CHEERS RADIO Vol.37-20200319

(グングン後記)
視聴いただいた皆様ありがとうございます!
今回は、オニギリ&チアーズ1号&POP PUNK HELL(PPH)でした。
久しぶりのPPHどうでしたか?
前夜祭ではレニー、そして本編でもオニギリがまたヤバいのぶっ込んで来たけど、
やっぱり面白いのいっぱいあるなーって、
そこはこちらもライフワークとして精進しますw
また、今回のお楽しみのプレゼントコーナーもやばかったよね!
こんなことやってるとこないでしょ?このWSオニギリの気持ちに乗っかり一緒に吹っ飛ばされたい!!
番組中もそうですが、チアーズパンクでは、いつでもどこででも感想、応援、依頼、リクエストなどなど
タグ#CHEERSPUNK でお気軽にぜひぜひお願いします!

『今回の前半戦、紹介バンド』

☆LIFEWENTPEAR (ドイツのLEATHERFACEゾッコングループ!放送当日(2020/3/19) にリリースされた1ST (?) アルバムには彼の1ST DEMO音源も含む現時点でレコーディングされてる曲全曲聴ける作品となってて要チェック!)

☆LOSS LEADER (スペインの現行男女混成エモ・メロディックバンド!デビュー12インチに続く、1STアルバム!90’Sエモサウンド踏襲型!WILD ANIMALSのドラムのPAULAの別バンドです)

☆THE TEENAGE BONEHEADS (MID 90’Sから東京中心に短期間の活動で無に返って行ったヒネクレATTITUDEパンクスな彼等のディスコグラフィー作品!SKIPPY(彼等のレーベル), I HATE SMOKE, NGOO, WATERSLIDEの共同リリース!あそこら辺好きな方は取りこぼしないように!)

☆THE SUITESIXTEEN (Ex BUM(1STアルバムにて脱退)のROBの現行バンド!そんな彼が作曲した曲を詰め込んだ12インチ2枚組の作品!グループ名も最高!初期BUMらへんのパンクよりなパワーポップが好きな方は取りこぼしなしで!)

『CHEERS! PUNK RADIO 後半戦の選曲者』

チアーズ1号(@Tsoundnow
オニギリ(@wsonigiri)

Hip Cat’s Records (@HipCatsRecords)(今回、欠席)
Pop Punk Hell(PPH)(@POPPUNKELL4321)

今日、流したレコードのセットリストもぜひチェック!

チアーズパンクラジオはナマ放送のみですが、放送前、リアルタイム、アフターの(名・迷・珍)ポストもまとめているので、チェックしてみて。あなたのポストもピックアップされるかも!

チアーズパンクラジオではリスナーの皆さまが食い付く様な、ココでしか聴けない、他のトコではピックアップされないような内容、レコード、バンドを各自の視点からのいろいろなセレクションでドンドン紹介していくのでこれからもCHEERS PUNK RADIOをどうぞよろしく!
また、もちろん現行バンドやライブ情報などもバンバン発信していくので、そこらへんもチェックしてもらえればと思います!チアーズパンクラジオやチアーズ年代(80年代後期から90年代初期らへん)パンクのネタや情報、放送のコメントや感想、または特集やこんなバンドを聴いてみたいなどのリクエストなど、ツイッターやYou TubeのCheers PUNK radioの番組ページなどでタグ #CHEERSPUNK 付きでポストください!!

勝手に選んだ今回の放送中、放送後(一部前)のツイート #CHEERSPUNK:

「さあ今週木曜はCHEERS! PUNK RADIOです。今月は4人全員揃うのか?!乞うご期待!」
「明日はCHEERS PUNK RADIOの日!久しぶりってこともあって今からレニーさんが怖いですが頑張ります!」
「おじいちゃんがスヤスヤ寝てて起きません。が、今夜は CHEERS! PUNK RADIOです。猫尻さんは欠席となりますが、みなさん楽しみましょう!URLは決まり次第報告しますんで。いつもより早く前夜祭的な放送するかもです。」
「今夜の CHEERS! PUNK RADIOのURL発表します。ここです。もう前夜祭始めます。」
「俺は部下にいつもどーんといこうよと言っている」
「昔上司にプレゼンは目だからと言われたから」
「まじでくだらねーーーーww」
「ドラムすきじゃ」
「タコベルジャケ」
「これこんなにかっこよかったっけw」(SURROGATE BRAINS – IF THE THINGS SAY ARE TRUEの後に)
「#cheerspunk 語録 「みつめあいながらやってるんで」「自分パンクロッカーなんで」」
「#cheerspunk 聞きてーのに、今から子供を風呂に入れる!」
「ごいすての愛しておくれってほぼこれやん」(GREEN DAY – DRY ICEの後に)
「イタリーは郵便局にも行けないらしい」
「確かにこの曲は、自分の中でも今でも色あせない曲です」(GREEN DAY – DRY ICEへのリプ)
「心地いい音だなー」(SNUFF-SPLITに対するリプより)
「どーんと行こうぜw」
「プレゼンの時の目を見て見たいw」
「本編始まる前から名曲オンパレード」
「Dackelblut これはやばいw 」
「おはようございます。昨夜は有給だったのでほぼリアルタイムでチアーズ聴けました。夕飯の時間と被ったので一部は後から聴いたけど。殆ど知らないバンドでしたが楽しかったですさて、メンバー5人なのになぜ3人のサインだけなのかは謎。LEEだけしか分からずでしたしかし、なぜ3人だけなのか?」(SNUFF – SPLITに対するリプより)

次回の放送日は2020年4月23日!
レニーが本編喰いに来てるw前夜祭から是非に!!

ナマ放送のみの『CHEERS PUNK RADIO』
放送時にYou Tube内検索で「cheers radio, cheers punk」などで検索してください!
という事でみんなの憩いの場チアーズパンクラジオでまたお会いしましょう!!!!!

Twitter アカウント:@Tsoundnow, @wsonigiri, @POPPUNKELL4321, @HipCatsRecords
Instagramアカウント: tsoundnow

PLAYLIST

閉塞感が半端ないけど、楽しめる時は好きなことをとことん楽しんで発散しましょう!少しでもラジオで音楽を楽しんでもらえたら幸いですぜ!

チアーズ1号(@Tsoundnow

THE WYNONA RIDERS – NO ONE EVER LISTEN TO ME (1992)

PORCELAIN BOYS – IF YOU WERE REAL (1989)

G-WHIZ – AMEASURE (1990)

THE FIENDZ – DEAD END (1990)

SURROGATE BRAINS – IF THE THINGS THEY SAY ARE TRUE (1989)

Pop Punk Hell(PPH)(@POPPUNKELL4321)

GAUZE – DISTORT JAPAN (1990)

FUNERAL ORATION – NEVER CHANGE (1984)

FUN SIZE – ABACUS (1996)

SHORT DOGS GROW – I GOT IT RIGHT (1987)

GREEN DAY – DRY ICE (1989)

オニギリ(@wsonigiri)

FRICTION – COMPACTOR ROOM (1993)

I VIGLIACCHI – VAMPIRO ROMANTICO (1993)

DACKELBLUT – SHOKO-ASA-HARA (1997)

DACKELBLUT – SERGÉ BAILMANN (1997)

SNUFF – SLIPT (2001)

BACK TO CHEERS RADIO main

CHEERS RADIO Vol.0 2014/03/28

CHEERS RADIO Vol.1 2014/04/09

CHEERS RADIO Vol.2 2014/12/16

CHEERS RADIO Vol.3 2015/01/28

CHEERS RADIO Vol.4 2015/04/22

CHEERS RADIO Vol.5 2015/07/22

CHEERS RADIO Vol.6 2015/09/30

CHEERS RADIO Vol.7 2015/12/21

CHEERS RADIO Vol.8 2016/06/22

CHEERS RADIO Vol.9 2017/10/18

CHEERS RADIO Vol.10 2017/11/08

CHEERS RADIO Vol.11 2017/11/22

CHEERS RADIO Vol.12 2017/12/20

CHEERS RADIO Vol.13 2018/01/17

CHEERS RADIO Vol.14 2018/02/21

CHEERS RADIO Vol.15 2018/03/14

CHEERS RADIO Vol.16 2018/04/25

CHEERS RADIO Vol.17 2018/06/13

CHEERS RADIO Vol.18 2018/07/18

CHEERS RADIO Vol.19 -20180822

CHEERS RADIO Vol.20 -20180919

CHEERS RADIO Vol.21 -20181024

CHEERS RADIO Vol.22 -20181121

CHEERS RADIO Vol.23-20181212

CHEERS RADIO Vol.24-20190116

CHEERS RADIO Vol.25-20190213

CHEERS RADIO Vol.26-20190313

CHEERS RADIO Vol.27-20190417

CHEERS RADIO Vol.28-20190522

CHEERS RADIO Vol.29-20190718

CHEERS RADIO Vol.30-20190829

CHEERS RADIO Vol.31-20190919

CHEERS RADIO Vol.32-20191017

CHEERS RADIO Vol.33-20191121

CHEERS RADIO Vol.34-20191219

CHEERS RADIO Vol.35-20200115

CHEERS RADIO Vol.36-20200220

CHEERS RADIO Vol.37-20200319

CHEERS RADIO Vol.38-20200423

CHEERS RADIO Vol.39-20200521

CHEERS RADIO Vol.40-20200618