Archive for 12月, 2018

12月-14-2018
Filed Under (新入荷) by blackie

MALIMPLIKI “LIBERVOLA” 7″
東京ガールズRAWノイジー・ハードコア/パンク・トリオのこの間リリースされ大好評な音源集には収録されていない最新EP!ドラムが全くもたつかなくなってて驚き!マンゲルのようなスピード感出ていてコレはぶっ飛ばされる音源じゃないでしょうか?やっぱドラムが前に出ている録音は一番パワーありますよ。うん。直観でMOB47の1stEPが頭をよぎりましたもんね。もうショボさとか皆無!やっぱハードコアはスピード感ですよ。これは名盤!(R)



12月-14-2018
Filed Under (新入荷) by wsrecords


ほい、みんな待ってたよねIRON CHICの新作が到着!ごめん税関で止められて税金取られちゃった!しかし内容最高でIRON CHIC捨て曲なしですぜ!今年のFestでのライブなんだけどMatty最高じゃねーかよ。
今年もやります年末年始廃盤セール、かなり面白いラインアップになってきてますよ。お楽しみに!

SPLIT IRON CHIC / TOYS THAT KILL LP+mp3

待ちに待った東海岸の哀愁の合唱メロディックパンクIRON CHICの新作は大ベテランポップパンクバンドTOYS THAT KILLとのスプリット12″。ようやくリリースされました。クソ待ち遠しかったよね。まずはIRON CHICから始まるのだけど、もう始まった途端に求めていたIRON CHICサウンドが鳴り始めて拳が自然に上がる。うーん、やっぱかっこいいな。世界中にフォロワーが存在するわけだけど、フォロワーでもかっこいいばんどいるんだけど、やっぱ本家は本家で別格なんだよね。やっぱこれはPhilのボーカルの存在感があることで他の楽器の音や空気感も張りつめるのかな。うん、でもやっぱドラムのリズム感とかもやっぱこのバンドのもつグルーヴもハンパないと思う。IRON CHICはアルバム”You Can’t Stay Here”には収録しなかった新曲4曲で、間違いなく駄作なしなんだな。そしてTOYS THAT KILLもこのスプリットのために次のアルバム用に録音し始めていた5曲をぶち込んできてるんだって。前のアルバムの時も書いたけどますますポップパンク界のGUIDED BY VOICES化がすすんでますね。もちろん良い意味でだよ。しかし、IRON CHICがどツボに入りすぎてまだしっかりとTOYS THAT KILLサイドを聴けていないのです。。。RecessとDead Brokeというそれぞれのバンドのメンバー在籍の2レーベルによる共同リリースってのもいいですね。ごめん卸値も送料も高いし入荷の際に税金もかかっているのでこの価格が限界です。(O)

ALLVARET “SKAM OCH SKULD” LP+mp3

2012年にリリースされた1stアルバムもロングセラーになっているVANNA INGETのベーシストNIKLA在籍の女性ボーカルパンクロックバンドALLVARETが6年ぶりとなる10曲入り2ndフルアルバムをリリース。一時期はあんなに人気があったのにみんなあっさりと飽きやがったUMEA PUNKを継承するサウンド。やっぱかっこいいだろよ。流行りで聴かないでくださいよ、ほんとに。VICIOUS~MASSHYSTERI、EPIDEMICS、TERRIBLE FEELINGS、VANNA INGETといったメランコリックで哀愁の北欧メロディー炸裂のパンクロックが好きだったらやっぱりこの音です。(O)

BASEMENT BENDERS “SHRAPNEL SONGS” LP+mp3

チャタヌーガ・オールスターズによるBASEMENT BENDERSの2ndアルバムはNo Ideaのレーベルとしては残念な業務縮小のためDead Brokeがリリースとなりました。FUTURE VIRGINS、THIS BIKE IS A PIPE BOMB、HIDDEN SPOTS、DARK RIDES、STUN GUNS、 SEXY、CLEVELAND BOUND DEATH SENTENCE、TULSA、BLACK RAINBOWなどなどのバンドをやっていたメンバーが集結したこのバンドのサウンドは想像を裏切らないしょぼクソなAaron Cometbusがいないんだけどいるようなポップパンクですね。そこにAshleyの女性ボーカルも絡んでくるんだから、テンションあがっちゃいますよ。今作では楽しみにしてた冷蔵庫に入れておいたデザートを勝手に食べられちゃったみたいな切なさも加えられていてありがたい。これで録音の音質が悪かったら、初期Lookout!なサウンドまんまじゃないかな。ってことであの手のサウンドが好きな人はやっぱり避けては通れないアルバムになってると思う!もう1、2曲目の時点でワクワクですよ。(O)

GIANT PEACH “BUT YOU MADE ME SUCH A BEAUTIFUL THING” LP+mp3

Don Giovanniからリリースされた2ndアルバムで一躍話題のバンドとなった90’s回帰なブルックリンのオルタナインディーロックバンドGIANT PEACHの8曲入りの3rdアルバムはDead Brokeへ移籍してリリース。恐らくロングアイランドシーンと元々の仲の良いバンドなんでMikeとも交流があり決まったんでしょうね。やっぱり女性ボーカルがメインを取る曲たまらないね。これはエモ/インディーロック好きな人からも支持されてるの当然でしょうね。2ndアルバムよりも温かみがあるもののより引き込まされるサウンドアプローチになっている。やっぱり今のDon Giovanniだと注目される度合いが大きいからそのプレッシャが抜けた分ゆったりとしたサウンドになってるのかな。6曲目のローファイ感のギター爆音で最高です。時折顔を覗かせるDINOSOUR Jr.、SUPER CHUNKなギターもね。(O)

GIANT PEACH “GLOW AWAY, GHETTO WAY” CD

ブルックリンのオルタナインディーロックバンドGIANT PEACHが2010年にロングアイランドのローカルレーベルから200枚限定でリリースした10曲入り1stアルバムのデッドストック。この時期はPOLVO、HELIUM、YO LA TENGO、RAINER MARIAを思わせるローファイインディーロックサウンドを奏でてます。ハウスショーで人気を集め始めた頃の作品だね。(O)

GIANT PEACH “GLOW AWAY, GHETTO WAY” CD

1stアルバムに続き2011年にリリースされた4曲入りのシングル。元々はFOR SERIOUS THIS TIMEとのツアー用カセットに収録されている曲と同じです。持ってる人恐らくいないと思うけど。それを2013年のツアー用音源として単独でリイシューしたもの。1stアルバムは宅録感満載な音のバランスだったけど、かなり音質のクオリティーが上がってギターの音も良くなってきてる。かなり音に広がりがで始めてる。やっぱり1stアルバム同様のPOLVO、HELIUM、YO LA TENGO、RAINER MARIAを思わせるローファイインディーロックサウンドで染みる。うん、エモ/インディーロック好きな人にもチェックしてもらいたい。(O)

UNWELCOME GUESTS “ANYTHING YOU WANT” LP

ニューヨーク州バッファローの4人組メロディックパンクバンドUNWELCOME GUESTSの10曲入り3rdアルバムようやく入荷できました。1stはKiss Of Deathでしたが、2ndアルバム同様Dirt Cultから。THE REPLACEMENTS、HUSKER DU経由の渋いメロディックはやっぱり90’sのバンドのサウンドとも共通項のあるね。そこに牧歌的な雰囲気も取り入れた感じ。THE MODERN MACHINES~USED KIDSを感じさせるバンドはここ最近だとあまりないからね。UKのBEDFORD FALLSにも近いとぼかぁ思うんだよな。アルバムには必ず収録されてる疾走ナンバーはやっぱ燃えるね!(O)

こちらもまとめて再入荷!
EXPLOSIVO! “IF THE DEVIL HAD A GUITAR” CD
FIFTEEN “SWAIN’S FIRST BIKE RIDE” CD/LP
FIFTEEN “THE CHOICE OF A NEW GENERATION” CD/LP
FIFTEEN “EXTRA MEDIUM KICKBALL STAR (17)” LP
GET BENT “DISCOGRAPHY” CD/LP
HIGLEY “S/T” LP
HOOPER “HOW TO BECOME A GHOST” LP
HOOPER “NO MONUMENT” LP
IRON CHIC “NOT LIKE THIS” CD
REAL SICKIES “GET WELL SOON” LP
ROBOT BACHELOR “THE THIRD HOUSE BOAT” LP
RVIVR “TIDE/SHAGGY” 7″+mp3
SABERTOOTH “MORNING BREATH” 7″
SABERTOOTH “SPACES BETWEEN” LP

SHOP(通販)はこちらから




12月-14-2018
Filed Under (新入荷) by wsrecords

先日web上で来年2019年再始動の予告メッセージを更新したUKメロディックパンク発信基地の老舗Crackle! いやーこれは嬉しいニュースです。しかしリリース作品の一つがマジで誰得なバンドを選んできてるところやっぱりCrackle!らしいですね。子育ても落ち着いてきての復活なんでしょうかね?友人が戻って来ることはなんにしろ嬉しいことですよ。
てことで、再始動おめでとうってことでCrackle!のリリースの軌跡を久々に再入荷してみました。まだ持っていない方はこの機会に聴いてみてちょうだい!SPEEDOWAXからリリースされたBROCCOLIの7″も残ってたよー。逃してた方どうぞ!

BROCCOLI “FOUND” 7″
SPLIT BROCCOLI/CROCODILE GOD 7″
CHOPPER “STATIC” 2xCD
CROCODILE GOD “2 WEEKS” CD
DRIVEWAY SPEEDING “REASONS” CD
HOOTON 3 CAR “DISCOGRAPHY” 2xCD
ONE CAR PILE UP “WORST” CD
SERVO “EVERYTHING” CD
SKIMMER “SMITTEN” 2xCD
SKIMMER “STILL” CD

SHOP(通販)はこちらから




12月-11-2018
Filed Under (新入荷) by wsrecords

DOES IT FLOATとSTAY CLEAN JOLENEのスプリットから始まった英国All In Vinylの人気スプリットシリーズの第4弾の最後のリリース作品が登場!このシリーズは結構すぐにソールドアウトしちゃうんでなるべくお早めのゲットをオススメしますよ!

SPLIT NEEDLES//PINS / EPIC PROBLEM 7″+mp3

今作はカナダのNEEDLES//PINSとイギリスのダービー州のEPIC PROBLEMという組み合わせ!両バンドともに2曲づつ収録。3rdアルバムからググッとメロディック寄りのサウンドへシフトチェンジをしたNEEDLES//PINS。哀愁の枯れ節メロディーでバックの演奏もUKメロディック的だったりSUPERCHUNKっぽかったり。でもこのしわがれ声で歌われると真っ先に頭に浮かんだのはUKのBANGERS。そこにLATTERMANな合唱コーラスも聞こえてきたり。スピードに頼っていない感じが東海岸哀愁合唱メロディックを彷彿とさせるのかも。2曲目のイントロでやっぱりBANGERSと納得。一方、BLITZでベースをやっていたマッキーが現在進行形で活動している現行の哀愁UKラフメロディックバンドEPIC PROBLEM。やっぱりかっこいい。LEATHERFACE、THE GREAT ST LOUIS~STAY CLEAN JOLENE、LEIF ERICSSON路線のサウンドはリリースごとにかっこよくなってきてるよね。そして2曲目に収録の曲、あれっと思ったらマッキーが以前やってたBLITZのカバー!(O)

こちらも再入荷です。
SPLIT NEW JUNK CITY / HOT MASS 7″+mp3

SHOP(通販)はこちらから




12月-11-2018
Filed Under (新入荷) by wsrecords


本日はWATERSLIDE2018年度最後のリリース第一弾のこちらのフラゲ日となります。

PALE LIPS “AFTER DARK” CD

※限定300枚
※CD先行リリースでっす。

SONIC AVENUESのMaxプロデュースで2016年にリリースされた1stアルバムが日本だけでなく世界中で話題となり、現在いろんなパンク、ロックンロールのフェスにも呼ばれるようになったカナダ・モントリオールのバブルガムパワーポップ/ロックンロール女子4人組PALE LIPSが2ndアルバムを完成させた!ブレることなく1stアルバム同様、キュートながらもしっかりとロックンロールしまくるゴキゲンな12曲だぜ!誰もが知ってるロックンロールの基本を散りばめる遊び心も健在。 50’s~60’sフィーリングに今作ではブギーも散りばめたシンプル&ファンなバブルガムポップ/ロックンロール!歌詞もさすが女の子で恋愛からちょっぴりエッチなことまでも(笑)ポップパンクファンまでニンマリなアッパーなロックンロールはガールズ・ポップファン、パワー・ポップファンだったら間違いなしなやつです。NIKKI AND THE CORVETTESやM’N M’Sのような先駆者からPEACH KELLI POP、BABY SHAKESといったガールズバンドが好きなら!もちろんカナダ・オタワシーンのパワーポップ/パンクロックバンド好きな人もですよ。前作同様、PEAH KELLI POP、STEVE ADAMYK BAND、FIRST BASEなども手がけるオタワのKenneth MacLaurinによるクールなアートワークでお届けします。

SHOP(通販)はこちらから




12月-10-2018
Filed Under (新入荷) by wsrecords

こちらも到着!本当に入荷できた枚数が少ないので本日の21時に販売開始とさせていただきます。一人一枚でお願いしまっす!

HORROR SECTION ‎”THEY’RE INSIDE” 7″

今やリリース作品が毎度のこと予約開始と同時速攻で売り切れになるほどのカルト的人気を誇るHORROR SECTIONですが、待望の1stフルアルバムリリースを目前としてます。そのアルバムリリースを記念して予告なしでEccentric Popのレーベル直販のみで300枚限定で発売した先行シングルがこちら!もちろん今作も予約の時点でソールドアウトです。でもってこれリプレスはしないそうですよ。事前にお願いして数枚だけうちでも販売させてもらいます。売り切れたら再入荷なしです。2曲入りでタイトル曲はアルバムの先行となり、B面の”From The Start”はこのシングルのみの収録曲。これがサビでうおって変化する曲!YOUNG ROCHELLS好きな人わかるっしょ?LILLINGTONSのニューアルバムがコケたらからさらにHORROR SECTIONの期待が高まって人気上がってるんじゃない?!ニューアルバムもプレス完了次第発送してもらってるんで今週か来週には到着すると思いますのでお楽しみに!くっそ最高ですから。(O)

SHOP(通販)はこちらから




12月-10-2018
Filed Under (新入荷) by wsrecords

一気に寒くなって凹んでます。今年はあったかいと思ってたのにー。でもあれだ、電車とかお店とか暖房ガンガンにきかせるのなしで。働いてる人、半袖ってどんだけ暖房きかせてんだよって話だ。
でも週明けの今日は国内のこの2作品が到着したんでプレオーダー開始です。

MODERN GOODDAYS “THIS IS THE MODERN GOODDAYS WORLD THAT I’VE LEARNT ABOUT” CD

もう結成から13年も経っているのか?札幌のメロデックパンクMODERN GOODDAYSがついに1stアルバムをリリース!FELIX!(THE BAND)、JUPITERのボリが加入してからは初の音源なのかな?それにDon KarnageのDAIMEIも加入してます!もう最初に言っちゃうけど、これはコウキのSNUFF好きなのが溢れ出てるね。1曲目の時点からこれこれこれと思いました。正直、ここ最近のSNUFF全然聴いていないんだけど、このMODERN GOODDAYSのアルバムには俺の好きなSNUFFの要素を感じてニヤリとさせられるし。こんなにかっこよくなったのかよと初めてこのアルバムを聴かせてもらったときに思いました。しかもハモンドオルガンも入れてあるんだもんなぁ。4枚目のアルバムまでのSNUFF好きな人もこのアルバム聴いてみてほしい!SPRAYPAINT、初期CRADLE TO GRAVE、ZERO FAST、URCHINといった日本のラフメロディック好きな人はどストライクだと思いまっす!アートワークは見たことあると思ったらやっぱりWORTHWHILE WAYのマユちゃんでした。(O)

slydingman “POINT” CD

1000 travels of jawaharlalやinfroなどと同郷の北九州市で活動中の3ピースメロディックバンドslydingmanの11曲入り2ndアルバム!1stアルバムはIMPULSEからでしたが4年ぶりとなる今作は自主で発表です。DILLINGER FOURやURCHINを思わせる疾走感バッチリでリズムチェンジもありのラフメロディックを日本語詞でやってます。往年のSnuffy Smileバンドや90’sの日本のメロディック好きな人は当然でしょうが、これは1000 travels of jawaharlal好きな人もチェックすべし!とにかく11曲あっという間に終わったしまうくらいに駆け回りまくってる!(O)

SHOP(通販)はこちらから




12月-7-2018
Filed Under (新入荷) by blackie

本日も委託中古盤22時にアップされます!是非チェックしてみて下さい!毎年恒例の年末廃盤セールは今年もやります!日時が決定しましたら改めて告知させて頂きますのでお楽しみに!(R)

SHOP(通販)はコチラからになりますよ!




12月-6-2018
Filed Under (新入荷) by wsrecords

あろはーおぇってことでCATALOGS解散後にメンバーが始めたサタニック3コードポップパンクバンドTHE QUINTESSENTIALSが年末直前に6年ぶりとなるニューアルバムをリリース!ということで早速入荷しました。前回入荷して売りきれったデッドストックも在庫あったものは再入荷できたけど、もう在庫無くなってるのどんどん出て来てるんでお早めに。POWER PELLETSとかGRAPEFRUITも今回が最後の入荷だかんね。

THE QUINTESSENTIALS “THE SATANIC RITES OF THE QUINTESSENTIALS” CD

THE QUEERSもカバーしているTHE CATALOGSのLesとMikeがCATALOGS解散後に始めたTHE PRODUCTSが元になり結成されたTHE QUINTESSENTIALS!先日過去音源のデッドストックを入荷しましたが、なんでデッドストックが急に出てきたと思ったら、2018年も終わりに近づいた11月にニューアルバムが登場!新作出してライブやるから過去作品探したわけなんですね。という連絡したのが絶好のタイミングだったことにマジ感謝!前作から6年ぶりとなる今作もやっぱり彼らなんで18曲ぶち込んできてます。このバンドを結成した時からのコンセプト、サタニックポップパンクは全くブレてなくこのアートワークで手に取るポップパンクファンが何人いるんでしょうかね?(爆)やっぱり呪いの呪文から始まりますが相変わらずの3コードポップパンク!今作ではシンセやピアノな鍵盤入りでロックンロールテイストもありでご機嫌な感じ。たまーに、サタニックなアレンジ入れてくるけどね、そこも彼らの特徴なんでね。うちで入荷する3コードポップパンク気に入っていただいてればスルーはできませんが、今作は特にVINDICTIVES、SLOPPY SECONDS、MISFITSフレーバーを感じます。GRIM DEEDSとやっぱりサウンドだけじゃなくてカラーも似てるよね。収録曲の中に一曲だけ女性ボーカルでやってる”Rhiannon”って曲あるんだけど、この曲普通なというかサタニックアレンジを入れたロックな曲なんだけど、これが意外とメロディー良くて最初だせっと思ったけど聴いてるうちにあれっこの曲すげー良い曲じゃない?と思った俺は彼らの呪いにかかってるんでしょうかね。前身バンドTHE CATALOGSからもう今年で24年の大ベテラン。すごい!卸値高いのはハワイということを考えると仕方ないでしょう。彼らが続けていくためなんで。それとガラスCDってやつで通常のCDよりも高音質のやつだからなんだって。なぜにこのサウンドにそんなに高音質にこだわる?(爆)こういうこと書くとまたバンドにGoogle翻訳やられんだよな。(O)

SUPERFUCT “IT’S GONNA GO” CD

THE QUINTESSENTIALSに続いてこちらもニューリリース作品!やっぱりハワイシーンのためにやってるんで気に入ったバンドが出て来たらリリースするみたいですよ。こちらはハワイ産メロコアでNO USE FOR A NAMEなどを彷彿させるサウンドなSUPERFACTの1stアルバム10曲入り。基本的にFAT系含めて名前が知られてるバンドがハワイでライブやるときは彼らがオープニングアクトになってるみたい。確かに他のHawaiian Expressのリリースバンドに比べて音がかっちりしてるね。しかし、ハワイにもこんなクオリティーのバンドいるんだな。カリフォルニア移住した方が人気でそうだけどな。(O)

GRAPEFRUIT “STUDY IN MUMPISHNESS” CD

デッドストック出てきたって教えてもらいました。けど枚数少ししかありません。ハワイのポップパンクバンドといえば一番知られた存在なんじゃないだろうか。GREEN DAYがハワイでライブする時はオープニングバンドをつとめたり、後にZOINKSやJON COUGAR CONCENTRATION CAMP、INVALIDS、MY PAL TRIGGERのリリースでお馴染みのSECOND GUESSからアルバムをリリースしてるから。そのSECOND GUESSから97年にリリースした17曲入りアルバム。ポップパンクに、OPERATION IVY以降のスカパンクを加えたサウンドでクッソショッボイですね。ハワイっていうよりもGilmanでライブやってる様子が想像できるサウンドだぜ。(O)

SPLIT MR. ORANGE UNDERCOVER / GRAPEFRUIT “PUNK PARTY SERIES #2” CD

デッドストック出てきたって教えてもらいました。けど枚数少ししかありません。ハワイのポップパンクバンドといえば一番知られた存在のGRAPEFRUITと、先日入荷したアルバムがすっげよかったポップパンクとメロディックの間の子MR. ORANGE UNDERCOVERとの2001年リリースのスプリットがありましたよ。スタジオ一発録りのレコーディングセッションのシリーズ第二弾だそうです。このシリーズ完全にTHE QUEERSの”Suck This”のアイデアが元ネタだろうね。これジャケ裏に記載されている曲数より全然収録されていて、MR. ORANGE UNDERCOVERが16曲収録でGRAPEFRUITが26曲?と思ったらMCも1曲のトラックに分けてくれてるんでスキップしやすいですね。MR. ORANGE UNDERCOVERやっぱり好きだな。BRACKETやLIMP好きな人も聴いて!アルバムとの被りは4曲くらいであとの4曲はこの音源だけに収録の曲です。一方のGRAPEFRUITは14曲を収録。このしょぼさたまらんですな。スカの曲はFRUITYをクソしょぼにしたような感じあるしね。ネスト的な選曲にあってますんで。アルバム未収録の”Tokyo Sunday”っていう曲日本語でやってます。東京危ないってなんだよそれ(笑)(O)

こちらも再入荷!
THE CATALOGS “VIVA LOS MUERTOS” CD
THE CATALOGS “S/T” 7″
MR. ORANGE UNDERCOVER “GO PUNK YOURSELF” CD
THE POWER PELLETS “INTO THE BRIGHT SUNLIGHT” CD
THE POWER PELLETS “ON KTUH FM IN HONOLULU” CD
THE QUINTESSENTIALS “SARAH ALICE IS DEAD!” CD
THE QUINTESSENTIALS “REALM OF THE GREAT OLD ONES” 2xCD
SURFER TROT “LIVE ON KTUH FM” CD
4 WAY SPLIT PRODUCTS / CARTMANS / RAYMONDS / CATALOGS CD

SHOP(通販)はこちらから




12月-5-2018
Filed Under (新入荷) by wsrecords

いやっほーこちらもまたまた税関に止められちゃってました。税金払って釈放となりました、、、多分うちの荷物最近狙われてるっぽいですねw

THE REEKYS “S/T” LP

オーストリアのガレージパンク/ロックンロールレーベル、Bachelor Recordsの記念すべき100枚目のリリースを飾るのはカルト的に熱狂的に未だに支持されているドイツはミュンヘンのラモーンズコアバンドTHE REEKYSのこれまで未発表だった幻の1stアルバムだぜ!14曲入り。姉さんこれは事件ですよー。限定500枚でリプレス一切しないワンタイムオンリーでのリリースなんでこれは絶対に逃しちゃいけない。1曲目はRIVERDALESの”Fun Tonight”に影響を受けたと公言するオープニングナンバーからでその後もガンガンラモーンパンクが繰り出される!時折飛び出る甘いメロディーの曲も最高!さすがレコード屋にラモーンパンクなるジャンルが存在するドイツの底力!力士になりたいって曲までも飛び出してくる始末!今作は2005年に録音されたものでそれが今年の初めに見つかったことでリリースが決まったんだと。ってことはHIGHSHCOOL ROCKERS活動終わった後にまたREEKYSやってたってこと?なのかな。そうそう、このバンドはChirsとSteveがHIGHSHCOOL ROCKERSと並行していやっていたラモーンズコアプロジェクトで、HIGHSHCOOL ROCKERSの活動が本格的になるにつれてやらなくなっちゃったもので、これまでリリースされてたのは2000年位単独シングル、BOONARAAAS!!!とのスプリット、それからStardumbのコンピだけだと思う。みんなが聴きたがっていたまとまった音源がようやく聴けて最高だぜ!ChirsとSteveはのちにTHE KIDNAPPERSで活動する。知ってた?とにかくラモーンズコアファンは逃すなってことです。今作のリリースを記念してライブやったみたいですよ!人のこと言えないけどすっげーおっさんになってんな。(O)

こちらもひっさびさの再入荷!
PATSY’S RATS “SINGLES” LP

SHOP(通販)はこちらから