Archive for 8月, 2022

8月-18-2022
Filed Under (新入荷) by wsrecords

お待たせしました!DRIVER ELEVENの全音源集いよいよ完成まじかです!予約開始しましたんで。良かったらどうぞ!最初は2枚組やったと思ってたらプレス直前に、奇跡的に貴重な音源が出てきたので3枚組となりました!

DRIVER ELEVEN “THANX (AGAIN) THE COMPLETE DISCOGRAPHY” 3xCD

※2022年8月下旬リリース予定(完成次第発送させていただきます)
※300枚限定
※CD3枚組みで合計53曲収録

FOR FANS OF: 90’sメロディック、90’sエモ、MINERAL、CAP’N’JAZZ、BRAID、PROMISE RING、BUFORD

Driver Eleven: 90’s Post Hardcore Emo Math from California.

このバンドを初めて聴いたときの衝撃をいまだに忘れていない。また、彼らのレコードに針を落とすときは、いつだってあの時感じた衝撃が蘇る。同じような思いを持つ人はいるだろうし、もしあなたが今作を初めて聴いたときに、興奮してくれたらそれはもうたまらないものがある。DRIVER ELEVENとの出会いは、NOONERというバンドと97年にペンシルバニア州リーハイバレーのローカルレーベルF.O.E.からリリースされたスプリットシングル。これがエモといえば大体1曲の尺が3〜5分という概念をぶち壊してくれました。彼等の場合1曲が大体2分位で、異様に手数の多くつんのめり気味のドラマーとリズムチェンジが速度以上の疾走感を感じさせてくれるものです。ギターもベースもドラムもおれがおれが状態で、音の隙間がなく息をつく暇が全くない。活動時期にリリースされたのはそのスプリット7″、「FIRST CRUSH CD」「This is the Lehigh Valley Not South Park 7″」というコンピのみで、4曲しかこの世に発表されていないバンドなのです。その当時からなんとか彼らと接触はできないものか、ずっと人づてに連絡先を訪ねたりもしましたが、全く捕まりませんでした。狙いはそうです、絶対に未発表曲があるはずだと。
2021年、実は彼らはバンド名を変えて同時進行でやっていたというか、HOUSEBOYというメロディックパンクバンドこそが彼らのメインバンドだったんです。そのバンドと繋がることができ、DRIVER ELEVENの未発表曲があるのなら聴きたいと申し出たところ、「アルバム分レコーディングした音源があるよ。これまで、出したいと言ってくれた人が現れては実現しなかったんだ。君がどう?」という返事で、速攻で飛びつきました。

「Disc 1」に収録されているのが、97年から98年の間にレコーディングされていたもの既発の4曲以外はこれまで世にでることのなかった21曲収録。
「Disc 2」に収録されているのが、97年に録音されたライブ会場で知り合いにのみ配布された50本のカセットのみという幻の宅録音源収録の21曲。
「Disc 3」に収録されているのが、初期DIGGERのメンバーPhil Nelsonが、DRIVER ELEVENに一時期在籍し、セッションした音源や幻のライブ音源が発掘されたため、新たに追加されたもの。これは、今回までメンバー以外誰も聴くことができなかったやつです!こちらも97年録音です。

このレコーディング時期を見ていただければ気づくと思いますが、この97から98年の2年間にこれだけの曲を作曲しレコーディングしていたのです。

もともとのレコーディングがチープなレコーディングだったものを全曲リマスタリングを経て、CD3枚組、メンバーとのインタビュー掲載のライナー、歌詞対訳つきという、DRIVER ELEVENが好きだという情熱だけで作り上げた自分へのご褒美仕様でリリースです(笑)音質に粗さもありますが、これこそが、あの時代の地下室のサウンドを存分に感じられる内容となっており、個人的にはこのサウンドだからこそこのバンドの良さが引き出ていると思っています。

おそらく俺のようにこれまでの既発曲を聴いていた人にとって、彼らがこれほどまでに幅広い楽曲を持っていたことに驚くと思います。これが97年あたりにリリースされていたら、確実に現在彼らは神格化されていたでしょう。実際に、この後にJOIN’Rというバンドをやるのですが、そのバンドは認知されていてリリースされた音源はすさまじい値段が現在付いています。そのJOIN’Rについてはまた機会がありましたら…

SHOP(通販)はこちらから




8月-12-2022
Filed Under (新入荷) by wsrecords

9/17久々の企画やります!また今の状況なので気をつけてやりますので、人数制限しながらやろうと思ってます。明日の朝10:00から第一回目の予約を受け付けます。詳細はこちらをご確認ください。

本日のアップはこちらです!SATURDAY NIGHT KARAOKEの新作をI Hate Smokeから。

それから、かつてはCDはリリースしないと公言してましたが最近はCDでリリースを連発しちゃってるMom’s Basementから一気に新作リリースです。個人的に一番熱いのはNEW ROCHELLESとYOUNG ROCHELLESのドラムボーカルのRickyのソロアルバム!これがYOUNG ROCHELLESのニューアルバムといっても良いくらいの傑作!全く飽きず繰り返し聴けちゃいます。ブラジルのバンドにも手を出し始めたりと嬉しい感じです。しかし、CDは限定100枚ですからね。

今夜20時にアップします。Have a great お盆!

SATURDAY NIGHT KARAOKE “DEJECTION” CT+mp3

インドネシアのSNKの新作は4曲入りでカセットでI Hate Smokeから登場!毎度毎度SNKの日本ツアーの際には、企画をやってもらったりしてるんでこの流れは当然!コロナ禍で制作された今作は、これまでのSNKとは一皮向けた成長を遂げてるぜ!インドネシア国内で彼らを取り巻く環境(すっげー注目されててでかくなり始めてる!)に、困惑しているという、いかにも彼らの性格が表れてるけど、そこが彼らのいいところで、調子に乗らずしっかりと自分たちのサウンドを追求しているという姿勢が表れてるんだな。勢いに頼ることなくしっかりとメロディーやリフに重視を置いたSNKサウンドは痛快でもある!ベーシストAndressaのソロでリリース作品をやってることもSNKとしてのバンドを強固にしてるのかもしれない。GREEN DAYの1st&2ndアルバム期が好きな人は確実にやられると思う!ポップパンクなだけど、これまでよりもパンクのソリッドさがある上に、プラブのメロディーの乗せ方がすげー上手くなってるんだよな。めっちゃおすすめ!(O)

RICKY ROCHELLE “SO FAR, ALL GOOD” CD

こういう音源が売れないなんてありえないだろ。NEW ROCHELLESとYOUNG ROCHELLESのドラムボーカルのRickyがソロアルバムをリリース!アナログ盤も今後Eccentric PopからリリースされますがCDが先行でリリース!ってかこれ両フォーマット行くべきなやつだぜ!ソロっていうけどクソアコギじゃなくて、バンド編成でしかも彼がメインとなっているYOUNG ROCHELLESの2ndアルバムと捉えてもらっても問題ないんじゃないの?!3コードポップパンクを核としてるけど、そこにオールディーズ、パワーポップ、メロディック要素も撒き散らした傑作アゲイン!曲によってはSILVER SUN並みに、すげースケールのポップ感出したりしてるし、こいつの才能なんなの?!って感じ(笑)やっぱりRickyの上下に動くメロディーラインはかつてのPARASITESやSKIMMERにも通じると思うよ。どの曲にもキラーメロディーがある。わかるっしょ?!CDは限定100ってことでがっつり入荷しました!これはむちゃくちゃ良いぜ!ポップパンク、パワーポップファンは迷わず手に入れよう。すぐに爆音で聴こう!そしてアナログも手に入れよう!(O)

THE YODEES “COMIC BOOKS” CD

なんとブラジル3コードポップパンクのリリースをMom’s Basementが連発!こちらはOutloudから1stアルバムをリリーしていたバンドですが、戦国下克上なアメリカシーンですので今作はMom’s Basementから(笑)このバンドはドイツのDIE SCHICKERSのメンバーから紹介されたのが始まりでした。正統派RAMONESCOREではなく、90年代3コードポップパンク以降のバンドからの影響大なこのバンドはもちろん俺の大好物です。SCREECHING WEASELというよりもQUEERS寄り、柔軟なスタイルはMutant Popバンドの方が近いと思う。バブルガムハーモニーあり、ハンドクラッピングあり、1stアルバム気に入ってくれた方は今作も間違いなく気に入ってもらえるでしょう!プロデューサーはCARBONA、FLANDERS 72でおなじみのDavi。(O)

ROTORES “PUNK ROCK FEVER” CD

はい、こちらもブラジル産をMom’s Basementから!をMom’s Basementでは、ブラジルのポップパンクバンドにそんなにアメリカでは反響がないと思ってたそうですが、予想外の反響でYODEESとともにおそらく再入荷は無理だということです!ようやくブラジルのポップパンクバンドの良さに気づいたか(笑)これぞまさにブラジリアンポップパンクといった感じのRAMONESからの影響はあるもののパワーポップ、ロックンロールからの影響もありのFLANSERS 72的なファンポップパンク!途中に女性コーラス出てくる9曲目とか単弦ギター旋律と絡んで最高ですね。Ramonescore Brigade Vol.2にも収録されてるよ。アートワークはFLANDERS 72のPaolinho!(O)

STINKING POLECATS “S/T” CDS

お待たせしましたCDバージョン到着!2020年に15年ぶりの復活遂げたSTINKING POLECATSがニューアルバムをリリースだってさ!リリースはイタリアのBad Manから。PEAWEES同様泣きと男臭さの哀愁が染み出たのロックンロールポップパンクサウンドはPSYCHOTIC YOUTHにも通じる!でも彼らの場合はレザージャケット!ってかシングルの時よりもパワーポップ色もあるし、めっちゃ泣きのメロディーだしで最初からこの路線でやってくれよって話!やっぱメジャーにも登り詰めたバンドのソングライティングセンスすげーわ。むっちゃくちゃ良い曲収録されてる。TOUGHはもうやらないのか?!ここまで泣きのメロディーぶっ込まれちゃ俺は完全POLECATS派です。(O)

LUNKHEADS “AM SMARTER THAN A MONKE”2xCD

90年代Mutant Pop型ポップパンクを奏でる新人バンドが表れた!SCREECHING WEASEL以降の流れを完全に歩んでいるこのバンド!どこかで聴いたことあるメロディーが炸裂しますが、そんなことは誰も気にしないでしょう。とにかく、欲しいところに望んでいる単弦ギター旋律にイタチ声ボーカルがたまらんでしょう。個人的には声質とかもCRUMBSの初期を感じます!このバンドの情報全然ないんだけど、若いそうなんだけどほんとなのかな。これ当時聴いてる人じゃないとできないんじゃないかな。CDの盤面もMcRACKINSっぽいし!このバンドは90年代でいい!(O)

JERK! “PANIC ATTACK REISSUE” CD

ラスベガスの3コードポップパンクトリオの2019年に自主でリリースした14曲入りアルバムを、Mom’s Basementが限定100枚で一度リイシューしましたが即ソールドアウト。メンバーの希望により今回また100枚リプレスされました。ジャケは前回と変わってます。90年代ポップパンクの亡霊が乗り移っているサウンドはSCREECHING WEASEL、QUEERS、SQUIRTGUN、NOBODYSといったLookout!サウンドからの影響の方が強くて00年代ポップパンクからの影響はあまり感じないサウンド。1stって感じで結構突っ走ってる曲なんかもあって、クソダサい曲もあり(笑)単弦リフから始まる曲はもうこれこれこれ!って感じでバッチリなんで、今後そっち方面を強化していただきたい!(O)

SHOP(通販)はこちらから




8月-10-2022
Filed Under (新入荷) by wsrecords

カナダのTHE LAST MILEは久々の衝撃のメロディックパンクバンド現れたってことで、すでにアナログは入荷してますが、彼らのツアーをサポートするためにCDバージョンもリリースしちゃいました!本日準備できましたので発売開始します!海外の3レーベルとの共同で、多くの枚数がバンドに渡してるため日本分は50枚のみの販売となります。良かったらほんとにかっこいいバンドなんで聴いてくださいね!

それから、過去にリリースされていたQUEESのトリビュートアルバム「GOD SAVE THE QUEERS」の第二弾がJoe King完全サポートの元リリースされました!現行のポップパンクバンドが集い、うちが絡んでるバンドも10バンド以上選出されたというありがたい内容になってます。このトリビュートアルバムは国内販売分少ないのと、再入荷はできないので今夜20時にアップ予定です。

THE LAST MILE “RESPECT THE FREQUENCY” CD

UKメロディック好きも哀愁メロディック好きもこのバンドは震えるはず!WANK FOR PEACEとスプリットをリリースしてた熱いメロディックバンドPREVENGE、WHISKEY TRENCHのChrisが結成したカナダ産メロディックバンドTHE LAST MILEの1stアルバム。このアルバムでドラムを叩いてるのはFUNBOX、I FARM、MAN WITHOUT PLAN、そしてDESCENDENTSのBillとCHILTONをやってるJosh!ベースはANSWERSのステファニー嬢。んでもっての女性コーラスも当然あり!MOVING TARGETSも感じるし、LEATHERFACE、HDQ、VISIONS OF CHANGE、後期JAILCELL RECIPESといったUKメロディックを感じる要素大ありだし、NAKED RAYGUNなシカゴメロディックもあり、DC経由のメロディック好きな人も盛り上がり要素あるし、ヨーロッパのアナーコメロディック好きな人にも響くサウンドだしで、これはかなり大好きな人がいるはず!やっぱり定期的にカナダからは爆弾級のバンド現れますな!そして、現在このバンドでドラムをやってるのはMOVING TARGETS、NILSでもドラムをやってるEmilien!渋いメロディック好きは絶対に注目なやつです。いやいや、このバンド久々の衝撃のメロディックパンクだわ!このCDバージョンには1stシングルもボーナストラックとして収録!(O)

VARIOUS ARTISTS “GOD SAVE THE QUEERS VOL. 2” LP/CD

QUEERSの結成40周年を祝って、トリビュート「GOD SAVE THE QUEERS」シリーズ第二弾が登場!第一弾はAsian Manからでしたが今回は、イギリスのTHE ATOMSのJoeが主導を取り、カナダのCouching Pop、Insipid Recordsが協力してリリース。一部のDistroのみでの販売となり国内はうち経由です。もちろん、Joe King公認なので、彼の完全なサポートもあります(そのため売り上げの一部はJoeへと渡ります。そのための価格です)。日本からはWIMPY’S、HUM HUMS、それからWSリリースのSKIMMER、SNK、FLANDERS 72、RANDELLS、YOUNG ROCHELLESも参加!現行の世界中の3コードポップパンクの中でも頭1つ抜き出たバンド23バンドが集結してて、バンド独自の解釈でQUEERSへの愛を表現してます。1曲目のSNKの時点で、完全にSNKアレンジしててやられたと思いましたぜ!WIMPY’SももろにWIMPY’Sな仕上がりだし、THE HUM HUMSはキラキラにしちゃってるし、SKIMMERもブリブリなベースに2本のギター単弦旋律でSKIMMERにしちゃってるし、RANDELLSも自分らの曲にしてるしで手前味噌で悪いけど、Waterslideリリースバンドのカバーアレンジのクオリティー高いぜ!安心して手に入れてください。(O)

(収録バンド/収録曲)
01 Saturday Night Karaoke – Love Love Love
02 The 20 Belows – Something In My Heart
03 The Atoms – Strangle The Girl
04 The Manges – Cut it Dude
05 The Priceduifkes – I_m OK, You_re Fucked
06 The Wimpys – I Met Her at the Rat
07 LATTE+ – Born To Do Dishes
08 The Radio Buzzkills – Bonehead
09 Flanders 72 – Houston We Have a Problem
10 The Putz – Definitely
11 Spot Mcrackin – Fucked in the Head
12 Shackleford – The Sun Always Shines Around You 8:20
13 The Tarleks – Janelle, Janelle
14 Mugwumps – Teenage Bonehead
15 The Hum Hums – I Never Got The Girl
16 Skimmer – I Dont Want You Hanging Around
17 The Follow Ups – See you Later Fuck Face
18 The Young Rochelles – Psycho Over You
19 Randells – Surf Goddess
20 The Prozacs – Yeah Well Whatever
21 The Hawaiians – I Don_t Get It
22 The Jasons – Tit Fuck
23 The Yodees feat. Jennifer Menna – Brian Wilson

SHOP(通販)はこちらから




8月-9-2022
Filed Under (新入荷) by wsrecords

過去から現在の924 Gilman周辺のイーストベイエリアをサポートしながらリリースをしているLavasocksのリリーッスがやばい!過去のリイシューだけじゃなく、現行バンドもほんとセンス高いバンドばっかりリリースしてるんだってんば!今日も20時にアップ予定です。
本日のアップはこちらですが、今さっきまた荷物到着しております!

SEWER TROUT “MEET THE SEWER TROUT: THE COMPLETE DISCOGRAPHY” LP

CHEERS! PUNK RADIOでもおなじみ裏LOOKOUT!番長サクトーパンクス!SEWER TROUTのディスコグラフィーが。まさかのアナログリイシュー化!THE NEW VULGARIANSを母体としたもろに初期Lookout!っぽいポップパンクバンド。97年にSactoe Punk Archive RecordsからリリースされたディスコグラフィーCDから初期のデモやライブ音源を省いた内容。ってかあのCD今じゃ凄い値段になってんだな… ということもあって多くの人がアナログ化を楽しみにしてましたがついに、現在の924Gilmanシーンをサポートしてて、愛のある最高のリイシューをしてくれているLavasocksがやってくれましたよ。残念ながらカラー盤は途中で直販のみとなってしまいましたが、まあ、それはしょうがない!今作は亡くなってしまったボーカルのJim MacLeanへ捧げられてます。だからSEWER TROUT名義で再結成しないんですよね… ELMERもこのJimさんでした。ひねくれ者にとっては今でもLOOKOUTったらGREENDAYじゃないでしょ。SEWER TROUTでしょ!なバンドな訳ですよ。ほんと大好きなバンドなんで過去にWATERSLIDEのTシャツのデザインでパクらせてもらいました!コンピ「Turn It Around!」はまさに一家に一枚なんですよ。この収録バンドがベイエリアシーンを世界に知らせたわけなんで。(O)

SCHLONG “TUMOURS EXPANDED” LP

SCHLONGの音源の中でもダントツに高騰していた93年リリースの”TUMOURS” 7がボーナストラック詰め込んで12″のアナログ化!これ内容は、FLEETWOOD MACが77年にリリースしたアルバム「Rumours」を全曲カバーしたやつなんだけど、SCHLONGのリリース作品の中でも才能のピークと言われてる作品だけあって、ポップでありながら、めちゃくちゃ変拍子や想像や予測のつかないアレンジをショートチューン1曲の中に詰め込みまくってる音源で、こないだの、CARPENTERSカバーでこのバンド気に入った人も、当時から聴いていた人もこの作品も逃さないでくださいね!難解なアレンジなんだけど、そんなことを感じさせないショートチューンで、日本で言えばSCHOOL JACKETS好きな人もほんとチェックした方がいいよ。こいつらはアホを極めてる感じなんで!オリジナルの「TUMOURS」11曲に、90年の「Limp」7″のレコーディングセッションで録音された7″よりも多い6曲をB面にボーナスとして詰め込んだアルバムレベルのボリュームの17曲でリイシューですよ。OPERATION IVYで成功を収めたのに、RANCID行かずに弟とこのバンド結成したDave Melloこそが一番のパンクスだわ!(O)

CORRUPT VISION “THESE HANDS OF MINE” LP+mp3

過去から現在の924 Gilman周辺のイーストベイエリアをサポートしながらリリースをしているLavasocksがリリースしたこのオレンジカウンティ産の現行バンドは、過去のイーストベイシーンからの影響大のバンド!レーベルの表現はもしOPERATION IVYがスキーマスクをしていたらなサウンドと評してるけど、これSKAのカッティングも取り入れたハードコア寄りのサウンドで、GRIMPLEやCHOKING VICTIMを彷彿でクラスティーやパワーヴァイオレンスの香りもあってむっちゃくちゃかっこいいわ!自らをCrack Rock Steadyって名乗ってるしね。曲によってはSTIKKYだったり、NAVELのスラッシューハードコアショートチューンを感じたり、FYP的なのもあってイーストベイサウンドが好きな人から、鼻くそショボパンク好きな人もツボると思う。SKAのカッティングあってもパンク度の低いSKA PUNKはそこまで思い入れがないって方は、このバンドですぜ!みんなで一斉に録音している感じの荒さも最高!やっぱ修正ばっかしてる最近のレコーディング方法じゃこの勢いや破壊力は出ないわ。ラストクッソヤバい!そのうちHellcatやFatからリリースしそうな気もする…(O)

SLUMPED “S/T” LP/CD

デビュー音源はGRUMPSTERとのスプリットカセットということで、地元の同世代バンドのSLUMPEDの1stアルバムが激ヤバでした!このバンドも現在の924 Gilmanで活動しているバンドだぜ!轟音ファズギターメロディック好きは確実にぶっ飛ばされるやつだぞ!めっちゃメンバーのバラバラ感がおもろい(笑)若いのにこの渋さはなんなんだろう。このバンドはNOTCHESと同じベクトルで、そこによりグランジや、MIDWAY STILLが初期の頃やってたようなシューゲイズ感もあるんだよな。だから、この若さでこれかよって驚くんだよな。DINOSAUR Jr.はもちろんのこと、FLUF、BIG DRILL CAR、NEW SWEET BREATH、TILTWHEELとか好きな人は爆音でチェックしてちょうだい!ミドルテンポの曲がこのバンド良いから確実に人気出るだろう!後半にいくほどどんどん良くなっていく。(O)

こちらも再入荷!気になってる方はプレス数少ないのであるうちに手に入れた方が後悔しませんよ。

SCHLONG “THE SINGLES 1989-1995” LP
TILT “PLAY CELL DELUXE REISSUE” 2xLP
VARIOUS ARTISTS “DEAR WHO? – A TRIBUTE TO JAWBREAKER” LP

SHOP(通販)はこちらから




8月-5-2022
Filed Under (新入荷) by wsrecords

ドイツのゲーハーパンクLOST LYRICSの名作1stアルバムがリリース30周年を記念してなんと突如2枚組のアナログとしてリイシュー!しかーし、わずか250枚という少なさです…しっかりと予約入れていたんで確保できましたよ。それからまた新品デッドストックの在庫も追加されていたんでしっかりと回収果たしました!

本日はこちらを21時にアップ予定です!

THE LOST LYRICS “SOME THINGS NEVER CHANGE” 2xLP+mp3

一部のコアなメロディックファンから支持されている知る人ぞ知るドイツのゲーハーパンク LOST LYRICS!1992年にNASTY VINYLからリリースされ永らく廃盤になっていた大名盤であり怪盤である1stアルバムのアナログ盤が30周年を祝してはいるものわずか250枚限定で奇跡のリリース!これ、世界で250枚のみですから、争奪戦ですよ!カルトヨーロッパポップパンクファン失禁の問題作として、今だに支持されてますよね。一度聴いたら忘れられない特徴的なボーカルに牧歌的でいてどこか懐かしくなる民謡のような母国語メロディー。全20曲が本当に素晴らしく気がつけば口ずさんでいるのは名盤たる所以でしょう。あるレコードコレクターに言わせれば「 THE E-TYPES!とかTHE SHOUT!とかMEGA CITY 4とか全部ごちゃ混ぜにするとTHE LOST LYRICS(笑) 」ってなくらいのグッドメロディー!TOY DOLLS、ABS、DUDOOS好きな人ももっとこのバンド聴いてください!初期の頃は確かにドイツではMEGA CITY 4を引き合いに出されてるんだよね。日本人女性とのワンナイト・ラブのことを歌った”Japanese Girl”で、何故かYMOのアルバム「増殖」で使われているスネークマン・ショーのコント「ミスター大平」をサンプリング、サンクスリストに「The Yellow Magic Orchestra」の文字が書かれていることも怪盤度をぐっと引き上げていたのです。全曲リマスタリングで音もクリアになって、さらにコンピ提供曲8曲もボーナストラックで収録。しかも知らなかったコンピ収録曲がめっちゃ良いという。あっジャケのおじさんがメンバーになってますね。(O)

SIGI POP “HERMAN MUNSTER WAR DER ERSTE PUNK” LP

78年から活動していたドイツポップパンク界のレジェンドMARIONETZのボーカリストSiegbertによるソロプロジェクトSIGI POPの98年リリースの唯一のアルバムの新品デッドストック、今度はアナログが出て来たぞ!これでもかと言わんばかりに詰め込んだ25曲収録。MARIONETZでも聴かせてくれるとにかく底抜けでポップでキャッチーなポップパンクやってます。やる意味があるのかわからないおかしなギターの被せとか面白い。シンセも入ってもろにNAOKIDSワールドと同列のハチャメチャなファンパンク!とにかくたんまり曲が収録されてるんで実験的な曲とか、ヒトラーの演説をちゃかしたしゃべりとか、PISTOLSやRAMONESのドイツ語カバーとかもあるんだけど、オリジナルの名曲てんこ盛りなんで!元木の応援歌と俺が勝手に名付けてる曲もあるよ。(O)

THREE MINUTE RECORD “INTO THE WILD” LP

こちらも新品デッドストック極少数だけありました!2014年リリースのドイツの男気哀愁メロディックパンクバンドTHREE MINUTE RECORDの唯一のアルバム!まさに男の哀愁という言葉がぴったりな泣きのいぶし銀は、Mike Ness、LUCERO、GREAT St. LOUISといったバンドが好きな人は気にいるのではないでしょうか?!(O)

こちらも再入荷!なぜか廃盤になってたROCK’N’ROLL STORMTROOPERSのLP/CDの在庫が復活してたから全部いきました!

THE LOST LYRICS “DIGIPHOBIE” LP+CD
THE LOST LYRICS “FREAK PREVIEW” LP
ROCK’N’ROLL STORMTROOPERS “ON FIRE” LP/CD
SWOONS “KLEIN UND FAUL” CD
SWOONS “HART ABER HERZLICH” CD

SHOP(通販)はこちらから




8月-3-2022
Filed Under (新入荷) by wsrecords

今夜は夏のWIZO祭り!CHEERS! PUNK RADIOを始めたことで再燃したドイツブーム。そして必然的に自分の中でもWIZOの再評価に繋がったわけですが、ドイツ国内でも再評価で1stに2ndアルバムがアナログリイシューされてましたが、またしてもWIZOのうれしいリイシューが一気にリリースされた!一部の方には喜んでいただけると思います!だって3rdアルバムFAT盤は、半分の曲がFat Mikeにより葬り去れていますからね。特にみんなが好きであろう泥臭い奴が(爆)ついに泥臭ソング蘇りましたよ!

20時にアップ予定です!ドイツから1つ荷物届くと続々届く。今は海外からの荷物こんな状況です。ある国から1つ届くと同じ国の別の荷物が続々とやってくるみたいな。

WIZO “UUAARRGH!” 2xLP

WIZOが今作でFat Wreckと契約して一気に日本で知られることになった94年リリースの2rdアルバム!最初Fatがマジかよ?って思ったけど、ドイツ盤はアナログ2枚組で25曲収録だったのに、Fat盤では13曲収録とみんなが大好きな泥臭いほうのやつを大幅にカットしてボリュームダウンしやがったね。とにかくオリジナルのHulk盤はべらぼうなレア化していて、Fat盤ですらアナログは高騰し始めていたこのタイミングで、Hulkがオリジナル同様2枚組でリイシューしてくれた!さすが、WIZO自身のレーベルなだけある!実は、Hulkこれまでにカラーを変えて3回リイシューしてるんだけど、そのどれもがレア盤なんだよね。やっぱりヨーロッパ特に母国ドイツでは凄い人気ですな。今作は、メロコアだけじゃなく、パワーポップ要素のある曲などミドルテンポで聴かせる曲や遊びの曲もあったりと一気に彼らの音楽性が広がった感じ。そりゃ25曲収録だからね。曲によってはPROPAGANDHIの1stアルバムのような感じあって、そういうとこがFat Mikeが気に入ったんじゃないかなと思ってます。(O)

WIZO “ANDERSTER” LP

一応このアルバムを持って一度は解散した2004年リリースの4枚目のアルバムもアナログリイシュー化!このアルバムはFat Wreckからのリリースはなしだった… でも、1曲目からTOY DOLLSを思わせる曲で始まり一気に引き込まれます。で、続く2曲目がクソ良いわけですよ。10年ぶりのアルバムってことで彼らを取り巻く環境も変わっただろうなと言うことがわかるアリーナロック的なスタジアム映えするような曲もあって最初聴いたときはびっくりしたけど、その曲とかも普通にすげー良い曲なんだよな。メロコア度が下がったことで、ドイツメロディック独特の民族調というか泥臭さが濃くなってるので、そっち側が好きなみなさんは好きですよね(笑)前作より曲数大幅に減ったと言っても14曲収録ですからね。(O)

WIZO “PUNK GIBT’S NICHT UMSONST!” 2xLP

復活を望む多くのゲルマン民族の呼びかけに答える形で10年の眠りから目覚め2014年に産み落とした復活第一弾となる5thアルバムもめでたく2枚組でリイシュー!だって21曲収録ですよ。前作の延長線上にあるメロコア、ヘンテコサウンドはブランクを感じさせないものだが、今作からはMUFF POTTER、…BUT ALIVE、DACKELBLUTといったdeutschpunkサウンドな曲もあり!古くからのファンのために、高速メロディックの曲が増えてるのが、ただいまって感じなのかも!ま、何も変わってなくていいんだけどね!(O)

WIZO “STRICHDACKEL” Tシャツ M

WIZOのアートワークといえば脱力感が魅力です。で色々デザインのあるTシャツの中でもガチなポリティカルやちょっと着るのをためらうカラフルのあのはやめて、彼らの楽器に一時期描かれているこの脱力感たっぷりのTシャツを自分が欲しかったので入荷!WIZOらしく100%フェアトレードのTシャツです。ボディーカラーはWhite、フロントに2色刷りプリントです。サイズはMediumとLargeのみです。Tシャツは売り切れ次第、再入荷ありませんよ。

こちらも再入荷!どれも限定ですのであるうちに入手を!

WIZO “FUR’N ARSCH” LP
WIZO” BLEIB TAPFER” LP
WIZO “DER” LP

SHOP(通販)はこちらから




8月-2-2022
Filed Under (新入荷) by wsrecords

夜も朝も暑くてたまりませんね。さっさと熱帯夜も猛暑日も終わってほしい。いつから猛暑日がデフォになったんだよ!本日はこちらをアップです!

dimensions of chord “3 songs” CT+mp3

yellow gang、GIRLFRIENDといったバンドで活動する山田さん(ぴょんちゃん)が地元茨城で活動するバンドをサポートするために音源をリリース!彼のバンドを知る人には意外かもだけど、DischordやBifocal Media周辺のバンドを感じさせるカオティック/ポストハードコアバンドでかっこいい!ダンサブルなリズムの上に不協和音全開のギター、そこにスポークンワードや絶叫が加わっていく混沌さが90年代後半の郊外の地下室の雰囲気を出してるぜ!こうやって地元のシーンをモリアが得るためにサポートし合うのっていいじゃない!取手Dandelion Cafeの地下室でのライブはかなりの熱量なので行ける機会があれば行ってみてほしいぞ!東京からも電車ですぐなんだけど、夜の周辺の街の環境から、このライブハウスの雰囲気は異次元だから面白いぞ。(O)

SHOP(通販)はこちらから




8月-1-2022
Filed Under (新入荷) by wsrecords

本日はこちらを20時にアップ予定です!ドイツからリイシュー作品2つ到着!

NOT AVAILABLE “GRANDPUNKS” LP

NOT AVAILABLEのリイシューシリーズ、今度は2017年に自主でリリースされた6枚目のアルバムがついに再発だぜ!おそらく国内ではリリース当時Milestone Soundsしか入荷してなかったのでは?!ぶれることなくいつも通りの彼らならではのファンなメロディックパンクでうれしいことに、初期のように速い曲が中心になってるんだよな。まじで守りになんか全然入る気ありませんよ!92年結成で今年で30周年を迎えたドイツメロコアのパイオニアは、初期衝動を忘れることなく今だに突っ走ってるってすごいよね。オリジナルのアナログはあっという間にソールドアウトしてしまったそうだけど、今回のリイシューもわずか200枚!これまたあっという間だろ!ジャケは酷いが内容はむちゃくちゃ良い!一緒にすぐ歌えちゃうしね!(O)

THE RICHIES “PET SUMMER/DON`T WANNA KNOW IF YOU ARE LONELY” 2xLP

ドイツのラモーンスタイルポップパンクバンドを代表するRITCHIESの93年リリースのサーフポップパンク爆発な3rdアルバムもついにアナログ化されました!LP 2枚組ってことで同じく同年93年リリースのミニアルバム「DONT WANNA KNOW IF YOU ARE LONELY」収録の全6曲も追加してというゴージャス仕様!現在は復活して再び動き始めていますが、生粋のRAMONESCOREバンドとしてドイツで頑張って来てくれています!「PET SUMMER」は怒涛の21曲入りでジャケからもわかるようにPelotan始め多くのバンドがオマージュしてるBEACH BOYSのもの。ということで、バブルガムコーラスをRICHIESはこのアルバムでは珍しく披露してるのです。とはいいつつも21曲も収録なんでメロディック要素濃い曲などバラエティーに飛んでいる。珍ラモ代表曲「カブキメン」にはマジで腰抜かされるんでご注意を!「DON‘T WANNA KNOW IF YOU ARE LONELY」収録の”Elvis”くっそ良い曲だよね。(O)

SHOP(通販)はこちらから