Distro News

6月-26-2020
Filed Under (新入荷) by wsrecords

本日はこちらをアップです!BRAIDやFRICTION、HEY MERCEDES、LIFTED BELLSとたくさんのバンドをやっていることでも知られるBob Nannaが初のソロアルバムを発表ってことでプレオーダー開始です!リリースはPOHGOHのメンバー運営のNew Granada Recordsってことで他の新作も合わせて登場!

BOB NANNA “CELEBRATION STATES” LP+mp3

※プレオーダー

BRAIDとPOHGOHは当時からスプリットをリリースしたりと親交が長く深いことで知られてますが、Bob Nannaが離婚経験をし、その個人的事柄を通して感じたことを歌にした10曲をレコーディングした作品を友人であるNew Granada Recordsへレコード製作を依頼し実現したのが今作。と、いっても悲壮感全開のものではなくタイトルに「Celebration States」とあるようにポジティブな内容となってます。Nanna曰く、今作は「1年に渡る良い時期と上手くいかなかった時期のことをドキュメントしたもの。自伝的で、このプロジェクトを完成する前にポジティブな決意を持って望んだものなんだ。」と語ってます。全編、Nannaのウタとアコースティックギターの響きだけのシンプルな構成で展開されるものの、やっぱり声もメロディーもBRAIDだもんで、心を揺さぶると同時に心を高揚させるような作品で、自分の頭の中では様々な光景が浮かぶそんな作品になっています。しかし、このレコーディングセッションは結婚記念日であった9月7日に敢行されたというのもなかなかにエモいですね(笑)(O)

WREATH “S/T EP” CT+mp3

レボリューションサマー!2019年後半に結成されたこのフロリダのWREATHはVACANCY、AWKWARD AGE、LEVIATHAN CROSS、NEW MEXICAN DISASTER SQUAD、THE HOLY MOUNTAINというバンドのメンツにより結成されたバンドなんでベテランバンドマンが集まってるんで、今作が初となる5曲入り音源なんdけど音質は強力!まさにEMBRACE、THE FAITH、PAINT IT BLACK、そしてJADED EYESといったバンドが真っ先に頭に浮かぶ!最近、世界中にレボリューションサマーを彷彿させるバンドが増えてきてるけど、この今のサイクルの流れなのかもしれないね。(O)

DIEALPS! “MORE IMPORTANT THINGS” CD

POHGOHのKeith運営のNew Granada Recordsが現在大プッシュ中の地元タンパのインディーロックバンドDIEALPS!の20年リリースの13曲入り2ndアルバム。男女混成ボーカルにより、90’s CMJなインディーロックサウンドを聴かせてくれてかなり良い!BUFFALO TOMやSPARKLEHORSE、THE SUNDAYSなんかを思い出させてくれる。特に女性がメインをとる曲はドリーミーな感じで若干シューゲイズっぽさもあり気持ち良いし、男性ボーカルがメインの曲も哀愁あるギターバンドな感じでどっちの雰囲気も良い。Polyvinylリリースのバンド好きな人はチェックしたほうがいいと思います!(O)

DIEALPS! “OUR CITY” CD

こちらは17年リリースの12曲入り1stアルバム。POHGOHの日本ツアー中に移動中に2ndアルバムのプリプロ音源を聴かせてもらって気になっていたのようやく入荷できました。2ndアルバム同様男女混成ボーカルで曲によって、男女のいずれかがメインボーカルをとるスタイルもすでに1stアルバムで確立されてるんです。90’s CMJなインディーロックに、シューゲイズやインディーポップもミックスしたサウンドは、1ローカルバンドレベルじゃないですね。PolyvinylリリースやTopshelfリリースのインディーロック好きな人は、確実にこのバンドはアンテナに引っかかるはずですよ。(O)

SHOP(通販)はこちらから




6月-26-2020
Filed Under (新入荷) by blackie

今月は四週に渡りコレクターさん委託中古盤放出でしたが本日最終です!CD100枚越えで、あまり見かけないレア/廃盤も混じってます!在庫の残ってる中古盤も見やすくなってますで一緒にチェックしてみて下さい!22時にアップされます!EL ZINE新刊も発売です!(R)

EL ZINE vol.43

■SPECIAL DUTIES
(『Punk Is Dead』と歌ったCRASSに対して、真っ向からケンカを売った作品『Bullshit Crass』でも知られているUK82バンド、SPECIAL DUTIES。そのオリジナル・ベーシストにして現在はヴォーカルを務めているSteve Dutyへのインタヴュー&バイオグラフィ)

■UNDERGROWTH VANCOUVER 2020
(カナダ/バンクーバーの現在のパンク/ハードコア・シーンに関するテキストと、3バンドへのインタヴュー)

■SPECTRES
(過去にはLEBENDEN TOTEN/FrankのレーベルであるWhisper In
Darknessからも作品をリリースしていた、バンクーバーのポスト・パンク・バンドSPECTRES。そのヴォーカリストであるBrianへのインタヴュー)

■PHANE
(バンクーバーのUKスタイル・ハードコア・パンク・バンドPHANEのギタリストにして、当地のパンク・フェスHave A Good Laughの主催者でもあるCordieへのインタヴュー)

■BOOTLICKER
(バンクーバーなどを拠点に活動している、Oi! meets ボストン・ハードコア meets D-Beatなバンド、BOOTLICKERのヴォーカリストであるLewisへのインタヴュー。※Lewisは5月に来日を予定していたMASS GRAVEでもヴォーカルを務めている)

■PUNK LIVES!!
(ポーランドのハードコア・バンドOHYDAのMikeによる、イギリスのDIEとアメリカのWARCRYのライヴ・フォト・レポート)

■Distort Reality
(アメリカ/ポートランドのノイズ・パンク・バンドFRENZYのベーシストにして、日本のバンドも数多くリリースしているハードコア・レーベルDistort RealityのオーナーであるSkellへのインタヴュー)

■SOLPAATOS
(昨年にディスコグラフィCDを、そして今春にはそのディスコグラフィのアナログ盤をリリースした、新潟のフィンランド式ロウ・ハードコア・パンク・バンドSOLPAATOSへのインタヴュー)

■NAGASAKI NIGHTMARE
(STAGNATION/C etcのAzusaが主催し、今年は8月9日に長崎で開催される予定のイヴェント『NAGASAKI NIGHTMARE』。そのイヴェントや長崎、そして平和に関するコラムby山下大介/VELOCITYUT)

■ROOTS OF T.K. FROM NAGASAKI PUNK HISTORY
(大阪で活動するDEFORMATION QUADRICのメンバーにして長崎出身のT.K.による、自身のルーツに関するコラムby T.K./DEFORMATION QUADRIC)

■record KNOX
(茨城県水戸市のパンク/ハードコア・レコード専門店record KNOXのオーナーである橋本氏へのインタヴューby Shooter/the GEROS)

■うしろ前さかさ族
(東京で活動するうしろ前さかさ族のフロントマンにして、cuntsではドラムを務める関口マーフィー氏へのインタヴュー)

■Umea Punk City
(ex.AC4~現ACID BLOODのKarlによる、スウェーデンUmeaの現地情報コラム)

■ANTIGEN
(ドイツのゲッティンゲンとチェコのプラハに暮らすメンバーらによる、女性ヴォーカルのメロディアスなポリティカル・ハードコア・パンク・バンド、ANTIGENへのインタヴュー)

■Anti-Art Book Review
(アートブックの書評by Yoshi Yubai/弓場井宜嗣)

shop(通販)はコチラからどうぞ!




6月-25-2020
Filed Under (新入荷) by wsrecords

まじかーこの新品デッドストックが国内に残っていたとは?!Wizzard In Vinylさんに残っていたデッドストックを入荷しましたよ!音源は一期一会です。探していた人逃さないでくださいね。枚数に限りがあるので本日20時にアップしますよ!

NOISE ANNOYS “FIRST STEP” CD

CHEERS PUNK!ドイツの初期パンクロックバンドRAZORS、それからRAMONEZ 77をやっていたMartin、同じくRAZORSのOldに、後にSQUARE THE CIRCLEを結成するArneとSvenが在籍していたNOISE ANNOYSの90年リリースの1stアルバム。CDバージョンには1stシングル収録の2曲を含むボーナストラック7曲収録。DOLL誌上でSnuffy Smileの栄森さんが彼らの3rdシングルを「メロディック狂必聴ディスク」のヨーロッパ編紹介したことで一気に日本でも知られる存在になりましたね。まじ1曲目からブチあがりな最高なバンド!BUZZCOCKSからバンド名拝借したセンスとメロディーとPOPセンス!たぶんメタル上がりだろうと推測されるギター上手さも最高!メロディック、ポップパンク、パワーポップをブレンドした最高なバンド!(O)

「ドイツの人気者。そしてドイツ生まれの至宝。DOLLのメロディック狂(ヨーロッパ編)で紹介され日本でも一気に知名度が上がった。その楽曲は3rdシングルの曲名にも使われている通りバブルガムでポッピーであり、グループ名の通りBUZZCOCKSでもあり、カバー曲をやっている通りUNDERTONESでもある。全部で7インチ3枚とアルバム2枚。(1999年当時)」(BLOWPOP-T CHEERS! aka グングン)

SQUARE THE CIRCLE “EVERYONE’S A WINNER” CD

ex-NOISE ANNOYSのArneとSvenが結成したドイツハンブルグ産POP PUNK/MELODIC/POWER POPバンドの95年作の19曲入り1stアルバム!ボーカルもNOISE ANNOYSと同じなんでまさしくそのまんまNOISE ANNOYSなサウンド。いやぁ1曲目からブチ上がるキラーソング!ジャーマンバンドらしい癖も何のその!最高にキャッチー!捨て曲なし!前身のバンドはヨーロッパMELODIC狂必聴ディスクでも紹介されたりしてるように、このバンドでもその才能はいかんなく発揮されているのでヨーロッパのPOP PUNK/MELODIC/POWER POP好きは聴いておかなければまずいでしょう。STUKASファンも飛びつけ!(O)

SQUARE THE CIRCLE “CHANGE” CD

ex-NOISE ANNOYSのArneとSvenが結成したドイツハンブルグ産POP PUNK/MELODIC/POWER POPバンドの98年作の13曲入り2ndアルバム!1stはNOISE ANNOYS路線まんまでしたがこの2ndでは落ち着きを見せる所か極上のロックンロールをプラスしながらもキャッチーさを失わない進化が伺える好盤!これまでよりも哀愁な感じも出てきて新たな側面を見せ始めたアルバムでもある。個人的にはスキップする曲も収録されてるけど、やっぱ最高な曲もあるから逃せないわけですよ。(O)

HAMBURG RAMONES “FREE PHIL SPECTOR” CD

ドイツという国はレコ屋にRAMONE PUNKというコーナーが存在すると以前も書きましたが、まさにそのコーナーにぴったりなのがこのHAMBURG RAMONES。、RAMONESしかし、メンバー写真を見ると確かにRAMONESを真似てるけどヅラです(爆)2005年リリースの9曲入り1stアルバムでRAMONESのカバーも2曲収録で、はっきり言ってパーティーラモーンパンクです。酔いどれでいっぱいのライブハウスではすげー盛り上がったでしょう。世界にたくさんいるTHE CRETINSのドイツのラモーンパンクバンド、BYOからリリースしてるSMARTIES、そして後にGIGANTORのJensがやっていたバンドです。RAMONESまんまかよと思っていると、まさにドイツポップパンクな大合唱な曲が潜んでいたりするからこれはDIEなバンドに反応しちゃう人はスルーしたら損しますよ!つまり逃すなってことです。(O)

SHAME ACADEMY “PUNK ROK FOR DUMMIES” CD

Good Vibraionsの映画で再び脚光を浴びているRUDIのBrianと、THE OUTCASTSのGREG、そしてUKアナーコメロディックF.U.A.L.、STALAG 17、そんで再結成後のOUTCASTSに加入しているPetesyが00年代中期にやっていてわずか1枚のアルバムをフランスのCombat Rockからリリースしていたアイルランド産パンクロックバンドSHAME ACADEMYのそのアルバムです。アルバムとしてはスタジオ録音12曲に、ライブ音源14曲をボーナスで収録した26曲入り。ライブはRUDIやOUTCASTSの曲を始め往年のパンクロック代表曲をカバーしたやつで面白みないけど、オリジナルがもちろんRUDIっぽいんだけど、俺的にはTHE SECTお初期に近いと思うんだよね。で、やっぱりCombat Rockなんで、DEVIATORSっぽさもあてCHEERS! PUNK RADIOでグングンが選盤するレコード好きな人はチェックしたほうがいいよ!(O)

SHOP(通販)はこちらから




6月-23-2020
Filed Under (新入荷) by wsrecords

本日はこちらをアップ!すげー懐かしいの出てきたわw

VARIOUS ARTISTS “TOUR EP3″ 7”

SPEEDOWAXのツアーエディションシングル第三弾がみつかりました!2000年にRHYTM COLLISIONのUKツアーに合わせてリリースされたもので、当時、SPEEDOWAXの国内流通をやっていたのでその時の新品デッドストックが出てきたよ(元々コピージャケなのでよれがありますよ)。ちなみに公称100枚限定ですが実際はジャケ違いもあるんで200枚から300枚だと思われます。いずれにしても新品デッドストックだし、SPEEDOWAXの初期リリース作品なのでUKメロディックファンは持っていて損はないです。持っていなかった人はこの機会にどうぞ!(O)

SHOP(通販)はこちらから




6月-22-2020
Filed Under (新入荷) by wsrecords

これ前回の公約ね。何の大改革もしてねえ(爆)WSハウスの前の電柱に防犯カメラつけられそうになったわwww
本日はこちらをアップ!BOSS TUNAGEのDIAZ BROTHERSに続く新作はこちらでございます。リリースを記念して、残りわずかのJADED EYESの旧作をスペシャルプライスにしました。無くなり次第、ソールドアウトとなりますよ。

JADED EYES “CALL OF THE VOID” LP+CD

90年代初頭から2000年代初頭にかけて精力的に活動し、バンド名のみでも知れ渡らせているブッチ切れの壮絶テンションのUKスラッシュハードコアバンドVOORHEESのメンバーRich (ギター)とSteve(ベース)がシーンに返り咲いた事で一部で話題になったGOVERNMENT ISSUEの曲名からバンド名を付けた現行DAG NASTYスタイルを見せつけたJADED EYESの5年ぶりの新作アルバム3rd!ハードに熱いメロディーをのせたエモーショナル・サウンドは変わらずLIFETIMEやKID DYNAMITEとは異なる、PAINT IT BLACKスタイルは今作も健在!イギリス国内ではかなりの人気を誇っているが日本ではまだまだ知名度は低い。今作で一気に知れ渡ることとなるのか?!

SHOP(通販)はこちらから




6月-19-2020
Filed Under (新入荷) by wsrecords

Kurt Blochが積極的に動き続けてますよ。初期音源を編集しアナログでリリースしたリイシューシリーズ2作品に続いて今度はCDオンリーだけど、アルバム”ZUCKER”を丸ごとリミックスをしてリイシューです!FASTBACKSなのに限定300枚なので速攻でソールドアウトすると思うんでお早めに!
今日からプロ野球開幕です。

FASTBACKS “ZUCKER 2020” CD

Sub Popへと移籍して93年にリリースされた”ZUCKER”が再びKurt Blochのリミックスにより新たなに命を吹き込まれリリース!Sub Popということで音を聴いて判断しない日本のメジャーのおかげでグランジ一派という紹介をされた時にはずっこけさせられましたけど、しかしそのおかでで日本でライブも観れたし、人気も出たのも事実ですが… リミックスされた2020年バージョンにはオリジナルに収録の14曲に加えて、その時代のシングルやコンピ提供曲もボーナストラックに追加されて20曲になっています。リミックスされたことにより現代の音に生まれ変わってます。しかし、もともとが名作なだけにどう聴いても最高なのは確か!FASTBACKSを好きな人は大喜びな内容だけど、これまであまりFASTBACKSを聴いてこなかった方もこの機会に聴いてみてください!個人的には次は、「Very, Very Powerful Motor」をやってもらいたい!(O)

SHOP(通販)はこちらから




6月-19-2020
Filed Under (新入荷) by blackie

昨夜もcheers punk rock radioお聴き頂きありがとうございます!SOHO ROSES優勝でしたね(ドヤ)次のラジオもご期待下さい!さてでは今週も宣言通りコレクターさん委託中古盤放出CD編です!残り2週にわたり毎回100枚越えですのでじっくり吟味して下さい!レア/廃盤も混じってます!在庫の残ってる中古盤も見やすくなってますで一緒にチェックしてみて下さい!22時にアップされます!(R)

shop(通販)はコチラからどうぞ!




6月-18-2020
Filed Under (新入荷) by wsrecords

HDQのメンバーがついに再始動!そしてリリースされたニューアルバムが完成しましたので今夜から販売開始します!明日には、色々なお店にも並びますので通勤帰りに手に入れてくださいね。うち経由で国内の店舗に並ぶアナログ盤は全て日本のHDQファンのためにレーベル直販オンリーの150枚限定のカラービニール確保してますんでご安心を!
ラジオの終了に合わせて21:00にアップします!ラジオ聴いてくれた方は、視聴者プレゼントお気軽に応募してくださいね!

DIAZ BROTHERS “S/T” CD/LP

2015年Dickieの訃報により活動が停止してしまったH.D.Qでしたが、ついに残されたメンバーが悲しみを乗り越え再始動。そして、今作は往年の哀愁メロディックの復活です!もちろんH.D.Qの唯一のオリジナルメンバーDickie亡き今は、H.D.Q名義こそ封印しましたが、H.D.Qと言われみんなが頭に浮かぶH.D.Qサウンドはゴリーがヴォーカリストになってからのメロディックサウンドなんじゃないだろうかと思うんで、変名はする必要はあったのかなと思っちゃいますが。そこはやっぱりディッキーとゴリーの友情においてはそうする必要があったんだろう。今作は、残されたメンバーに加え、UKエモーショナルメロディックのSHUTDOWN、そして近年ではTHIRY SIX STRATEGIESで活動していたナイルを迎え、DIAZ BROTHERSと名乗っての登場!これが文句なしの素晴らしさで驚きすら覚えました!JONESの頃のヴォーカルに戻ったというかSTOKOEのEP時のような引っ込んだヴォーカルでこの少しシャガれてパワフルでのびやかな声質こそゴリーの持ち味であり、見事にその声が生かされた楽曲に涙!!1曲目から素晴らしすぎる!H.D.Qそしてこの手のサウンドの大元となるLEATERFACEとはギター・ワークが棲み分けができている所、かといってJONESでもないスピード感と耳に残るメロディーでディッキーの存在を継承しつつ自身のギターサウンドが素晴らしい!何よりUKメロディック狂なら何処かで耳にしたであろう数々のバンドのフレーズが取り入れられていて時折HOOTON 3 CARやBROCCOLIを思わせて、総評してUK哀愁メロディックを体現しているのがデカい。ここ最近のベテラン勢による新バンドはダイナミックさやヴォーカルを前に出す感じが主流に思えました、ヴォーカルを引っ込めた事で古き良きサンダーランド・サウンドの復活!これは名作誕生!ゴリーの歌詞はディッキーへのメッセージで溢れていて、やっぱり二人の間には二人にしかわからないことがたくさんあるんだろうなと思わされました。まあ、当然っちゃ当然だけど。人生ってせつねーな。(O)

4月上旬に発送してくれましたが、コロナ禍で一度レーベルに戻ってたんですよ。海外発送解除になったんで再び送ってくれたのが今日到着ですよ。SEWER RATSのニューアルバムも近日出発予定ですよ。もちろんBUDWEISERSのアルバムもね!

SPLIT DORKATRON / 7 YEARS BAD LUCK 12″+mp3

これDORKATRON始まった途端、泣きの3コードポップパンクファン狂喜ですよ!これクッソヤバい。声質も弱くて最高なんだけど、メロディーがさ完全に昔のLILLINGTONS彷彿なんだよ。これでコメント終わりでいいでしょうと言いたいくらいに1曲目の時点で興奮しましたよ。BAT BITESファンもほんとひれ伏せると思う。とにかくDORKATRONの6曲全てワクワクしっぱなしだったぜ!Monster Zeroリリースですが哀愁メロディックファンにも人気のある7 YEARS BAD LUCK。やっぱりこのしわがれ声がLAWRENCE ARMS彷彿でかっこいいわこっちも。もちろん、メロディック寄りではあるけど、TEEN IDOLSみたいな疾走な3コードポップパンクナンバーもあるんで、もちろんラモーンポップパンク好きにもおすすめですよ。中でも”You, The Ocean And Me”から続く”Better Joke”の流れがクッソ上がる!これ両バンドともにオーストリアのバンドなんだけど、いずれのバンドも負けられないという意気込みが伝わってくる好スプリット!CDも遅れて今はリリースされたけどまずはアナログで先行入荷。これ両フォーマット買いしましょうよな内容!ほんとマジで良い!(O)

RICCOBELLIS “BATTLESTAR GALACTICA” LP+mp3

イタリアン・ラモーン・パンクRICCOBELLISがニューアルバムをリリース!14曲入りの3rdアルバム。このバンドといえば、想定を左斜め行くコーラスなど飛び道具を繰り出すんだけど、今作かなり洗練されちゃってます!ってかこれMANGES的なイタリアラモーンパンクスの良さが溢れっちゃってます!まじかよ、ウガシャカウガシャカシリーズもうないのかよ!(笑)録音からマスタリングまで3日しかかけていないこのアルバム。そうなんだよ、最近の洗練されている技術じゃなくてこういう荒々しいのが欲しいんだよ!で音質も最高!シンセも入ってるし、すげー一緒に歌えるメロディーだしで、もうRICCOBELLISのこと笑うなよ!(O)

HUNTINGTONS “MUERTO, CARCEL, O ROCACROL” LP/CD

さあ、USの限定盤も販売終了したんで送料の安いMonster Zero盤へ切り替えます。US盤のCDがソールドアウトしたようで、Monster Zeroがヨーロッパ盤でCD盤もリリースです。

はい、こちらも再入荷してますよ。

DORKATRON “THE EXTRA MILE” CD
DORKATRON “THE EXTRA MILE ONE-SIDED” 12″+mp3
LAME SHOT “TRY AGAIN” CD/LP
THE RATCLIFFS “HELL MENTAL” LP

SHOP(通販)はこちらから




6月-17-2020
Filed Under (新入荷) by wsrecords

荷物が届き始めてる!夢じゃない!まずはこちらも本日イギリスから届きました。Brassneckの新作です。そして何度も言いますが明日はCHEERS! PUNK RADIOですので定時退社お願いします!

CUSTODY “II” LP+mp3

フィンランドのサッドバーニングメロディックパンクバンドCUSTODYが2ndアルバムのアナログ盤も到着!1stアルバムはLEATHERFACEのメンバー運営のLittle Rocketからオファーが来たんでみんなで送り出しましたが、Little Rocketレーベル運営をスローダウンさせたので、今回は再びイギリスはBrassneck、オランダは Shield Recordings、フィンランドはCombat Rock Industryとデビューシングルの頃から彼らをサポートしていたDIYレーベルへ戻ってのリリースです。さらに深みを増した泣きのメロディーを枯れ節のごとく、滲み出させるそのサウンドはHUSKER DU影響下で産まれたSAMIAM、そしてLEATHERFACE、DOCTOR BISON、DRIVEといったUKメロディック好きな人の涙腺に確実に訴えかけるサッドかつジワジワとバーニングさせるメロディック。伸びやかなメロディー回しに、ピロピロ単弦ギターに、ザクザクギターと緊張感あるサウンドは90’sメロディックファンならば唸るしかない。特に「She Said」はSAMIAMのSergie Loobkoffも驚くんじゃないでしょうかね。エモが今のようなジャンルとなる前のGET UP KIDSやKNAPSACK、SEAWEADのようなエモーショナルメロディックと言われていた頃を思い出すアルバム。(O)

EPIC PROBLEM “GRACE” 7″+mp3

誰もが知っているであろうBLITZでベースをやっていたマッキーが現在進行形で活動している男気溢れる哀愁メロディックバンドEPIC PROBLEM、残念だけどこのニューシングルを残して解散です… THE GREAT ST LOUIS~STAY CLEAN JOLENE+合唱なメロディックでドツボだったので残念。しかもこのシングルでは、1曲目のギターリフの時点でBLITZを思わせるとこですでに超激熱くなれる!しかし、メロディーが始まるともろにDONW AND OUTS好きな人撃沈するでしょう!続く2曲目はスピードも上がるんだけど、これマッキーのベースがバキバキでビジーでむちゃくちゃ痺れる!むちゃくちゃこの曲もいいわ!で、ラストがこれまた泣けるギターリフの時点で震えたわ!この3曲の流れ文句なし。なんで解散しちゃうんだよ…(O)

こちらも再入荷!

DOWN AND OUTS “KEEP WALKING” 7″+mp3

SHOP(通販)はこちらから




6月-16-2020
Filed Under (新入荷) by wsrecords

よっしゃーようやく到着!今日はUKからDogKnight Productionsの新作に、旧譜も再入荷。待ちに待った音源が届くのはいつだって最高!この調子でイギリスはスムーズに入荷できるといいな。
さあ、今月のラジオは今週の木曜日!久々にメンバー全員参加となるのでしょうか?!お楽しみに!

MARIETTA “SUMMER DEATH” LP+mp3

2ndアルバム「AS IT WERE」のリイシューで、もしやこれはそろそろと思っていましたが名盤1stアルバムもついにリイシュー!2013年USのSoft Speakからリリース、追ってUKはDogKnightからもリリースされましたが、速攻でソールドアウトで、ここ最近では2ndアルバム同様1万円とかで中古が取引されてましたが、ようやくリイシューしてくれましたよ。ALGERNON CADWALLADERと同じくフィラデルフィアから登場し、やはりその地の先輩ALGERNON CADWALLADERに確実に影響を受けまくったサウンドは聴けば一発でわかるでしょう。2人のボーカルでツイン状態と暑苦しくない合唱がクソいいです!キンセラやデイビーのようなちょっととぼけた感じの声質もたまらない。で、テクニカルに走り過ぎないギターによりメロディーが凄い生きてます。2曲目での女性コーラスの使い方もすっげーいいです。CAP’N JAZZ~AMERICAN FOOTBALL、初期PROMISE RING、INTO IT. OVER IT.好きな人は是非聴いてください。エモリバイバルのバンドの中でもメロディー重視の人は確実にこのバンド手に入れるべきだと思う!まじで今聴いても最高なんだってば!(O)

MARIETTA “AS IT WERE” LP+mp3

すでにソールドアウトの限定150枚 DOG KNIGHTメールオーダーオンリーなカラービニールが戻って来たとかの理由で運良く再入荷できましたよ!

BONEFLOWER “A(R)MOUR” LP+mp3

スペインはマドリードの激情ハードコア/ポストハードコアBONEFLOWERの10曲入り2ndアルバムはDogKnight単独でのリリース。2015年結成で、1stアルバムはスペインのバンドらしく8つのローカルレーベル共同でのリリースだったけど、ライブを見て単独のリリースを決意するくらい良かったそうだ。基本は激情と言われるサウンドなのは間違いないけど、やっぱりDogKnightリリースなわけでメロディーもあってこの手の音を敬遠してる人でも聴きやすいサウンド。もちろん泣いてるでしょ?な激しく感情をぶつけるところの対比があってこそそのメロディーが生きているんだけど!SHIROKUMA、STATE FAULTSとか好きな人はチェックすべし!2曲目の”Vestiges”燃える!(O)

CHINESE FOOTBALL “S/T” 2xLP+mp3

さあ、待望のアナログ化の登場!2015年リリースで世界中のAMERICAN FOOTBALLファンを驚かせたCHINESE FOOTBALLの1stアルバムがアナログ化。実はひっそりと中国国内で150枚という少なさで一度アナログ化しているんですが持っている人は極僅かでしょう… 多分、いまきんとか… 音質もこれが1stアルバムと思えないほどにしっかりとしていて全くショボくない。これ普通に流れてたら中国のバンドなんて思えないほどに中国独特の旋律はないですね。インストもGHOST & VODKA感じるしですでに完成されています。曲によってはDCっぽさもあるし、toeやBLUEBEARDっぽさも感じますね。90’s Midエモ~エモリバイバルチェックしてる人はこのバンド外せないっしょ!「地球上最后一个EMO男孩」この曲名すごい。なんか相当エモいこと歌ってそうだ。(O)

こちらも再入荷ですよ。

CHINESE FOOTBALL “CONTINUE?” 12″+mp3
CHINESE FOOTBALL “CHALLENGER!” 12″+mp3
FORESTS “SUN EAT MOON GRAVE PARTY” 12″+mp3
FORESTS “SPENDING ETERNITY IN A JAPANESE CONVENIENCE STORE” LP+mp3

SHOP(通販)はこちらから