもって対局にあっておしゃれな感じが皆無だぜ、そこがたまらない。メンバー曰くSONIC SURF CITYやPSYCHOTIC YOUTH大好きらしいんだけどその感じがまるでない(笑)ボーカルがマジで抑揚ないんだよ!15曲もあってお腹いっぱいなんでスキップもしちゃう駄作あるけど、憎めないんだよなぁ。愛すべきドイツのオブスキュアサマーポップパンクバンド!QUEERSの”Surf Goddess”のドイツ語によるカバーやってるらしいんだけどどの曲かわからん(爆笑)(O)

VARIOUS ARTISTS “A TRIBUTE TO BATA ILLIC BATA BATA HEY!” 7“

こちらもすでに廃盤なんですが、特別に日本の物好きな人たちのためにということで個人所有の中の数枚だけ卸してくれました。GABBA GABBA HEYじゃなくてバタバタヘイって(爆)ドイツのクソみたいなフォークソングをラモーンパンクでカバーするというコンセプトでDIE SCHNICKERSのメンバーがバンド名を変えてやってるILLIC PEOPLEと同じくドイツのへっぽこポップパンク/ハードコアRUDOLF’S RACHEによるスプリット。今作は70年代にドイツで大ヒットしたフォークシンガーBata Illicを笑い飛ばしたトリビュートと言うなのバカにした作品。95年リリース。ドラマーがハレクリシュナと名乗るアホなRUDOLF’S RACHEは原曲に忠実ながらバカにしたフォークバージョンでやってますが、ドイツ語なんで歌詞がわからず全くもって俺には面白くない仕上がりなんで、こっちは聴かなくていいです。で、ILLIC PEOPLEは2曲収録でどっちの曲もDIE SCHNICKERS同様の珍ラモな仕上がりでガッツポーズ!視聴できるとこないけどDIE SCHNICKERS好きなら是非手に入れてくださいよ。(O)

VARIOUS ARTISTS “A TRIBUTE TO BATA ILLIC BATA BATA HEY! 2” 7“

こちらもすでに廃盤なんですが、特別に日本の物好きな人たちのためにということで個人所有の中の数枚だけ卸してくれました。GABBA GABBA HEYじゃなくてバタバタヘイの第二弾。今作も前作が意外にも思ってたよりもヒットしたらしく70年代にドイツで大ヒットしたフォークシンガーBata Illicを笑い飛ばしたトリビュートの第二弾が第一弾より19年の時を経て2014年にリリース。ドイツのクソみたいなフォークソングをラモーンパンクでカバーするというコンセプトでDIE SCHNICKERSのメンバーがバンド名を変えてやってるILLIC PEOPLEと、カバーをフラバージョンでやるというこちらも究極のアホバンドHULAPUNKとのスプリット。HULAPUNKはハンブルグのバンドでBata Illicの曲をまじでフラバージョンでやっててアロハ~なコーラスに失神寸前しそうです。。。そして我らのILLIC PEOPLEは19年の時を経てパワフルなサウンドを手に入れたようです。相変わらずの脱力センスは健在な珍ラモバージョンでお送りしてくれます。もうここまで来るとホント脱力したい人のためだけの音源ですな(笑)視聴できるとこはありません。(O)

SPLIT FLANDERS 72 / ILLIC PEOPLE “LEAVE HOLM” 7“

ようやく入荷できたわい!ブラジルのGREENDAYこFLANDERSと、ドイツの珍ラモバンドDIE SCHNICKERSのメンバーによるILLIC PEOPLEのスプリット。2016年作。もうこれジャケの時点で目を引くよね。RAMONESの”Leave Home”のオマージュですもんね。ドイツのフォークシンガーMichael Holmのトリビュート作品らしいんだけど、俺は全く知りません。でもこのFLANDERS 72のカバーで聴くと聴いたことあるメロディーです。で、このFLANDERS 72のカバーがしっかりとGREENDAYに仕上げてきてるから驚きだな。でもってドイツ語で歌ってる。で、レーベル曰く彼らドイツ語一言も話せないんだけどねとのことなんだけど、間奏部分にFLANDERS 72が一言もドイツ語わかんねーんだよと英語で言ってます(爆)とにかくFLANDERS 72のこのカバーのために手に入れて全然問題なしだよ。ILLIC PEOPLEもオリジナル知らないんで元曲のことなんとも言えないけど、3コードラモーンパンクな曲で文句なし!と思いきや変なホーン入れたりアホなアレンジに苦笑いさせれれる。これもDIE SCHNICKERSの脱力系センスと同じだな(笑)DIE SCHNICKERSとILLIC PEOPLEの違いはAxelによればDIE SCHNICKERSはサーフポップパンクで、ILLIC PEOPLEはドイツのクソみたいなフォークソングをラモーンパンクでカバーするというコンセプトの違いだそうです。(O)

VARIOUS ARTISTS “GLAD TO SEE YOU SURF” 7“

DIE SCHNICKERSのメンバー運営のドイツのPartysprenger Recordsからポップパンクマストな3 WAYシリーズ第一弾!強制的に花輪がついてきますからね(爆)もうメンツの時点で迷うことなく手に入れるでしょう。タイトルにJoeyがサーフィンしてるアートワークも良いね。ブラジルのFLANDERS 72、日本ツアーも行ったJAGGER HOLLY(しかもメンバー写真は日本滞在時のやつで餃子のおいしいお店ですの看板の前で撮った写真だし)、そしてドイツのオブスキュアサマーラモーンパンクDIE SCHNICKERSの対決!FLANDERS 72は彼らとしか言いようのない新曲、JAGGER HOLLYは残念ながら新曲ではなくてNERDY JUGHEADSとのツアースプリット収録の”Fun In The Sun”、で、驚きはDIE SCHNICKERS!これがTRAVOLTASの1stの頃を思わせる疾走感ありなビーチメロディック/ポップパンクチューンな新曲。ってかどうしたSCHNICKERS?!普通にすげー良いんですけど(笑)ギターソロとかHUSKER DUも感じさせてくれてて、これUKメロディック好きな人も好きなんじゃね?!この路線でアルバム作って欲しいわ!(O)

VARIOUS ARTISTS “GIMME GIMME SURF TREATMENT” 7“

DIE SCHNICKERSのメンバー運営のドイツのPartysprenger Recordsからポップパンクマストな3 WAYシリーズ第二弾!強制的に花輪がついてきますからね(爆)今作もメンツの時点で迷うことなく手に入れるでしょう。第二弾もタイトル、そして今回はJohnnyがサーフボードをギターに見た立てるアートワーク良いね。ドイツのバブルガムサーフパンクTHE EVIL O’BRIANS、こちらもドイツでRICHIESのKarsten先輩在籍のラモーンパンクTHE FLATULINEES、そしてドイツのオブスキュアサマーラモーンパンクDIE SCHNICKERSの対決!今作は全バンド新曲のみ提供。THE EVIL O’BRIANSはサーフ+ロックンロールポップパンクでWIMPY’SにRYTH’S HAT好きな人はたまらないやつですね。THE FLATULINEESはアルバム同様RICHIESよろしくな正統派ラモーンパンクでこんにちは。けどRICHIESよりも明るいですけどね。で、大トリのDIE SCHNICKERS。”GLAD TO SEE YOU SURF”収録曲がホント鳥肌モノの収録曲でしたんで今作も期待して針を落とすと。今作も今作で素晴らしい。この曲は完全なるドイツのメロディックじゃないかよ。WALTER ELFの初期を彷彿させてくれましたね。哀愁、そして轟音ギターにこの音質はBob MouldのSUGARにも通じるんじゃないでしょうか。サビのオーオーコーラスこそサーフをイメージしたものだけど、これはメロディックの哀愁を煽るやつですよ。ホントまじでこの路線でアルバムリリースしてよ。(O)

SHOP(通販)はこちらから

枚数に限りがあるので19:00にアップします!




9月-14-2018
Filed Under (新入荷) by blackie

LIFE SENTENCEが遂にオフィシャル再発ですか!これまでに色々出たものの実はグレーだったり(でも全部ボーナスの内容が一緒なのは何故???)してましたが1stでベース弾いてたJoe本人が出してるので確かでしょう(でも彼1stで抜けちゃってるんだよな、、、)やはりシカゴのバンドには独特のメロディーがあるので、ハードコア好きだけじゃなくWS御用達のメロディック狂もハマるバンドでしょう!CD、LPは勿論入荷します!うまくいけばTシャツも入荷できるかもですのでお楽しみに!さてでは本日もコレクターさんの委託中古盤をお預かりしましたので22時にアップされます!本日はCD150枚越えです!来週はアナログ100枚越えを出すのでまず本日のCDをチェックして下さい!20時じゃなくて22時です!(R)

SHOP(通販)はコチラからでありちゃんは何処にむかってるんだろう




9月-12-2018
Filed Under (新入荷) by wsrecords

いよいよDLKでっす。ということはNOBODYSの復活ももうすぐだってことです。ということで再入荷!で、トリビュートアルバムは今回入荷分がレーベル在庫の最後ですよNOBODYSの凄さを思い出してみるのもいかがでしょうか?

NOBODYS “Nobody knows NOBODYS 1994-1998” 2CD

“Why can you stand??”はもちろんのこと2本のDEMOテープ、レコードのみでのリリース曲、数々のオムニバスに参加した曲などなどで40曲入りをCD2枚にぶちこんだ全曲集。

VARIOUS ARTISTS “BECAUSE I HATE NOBODYS” CD(限定盤)

今なお支持を得ている90’sメロディックパンクバンドNOBODYSのトリビュートアルバム。全国からかなりのメンツが参加、そのカバーいずれもが、コピーではなく独自の切り口で大胆にアレンジを施したカバーで参加という、どんだけ愛されているんだということが聴いていただければわかります。

SHOP(通販)はこちらから




9月-11-2018
Filed Under (新入荷) by wsrecords

DLK来日目前ってことでDLKのアルバムを再入荷しようと思ったんだけどニューアルバムと1枚のミニアルバムしか残ってなかった!けど、そこの流通にはDLKのTシャツ残ってただけじゃなくて、日本じゃかなりのレア盤になってる音源の新品デッドストックが残ってた!!しかもお値段当時のままってことでもちろん入荷しましたんでチェックしてみてくださいな。DLKのMart在籍のKRYMPLINGSも再入荷したんでDLK好きな人はこちらも聴いてくださいね。STUKASの2ndアルバムまで残ってたぜ!!

DLKのライブの前売り予約まだまだ受け付けてますよ!

DE LYCKLIGA KOMPISARNA “BARA TIDEN AR NY” LP

復活第一弾の2016年リリースのアルバム!

DE LYCKLIGA KOMPISARNA “ISHOCKEYFRISYR” Tシャツ

ついに日本にやってくるぞ!DE LYCKLIGA KOMPISARNAのTシャツの新品デッドストックがSmallサイズのみあったんで入荷!在庫は2枚のみです。ボディーカラーはレッド、ボディーはFRUITS OF THE LOOMのヘビーコットン。プリントはフロント。人間は犬から進化しのか?そうだったのか(爆)

DE LYCKLIGA KOMPISARNA “DAMMSUGARFORSALJARE BLUES” CD

“Ishockeyfrisyr”で大ブレイクした2ndアルバム「Tomat」リリースの翌年の94年にリリースされた5曲入りのマキシシングルが残ってたよ。一番脂が乗ってたであろう時期なんでもろにMart節が炸裂!2枚組のシングル集に収録されてるけどオリジナル盤でもどうぞー。(O)

ASTA KASK “VALKOMMEN HEM – SAMLADE EP 1980-86” CD

元々は2006年にBurning Heartからリリースされた80年から86年までの初期7″シングル4枚に、1stミニアルバムを収録した26曲入りの初期音源集を2014年にリイシューしたもの。これはまだ持ってない人絶対にマストでしょう。しかしこれ流通にずっと眠ってたのラッキー!曲順は86年から80年に遡っていく感じなんだけど個人的には逆の並びにしてほしいけど聴けるだけ感謝です。収録曲は最初の4曲が86年の”An finns det hopp” 7″、次の5曲目から12曲目までが85年の”Med is i magen” 12″、13曲目から16曲目までが83年の”Plikten framfor allt” 7″、17曲目から22曲目までが82年の”En tyst minut”、23曲めから26曲目までが80年の”For kung & fosterland”デモです。トラルパンクの礎のサウンド。ほんと神。(O)

COBOLT “ELEVEN STOREY SOUL DEPARTURE” CD

STARMARKET、STONED、ADHESIVEでお馴染みなBirdnestのサブレーベルAmpersandから97年にリリースされたスウェーディッシュエモ/インディーロックバンドCOBOLTの9曲入り1stアルバム。ex-STARMARKETのメンバーによるKVLARとのスプリットや、Treeの「Post Marked Stamps」7″シリーズでA-SETともスプリットをリリースしスペインのB-COREからもリリースしてるので覚えてる人もいるんじゃないかな?実はこのバンドREFUSEDのMagnusにSTARMARKETのFredrikとのTHE CRYSTAL COMMITTEEをやってるKristoffer在籍なんです。DCからの影響ももちろん感じるけどKARATEのようなSLOWCOREにも通じるサウンド。後にB-COREがリリースするのも納得でスペインのAINAに近い雰囲気。しかしスウェーデンのバンドはほんと消化するのが上手い。(O)

FABRIKEN “DAR DET ALLTID REGNAR” CD

以前1stシングルを入荷してたスウェーデン・ストックホルムのFABRIKENによるBeat Butchersから2015年リリースの5曲入りシングル。この哀愁具合は絶対に若くないと思って調べてみたらSTREBERS、DIA PSALMAのStefan(ドラム)、KRYMPLINGS、COCA CAROLA、ROLANDS GOSSKORのCurre(ボーカルギター)、COCA CAROLA、ROLANDS GOSSKORのAke(ベース)というごっついメンツでした。そりゃこの哀愁感出せるわ。1曲目からレディアクよろしくな悲哀のメロディー畳み掛けてきてる。スピードがない分、泣きのメロディーが引き立ってるんだな。って5曲全部泣かせにきてんのかよ(笑)(O)

LAPDOG “KNIGHT FOR A DAY” CD

スウェーデンUMEAの90’s高速メロディックバンドLAPDOGの95年リリースの8曲入り1stミニアルバムも発見!STARMARKET、STONED、ADHESIVEでお馴染みなBirdnestのサブレーベルAmpersandのこれが2ndリリース。もうね、この当時に吹き荒れたスウェーデンの他のバンド同様Epitaphの洗礼を受けたメロコアでNO FUN AT ALL、MILLENCLIN、SATANIC SURFERSと同様の感じです。USメロコアに影響受けまくりなんだけど初期なんで思いっきりスウェーデンメロディー炸裂してるんだな。後半に行けば行くほど調子が上がってくのってこの時代のスウェーデンの謎だ(笑)(O)

MY ORCHARD “SILHOUETTES” CD

Late 90’s〜00年代にかけて活動していたスウェーデンのエモ/インディーロックバンドMY ORCHARDの2004年作7曲入りミニアルバム。過去に1stと2ndアルバムを入荷したんだけど、そのころの音源よりもポップ度があがってシンセに女性コーラスも導入してて、エモ経由後のインディーポップな感じで、1曲目なんて確実にJEJUNEの2ndの”This Afternoon Malady”とかANNIVERSARY参考にしたろ?って感じ(笑)確かに声質もJoeに似てる。といいつつも他の曲はギターポップな感じもあってスウェーディッシュポップな雰囲気もあってなかなか良い!シカゴのSIG TRANSIT GLORIAとかにも通じる感じだな。日本人のツボに入るメロディーなのになんで活動時期に日本でもっと知名度でなかったんだろうか。とにかくテンポ良い曲はエモ/ポップな感じが好きな人は気に入ってもらえると思うよ。(O)

STONED “MUSIC FOR THE MORONS” CD

根強いコアなファンが未だに存在するスウェーデンのメロコアバンドSTONEDのの95年リリース1stアルバム。STARMARKET、STONED、ADHESIVEでお馴染みなBirdnestのサブレーベルAmpersandから。当時も結構日本で人気あったよね。現在馬鹿みたいに高騰してますけど新品デッドストックでありましたよ。恐らくリリース当時の値段でずっと残っていたんでしょう(笑)個人的にこの1stはBLINKの1stアルバムと同じくらい好きでたまに聞きたくなるやつ。スカの曲はなくてもいいと思うんだけど、まあそういう時代だったしね。”Pizza Pete”ってスプロケパクってるよね?(笑)(O)

STONED “ED’S DINER” CD

根強いコアなファンが未だに存在するスウェーデンのメロコアバンドSTONEDの97年リリースの2ndアルバム。完全にNOFX以降のサウンドなんでEpitaphというよりもFatだよね。ショボ泣きメロがこのバンドの特徴で初期RANDYと並んで再評価されるべきメロコアでしょう。(O)

THE UPSTARTZ “MINDLESS TEENAGE BRAIN ROT” CD

はい、こんなのも残ってました!スウェーデンのアホパンクUPSTARTZが95年にBirdnestからリリースした13曲入り1stアルバム。オズの魔法使いの”If I Only Had A Brain”のカバーで幕を開けるんだけど、これがユーロポップパンクならではの感じなんだよね。87年にリリースされている7曲入りのミニアルバムではロックンロールなバンドなんだけど、歳を重ねアホになってきたのかこんな感じに進化(退化)してあす(笑)まあ、これ万人向けじゃなくてアホくさいの好きな人じゃないと全くもってだめだと思うけど、間近このダサさなんなんだよと笑える人にとっては棚に置いておくのも良いと思います!ホントにリフがいちいちズッコケなんだよな(爆)(O)

SPLIT PRIDEBOWL / ADHESIVE “NO BETTER, NO WORSE” CD

97年にBAD TASTEからリリースされていたみんな大好きスウェーデン高速メロディックの帝王ADHESIVEと弟分PRIDEBOWLのスプリット。メロディック界で激ウルトラレア盤なんて言われてますがこちらも新品デッドストックでありましたよ!まあ価値を上げたのは日本のマーケットでしょうからね。恐らくリリース当時の値段でずっと残っていたんでしょう(笑)両バンドともに3曲づつ収録。捜していた方チャンスですぜ!やっぱこう並べちゃうとやっぱADHESIVEかっこいいね。(O)

VARIOUS ARTISTS “LOVE IS A DOG FROM HELL” CD

ブコウスキーの短編小説からの名付けられたであろうコンピ。現在Revelationのメールオーダーを担当してるViqがアメリカ移住する前にイギリスでやっていたエモ/インディーレーベルSimba Recordingsと、スウェーデンのBlue Eyes Recordingsから97年にリリースしてたコンピの新品デッドストックもあったわ。これはUKとSwedenのバンドをそれぞれのレーベルがそれぞれの国のおすすめバンドをピックアップして製作されたコンピと思いきやそれだけじゃなくアメリカのバンドも収録されてるんだな。エモ/インディーロック/ポストロック10バンド収録で15曲入り。STARMARKETは残念ながら既発曲だけど、94年9月から95年の5月までという僅かな期間に2本のライブと4曲入りの音源をTree/Simbaからリリースした激渋な伝説の激情エモバンドSEPTEMBERの未発表音源がこの音源のみ収録!スウェーデンなのにスペインのエモ/インディーロックと共鳴していたCOBOLT、そんで全く存在の知らなかったスウェーデンのTEXAS IS THE REASONタイプのエモ/メロディックCONWAYがいいんだよね。このバンドはこのコンピに提供した2曲しか音源残していないはず。また、UKのオブスキュアエモBOB TILTONに、デニス(REFUSED、THE INTERNATIONAL NOISE CONSPIRACY、INVASIONEN、その他いっぱい)がやっててたった5曲のみレコーディングして解散してしまった93 MILLION MILESも収録といった内容。(O)

こちらもデッドストックも含めて新品で再入荷!
KRYMPLINGS “KRYMPLINGS” LP
KRYMPLINGS “FORSTA VAR GRATIS” CD
ROVSVETT “FATAL FARTS” CD
STREBERS “TILL EN VAN” CD
STUKAS “SHOWING OFF” CD
TRASTE & SUPERSTARARNA “DU DIN JAVLA SOPA” CD

SHOP(通販)はこちらから




9月-10-2018
Filed Under (新入荷) by wsrecords

久々に高橋組の練習に行きました。筋肉痛です。

WIMPY’S “BACKSEAT LOVE” CD

2008年リリースのWIMPY’Sの2ndアルバム!宣言どおり再入荷!

SHOP(通販)はこちらから




9月-7-2018
Filed Under (新入荷) by wsrecords

待ってましたよ!BAT BITESの1stアルバムが大好きな俺としてはLONE WOLF大期待だったんだけどすっげー満足してます。で今日が正式なリリース日です。このアルバム日本で一番売りたいです。そして一人でも多くの人にLONE WOLF好きになってもらいたいよってことで聴いてみてちょうだいって書きたいんだけど、アルバムトータルでまだ視聴できるとこありません。あの世界のSpotifyにもない。Apple Musicにもない。あるのはUVERworldにGLAYとかだ(爆)
それからいつも音源作ると連絡くれるHUNG UPSからも新音源到着!Stardumbの旧作も残ってるのからポップパンクものをセレクトして再入荷、しかも安い!

LONE WOLF “S/T” LP/CD

LONE WOLF待望の1stアルバム登場。12曲。いやー正直何から書き始めたら良いのかわからねーっす。昨日届いてからずーっと何度も聴いてるんだけどとにかく俺はこのアルバムが大好きなようです。BAT BITESも本当に好きで未だに聴き続けてるんだけど、このLONE WOLFってやっぱりBAT BITESを感じさせてくれていて、俺の好きなBAT BITESの曲ってMerel作曲だったんだなあって思うんですよ。いや、でもBAT BITESまんまじゃないんだよな。メロディーは同じでもBAT BITESは完全なるポップパンクバンドだったけど、このLONE WOLFはサーフにインディーロックの要素も入っててところどころリリースしたNOT SCIENTISTSのノスタルジックっぽさもあるんだよね。シングルに収録してた”Get Along”がオープニングナンバーなんだけどこの曲のなんかダークな感じから、続く”Tell Me”でガラッと変わる感じの流れとか何度聴いても続々すんだよね。この”Tell Me”は思いっきりBAT BITESだよね。これライブこの流れでやられたらたまらないだろうね。そう、このアルバムにはFlexiと7″の曲全部入っちゃってるんだけど、このアルバムの曲の流れで聴いたほうがむちゃくちゃよく聴こえるのは何故なんでしょうか。TRAVOLTAS、WINDOWSILL、というかポップパンクファンのみならずメロディックファンにも聴いてもらいたいです!(O)

THE HUNG UPS “INSANITY PLEA” CT+mp3

WATERSLIDEではおなじみのユタ州ソルトレイクシティの愛すべき3コードポップパンクトリオHUNG UPSが5曲入りの新作を限定でカセットでリリース。多分50本以内だと思う。もちろん入荷しました。そして今回もかなり安く卸してくれましたよ。相変わらず全てのMUTANT POPファンへ贈るショボポップパンク!アートワークはHOMEWRECKERSのCristy Roadによるもので、PARASITESの”Solitary”、LATTERMANの”…We Are Still Alive”、NOT ON TOURの”S/T”も手がけてる人ですよ。ポップパンクにWALKERの切なさも加えたショボポップパンク。ほんと90年代中期のバンドにしか聴こえないんだよなぁ。(O)

BACKWOOD CREATURES “LIVING LEGENDS” CD

ドイツのサーフポップパンクバンドの2002年リリース2ndアルバム。12曲入り。SCREAMING APPLEからリリースの1stアルバムに続く2ndアルバム。ロックンロールよりのポップパンクはPSYCHOTIC YOUTHやDEVIL DOGSを彷彿!勢いもあるし中でも”No Sense”とか大盛り上がり必死な曲も収録されてる。ってか聴き直すとヨーロッパ版のSLOPPY SECONDSみたいな感じだな。もちろんあの変態ボイスじゃないけどね(笑)昔聴いてたよりすっげーカッコよく感じたわ。(O)

SONIC DOLLS “RIOT AT THE SHEEP DOG TRIALS” CD

ジャーマン3コードポップパンクSONIC DOLLS、2002年STARDUMBからリリースの14曲入り4thアルバムがまだあったので入荷!あれ、結構カッコいいっすね。俺当時あんま好きじゃなかったのに。2曲目とかSEE HER TONITEじゃないっすか?声も歌い方も似てる(笑)だから嫌いだったのか!(爆)嘘っす。当時あんまりだった方も聴き直してみてください。けっこうかっこいいです。(O)

VARIOUS ARTISTS “THE EUROPEAN POPPUNK VIRUS” CD

オランダのStardumbによるヨーロピアンポップパンクバンドをセレクトして収録したコンピシリーズ第一弾。2001年リリースであの時代のヨーロッパの3コードポップパンクバンドが収録されてますよ。収録曲は下記。1つでも好きなバンドあったら手に入れて他のお気に入りのバンド見つけようぜ。みんなコンピを甘く見過ぎだぜ。(O)

SHOP(通販)はこちらから




9月-7-2018
Filed Under (新入荷) by wsrecords

ついに本日POHGOHの21年ぶりとなるニューアルバムがリリースです!全曲視聴できるようになってます。聴いてみてくださいね。

POHGOH “SECRET CLUB” CD/LP

BRAIDやDISCOUNTとも一緒にリリースしたことでも知られるフロリダ州タンパの女性ボーカル90’sエモ/インディーロックバンドPOHGOHが、97年リリースの1stアルバムから21年ぶりとなる2ndアルバムを発表。JAWBOX、BURNING AIRLINESのJ. Robbinsによる録音、プロデュースで制作された今作は、全く衰えることのないSusie嬢の瑞々しくも透明感のあるあの歌声そのままでエモーショナルなメロディーを奏で、全体的なサウンドも90年代の空気感そのものを感じさせるサウンド。Susieは15年以上に渡る多発性硬化症との戦いをしていますが、このバンドに賭けるポジティブな思いが前編を通して伝わってきます。とにかく美しいメロディーがこれでもかというほど満ち溢れている。エモリヴァイバルから90年代エモをリアルタイムで過ごした方まで撃沈のマストアイテムに仕上がっていますよ。JEJUNE、RAINER MARIAと並ぶ女性ボーカル90年代エモを代表するPOHGOH完全復活!

SHOP(通販)はこちらから




9月-6-2018
Filed Under (新入荷) by wsrecords

とにかく無茶はしちゃだめです。出来ることをそれぞれでやりながら。
今日もアップしましたー。みんなが一日にも早く日常を取り戻せますように!

MR. T EXPERIENCE “SHARDS VOL. 2” LP

※すでにレーベルソールドアウト!

編集盤Vol.1の際に書いていた通りに1985年から99年の間にコンピレーションアルバムに提供した曲や、CDのボーナストラックとして収録されていた16曲をまとめてしっかりとリマスタリングした編集盤の第二弾が登場!第一弾のリリースの際はCD化はしないというレーベルの話でしたが、第一弾が想定したよりも速攻でソールドアウトしてしまった(うちには後数枚残っている)ので第二弾リリースに合わせてCDも出ました。今回もライブと直販以外はたったの200枚しか販売しないというやり方で正式なリリース日前にすでにソールドアウトしてしまってます。また前回と同じくそれぞれの曲をDr.FRANKが解説してる。やっぱり自分にとってこの頃のMr.Tは青春ですな。Joe Kingの選曲したコンピ提供曲”We Are the Future People of Tomorrow”が流れた瞬間あーあったあったこれと時代が遡りました。それと個人的にPRIMITIVESの”Crash”のカバーがすげー懐かしかったです。当時の彼女が作ったMIXテープに入ってたなと。他にも今作にはLOOKOUT!の一家に3枚コンピCAN OF PORK収録曲もありです。ちなみに”Vive la France”はBLTの時にパクらせていただきました(笑)(O)

MR. T EXPERIENCE “SHARDS VOLUME 1 & 2” 2xCD

第一弾のリリースの際はCD化はしないというレーベルの話でしたが、第一弾のみならず第二弾も想定したよりも速攻でソールドアウトしてしまった(うちには後数枚残っている)ので急遽CDも出ました。CDバージョンは2 in 1です。でも本当に最初はCDリリースする気がなかったようで、カタログ番号が一番新しくないのです。殆どの曲知ってるってことはちゃんとCDとアナログ両フォーマットで買って、コンピも手に入れてるってことだな。32曲と全部しっかりと聴き終わるには体力が必要です。Mr.Tはコンピにもちゃんと手を抜かずに良い曲入れてますよ。QUE○RSと違って(爆)(O)

SANTA ANA KNIGHTS “KNIGHT SKOOL” 7″

TILTWHEEL始めEVERREADY、DAN PADILLA、TOO MANY DAVESでも活動するDaveyによるSANTA ANA KNIGHTSの唯一の4曲入りシングル。もうこの声だけで良い。とLEATHERFACEのStubbsと同じコメントしか出せない(笑)サウンドはもう皆さんが想像する通りのDaveyサウンド。TILTWHEEL、DAN PADILLAをよりガシャガシャさせたチャタヌーガサウンドで90年代EAST BAYやAaronの一連のバンドのサウンドワールド!ラストはジャカジャカギターながらメロディー、コード進行ともにLEATHERFACEを彷彿!(O)

STIMULATORS “LOUD FAST RULES!” 7″+mp3

90年代世界中に70’Sオブスキュアパンクの再評価の輪を広げたKILLED BY DEATHシリーズと並びドイツの我らがIncognito RecordsからリリースされたBACK TO FRONTシリーズの第一弾シリーズのジャケのアートワークを飾ったSTIMULATORSの激レア7″(未だに○万円する)もついにリイシュー化。Frontierからです。しかも未発表1曲追加!CRO-MAGSのHARLEY FLANAGANが12歳の時に在籍してたバンドで、この頃から悪ガキっぷり相当だったんだろうなと思うルックスだよね(笑)リイシューのためにHENRY ROLLINS(ハーゲンダッツ)、JACK RABID(EVEN WORSE)がライナーを書いてますよ。BACK TO FRONTシリーズは各シリーズともにメガトン級に極上なポップな曲収録されてるんでポップパンクファンもマストだと思います。(O)

こちらも再入荷!
CANDYPANTS “S/T” CD
METHADONES “THE METHADONES” CD
THE MOPES “ACCIDENT WAITING TO HAPPEN” CD
MR. T EXPERIENCE “SHARDS VOL. 1 1985-99” LP
PUNKEMON “PUNKEMON” 7″
THE YOUNG ROCHELLES “S/T” CD

SHOP(通販)はこちらから




9月-5-2018
Filed Under (新入荷) by wsrecords

今日のアップ第二弾はこちら!イタリアの伊達男THE PEAWEESの7年ぶりとなるニューアルバムがCD先行でリリース!ということでボストンのRum Barから新作を入荷!THE PEAWEESおまけしてくれたんで初回入荷分だけべらぼうに安いですのでこの機会にどうぞ。またKurt Baker関連作品もセールやってたので今回入荷分いつもよりもお安くなってます。後でいいやと思ってた人今回チャンスですよ。
明日も多分アップできそうです。

THE PEAWEES “MOVING TARGET” CD

「ピーウィーズは一緒に共演したバンドの中でもピカイチのハードなロックンロールバンド。チェックすべきだよ。ピーウィーズのライブは見れる機会があれば絶対に体験すべきだ。最高のバンドで見たものを一発でロックさせるだろう!」とTHE SONICSのRob先輩も相当気に入ってるらしい。90年代半ばから活動を続けるイタリアの大ベテランTHE PEAWEESのニューアルバムがCD先行でリリース!元々は完全なるラモーンパンクバンドとして始めたんだけど、徐々にロックンロールのルーツよりにシフト変化。これにより変態ユーロポップパンク好きは離れていったんだけど、彼らが世界規模で人気を得ていくことになったよね。今回、某Lさんからニューアルバム出るからって特注受けてニューアルバム聴かせてもらったらすっげー良いじゃないですかってことで新作入荷しました。前作はWild Honeyから2011年だから7年ぶりになるんだね。3rdアルバムが昨年リイシューされたりスプリット出したりと動きが出てきてます。50’S ロックンロール、ガレージ、ポップパンクをブレンドし、そこに60年代ソウルも加えてる。今回のアルバムでは60’sガールグループサウンドでお馴染みのフィル・スペクターのウォール・オブ・サウンドを感じさせる曲もありですぜ!THE DAMNED、THE SONICS、DICTATORS、RADIO BIRDMAN、THE DWAVESといったロックンロールの先輩たち認める現行ヨーロッパ・ロックンロール・シーンのトップを走るバンドは本物なんだな。誰か日本に呼んであげて!(O)

MUCK & THE MIRES “MUCKUS MAXIMUS” CD

THE 1984 BEATLES meets THE RAMONESと形容されるマサチューセッツ州ボストンのロックンロールバンドMUCK & THE MIRES!これまでに二度の日本ツアー経験もあり!RUNAWAYSの育ての親キム・フォーリーのプロデュースでアルバムをリリースしていたり、THE FADEWAYSのスプリットをリリースしてるんで知ってる人も多いと思う。THE BEATLES、THE FLAMIN’ GROOVES、THE SONICS、PAUL COLLINS BEATに60’sガレージなサウンドだけど、やっぱりBEATLESを真っ先に思い出すな。(O)

DUCK & COVER “ROB THEM BLIND” CD

おっこのアートワーク見たことあると思ったらTim O’Hanlonじゃないですか。MAXIMUM ROCK N’ ROLL誌でも取り上げられてたりもしてるし、Pirates Pressからもリリースしてるボストンの70’sパンクロック/パワーポップバンドDUCK & COVERが久々となる新音源をリリース。8曲入りのミニアルバム。リリースはボストンのRum Barから。70’sパンクの感覚も残ってるけどとにかくキャッチーでグラムの要素もあるね。DEAD BOYSやREPLACEMENT、にCHEAP TRICKなアリーナ感もあったりする。6曲目の”Wasted”かなり良い曲です。(O)

THE CHEAP CASSETTES “KISS THE ASS OF MY HEART” 7”+mp3

シアトルのトリオTHE CHEAP CASSETTESがアルバムに続き4曲入りのニューシングルをリリース。80年代前半のパワーポップを感じさせるサウンドでDEAD BOYS、REAL KIDS、REPLACEMENTSを感じさせる!やっぱりThe Exploding Hearts~King Louie’s Missing Monuments、The Briefs好きな人はチェックしたほうが良さそうです。THREE MINUTE MOVIEの最近のサウンド好きな人もぜひチェックを!(O)

こちらも再入荷!
BULLET PROOF LOVERS “S/T” CD
BULLET PROOF LOVERS “SHOT THROUGH THE HEART” CD
CONNECTION “WISH YOU SUCCESS” CD
KURT BAKER “BRAND NEW B-SIDES” CD
KURT BAKER “PLAY IT COOL” CD
K7s “TAKE 1” CD
MANGES “FLORIDA EP” 12″
TOMMY AND THE ROCKETS “BEER AND FUN AND ROCK N ROLL” CD

SHOP(通販)はこちらから