Archive for the ‘新入荷’ Category

8月-7-2020
Filed Under (新入荷) by wsrecords

コロナも気をつけなきゃだけど、熱中症にも気をつけなきゃでめんどくせーなっと。しかし、クソ暑過ぎますね。ようやく荷物到着!もうちょい頻繁に届いてくれるとうれしいんだけど!
ってことでリリースラッシュの続くBloated Katから早くも新作リリース!

THE HEADIES “BLACK BUBBLEGUM” CD

先日リリースしたニューアルバムが最高な仕上がりだった、B級オブスキュアメロディックNINJA ATTACKのメンバーが結成したTHE HEADIESが早くも新作をリリースしたよ!12曲は新曲で、こっからのフィジカルオンリーのボーナストラックがすごいんだ!未発表1曲に、これまでリリースした単独7″シングル、BOYS CLUBとのスプリット、WRINGERとのスプリット、PLOW UNITEDとのスプリット収録曲を全部突っ込んで27曲収録。この音源にて、これまでのHEADIESの音源を逃してしまっていた人は補完可能ですよ。PLOW UNITED、FIENDZ、FLATUS、FYP、TOY THAT KILLでピンとくるポップパンクファンはぜひこのバンド聴いてみてちょうだい!カバーセンスもすごい良くて、PINHEAD GUNPOWDER、SHANGRI-LAS、ANIMALS、OTIS REDDING、LITTLE RICHRADSのカバーも収録ですよ。(O)

TV COP “SEASON 3” CD

こちらも先日急遽ニューアルバムを発表したアイオワの轟音ギターメロディック/パワーポップバンドTV COPの2ndアルバムもフィジカルでリリースされましたよ。3rdリリースでは、曲ごとにFLUFやNOTCHESみたいだったり、WEEZERだったり、BRACKETみたいだったりと引き出しの広さを見せてくれましたが、今作、イントロ終わった2曲目が思いっきりDON BLAKE同様、90年代のLAG WAGONなメロコアでテンションぶち上がります!恐らく本人たちがやってて気持ちいい音だったらなんでもありなスタイルなんでしょう。それって最高じゃねーか。その証拠に、このメロコアの曲終わった次の曲では思いっきりスピード落として彼らの持ち味である轟音ギター主体にのミドルテンポな曲だし、ガレージな曲あり、インディーロックな曲ありとスタイルは色々やってるけど、共通してるのはとにかくほんと聴いてて気持ち良いドライブ感なんだよね。これはポップパンク、メロディック、インディーロックそれぞれ思い入れある人が聴いても楽しめるアルバム。ライブ絶対良いだろうね。9曲目、10曲目、11曲目の流れ相当俺のツボの曲です。聴いてみて!9曲目ERGS!っぽいなと思いきやこのギターソロすげーしびれます。ってかギターのフレーズ所々LEATHERFACEっぽくない?(O)

こちらも早速再入荷してます。

DON BLAKE “TOUGH LIKE DIAMONDS (REISSUE)” CD
DON BLAKE “POCKET UNIVERSE (REISSUE)” CD
THE HEADIES “GROWING UP IN THE MULTIVERSE” CD
PAVID VERMIN “THROW ME IN THE TRASH” CD
PAVID VERMIN “CUTTING CORNERS” CD
VARIOUS ARTISTS “KAT MUSIC FOR KAT PEOPLE Volume 3” CD
VARIOUS ARTISTS “KAT MUSIC FOR KAT PEOPLE VOL IV” CD

SHOP(通販)はこちらから




8月-7-2020
Filed Under (新入荷) by blackie

93年と言えばMINX!終わりなき収集への旅は続くのであった、、、さてでは本日も委託中古盤投入です!世間は盆休みへ突入でしょうか?外出を控えろって事のようですのでゆっくり吟味して下さい!廃盤多めです!22時にアップされますので是非!恒例の夏のレア盤セールは28日(金)を予定しておりますのでそちらもお楽しみに!(R)

SHOP(通販)はコチラからどうぞ!




8月-6-2020
Filed Under (新入荷) by wsrecords

ドイツの某レーベルの方が過去にDistroもやっていたときの手元に残っていた新品デッドストックを少数ですが入荷となりました!SWOONSの1stシングルを回収したってすごくない?ちょっと褒めてもらえないかな(笑)それぞれ枚数はごく少数です。各レコード1人1枚づつとさせていただきます!新品デッドストックですが、リリースされたのずいぶん昔なので経年劣化があります。状態に神経質な方はご注文しないでください。ま、そんな人はリリースしたばかりの新作レコード以外手を出さないと思うんですけどね。こちらは今夜20:00にアップ予定です。

SWOONS ‎”WE ARE EXACTLY WHAT YOU WANT!” 7″

先日30周年記念アルバムをリリースしたドイツの女の子ツインボーカルによるメロディック/ポップパンクバンドSWOONSの記念すべき1stシングル確保!INCOGNITOの333 X UP&DOWN SERIESにて産み落とされていた音源です。このシリーズはハズレも多いんだけど、SECT、MARIONETZ同様大当たりもあってこの7″もまさにそれ!333枚限定だもんで内容良くて速攻でソールドアウトしたらしく、当時この1stシングルの存在知らなかったんですよ… 中期以降の彼女たちは明るい感じの曲ばっかりになってしまうんだけど、初期は哀愁ありで暗めの感じもあって、そのポップさとのバランスがよかったのは事実。だから、個人的な思い入れは当然ながら初期なのですよ。しかも、このシングル収録の3曲は、こないだの30周年記念アルバムに1曲も収録されてなくて、SWOONSのリリース音源の中で最も入手困難なやつなんですよ。B面の女性ボーカルがメインの”Popstar”、”Daddy’s Car”はINCOGNITOのコンピには収録されてるんだけど、彼女たちの音源では珍しい男性がメインボーカルをとる”Take Me Home”これがもう半端ない悲壮感漂い疾走感抜群の哀愁メロディックで最高!SWOONSの歴史の中では浮いてしまってる曲だからなかったことにしてるのかもしれないけど、この曲はEXIT CONDITIONの初期の頃や、FUNERAL ORATIONの初期の頃のようなくっそ燃える曲なんだよね。UKメロディック派も気にいることでしょう。そして、この曲やっぱりJohn Peelのお気に入りだったというのも聴けば納得でしょうね。(O)

BROKEN TOYS “SMASH SOME PUMPKINS” 7″

米国東海岸のB級POPPUNK代表選手。自身のTrashtone以外にも海を越えたドイツのIncognitoからもリリースをするなどしてて多分アメリカよりもヨーロッパの方が知名度が高いだろう。かなりの作品をリリースしてるけど、さすがの1stシングル、両面ともに彼らのリリース作品の中でもベストのポップパンクソングを収録してるんだな。しかも、87年という時代を少し先取りをしてる。某DISGUSTEENSのベースの人がこのバンド好きすぎて、タイトル曲のコーラスからかなり影響されてるのは知ってる人ぞ知るネタ(笑)B面もこれぞB級ポップパンクと言える泣きのメロディーでばっちり!(O)

「1ST。7インチ(ドーナツ盤)。45RPM。1987年リリース。極上な8ビートバブルガムポップパンク「TECHNICOLOR GIRL」が何て言っても良い。目を引くオレンジ色のハロウィーンなジャケも彼等の雰囲気を良く表現していてまた良い。自主レーベルTRASHTONE RECORDSからの最初のリリース作品。」(BLOWPOP-T CHEERS!)

NOISE ANNOYS “S/T” 7″

ジャーマン・バブルガム・POP PUNKの大名盤89年作1st!もう、1曲目の”My Mummy…”の時点で拳が激挙がる名曲!これスピードアップしたBUZZCOCKSっしょ。のちに1stアルバムをリリースすることになるKO recordsから89年に産み落とされたやつ!2曲目の”Noise Annoys”以外の2曲はこの7″シングルのみの収録ときてるし、その良曲も最高なんだから逃せない。この1stは当時手に入れるのすげー苦労したよね。全曲捨て曲なしの極上EP!!!(O)

NOISE ANNOYS “WATCH OUT” 7″

90年にVince Lombardy Highschool Recordsからリリースした2ndシングル!タイトル曲の「ヘイユー!ウオッチアウト!」の掛け合いも最高だけど、その後のサビの哀愁からの泣きのギターソロも最高でこれぞユーロメロディック/ポップパンクな名曲!そして、UNDERTONESの「Teenage Kicks」のスピードアップバージョンカバーも収録。DJやる時これかけると見に来る率高いです。しかし、オリジナル曲「Watch Out」が秀逸すぎる。(O)

「ドイツの人気者。そしてドイツ生まれの至宝。DOLLのメロディック狂(ヨーロッパ編)で紹介され日本でも一気に知名度が上がった。その楽曲は3rdシングルの曲名にも使われている通りバブルガムでポッピーであり、グループ名の通りBUZZCOCKSでもあり、カバー曲をやっている通りUNDERTONESでもある。全部で7インチ3枚とアルバム2枚。そんなドイツの人気者な彼等の2枚目。UNDERTONESのはまりすぎッていうかそのままなTEENAGE KICKSのスピードアップカバー収録。このNOISE ANNOYSってグループ名がすでに良い。」(BLOWPOP-T CHEERS!)

NOISE ANNOYS “BUBBLEGUM ROSIE” 7″

93年に2ndシングルに続いてVince Lombardy Highschool Recordsからリリースした3rdシングル!このシングルがDollで当時Snuffy Smileの栄森さんがメロディック狂必聴ディスク(EURO)編で紹介したことで知られることになりましたね。もうさ、これは、完璧すぎるでしょ。ポップパンク、パワーポップ、メロディック問わずみんな大好きなタイトル曲だよね。一発で大合唱間違いなしだもん。SONIC SURF CITYっぽさもあるしね。いやぁタイトル曲マジで名曲!親父が死んだら葬式で流しちゃいたいくらい。”Kicks”もかっこよいよ。タイトル曲、B面収録曲ともにアルバムには収録されてないぜ。(O)

SHOP(通販)はこちらから




8月-4-2020
Filed Under (新入荷) by wsrecords

久々に荷物が届いたよ!もうずっと何も届かないかと思ってました(笑)LUCY AND THE RATSのニューアルバムCD先行リリースがこんにちは!

LUCY AND THE RATS “GOT LUCKY” CD

SPAZZYSのLucyちゃんによるLUCY AND THE RATSの2ndアルバムがCD先行でリリース!いやいや、路線はこれまで同様だとしても今作これまでで一番ポップでストレートなサウンドになってるんじゃないかな?これ、マジでオールディーズ好きのおっさんが聴いてもむちゃくちゃ喜ぶんじゃない?1曲目の時点でこのアルバム手に入れてよかったってなると思う。ガールボーカルポップパンク好きな人でこれ嫌いな人なんていないだろうよ!60’sガールポップ+ポップパンク+サーフ+キュンキュンでございます。ギターポップ好きな人も聴かなきゃ損だぜ。アナログ盤はSTARDUMB、そしてイタリアのSURFIN’ KIの共同でリリースです。完成次第、入荷予定ですよ。(O)

こちらも再入荷!

LUCY AND THE RATS “S/T” CD

SHOP(通販)はこちらから




8月-3-2020
Filed Under (新入荷) by wsrecords

まだライブはできていないにも関わらず音源リリース前から話題になっている日本のガールズパンクバンドVindictivesの初音源が本日リリース日!それから、お取り置き分で連絡が途絶えてしまった方のキャンセル処理しましたので在庫復活してるの上に持ってきました。

Vindictives(Japan) “Template girl” CD

アメリカにも同名バンドいますがこちらは日本のVindictives!まだライブはできていないにも関わらず音源リリース前から話題になってます!Littersで活動していたカナちゃん(過去にはElmoc、Jayvee、malegoatのタナベとのIdentity Crisisもやってました)が、元Jack the nicholson’Sのアユミさんに、バンド未経験者2名とともに結成し、これが初音源となる3曲入り!バンド名はSLITSの曲名からだそうです。初めてオープニングナンバーのイントロを聴いた時はDEVO?となったけど、すぐに攻撃的なギターとトランペットが鳴りメインボーカルとコーラスのリフレインがすぐに耳に残る初期衝動を感じるロウで激しいパンクロック。続く2曲目がスピードよりも勢いを感じるストレートな70’sパンクロックナンバー!でも一筋縄でいかずトランペットが途中で入ってくるあたり、このセンスはフィンランドのバンドにも通じると思う。トランペット兼メインボーカルYAKAMOさんの声はバンド未経験者だったとは思えないくらいに堂々としてて存在感ありまくりで、そこにLittersでメインボーカルをつとめていたカナちゃんがコーラスに回ってるので、この2人の絡みがツインボーカルみたいになっているのがいいね。2曲入りの初音源、しっかりとしたプレスCDで驚きました!(O)

SHOP(通販)はこちらから!




7月-31-2020
Filed Under (新入荷) by wsrecords

海外からの荷物がぱったりと止まってしまったここ最近です。オーダーは激しく飛ばしまくってるんで到着をお待ちください。面白いの色々と空輸中です。BUDWEISERSにYUM YUMSのLPも向かってるはずですんで!
では本日は、まさかのREVERSEのニューアルバムってか正式にはバンドがリアルタイムでやってる中ので1stアルバムがCD先行でリリース!

REVERSE “EMPTY SPACES” CD

UK メロディックシーンが最も脚光を浴びていた90年代初頭。1990年にストークオントレントにて結成、デモ音源をリリースし地道に活動開始。すぐさま御大EXIT CONDITIONに発掘され、そしてEXIT CONDITIONが自らレーベルを設立し、彼らとスプリット7″シングルを92年にリリースしたことにより、ここ日本でもすぐさま多くのUKメロディックファンが「REVERSE」の虜になった。Damaged Goodsからリリースされた7″シングル3作は人生の中で何度ターンテーブルに載せて聴きまくったことか…これまでに正式にリリースした音源も非常に少ないながらも、どの音源も非常にクォリティーが高く時代を経ても未だにUKメロディック界の奇跡として語られるバンド。2019年突如復活し、日本のSP Recordsから7″シングルをリリースし、多くのUKメロディックファンを胸熱させてくれましたが、彼らは先を見ていたのです。ついに、彼らのニューアルバムが12曲入りでリリース!国内盤CDは先行してSP Recordsがリリースですが、アナログ盤は我らがBoss Tuneageがリリース(到着次第販売開始予定)!彼らの持ち味である、ドライビングメロディックに泣きのサッドメロディーが2020年に蘇るなんて誰が想像したでしょうか。これは、もう往年のUKメロディックパンクファンの新たなマスターピース!新曲それぞれもよくもまあ、これだけの時代を経てもみんなが思うREVERSEのサウンドに仕上げてるなあと思いますよ。(O)

SHOP(通販)はこちらから




7月-31-2020
Filed Under (新入荷) by blackie

先週に引き続きコレクターさんの委託中古盤7インチ第二弾です。今夜も22時アップされますので良盤をゲットして下さい!あと少し前に大量にお預かりした委託中古盤(CD,カセット,7″,LP)を値下げしましたのでこちらも是非一緒にチェックして下さい!中古盤は在庫のある順番になってますので探しやすいと思います!あっという間に7月も終わりですが、来月は毎年恒例のレア/廃盤セールを予定してますのでそちらもお楽しみに!(R)

SHOP(通販)はコチラからどうぞ!




7月-28-2020
Filed Under (新入荷) by wsrecords

いやいやリイシューもやっぱりうれしいし楽しいね!リアルタイムで聴いてた頃の思い出が蘇りますもん。画像は孤高一年生の頃の俺のイメージです。

SWOONS “ALL OR NOTHING” LP

90年結成で、GIGANTORの日本でのブレイクで、ここ日本でも注目の上がったドイツシーンから現れたガールボーカルメロディック/ポップパンクバンドを代表するSWOONS。結成から30年を記念して、編集盤がアナログで限定250枚で登場!中期以降のSWOONSは日本でも人気も高く、97年には1+2からも日本編集盤がリリースされるほど知名度はあがりましたね。しかし、CHEERS! PUNKな僕らは何と言ってもSWOONSとくれば初期でしょう。僕らのバイブル、INCOGNITO 333 X UP&DOWN SERIESにてデビューシングルをリリースし、後にカバーをすることになるBADTOWN BOYSの、あのRAMONSCOREを45回転でやってるスピードに女性ボーカルでしかも哀愁を追加したサウンドには即座に地下世界のレコードマニアを震えさせていたのです。そう、CHEERS1号が言ってるように初期SWOONSはSTUKASとかVULTURE CULTURETとかと共にヨーロッパ方面のバンドとしては是非押さえておきたいグループなんですよ。でも後期は、セルアウト的なサウンドになってしまって残念なんだけど、でもまあそのサウンドチェンジ後に売れたんだな(笑)さてこの編集盤は、ここ日本でもブレイクしたのは中期以降のSWOONSなのでその時代の曲中心のB面収録曲への思い入れが強い人は多いと思うんだけど、やっぱり俺ら的にはA面に収録されている初期のSWOONSの曲。ドイツのBADTOWN BOYSとか勝手に呼んでましたね。今聴き直して思ったのはPENETRATESとかupstairsの元ネタなんじゃねーの?なんて妄想しました(多分彼女たちはSWOONS聴いてないと思う)そんな感じで、SWOONSこの機会に聴いてみてください。この弱気のプレス数なんで、速攻でソールドアウトすると思うよ。多分、リリースに合わせて再結成ライブする予定あったんだろうな。でも、この状況じゃライブできないからプレス数絞ったんじゃないかと。そうじゃないとこの250枚という数は少なすぎるっしょ?!ヘイ、ジャケ写で右端のメンバーが着てるのABSノTシャツじゃねーかよ!!!ちなみにメンバーのStefanはみんな大好きなPSYCHO GAMBOLAにSCHUSSLER DUもやってた人ですよ。(O)

THE BLOOD “MEGALOMANIA” 7″

アメリカだとCH3とかがメロディックの元祖なんて言われたりもするけど、イギリスで言ったらこのバンドでしょ!ここ最近入手困難度も価格もうなぎ上りのTHE BLOODの記念すべき1stシングルがドイツでついにリイシュー!X JAPANかよというツッコミが起きそうなピアノの調べで始まるタイトル曲は、DAMNEDの影響なのかもしれないけど、この勢いあるロックンロールサウンドはABSにも通じるし、合唱コーラスはASTAKASKも彷彿させる!Frankie Flameがプロデュースでもピアノでも大活躍のやつです。LEATHERFACE好きでこのバンド聴いてないのはもったいないよ。自分はこのバンドに出会ったのは高校1年になって、Oi Punkに興味を持ち始めLink Recordsから出てるOi Chartbustersシリーズをバイトの給料出るたびに増やしていって出会って、その後、Teichikuで栄森さんがSNUFF、LEATHERFACEでお馴染みのShakin’ StreetシリーズでBLOODの1stアルバムのリイシューで手に入れてそのライナーでこのバンドってこんなにぶっ飛んでたんだって知ってより好きになりましたね。BLOODがどんなバンドだったかは有名なので割愛します。気になる人はググってみてください。神父とドワーフ在籍のパンクバンドってアホですから。(O)

THE BLOOD “STARK RAVING NORMAL” 7″

2ndシングルもリイシュー!もう、1曲目のギターの刻み方とかLEATHERFACEじゃないですか?でサビのオーオーコーラス、これ高1の俺一瞬でぶっ飛ばされましたよ。そう、”MEGALOMANIA”のコメントで書いたけど、実はこの2ndのタイトル曲がLinkのOi Punkコンピ「Oi! Chartbusters Volume 6」こそが俺の音楽的趣向を一気に開いてくれたアルバムだったのです。おい、俺リアルタイムで買ってたぞ、ちょっとキモいぞ(笑)でも、このコンピのおかげでこのBLOODにCASE、SECTION、LURKERSにCRACK、そして今だに大好きなCOCKNEY REJECTSと出会ったのです。ちなみに、このDAMNEDを昔の荒くれてたフランキースタッブスにやらせたような”STARK RAVING NORMAL”の最後の声のピッチを変えてるとこ友達に志村けんみたいじゃね?って聴かせてた当時の俺思い出しました… とにかく1stアルバムまでの初期の音源は最高のメロディック!でも、それ以降ズッコケのメタルアルバムになってしまう。でもそういうとこ含めてもBLOODは最高なんだと思う。(O)

VARIOUS ARTISTS “SICHER GIBT ES BESSERE ZEITEN.2” CD

泥臭いドイツのローカルメロディック/ポップパンクを掘るにはバイブル的なNasty Vinylのコンピシリーズと並ぶHohnieのコンピ、かつてSTINKEBREIT収録の第2弾のデッドストックが出てきたけど、今度は92年リリースの第2弾が2枚だけ出てきたよ。収録バンドを眺めてるとバンド名にSperma Comboとかないわぁ(爆)なんだけども、これも危険なコンピですね。1曲目がなんか聴いたことあるとリフの時点で思うんだけど、まさかのピストルズのGod Save The Queenのドイツ語替え歌カバー!しかもすげーロウっていうか演奏がよく言えばプリミティブ(笑)今回のお宝はFUCKIN’ FACESの91年リリースのカセット音源のみに収録からの2曲だぜ!SCHLEIM-KEIMもハードコアかと思ってたら、こちらも初期のカセットの音源でユーロポップパンクな2曲。基本的にこのコンピはバンドから送られてくるデモなどで、聴いて良かったバンドを収録してるんで初期の作品が収録されてるとこがポイントなんでこのシリーズも見つけ次第回収をしましょう!もちろん泥臭すぎるのもいっぱい潜んでるけどね(笑)(O)

SHOP(通販)はこちらから




7月-27-2020
Filed Under (新入荷) by wsrecords

お待たせしましたTHE HAWAIIANSのニューアルバムのCDバージョンなくなる前に速攻で再入荷に動いていたのがようやく到着!傑作と呼び声も高い今作でございます!アナログ盤ももうちょいしたら再入荷予定です。

THE HAWAIIANS “INVADING THE SUMMER” CD

ドイツなのにハワイアンズ!復活してのニューアルバムがこちら!QUEERS、CATALOGS、BEATNIK TERMITES、TRAVOLTAS、Pelotan、この中に好きなバンドがあれば迷うことなくTHE HAWAIIANSを聴けよとおじいちゃんも言っています!

SHOP(通販)はこちらから




7月-24-2020
Filed Under (新入荷) by wsrecords

本日はこちらをアップ!発送は週明けになります。Go Toでどこにも行きませんが、ちょっと家の片付けをやってますんで、ごめんなさいね。
まずは、TURNCOAT収録のベネフィットコンピ!それから奄美大島の妖精がまた新作をリリースです!あわせて売り切れてたUrban Sleepの旧作も再入荷してますよ!今夜はレニーーの委託中古放出も続くんでお楽しみを!

VARIOUS ARTISTS “O2O2 the eyes behind the eyes” CD

WATERCLOSET、JELLY BERRYのアスカが始めた新バンドyokoThemaの呼びかけによりリリースされたドネーション音源となるコンピレーションアルバムがリリース。参加してるTURNCOATからいただきました!ありがと!収録バンドが、このコンピの発起人yokoThemaに、我らがTURNCOAT、先日音源集がリリースされたTEENAGE BONEHEADSのベーシストツルミくん在籍のガールボーカルパワーポップバンドthe Weekpointsに、大先輩NOWON、新潟の重鎮DERIDE、仙台と言えばのPASSing truth DRIVE、そしてキャプテン在籍の大阪のBOYS ORDER、東京のOFFICE VOIDS、しりとりな歌詞が癖になるjoints収録です!あとやっぱBOYS ORDERのこの曲好きなんだよなぁ。(O)

KENTUCKY KINGS “S/T” CD

奄美大島へ移住してもアンテナが全然弱まってない。むしろ冴えてやがる… Urban Sleepの新作はパラグアイのバンドだと!お前大丈夫かよ(笑)しかし、これが再生ボタンを押すと、90年代の香りプンプンなメロディックバンドなんだよ。メロコア的な曲で始まるんだけど、これはむちゃくちゃいい。IRON CHICにLIFETIME(3rdアルバムあたり)、APOCALYPSE HOBOKENの当たりの曲なんかを曲ごとに思わせるんだよな。まさに、Urban Sleepらしい隙間を付いてくる好リリース!これは90年代から00年代頭だったら確実にOne Footリリースで歴史の中で埋もれていただろう(爆)しかし、この音源を聴きながらあいつが奄美大島で同じくこのバンドを聴いてニヤニヤしてる姿を安易に想像できてしまう。(O)

再入荷

HOLIDAY “get it fuckin hardwired doodles” CD
JETPILOT “SEVEN SONGS ep” CD
SPLIT JETPILOT / CINNABAR CD
KERBIVORE “ALL DRESSED” CD
LUGEN “嘘” CD
MENTAL FIX “BRICOLAGE” CD

SHOP(通販)はこちらから