Archive for the ‘新入荷’ Category

3月-24-2017
Filed Under (新入荷) by wsrecords

入荷していた先の卸値が急激に高騰してしまって、入荷したくとも指を咥えて諦めていたRUN FOR COVERの作品ですが、個人的なセレクトして一挙にまとめて入荷しました。オーダー数もバッチリだったもんで送料もミラクル起こったんでかなりお安くなったんで、ここぞとばかりに旧作も入荷しちゃいました!LAME-OがJADE TREEの姉妹レーベルだったのにRUN FOR COVERに変わってたのにも驚きでしたという誰得な裏話も。

BASEMENT “PROMISE EVERYTHING” LP+mp3

STUPIDS、LOVEJUNKと同郷UKのイプスウィッチ出身のエモ/インディーロックバンドBASEMENTの10曲入り3rdアルバム。所謂エモ/インディーロックの括りにされているけど、この轟音ギターはUKメロディックバンドにも通じるでしょうよ。MIDWAY STILLやDRIVE好きな人もチェックして見る価値あると思う。もちろんTEXAS IS THE REASON、SENSEFIELD、FARSIDEといったREVELATIONエモの流れも感じます。まさしく、UKな陰りがあり憂いを帯びたメロディーがクソいいじゃないですか!FOUNTAINS OF WAYNEの1stアルバムを思わせるパワーポップ感も素敵ですぜ!ギターが前に出てくるサウンド好きなら爆音で聴いたら気にいてもらえると思う!2ndを超えるのはこんなんかと思ったけどあっさり良いアルバム産み落としてる。(O)

CRYING “BEYOND THE FLEETING GALES” LP+mp3

女性ボーカル含むニューヨーク3人組CRYINGの2ndアルバム。10曲入り。1stアルバムよりもかなり洗練されてます。ってかあのチープさはやめたのかよ(笑)でも今作のデジタル感覚も個人的にはかなりツボな音です。HELEN LOVEからパンク色を排除しておしゃれにさせたらこんな感じか?違う気もする(笑)しかし、このサウンドのバンドがMODERN BASEBALLやSOMOSとツアーしちゃうっていうアメリカの感覚すげーよな。日本じゃありえないもん。モータウンサウンドを電気のビーツに乗せてやってる。って考えたらElefantのお得意とするサウンドにも通じると思う。うちの1号もこれいいねって言ってます(笑)(O)

CRYING “GET OLDE / SECOND WIND” LP+mp3

祝2ndアルバムリリースってことで1stアルバムも再入荷!女性ボーカル含むニューヨークGAME BOYな8 bitなファミコンサウンドに載せたモータウンなギターポップ/パワーポップサウンドに脱力間違いなし!国内盤はThis Timeがリリースしてます。椎名林檎とPerfume を同列にリスペクトしてるそうですが意味わかりません(笑)ファミコンサウンド大好きな人は確実にハマるでしょう。特に3曲目の「Bodega Run」がクソヤバイ!これ普通にゲームの音楽として成り立ってます。ジャレコ辺りの愛すべきクソゲーのBGMみてーだし(爆)しかし、ポップメロディーがいいんだな。これカフェ的なお店で流してたらOLもびしょびしょになりますね(嘘)でも国内盤出てるから勝手に流したらカスラックから確実にお仕置き受けると思いますけどね!(O)

HURRY “CASUAL FEELINGS” 7″+mp3

EVERYONE EVERYWHEREのベーシストMattが在籍する現在進行形バンドHURRYの3曲入りの新作が7″でLAME-Oからリリース。これまで同様、DOGS ON ACIDと同様前身バンドの影は一切残さぬEVERYONE EVERYWHERE色を感じさせないパワーポップなインディーロックをやってます。ウッフッフーなコーラスのあるタイトル曲はギタポファンのハート鷲掴みじゃね?!素朴だけど良いメロディー書きますね。2ndアルバムのタイトルでアルバムには収録されてない3曲目の「Guided Meditation」ってGuided By Voicesへ捧げてる曲なんでしょうか?そうとしか感じないんですけど。最近で言えばYUCK、おじさん的に言えば後期LEMONHEADS,SMUDGE好きな人にオススメ!向こうが忘れなかったら次のアルバムはうちからかもしれない。(O)

LIFTED BELLS “OVERREACTOR” 12″+mp3

ついに来日ツアーを果たすHEY MERCEDESのBob Nanna(BRAID、THE CITY OF ELM)が立ちボーカル、THEIR/THEY’RE/THEREそしてRECREATIONAL DRUGSのギターのMatthew、STAY AHEAD OF THE WEATHER/CUT TEETHのMattなどで結成されたLIFTED BELLS。これって。。。ってかBobが歌ってるとどう聴いてもBRAIDじゃないっすか!しかも録音も最近ありがちなダイナミックになってなくて、好きがある感じがすっげーいいです。Matthewなテクニカルなギターもすげーんだけど、やっぱりBobの声質の存在感って半端ねーんだなということを再認識させられるわ。HEY MERCEDESの次は何卒このバンドで来日してくださいませ。HEY MERCEDESよりも何故かBRAID感濃いです。(O)

LVL UP “THREE SONGS” 7″+mp3

RUN FOR COVERの姉妹レーベルDOUBLE DOUBLE WHAMMYが発掘したブルックリンのローファイインディーポップバンドLUV UPをフックアップするかのごとくRUN FOR COVERが3曲入りのシングルを共同リリース。シューゲイズ、ファズ・ポップ、サイケ・ポップな展開にSUPERCHUNK、SPRAYDOGを彷彿させる側面も併せ持つサウンド、メンバー全員が3曲それぞれリードボーカルを取れるってのがこの幅広さなのかもしれない。すでにSUB POP、MERGE、MATADORなどが触手を伸ばしてる模様。DINOSAUR Jr. 、PAVEMENT好きな人は気にいるんじゃないでしょうか。確実にどのサウンドも現在90年代再評価ブーム来てますね。(O)

OLD GRAY “DO I DARE DISTURB THE UNIVERSE” LP

SORORITY NOISEでも活動するCharlieとCameron在籍の激情エモOLD GRAYの5曲入り1st 12″。元々は2011年に4曲入りでリリースされた音源だけど1曲追加してTHE WORLD IS A BEAUTIFUL PLACE & I AM NO LONGER AFRAID TO DIEのメンバー運営のBroken World Mediaが2015年にアナログ化。ニューアルバムも先日メンバー運営のFlower GirlとUKはDog Knights Productionからリリースされたばかりで、廃盤になってしまう前に無事回収成功。ニューアルバムと比べるとスカスカな録音状況だけど、逆に生の迫力あっていいです。すでにこの時点でポエトリーディング、絶叫、歌うという歌唱法の使い分け確立されてる。録音状況がショボイのでこの音源のほうが90年代をモロに感じます。(O)

PITY SEX “WHAT MIGHT SOOTHE YOU?” 7″

ミシガンの男女混声エモ/インディーロックPITY SEXの傑作2ndアルバム「WHITE HOT MOON」からの第一弾シングルは片面エッジングでワンタイムプレスでリリース!アルバムの中でも疾走感あり中盤から女性ボーカルが出てくる名曲「WHAT MIGHT SOOTHE YOU?」収録。この曲はLUMURIA、TIGERS JAW好きな人も大好きなんじゃないでしょうかね。しかし1曲なんでこれはコレクター向け。この曲気に入った人で2ndアルバム持ってない人は2ndアルバム手に入れてくださいよ!(O)

THE POOCHES “THE POOCHES” LP+mp3/CD

MODERN BASEBALL、HURRY、JOHNNY FOREIGNER、GREAT CYNICS、MIKE BELL & THE MOVIESなどをリリースしているフィラデルフィアのレーベルLAME-Oが新たに獲得したのはスコットランドのギターポップ/パワーポップバンドTHE POOCHESのカセットアルバムに続く2ndアルバム。10曲入り。THE POOCHES全然知らなかったんですけど、アメリカのカレッジラジオ20局以上で大ヒットした模様。ポストTEENAGE FANCLUBと話題になってるみたいだけど、これコステロやANY TORUBLE、THE PASTELSみたいじゃないですか。うちで扱っているJIGSAWやHAPPY HAPPY BIRTHDAYのようなサウンド好きな人はチェックしてください!確かに初期BELLE & SEBASTIANも感じさせる。(O)

THE SUPERWEAKS “BETTER HEAVENS” LP+mp3/CD

フィラデルフィアシーンでは有名なメンバーが集まり結成されたTHE SUPERWEAKS(前はTHE WEAKSだった)が12曲入りの2ndアルバム。1stアルバムは向こうじゃかなり注目されたようで、GET UP KIDSやMODERN BASEBALLのツアーに帯同したりしてたんですよ。他にはTHIN LIPSでも活動してるMichael Tashjianなどいます。このアルバム実は国内盤のリリースを打診されていたんだけど最終的にLAME-OがCDもリリースすることになったんで流れました。まあ、このアルバム録音後に加入したMike Bellからのオファーだったから流れるだろうなと思ってたけど、その通りだった(INTO IT. OVER IT.来日の時にEvanとMikeの話した時も爆笑もんだったし)。メンバーが大好きなWEEZER(MikeはWeezerの国内盤も集めるほどのコレクター)とERGS!を目指して活動開始したんですね。今作さらにWEEZER化してんじゃねーかよ!ERGS!の要素どこだ?(笑)しかも5曲目ヤバすぎ!イントロ聴いた瞬間RENTALSの”Friends of P”じゃねーかよ(爆)歌始まったら思いっきりWEEZERだしwww 今作はアルバムタイトルから曲名まで全て2016年の夏に亡くなってしまったベースのCorey Bernardに捧げられてます。恐らく死因はアルバム収録の最後の曲のタイトルなんでしょうね。今作ももちろんALGERNON CADWALLADER/DOGS ON ACIDのPeterが参加してます。どこにでも登場だねw (O)

THIN LIPS “RIFF HARD” LP+mp3/CD

フィジカルリリースまですっげー待たされましたね。ようやくリリースされました。DANGEROUS PONIESのChrissyとKyleにTIGERS JAWのPat Brierが結成したガールボーカルラフポップパンクバンドTHIN LIPSの10曲入り1stアルバムです。このアルバムからPatに変わりSUPERWEAKSのMikeyが加入したようです。ChrissyはHOP ALONGのアルバムにゲストボーカルとして参加してますね。ALGERNON CADWALLADER/HOP ALONGのJoe Reinhartもギターで1曲参加してます。ギターがかなり90’Sエモな感じあるけど、これはP.S. ELIOT、LEMURIA、PARASOL、SWEARIN’、AYE NEKOといった女性ボーカルのバンド好きな人には絶対おすすめですよ!(O)

THIN LIPS “DIVORCE YEAR” 7″+mp3

DANGEROUS PONIESのChrissyとKyleにTIGERS JAWのPat Brierが結成したガールボーカルラフポップパンクバンドTHIN LIPSの2015年にカセットでリリースされていた4曲入りの1stシングルがLAME-Oがアナログ化。ChrissyはHOP ALONGのアルバムにゲストボーカルとして参加してますね。やっぱりP.S. ELIOT、LEMURIA、PARASOL、SWEARIN’、AYE NEKOといった女性ボーカルのバンド好きな人には絶対おすすめ!アルバムよりもこのシングルのほうがポップパンク度高いですね。(O)

TIGERS JAW “STUDIO 4 ACOUSTIC SESSION” 12″+mp3

卸値が高く入荷を見送ってましたが安くなっていましたので入荷です。TITLE FIGHT、BALANCE AND COMPOSURE、MAN OVERBOARDなどのプロデューサーとしても有名ですが、TIGERS JAWの3rdアルバム「Charmer」のプロデュースを務めたWill Yipのスタジオで行ったアコースティックセッションを収録したアルバム。アコースティックバージョンだとさらに彼らのソングライティングスキルの高さと男女混声ボーカルの良さがわかるね。初めてTIGERS JAWを聴く人にはオススメしませんがTIGERS JAW好きな人はこのバージョンもいいですよ。やっぱりメロディーがすげーいいんだよな。なんでこの二人のボーカル以外のメンバー一斉に脱退しちゃったろ?「Plane Vs. Tank Vs. Submarine」、「I Saw Water」、「Never Saw It Coming」やっぱり大好きな曲です。(O)

WESTKUST “LAST FOREVER” LP+mp3

MAKTHAVERSKANに続きRUN FOR COVERがリリースのこのスウェーデン・ヨーテボリのこの男女混成ボーカルバンドもやばい!シューゲイズ、アノラック/ギターポップ、UKメロディックそれぞれ好きな人にも確実に受け入れられるんじゃないだろうか?いや受け入れてくださいってば!ってかこのバンドMAKTHAVERSKANのHugoとGustavが元々やってたバンドを復活させたんだそうだ。これもっと人気出ててもいいんじゃないかと思うけど。この疾走するアップテンポなリズムに、轟音ギター、そしてJuliaの透明感のある歌声。普通に大好きです。やっぱりスウェーデンのバンドってブレンドさせて昇華させるのホントに上手だね。とにかく視聴してみて!(O)

再入荷!
ADVENTURES “SUPERSONIC HOME” CD/LP+mp3
BASEMENT 各種
GREAT CYNICS “DON’T NEED MUCH” LP+mp3
HEY MERCEDES “EVERYTHING FIRE WORKS” 2xLP+mp3
HURRY “GUIDED MEDIATION” LP+mp3
LITTLE BIG LEAGUE “TROPICAL JINX” CD/LP+mp3
LVL UP “HOODWINK’D” LP+mp3
MAKTHAVERSKAN “II” CD/LP+mp3
MIKE BELL & THE MOVIES “ROOM” CD
MAX LEVINE ENSEMBLE “BACKLASH, BABY” CD
MODERN BASEBALL 各種
PETAL “SHAME” CD/LP+mp3
PITY SEX 各種
THE SUPERWEAKS “BAD YEAR” LP
TIGERS JAW 各種
SPLIT OLD GRAY / TINY MOVING PARTS SPLIT” 7″

SHOP(通販)はこちらから




3月-24-2017
Filed Under (新入荷) by blackie
FLEXI PUNK RECORDS(BOSS TUNEAGE)ソノシートシリーズ第二弾!!!
NATTERERS “S/T” FLEXI
※1stプレス枚限定GREEN FLEXI
※帯付国内流通盤仕様

イギリスはヨークシャーのガールズ・ヴォーカル・ハードコアのデビュー作2016年のデモをソノシート化!現代版DAN?SOFAHEAD?ではなかったですね(笑)80年代のカルフォルニアHCからの影響がダイレクトで伝わる性急な現代型ハードコア・パンクでイギリス以外でも注目を浴びてきているようです。BLACK FLAGやCIRCLE JERKSを基本にしながら、シャウト型の矢継ぎ早なヴォーカル・スタイルは女性ヴォーカルの可愛らしさなんか知ったこっちゃねーよ!まではいかなくてもアグレッシブさがとても良いです。アルバムのリリースを控えてるようでこれから世界にその存在を示めせるか?

OBSTRUCTION “S/T” FLEXI
※1stプレス枚限定BLUE FLEXI
※帯付国内流通盤仕様

テキサスのロッキン・ハードコア2016年の7曲入りでをソノシート化!ギターの質感的に現在のSYSTEMATIC DEATHを筆頭にB-BEAT云々というより、80年代の日本のハードコア・バンドが現行で今出している音の質感に影響を受けながらもアメリカンのバンドならではのパワーを見せつけるバンド。ミッド・テンポな曲含め途中途中に入るギターソロのフレーズなんかまさに日本のハードコアからの影響が大きいテキサスのニューカマー!

TOTALOVE “LO QUE TOCO LO DESTRUYO” FLEXI
※1stプレス枚限定ORANGE FLEXI
※帯付国内流通盤仕様

メキシコの女性ヴォーカルRAW D-BEATハードコアの2016年のデモをソノシート化!メキシコのバンドのイメージとは逆というか、このバンドに関しては全然ポンコツじゃないです。ポンコツ皆無な性急なD-BEATにブラスト手前な2ビートも織り交ぜながら歌い上げるスペイン語ヴォーカル・ショート・チューン・ハードコア!クラスティーな音質のギターとベースのダークさの中にどこかキャッチーさもある南米スタイルは現行メキシカン・ハードコアの注目株となるのか!?

WHIPPING POST “TASTE THE WHIP” FLEXI
 
※1stプレス枚限定WHITE FLEXI
※帯付国内流通盤仕様

リーズのヘンリー・ヴォーカル期BLACK FLAGフォロワーの2016年のデモをソノシート化!ジャケからはハードコアなの???なんか意図があるのか???なんて印象も受けますが、完全80年代思考のなかなか良いバンドがイギリスはリーズから出てくるなんて珍しいんじゃないでしょうか?デモながらサウンドも完璧な拘りを感じる録音だし、BLACK FLAG相当好きなんだろうな~と思うヴォーカル・スタイルなんか80年代再興(最高)を唱える海外のバンド群の中でも日本人に近い感覚をもったバンドに思えてきます!このままジリジリとした不穏で陰な怒りをどこにぶつけるんだい?なサウンドを維持して新作を期待したいバンドです!




3月-23-2017
Filed Under (新入荷) by wsrecords

いよいよ明日から春休みだそうです。うらやましい。

本日からFIXING A HOLEのプレオーダー開始っす!

SPLIT MODERN GOODDAYS / HEADSPARKS CD

GAN、SERVO、DON FISHERのAndyによるUKメロディックバンドHEADSPARKSが早くも新曲をリリース。FIXING A HOLE一連のUKvsJAPANスプリットシリーズで北海道のラフメロディックパンクバンドMODERN GOODDAYSという嬉しい組み合わせ!
HEADSPARKSはもうまさにAndyのギターが最高に泣きまくっていて1曲目なんてもろにGAN とCHOPPERの融合な蒼い疾走チューンで泣ける。あの時代のUKメロディック好きな人はもうジンワリきちゃうでしょうね。他の3曲も1曲目のような殺傷力はないもののじわじわふつふつと燃え上がる曲で、イギリス人以外には奏でられない楽曲でたまらん。
MODERN GOODDAYSは3曲収録!熱いライブでメロディック、ハードコア両側の人に支持されてますね。おう、いきなりDOWN AND OUTS彷彿させるシンガロングなサビをもつ曲でかっけー。ラストの”Get Back”はSPRAYPAINT、初期CRADLE TO GRAVEファンも是非チェックしてもらいたい掛け合いボーカルな曲!一度に二度美味しいスプリット。このシリーズ外れないよね。(O)

HARKER “A LIFETIME APART EXPANDED” CD

UKブライトンの若手エモーショナルメロディックHARKERのこれまでのリリース作品をまとめた8曲入り編集盤がFIXING A HOLEから登場。これまでにリリースされてるシングルはうちでも入荷してたけど丁度在庫なくなった完璧なタイミングでリリースされました。UKのNO PANICとオランダのSHIELDの共同でリリースされたフィジカルとしての1st 7″「Gasping For Air」の2曲、大出世を遂げPAPER+PLASTICからリリースされた4曲入りの2ndシングル「A LIFETIME APART」(今作と色違いで同じアートワークだったやつ)、デジタルオンリーの1stシングルから1曲、そしてSUCH GOLDなどとともに参加している4 WAY SPLIT提供曲を加えた全8曲です。PAPER+PLASTICのリリース作品入荷した時にコメントでFIXING A HOLEからのリリース似合いそうだなって書いたらその通りになりました。伸びやかで蒼いメロディーの青春メロディックでエモいメロディーもありです。(O)

再入荷
BROCCOLI 各種CD
HEADSPARKS 各種CD
SPLIT THE HUM HUMS / SKIMMER CD

SHOP(通販)はこちらから




3月-22-2017
Filed Under (新入荷) by wsrecords

侍ジャパン残念!と、うちの父ちゃんが言ってました。明日の籠池さんの国会証人喚問が肩透かしで終わらないことを願います。奥さん面白すぎなんで一緒に行ってくれればいいのに。けどまたドタキャンするんじゃないだろうか。。消されたりして。
本日はこちらをアップ!

TRASHMIND “Longtime losers’ EP” CD

大阪からGREEN DAY現る!ジャケのアートワークも思いっきり90年代のローカルポップパンクなジャケだけどサウンドも思いっきり初期GREEN DAYよろしくねポップパンクで驚き!あの頃のビリー・ジョーを彷彿させてくれるんですよ。こういうポップパンクバンドが大阪出てくるなんて純粋にうれしい!2曲目はビリーがリードボーカルを取るPINHEAD GUNPOWDERスタイルな曲でこの曲がお気に入り。今作は3曲入りの名刺代わりの一枚。今後も楽しみです!アルバムだともう少し幅が広がったほうがいいかなぁと思うけど、乗り越えてくれそうな予感!(O)

SHOP(通販)はこちらから




3月-21-2017
Filed Under (新入荷) by wsrecords

本日二回目のアップでございます!雨やだなぁ。

けどALLのリイシューやTOPSHELFの新作を久々に到着、FLUFの新品デッドストックもわずかに確保出来ましたよ。

ALL “PUMMEL” LP

95年作アルバム。メジャーに行ったことも色々言われたのもFILMAGE見てからだと可哀想。INTERSCOPEへ移籍してのメジャーリリースで、契約切られても、INTERSCOPE閉鎖で権利問題がいろいろあってこれまでリイシューされなくてALLの作品で最も入手困難でしたがついにアナログでリイシュー化!リマスタリングして180gの重量盤で登場!これで聴き倒してくださいな!(O)

CLOUD NOTHINGS “LIFE WITHOUT SOUND” LP

元々はひとりプロジェクトとして始まったCLOUD NOTHINGSですが、もはや世界中で知名度の高いバンドになっていますね。オハイオ州のエモ/インディーロックバンドを代表するまでになりました。前作はアルビ二で、今作はDEATH CAN FOR CUTIEなどを手がけるJohn Goodmansonがプロデュースです。これまでよりもメロディーに重きをおいた作品でPROMISE RING、KNAPSACK、SUNDAY’S BEST、SILVER SCOOTERにも近い雰囲気。これUKインディー好きな人も気にいると思う。初期しか知らないけどIDLEWILDが頭に浮かんだ!疾走感のある曲も良し!これはメロディー前面に出してるエモ/インディーロック好きな人はぜひ聴いて欲しい!(O)

ENEMIES “VALUABLES” CD

アイルランドのポストロックバンドENEMIESの3rdアルバムが9曲入りでTOPSHELFが召喚。そして残念なことにこれがラストアルバムとなってしまうようです。なんか解散決まったからなのか思いっきり突き抜けてますね。殆どの曲でボーカルありだし。toe、GHOST & VODKA、エレクトロニカ要素ばっちりのドリーミングで自然と体が動いてしまうウキウキ感を感じる。とにかく二本のギターの絡みにリズム隊のグルーヴがすげーことに。最後に傑作を置き土産してくれました。(O)

HEAT “OVERNIGHT” LP+mp3 / CD

現在NMEを始め各プレスが大注目しているカナダ・モントリオールのHEATのデビューアルバムがTOPSHELFからリリース。VELVET UNDERGROUND、JESUS & MARY CHAIN、STROOKSといった歴史に残るバンドを引き合いに出させるほど賞賛されるって相当期待がでかいんだな。シューゲイズ、90’s lo-fi、UKインディーロックをブレンドさせたこのバンド、普通に売れそう。そしてFUJI ROCKとか出演しそうな予感。(O)

SORORITY NOISE “YOU’RE NOT AS ___ AS YOU THINK” LP+mp3

SORORITY NOISEお前らもか?!ということで彼らもTRIPLE CROWNへ移籍しての10曲入りのニューアルバム。アルバムリリースごとに確実にフィールドがでかくなってますが、今作はサウンドもはるかにスケールアップしてる!思ったら、なんか1stの頃のWEEZERっぽさ全くなくなってるね。ってかOLD GRAYのメンバーがこの音やってんだもんなぁ。MODERN BASEBALL、THE WORLD IS A BEAUTIFUL PLACE、BRAND NEW、YOU BLEW IT!、TIGERS JAW好きな人は確実に落ちるでしょうね。とにかく美メロで心を揺さぶられるエモーションが詰まってる!とにかく聴きこむほどに新たな発見がありハマる作品。アッパーとダウナーの両方の楽曲が素晴らしい!(O)

SPLIT SORORITY NOISE / THE WORLD IS A BEAUTIFUL PLACE 7″+mp3

SORORITY NOISEとTHE WORLD IS A BEAUTIFUL PLACEというなんとも豪華な組み合わせのスプリットがTRIPLE CROWNからリリース。両バンド共に1曲づつの収録だけど、やはり大作を両バンド共にぶち込んできてます。Sorority NoiseはSPIRITUALIZEDを思わせる展開の曲で、静かな始まりで引っ張って引っ張ってのバーストでもってくヤバイ曲。さらにThe World Is A Beautiful Place & I Am No Longer Afraid To Dieはもう出だしのドラムのリズムだけでトリップ出来るくらい気持ちいい。そこにウタが始まると極上な雰囲気プンプンでございます。さらにそこに女性ボーカルの掛け合いが加わるといったもう昇天以外の何物ではない激名曲でございます。エモリバイバルファンにんまりな展開でございます。さすがの天才集団。(O)

US AND US ONLY “BORED CRUSADER” 7″

TOPSHELFが新たに契約したのはボルチモアのエモ/インディーロックバンドUS AND US ONLY!ヒネクレ感を持ちつつも浮遊感のあるギターとファズギターの使い分けやエモいメロディーがBUILT TO SPILLやMODEST MOUSEを彷彿させる。派手さはないがふつふつと染みる3曲。アルバムが楽しみだ!(O)

YOU BLEW IT! “ABENDROT” LP+mp3 / CT

ようやく入荷できました!ついにmalegoatのハジメとToshiboyにより2017年JAPAN TOURも決定したフロリダのYOU BLEW IT!の4枚目のアルバム。TOPSHELFを離れTRIPLE CROWNに移籍してのリリースとなった今作はすでに絶賛されているように大成長を遂げています。今作はINTO IT. OVER IT.のEvanが共同プロデュースしています。泣き泣きなメロディーの応酬は胸が苦しくなる。これ来日必見ですぜ!(O)

こちらも再入荷!FLUFの新品デッドストックはいつまで入荷できるかわからないからお早めに!
ENEMIES “VALUABLES” CD
FIELD MOUSE “EPISODIC” CD
FLUF “HOME IMPROVEMENTS” CD
FLUF “MANGRAVY” CD
FLUF “THE CLASSIC YEARS” LP
FLUF “WAIKIKI” LP
GAMEFACE “GOOD” CD
HAPPY DIVING “ELECTRIC SOUL UNITY” CD
RATBOYS “AOID” CD
SLINGSHOT DAKOTA “BREAK” CD
SORORITY NOISE “JOY, DEPARTED” CD
WILDHONEY “YOUR FACE SIDEWAYS” CD
YOU BLEW IT! “GROW UP, DUDE” LP
YOU BLEW IT! “KEEP DOING WHAT YOU’RE DOING” LP

SHOP(通販)はこちらから




3月-21-2017
Filed Under (新入荷) by wsrecords

石原慎太郎が脳梗塞になってたのは動きを見て多分そうかなと思ってたけどひらがなも忘れたってうちの父ちゃんよりひでーな。

SPLIT FAST FOOD / NO PICKY 7″

スペインポップパンク界の2バンドのスプリットがCB、PICNIC、64、そして日本のI HATE SMOKEの共同でリリース。恐らくこれがFAST FOODは5月に解散表明しているので新曲としてはラストリリース作品になるんじゃないかと思います。ラストアルバムではパワーポップにまで触手を伸ばしておりこれまでよりも幅広いことをやってみせたFAST FOODですが、このスプリットではポップパンクで攻めてきてます。しかも1曲目これなんなんですかな泣きの哀愁で落ちてくメロディーが抜群でございます。もう1曲もアルバムとかぶりなしで言うことなし。そしてNO PICKYも母国語で泥臭いスペインポップパンク魂を披露!さらに2曲目はFAST FOODの2ndアルバムに収録の”Veintiocho”のカバー収録。これはスペインポップパンク好きは逃しちゃダメ!(O)

こちらも再入荷してます。
SHOOLINS “METALIZA TU CULO” CD

SHOP(通販)はこちらから




3月-17-2017
Filed Under (新入荷) by blackie

いよいよ本日からスタートですな!大阪からスタートで東京は19日と20日の二日間!UK EXTRAで良いデザインのシャツもツアーに合わせて出てるんで要チェックやで! 今年も来日ラッシュですな!もう観ましたか?『WE ARE X』!!!笑いあり涙ありのさいっきょうな映画でちた。ブルーブラッドのレコーディング風景とかあんなん初めて観ました!も一回観にいこ! さてでは本日も20時に委託中古盤アップされますんでチェックして下さい!

SHOP(通販)はコチラからでありやす!




3月-16-2017
Filed Under (新入荷) by wsrecords

うちの父ちゃんより記憶力ないですね。それで国動かしてんだからホントやめて欲しいです。あっ操られてんだったわw

本日は先日入荷して速攻で売れ切れてしまったNOTHINGTON始めRED SCARE INDUSTRYの新作にBULLET PROOF LOVERSなどのRUM BARリリース再入荷です!

RED SCAREからはこちらを再入荷!
ALL BRIGHTS “…ARE WILD FOR THE NIGHT” CD
DIRECT HIT! “MORE OF THE SAME” CD
DIRECT HIT! “BRAINLESS GOD” CD
THE LIPPIES “THE LIPPIES” CD
MAKEWAR “DEVELOPING A THEORY OF INTEGRITY” CD
MASKED INTRUDER “INCRIMINATING EVIDENCE: 2011 DEMOS” 7″
NOTHINGTON “BORROWED TIME” CD/LP
NOTHINGTON “IN THE END” CD/LP
NOTHINGTON “LOST ALONG THE WAY” CD/LP
SUCCESS “RADIO RECOVERY” CD

RUM BARからはこちらを再入荷!
THE BACKSEAT ANGELS “SATURDAY NIGHT SHAKES” CD
BULLET PROOF LOVERS “SHOT THROUGH THE HEART” CD
BULLET PROOF LOVERS “S/T” CD
THE CONNECTION “JUST FOR FUN” CD
THE RIGHT HERE “STICK TO THE PLAN” CD

SHOP(通販)はこちらから




3月-15-2017
Filed Under (新入荷) by wsrecords

本日はスコットランドからこちらの作品が到着!FraserまさかのMASKED INTRUDERSのUKツアーでサポートギターとして演奏するもマスクかぶってないという痛恨のミス!しかし、本当のGreenと間違われて大量のビールを奢られたのだった。

THE LEMONAIDS “SUGAR BOMB” 7″+mp3

1stアルバムと2ndアルバムでここ日本のポップパンクファンに大注目されたスコットランド・グラスゴーのバブルガムポップパンクバンドTHE LEMONAIDSの新作がMURDERBURGERSのFraser運営のROUND DOGからリリース!4曲入りでダウンロードすると5曲になりますよ。やっぱり最高!軽快な8ビートで幕を開ける1曲目から、WEASEL先生譲りの泣きの哀愁メロディー搭載でパ・パ・パコーラスの2曲目(切ねー)、Beachポップパンクな3曲目、Jugheadライクな単弦にハーモニーもばっちりな4曲目、そして激ポップなボーナストラックと全ての曲が文句なし!初期GREEN DAY、QUEERS、SCREECHING WEAL、BEATNIK TERMITES、SONIC SURF CITYファンまで対応!すでに廃盤になってしまっている自主の1stアルバムとROUND DOGからリリースの2ndアルバムですが今年中にROUND DOGとWATERSLIDE共同でリイシューしますんで、オリジナル逃してしまった方も諦めないで!(O)

現在入手可能なROUND DOGのこちらの作品も再入荷!
AUSTEROS “LESSONS LEARNT” CD
GHOST ON TAPE “INTO THE MAZE” CD

SHOP(通販)はこちらから




3月-14-2017
Filed Under (新入荷) by wsrecords

本日はWATERSLIDE 3月の新作はLITEARTUREのメンバーによるTrès Ouiの単独第一弾リリースのフラゲ日です。またA PAGE OF PUNKの4年ぶりとなるニューアルバムもフラゲ日です。それから遅くなりましたがkillerpassの現布陣での最後のシングル2作品もアップしました。

Très Oui “Singles Going Nowhere” CD

2016年春にKiliKiliVillaの招聘により突如日本ツアーを行ったLITERATUREの中心メンバーでありソングライターのNateとベーシストSethがフィラデルフィアやっぱり寒すぎ!という理由で元々住んでたテキサス州オースティンに戻り(確かにフィラデルフィアの冬クソ寒い。しかもオースティンと比べたら天地の差すぎ)、そこでLITERATUREの初期メンバー1人に地元の友人二人を加え結成したバンド、Très Ouiの第一弾単独音源が完成!CD盤のみ、ボーナストラックを追加した6曲収録。LITERATUREの登場は日本の若手パンクバンドへ大きな影響を与えたのは皆さんも御存知だと思いますが、このTrès Ouiもボーカルは当然のことながら作曲もNateなもんで正直LITERATUREと変わりはありません。AUSTIN TOWN HALL RECORDSからリリースされたオースティンシーンのバンドを集めたコンピレーションアルバム「SLACK CAPITAL」にひっそりと参加し注目され始めてきてるところでナイスタイミングですね。LITERATUREでも見受けられたモータウンを思わせるベースラインのイントロから、まさに彼らなキラキラギターが鳴りまくる”Fall Back”で幕を開け、気だるく心地良いスローなインディーポップチューン”Dead Ringer”まで、これLITERATUREの新曲と言っちゃっても全然問題ない5曲!で、彼らが最初に録音した「Phillips Calling」をボーナス収録。LITERATUREもニューアルバム制作に向け準備をしておりますのでそちらも楽しみにまずはこちらの音源を聴いてください!(O)

A PAGE OF PUNK “Punk Day~美しい日~” CD+64P BOOKLET

前作よりメンバーが変更し産み落とされた「反対方向」あれは凄かった。それまでのA PAGE OF PUNKのスタイルはブレてはいないけど、かなり新鮮だった。そしてその「反対方向」から4年ぶりとなる待望の今作、もちろん1、2、3、4、1、2、3、4!のスタイルはもちろん変わってない。俺たちこれしかないぜ、ハハハと笑ってる顔がちらつく。けど、やっぱ同じじゃないんだ。今作はこれまでよりもギターのおかずも変化が感じる。いつも激しいと言えば激しいんだけど、今作ではBREAKFASTなんかも感じるハードコアナンバーもある、もちろん全曲シンガロング全開でショートチューンをぶっぱなしている。ハードコアナンバーがあるからポップな曲がいつもよりポップに感じるね。「石原慎太郎」から「安倍晋三」。まだまだこの国には怒ることが山ほどだ。やっぱり家ではブックレット読みながらCDを聴くべし!で、ライブに行ったら心の中でもシンガロング。普通に生きて普通に怒る。そのメッセージはやっぱり日本語のほうが響くね。ギターの亮ちゃんが今作は相当いいですよと電車の中で言っていたのわかるわ。けど、その時の亮ちゃんのニヤついた顔が一緒に思い出されてむかつくけどね!26:32あっという間です。(O)

killerpass “リスタート EP” 7″+mp3

ギタリストけんちゃん在籍時最後のシングルとなる4曲入りその1。彼が入って今のkillerpassの感じが出来たよね。今作はギターとハヤシックボーイの歌だけの「スクールデイズ」って始まりますが、続く「偽善者でかまわない」からはやはりkillerpass。なんといってもドラムのカズキックのロウパンクな音がこのバンドの核。そこにけんちゃんの独特でやりすぎじゃなくて自然な感じの空間系ギターだな。それからもちろんハヤシックの味のあるへたうまボーカルだな。思い返すと正直、初期の頃のkillerpassのサウンドの面影はなくなっちゃったけど別に無理も何もしていない。変わらずこれが今のkillerpass。ラストはモータウン調の「マイアンサー」。この曲が個人的一番のお気にリ。(O)

Hi, killerpass “近鉄 / シェリーに口づけ” 7″+mp3

ギタリストけんちゃん在籍時最後のシングルとなる4曲入りその2。彼が入って今のkillerpassの感じが出来たよね。今作は京都のHi, how are you?とkillerpassの融合ユニットHi,Killerpassとしてリリース。「近鉄」はHi, how are you?のデビュー作に収録された曲。元々はギターと鍵盤ハーモニカ(今、ピアニカって言わないみたいなんだよね)と鉄琴の曲をバンド形態でやったもの。ほっこりします。そしてもう1曲は誰もが一度は聴いたことがあるであるフランスのミッシェル・ポルナレフの「シュリーに口づけ」の日本語カバー。これはハヤシックがメインボーカルかな。この曲聞くと俺が20代中盤にほんの少しだけ在籍した会社時代を思い出して辛くなるんだよね。入社翌日から社員全員俺を残して社員旅行に行っちゃって、1週間わけのわからないまま打ち合わせや業務を何とかこなした日々、繁忙期だからという理由で土日も休みなしで頑張ってるから夕飯奢ってあげる=強制残業で毎日タクシーで帰宅させられた日々、そして辞めるときにはお前次見かけたらぶっ潰すからなと恫喝された過去(5年前に長女が俺の携帯いじってこともあろうにその社長に電話をかけた時は死んだ。結局それで今度ご飯行こうねと死なずにすんだ)、そんな日々にたまたま関わったフランス系のイベントで聴いたのがこの曲だった。そんな日々をイントロの一瞬で思い出させてくれてありがとうkillerpass。音楽の記憶って怖いです。社長、俺今は楽しくやってるんでそっとしておいてください!(O)

SHOP(通販)はこちらから