Distro News

7月-29-2019
Filed Under (新入荷) by wsrecords

5/29にイギリスと出発した荷物が7/29に丸2ヶ月を経由して、紛失も確保しましたがついに到着です!1stプレスは限定500枚。そのうち100枚のOrangeはバンドのライブ会場で販売、そしてもう100枚のUnless You Try recordsの直販オンリーのWHITE VINYLを、今回特別にうちだけ入荷させてもらってます。たくさんのお問い合わせいただいておりますので、今夜の20:00から販売開始とさせていただきます!

GUNS N’ WANKERS “POP-HARDCORE-METAL-SILLY (THE COMPLETE RECORDINGS ’93-’94)” LP(WHITE VINYL)

※限定100枚Unless You Try recordsの直販オンリーのWhite Vinyl
※枚数に限りがありますので1人1枚のみでの販売とさせてください。

初期SNUFF解散後、ダンカンがギターボーカルへとコンバートして始動したGUNS N’ WANKERS。2019年るいに復活してツアーを行うことになりましたね。それに合わせてリイシュー化!「POP」、「HARDCORE」、「METAL」という3枚の7″に、Fear and Loathing’ fanzine Vol.27の付録としてつけられた「SILLY」の全13曲を初収録。これまでの、編集盤でも「SILLY」収録は封印されていたので、聴いてみたかった人多いんじゃないでしょうか?または持ってる人に聴かせてもらってずっこけた人も多いのでは?(笑)マジでGUNS N’ WANKERSとして日本ツアーを行って欲しいと思ってる人多いんじゃない?それか、なんども言ってるけどSimon復活でのSNUFF来日ね!(O)

SHOP(通販)はこちらから




7月-26-2019
Filed Under (新入荷) by blackie

本日よりNYのHARAMのツアーが中野MOON STEPよりスタート! ボーカルのNaderを中心に結成されアラビア語で唄われるレイジングハードコアを特徴とした楽曲の独自性、ライブでの奇抜なパフォーマンスでアメリカ国内だけに留まらず人気を得ています!見逃すな!さてでは、本日22時に委託中古盤投入します!廃盤系CD多めなので是非チェックして下さい!(R)

SHOP(通販)はコチラからになります!




7月-25-2019
Filed Under (新入荷) by wsrecords

初期PARASITESのRonnie ParasiteがPARASITESをDaveと結成する前からやっていたバンドTHE ACCELERATORS!84年に1枚の7″を残し、RonnieはPARASITESを始め活動停止状態だったんだっけど2000年代に再び活動を再開し09年に自主でリリースした19曲入りの1stアルバム。前回逃してしまった方は今回逃さないでくださいね!もしかすると、1stアルバムの前にもう一枚アルバムがあったそうでその”Punk Rock Rumble”と2011年にライブ会場で販売していたミニアルバム”Punk Rock Revolution”も近いうちに入荷させてもらえそうですよ!焦らず待ってくださーい(笑)ちなみにRonnieは上のPARASITESのジャケの右側の人です。両袖切ってDee Deeスタイルの人です。

THE ACCELERATORS “DO YOU REMEMBER PUNK?” CD

この音源を聴けるのはかなりうれしいです。このバンドの面白いところは初期PARASITESでやっていたRonnieの曲をこのバンドで再録して収録してるところですね。で、他の曲も予想通りにサウンドは初期PARASITESのRonnie作曲の曲のまんま!心底この人はRAMONESパンクなんでしょうね。やっぱりニュージャージーということでPARASITESでもゲストで参加してもらっている、地元の大先輩MISFITS/MOURNING NOISE/UNDEADのBobby Steeleが今作でもゲストボーカルで参加してる。RAMONESパンクだけでなく、バブルガムサーフポップパンクもやっているのは意外だった!よく初期PARASITESのRonnieの曲は好きじゃないという人いるけど、こうやってRonnieの曲だけをまとめて聴くと、ラモーンポップパンクとしてはかなりかっこいいと思うよ。今作ではPARASITES初期の名曲”Where The Kids Are”を収録ですよ。(O)

SHOP(通販)はこちらから




7月-24-2019
Filed Under (新入荷) by wsrecords

本日は今年のPUNK ROCK RADUNO終了してしまったイタリアから荷物が到着!現在進行形イタリアの3コードポップパンク発信基地One Chord Wonderからの新作に、彼のDistroにあった面白いのを回収させてもらいましたよ!18時過ぎにアップ予定です。ようやくVOLKOVのメンバー教えてくれたわ。

MEGA “NARCISSISTIC PUNK ROCK DISORDER” CD/LP

これまでのリリース作品は全てソールドアウトになっているほどの人気を誇るMEGAのニューアルバムが登場!うちには2ndと3rdアルバムの在庫1枚づつありますよ(2019/7/24現在)。イタリアのベテランMANGESのDNAを受け継ぎ、よりDanny Vapidな哀愁メロディーを押し出しているRamonescoreサウンドでここ日本でも人気の高いMEGAですが、前作からもう3年経つんですね。しかし、ブレることなく3コードまっしぐらなポップパンク10連発を今作でも披露!3曲目はほんとやばい哀愁メロディーで、これがHum Humsのマルコが泣かせにきてるかのようなんですよ。これむちゃくちゃ良いな。4曲目はかなり彼らにしてはメロディック寄りの疾走チューンでこれはBADTOWN BOYS〜TEEN IDOLSみたいですね。MOPESを思わせる曲もちらほらあったりするんですが、バックの演奏を聴いるとしっかりとギターとベースはキッチリ刻んでRamonesしているとこは変わりませんな。中期以降のRAMONESの哀愁感かな。これまでMEGAを追ってきてる人は安心して手に入れましょう!しかしこのバンドのGAMBE DI BURRO、THE SHITSを母体として結成されたんですが、MEGAと並行してTHE MORBEATS、THE SNOOKYS、DRAWING DEAD、TOUGHなどなど数えきれない数のバンドをやってるんですよね。どうやって生活してんだろ?(笑)余談だけど、アートワークの写真が代官山向かう並木橋を渡ってんかよと一瞬思えてしまいました…(O)

VOLKOV “SNOWBALL FIGHTS AND HOCKEY STICKS” CD

ここ最近ポップパンクバンドがロシア人のふりするの流行ってんの?(笑)1人ポップパンクプロジェクトかと思ったら3人に増えていましたが、待望の1stアルバムでは4人になって全編に渡りコーラスも入りまくりで大成長ですね。USのMom’s Basement RecordsのJohnも大好物なイタリアのVOLKOVの1stアルバムが10曲入りでついに登場!みなさん待ち望んでいましたよね。1stシングルではRIVERDALESとBADTOWN BOYSを彷彿とさせ、MEGAとのスプリットではSCREECHING WEASELも彷彿させていましたが、このアルバムはその延長線上にあるポップパンクやRamonescoreな曲を連発してきていて、そこに4人になったことでコーラスに厚みも出てきててこれもう完全にやばいやつじゃないですかね。勢いのあった頃のBen Weaselのソングライティングセンスを感じさせつつも、Kurt Bakerのポップパンク時代のメロディーラインもアレンジ入れてきたりと本当美味いところばっかりやっちゃってます。でもちゃんと硬派なRamoescoreな曲もやってるんで、T-Model君も許してくれるんじゃないでしょうか?!3曲目ではSCREACHING WEASELの”I’m Gonna Strangle You”のラストで多くの人が真似してるトゥーナーイのフレーズ登場です(笑)これは誰もが曲の結でやりたくなるやつだからしょうがないね。CD、LPともプレス数は少ないのでお早めに!これは絶対に将来的に争奪戦になるであろう傑作アルバムでしょう。(O)

VOLKOV “FAT, RICH AND SAD” LP

※LPとCDでアートワークもタイトルも違うけど中身は一緒だよ!

VARIOUS ‎ARTISTS “OCW MUSIC FOR OCW PEOPLE” CD

FAT WRECKの「Fat Music for Fat People」をパロッたアートワークが可愛いONE CHORD WONDER初のサンプラーで14バンド14曲収録。日本からはThe Hum Humsが共同しリリースしたシングルから登場。全曲既発音源ですが、すでに廃盤もあるし、ONE CHORD WONDERがこういう並べかたしてるんだって感じで面白いです。頼んだ枚数より多く送ってくれたので価格も安くできたので、車で聴くなどMIX CDの感覚で聴いてみてください。ラブ・フィジカルコピーってことで!(O)

DEAF LINGO “BUG” LP+mp3

イタリアの轟音ポップパンク/メロディックバンドDEAF LINGOの9曲入りデビュー音源!TENEMENT、NOTCHESのようなファズギターバンドがイタリアにも現れた!MOTOの影響もあるのかもしれないけど、やぱりこういうサウンドに俺は弱いのです。轟音の中にピロピロギター、そこにすぐに口ずさめるメロディー、これで盛り上がらない人はなんだかなぁなんですけど!DINOSAUR Jr.に初期TEENAGE FANCLUBでビビッと来る人は飛びついてくれ!(O)

ONE CHORD WONDER トートバッグ

ONE CHORD WONDER初のトートバッグ。時代はエコなんで、これを片手にイオンとかではなく近所のローカルな魚屋や八百屋に買い物に出かければ、実はそこの従業員が「お前もONE CHORD WONDER好きなのか?」と、おまけをしてくれる世の中もすぐそこです。だって安倍さんグローバルな世界目指してますからね。サイズは38cm x 40cmなのでレコードしっかりと入りますよ。

ONE CHORD WONDER スリップマット

ONE CHORD WONDER初のスリップマット。レコードのターンテーブルに載せるやつです。わからなかったらググってくださいよ。レコードプレーヤー持ってないって人はランチョンマットとか壁に飾ったりどうでしょうか。マスクマンがあなたのターンテーブルをぐるぐるぐるぐると回ります(笑)

こちらがOCWのディストロに残ってたんで回収しときました。各タイトル1枚づつとか少ないですよ。

THE JOHNNIES “12 STEPS TO NOWHERE” CD
MANIFESTO JUKEBOX “S/T” 7″
SLOPPY SECONDS “KNOCK YER BLOCK OFF!” LP
THE SHITS “S/T” 7″
TWISTER “DON’T WORRY TIM” 7″
VARIOUS ‎ARTISTS “FANTASTIC FOUR SERIES #2” CD
VARIOUS ‎ARTISTS “NO TIME TO PANIC!” CD

SHOP(通販)はこちらから




7月-23-2019
Filed Under (新入荷) by wsrecords

ほい、季節の変わり目風邪に注意です!CHINESE FOOTBALL見たかったのに今日はおとなしくしておきます。引き続き安倍は嫌です。
本日アップするのはこんなの残ってたのかよな新品デッドストックを放出です。なかなかのセレクトだと思いますが、個人的に見つけて震えたのはEGG EBBのアルバムですね。届くまで違う音源じゃねーかよと疑っていましたんで、本物だったの確認した時は嬉しかったですね。本日20:00にアップします!

AND NONE OF THEM KNEW THEY WERE ROBOTS “VICTORY AS A DRUG” CD

音源リリース前からライブを見た人達が揃ってやばいやばいバンドが出て来たと言っていたのに、あっさりと解散してしまったLEEDSのバンドA.N.O.T.K.T.W.R.。マジでバンド名長過ぎ(笑)。第一弾シングルではMINOR THREAT直系のオールドスクールハードコアでコピーバンドかこの野郎的なブッチ切りな彼等だったけど、この作品では完全に進化しEMOTINAL/POST HARDCOREバンドとして一気に爆発しましたね。リリースされた当時は恐ろしいほど繰り返し聴いていました。当時のUKシーンで大注目を集めたもののこの当時(2000年あたり)のUKバンドと同じくして自然消滅してしまうのであります。。。今聴き直すとMILLOYをエモ化させたようなサウンドです。未だに相当かっこいいです。現在メンバーはそれぞれのバンドで活動しています。隠しトラックありの5曲収録。(O)

CRASH “YOUNG BOY I CAN HELP YOU THROUGH YOUR EXAMS” CD

こちらも同名のバンドが多数いますが、ノルウェーのエモーショナルメロディックバンドCRASHです。2001年リリースの7曲入りアルバム。TEXAS IS THE REASONのGarretとSAMIAMのSergieによるSOLEAとスプリットをリリースしてるので知ってる方もいるんじゃないでしょうか?といんかく伸びやかで青いメロディーが気持ち良い。ヨーロッパってことでSTARMARKETにも通じるね。とにかく1曲目がこのバンドのすごさ。鼻の詰まった感じのボーカルが切なさを煽ってます。疾走感のある曲はほんとかっこいいんだよなぁ。もっと知名度あってもおかしくなかったと思うんだけど、時代がもったいなかったね。のちにTHE FIRST CUTという名前に変名してアルバムをリリースするんだけど、そのバンドはさらに知名度がないです…こちらはUKツアー用に2013年にTRAVIS CUTのChrisが当時やっていたFireflyからリリースされたもの(O)

CROSSTIDE “SEVENTEEN NAUTICAL MILES” CD

90‘sエモの洗礼を受け登場した2nd waveエモ/インディーロックバンドで当時RiseとIgnitionという2レーベルからリリースされたオレゴンのSUNNY DAY REAL ESTATE〜MINERALフォロワーな美メロエモバンドの2ndアルバム10曲入り。1stアルバムをSlowdanceがリリースしていたこともあり、JEJUNEにも通じる叙情的なメロがじわじわとくるバンド。KIND OF LIKE SPITTINGなアコギの曲もありで、恐らくずば抜けたオリジナル性がなかったので埋もれてしまったのだろう。1曲1曲は良いんだけどな。この当時は次から次へと同じ感じのバンドが続々登場してたしね。(O)

DELAY “DON’T LAUGH” CD

オハイオ州から登場のへっぽこポップパンクDEALYの2006年にリリースした13曲入りの傑作アルバム。双子によるショートポップパンクチューンを繰り出してくるのであっという間に終わってしまいます。さすが双子!息の合いまくったコーラスがガンガンに入ってくるシンガロングおっけーなポップソングで、古くはSTICKS & THE STONES、PLOW UNIEDとか、ENVIRONMENTAL YOUCH CRUNCHなんかが好きな人にマジで大スイセンですよ!90年代初旬のヨーロッパのショボポップパンク(NOISE ANNOYSとかね)好きな人もきっと好きだと思います。(O)

THE DOOR-KEYS “GREENWOOD PARK MALL” CD

FAT SHADOW、LANDLORD、GIANT BAGS OF WEEDなんかのメンバーがやっていたいかにもPLAN-IT-Xなインディアナ州ブルーミントンのバンドが2004年にリリースした13曲入り1stアルバム。男女混成ボーカルで初期Plan-It-Xと言えばのフォークパンク以前のしょぼポップパンク路線でやっぱり今聴き直しても最高っすね!Chrisの弱いボーカルに、Daunの芯のあるボーカルが良い対比になっているね。しょぼポップパンク好きな持っておくべき作品じゃないでしょうか。(O)

EGG EBB “GOD BLESS US” CD

これが今回のデッドストックの目玉でしょうね!97年にMANGESとスプリットをリリースし、日本でも当時容易に入手できたイタリアのレーベルPanic Recordsのコンピシリーズ(これにスペインやイタリアのポップパンクバンドが収録されてたからみんな掘ってたよね?)にPUNKREAS、BMFA BAMFA、RESTOS FOSILESに一緒に収録されたことで。このバンドの音源を探すもののアルバムがなかなか見つからない。それもそのはず、なぜかアルバムはチェコのレーベルからのリリースだったもんね。このイタリアの3コードポップパンクはチェコで需要があったのかはわからないけど、確実に手に入れたい人の手に渡らなかったのは確かでしょう。SCREECHING WEASEL、QUEERSといったバンドの影響をイタリアのラモーンな感じで熟成させた若手ポップパンク2000年リリースの20曲入りの傑作アルバム。どこかで聞いたことあるフレーズがところどころに感じるけどそれがどうした!最高だろ。よく売れずに残ってたよなwww 視聴できる曲よりもっと良い曲ばんばんあります。(O)

EPIC PROBLEM “TV WAR” CD

誰もが知っているであろうBLITZでベースをやっていたマッキーが現在進行形で活動している男気溢れる哀愁メロディックバンドEPIC PROBLEMのこれが1stリリースとなる4曲入り音源。ライブで販売してたみたいっす。こんなの手に入るわけねーよ!公式の1stシングルは2011年でBoss Tuneageからリリースされた初期音源の編集盤でもこの音源なかったことになってるんだよね。BLITZを想像すると全然違うぜ。これはTHE GREAT ST LOUIS~STAY CLEAN JOLENE+合唱なメロディックなわけだ!(O)

ERGS “UPSTAIRS/DOWNSTAIRS” CD

人気爆発の最中にリリースされた2007年発売の15曲入りアルバムだもんで一番最初に廃盤になってしまってますね。バンドとして充実してる時期の作品なんでテンション相当高いです!アルバム通して始まりから一気に終わりまで突っ走ります。あれ?終わりなの?!って気付いたらリピート間違い無しです!古くからのDESCENDENTSファンで、再結成アルバムで?マークが25,000個出てきた人にも満足なCRUZIAN POP PUNKで最高以外のなにものでもないですね。(O)

MILESTONE “HERE THERE AND NOWHERE” CD

バカジャケ決定!力士がなんでキャッチャーミット構えてんだよ!とは言いつつもこれは知ってる人は知ってるバンドですね。DESCENDENTSのMiloが大学に行った時に参加してたバンドの89年と93年のデモを合わせた音源集。ギターアンプからヴォーカルだしてるレベルのデモだけど、まDESCENDENTSファンなら知っておいて損はないでしょう。しっかしよく新品で残ってたな(笑)のちにALLでやることになる「Just Like Them」も収録してますよ。この音質で聞くとG-WHIZ彷彿させますな!(O)

NONSENSE “NOTHING NICE TO SAY?” CD

UKポップパンクW.O.R.M.のメンバーがやっていたSilence Is Deafening Recordsから2000年にリリースされたUK産メロコアバンド唯一の11曲入りアルバム。どうどうのサイトThe Best Punk Rock In Englandでも見事なまでにスルーされてますよね(笑)高速メロディックというよりも、初期衝動炸裂でつんのめり気味のスピードで突っ走るもギターのおかずがやっぱりUKらしさを持っているバンド。伸びやかなメロディーを持つメロディックな曲やポップパンク寄りの曲がこのバンドの良さを引き出してると思うし、そういった曲がW.O.R.M.のメンバー気に入ってリリースしたんだと思う。とにかくリリース時点で情報が全くないのもこのバンド。(O)

THREE MINUTE MOVIE “FILM REFLECTS A DRAMATIC CITY” CD

こちらも新品デッドストックで残ってましたぜ!BRAIDスタイルを脱した名作3rdアルバム。ソングライティングにJAWBREAKERテイスト加わったと勝手に解釈するも良し。とにかく全てのメロディーの良さがずば抜けている。イントロのギターがなっただけで色々なことが思い出される。2曲目”Between 28 And 29″リアルタイムに同世代なんで考えさせられました。このバンドこれだけ長くやっててメンバーチェンジも何度かあったのに全然活動停止してなく現役なのほんとすごいわ。しかも、今も新曲どんどん作ってそれもかっこいいってとこマジで尊敬してる。(O)

TWOFOLD “DANCE TO THE RHYTHM” CD

スペインのG.A.S DRUMMERSとのスプリットでこのバンドの存在を知っている人もいるんじゃないでしょうか?PYLONやDOUGLAS、SPY VERSUS SPYをリリースしてるUKのGravity Dipから2005年にリリースされた25曲入りディスコグラフィー。もうこのバンドはリリース時期によりサウンドが変わってましたね。この音源の最初の方に収録されている後期のサウンドは完全にBLOC PARTYやINTERNATIONAL NOISE CONPIRACYのようなダンサブルものになってしまっています… けれど、サウンド変更する前の彼らは激しいメロディックで合唱もありとかっこよかったのにもったいない。この音源は10曲目からが始まりと思ってください。カオティックなDILLINGER FOURと言うべきかコロコロ変わるリズムで、ほとんど泣いながら歌ってるようなメロディーで、攻撃的なSPY VERSUS SPYといった感じだったんですよ。後期のスタイルで商業的成功はしたのかもしれないけどつまらないバンドになっちゃったのは残念。ってか1stリリースのまんま行けばよかったのに。(O)

SHOP(通販)はこちらから




7月-19-2019
Filed Under (新入荷) by wsrecords

昨日ラジオ聴いてくれた方ありがとうございます!来月も楽しみましょう!
本日はこちらをアップです!偶然にも今夜の委託中古もUKメロディック中心だったわ。Waterslideの新作はUKから新たに登場したメロディックバンドHONEST THIEVESの4曲入りデビューシングル!
それから久々にBombed Out Recordsに連絡したら、もうやめようと思うと言われて、ちょっと待てもうちょい頑張れってことで、彼のリリース作品を再入荷しましたよ。Bombed Outは、リリース作品もやってるやつの人も含めて大好きなので、もしBombed Outのバンド好きだったら他の持っていない作品も手に入れてもらえばと思います!このレーベルにはDUGONGやJOE 90、EIGHTY SIXとか良いバンド教えてもらったんで続けてもらいたいんですよ。

HONEST THIEVES “INEPTITUDE” 7″+mp3

※2019年7月24日リリース
※限定330枚(ですが直販分は残り20枚を切ってます)

ここのところ、新しいバンドも色々と出て来て勢いを見せているUKシーンですが、UKメロディックパンクファン要注目の新しいカーディフのトリオの登場ですぜ!ALL IN VINYLシリーズに登場していたグラフメロディックパンクDIVIDERSと、TURNOVER、MOCK ORANGEチルドレンなサウンドでDog Knight ProductionsからリリースしてたPIPEDREAMのメンバーが結成したのが、こちらのHONEST THIEVES!前身バンドとはかなり変わったサウンドでビックリです!まだ音源を出していないにも関わらず、ライブを見た人の口コミで多くのツアーバンドのオープニングアクトに続々と指名されているそうですよ。実は元々この作品のリリースの話を聞いた時は前にやっていたバンドのこと全く知らされてませんでした(笑)Brassneck RecordsのScottから、すげーライブ良いバンドいるんだけど、共同でリリースしないと誘われてレコーディングを終わるのを待って聴かせてもらったのがキッカケです。聴いてみたらLEATHERFACE以降のいわゆる正統派UKメロディックに、HOT WATER MUSIC、IRON CHICといったUS東海岸の哀愁シンガロングメロディックが融合し、と書くとこれまでもそういうバンドいたでしょ?と思うかもしれないけど、とにかくこのバンドの轟音ギターに惚れたんです。ここ最近個人的に再燃してるFLUF、HUFFYといったメロディック版DINOSAUR Jr.といったサウンドにリンクしていたのです。疾走チューン3曲はもうビール片手にオーディエンスがシンガロングする姿が思い浮かびます。が、ラストの爆音のギターでジワジワと突き進むラストの曲が癖になるんですよ。現時点での彼らの姿を詰め込んだ渾身の4曲入り。(O)

BOMBED OUTからこちらを再入荷しましたよ!お値段かなり安いんでこの機会に手に入れてください!

BROWN HOUND JAMES BAND “AT THE HOME OF THE HEARTLANDS” CD
CAVES “BETTERMENT” CD
DAUNTLESS ELITE “MORE BLOODY BAD NEWS” CD
DAUNTLESS ELITE “GRAFT” LP
EIGHTY SIX “RAINING & FALLING” MCD 1
JOE NINETY “BLUEPRINT FOR THE INVITABLE” CD 11
JOE NINETY “LIFETIME OF EMPTY THREATS” CD
SPLIT SLOW SCIENCE / THE DAUNTLESS ELITE 12″+mp3
STAY CLEAN JOLENE “S/T” CD
THE TAKE “DOLOMITE” CD
ZAPIAIN “GIANTNORMOUS” LP+mp3
ZAPIAIN “JIBBERJABBER” CD

SHOP(通販)はこちらから




7月-19-2019
Filed Under (新入荷) by blackie

昨日のラジオもまた上手くいきませんでした!バージョンアップする度に設定が変わってしまうんですよね、、、また次回の8月も放送前にテストして声の修正できたらと。ま、UK好きがやってるんで風呂場サウンドもありっちゃありで(笑)そうそう!ツアーも大絶賛なSUBVERSIVE RITEのファイナルが日曜日にearthdomでありますよ!KRIEGSHOGも出るので足立先生のステージングを厳しくチェックしながら楽しみましょう!さてでは本日も委託中古盤が22時にアップされますのでチェックお願いします!(R)

SHOP(通販)はコチラからお願いします!




7月-18-2019
Filed Under (新入荷) by wsrecords

今宵はCHEERS! PUNK RADIOです。この後すぐ!
ヨーロッパのディストリビューションで残ってたデッドストックを回収の巻!あんまり枚数ないので、今夜のラジオの終了時間の21時にアップ予定です!ラジオのプレゼントゲットのために一緒に購入してくださいな!

VARIOUS ARTISTS “GREETINGS FROM THE WELFARE STATE” CD

GOOBER PATROL、FOUR LETTER WORD、LEATHERFACE、SNUFF、TONE、SOUTHPAW等々、BYOが結構がんばってリリースした99年作のUKメロディックコンピ。BYO版BEST PUNK ROCK IN ENGLANDみたいな感じだね。特筆すべきはGroverも収録されてること!あの時代のアメリカじゃ全く無名なバンドまでよくぞ収録したよ。これリリース当時既発曲が多いと思ってスルーしちゃわなかった?けど、最近になって聴き直したらLEATHERFACEはこのコンピのみ収録の”Boogie On Down”収録ってことが発覚しておしっこ漏らしました(爆)で、この曲が初期を彷彿させる曲。他のバンドはバージョン違いか単独音源に収録なのにすごくね?おそらくHOT WATER MUSICとのスプリットかHORSEBOXのレコーディングのアウトテイクなのかな?しかもムチャクチャ速くてかっこいい。これ目当てで手に入れるべきでしたよ。(O)

(収録バンド/収録曲)

  1. Goober Patrol – Over The Wall
  2. Consumed – Drink It Up(この音源のみに収録)
  3. Road Rage – When We Were Boys
  4. Red Flag 77 – How Low
  5. Silencer 7 – When America Falls
  6. The Stains – Step Into The Light(この音源のみに収録)
  7. Newtown Grunts – Solidarity
  8. Four Letter Word – Unconditional
  9. Turtlehead – Godsend
  10. Erase Today – Feels Like Rain
  11. Leatherface – Boogie On Down(この音源のみに収録)
  12. Snuff – I Will Survive
  13. Imbalance – Best Intentions
  14. Citizen Fish – Will Swap
  15. Panic – Movers And Shakers
  16. The ‘tone – This Is A High
  17. Joe 90 – Sophism
  18. Airbomb – Turn It Off
  19. Southpaw – On A Limb
  20. Grover – Front Door

SPLIT SECOND RATE / FLYING DONUTS CD

2003年にリリースされたフランスのエモーショナルメロディックを代表する2バンドによるスプリット!つい先日アナログオンリーでリイシューされた3部作の第一弾にはSECOND RATEの曲は収録されてるけどCD派の人はこちらをどうぞ!フランスというかイギリスの曇り空のような翳りがあって、エモというよりもエモいメロディックで泣かせにくる。今作収録の曲はSOUTHPAWにも通じる感じの曲です。しかし、このスプリットはFLYING DONUTSのインパクトがすごい!この時期の彼らはもう抜群のエモーショナルメロディックなのですよね。2曲目の”Time Flies”なんて初期のSTARMARKET好きな人も大好物なんじゃないでしょうか!しかしFLYING DONUTS良かったのがここまでだったんだよね。この次の音源でグランジへ一直線になってしますんだ。各バンド4曲づつ収録。(O)

FOUR SQUARE “WHEN WEEKS WERE WEEKENDS” CD

2 LINE FILLER、DEAD SEASON、RED FISHERというカナダのB級メロディックを掘っている人ならばヨダレもののバンドを渡り歩いたSimon Head在籍のメロディックバンド。2002年作の11曲入り1stアルバム。他のメンバーも2 LINE FILLER、DEAD SEASONのメンバーで固められており、あのSAMIAMのような泣きのメロディックサウンドを期待すると思いますがこちらはちょっと違います。BEEZEWAXのアルバムに収録されているような疾走チューンやGAMEFACE、GET UP KIDSファンに気に入ってもらえそうなパワーポップ要素も入ったメロディックなんですよ。澄んだクリアーボイス、知らないうちに足踏みしてしまうリズム!Boss Tuneageの中期リリース作品の中でもすぐにソールドアウトした作品の1つ。(O)

SHATTERHAND “COMPLACENCY IS NOT AN OPTION” CD

スコティッシュメロディックパンクSHATTERHAND 2010年リリースの22曲入りアルバム。どう考えてもLEATHERFACEからの影響でかいっしょ。この時期は哀愁パンクロックって感じも強く感じる。けど、やっぱLEATHERFACEだわ。I EXCUSE同様、CHERRY KNOWLの時代の感じなのかな。後に泥臭いユーロメロディック色を出してくるとはこの時点では思えないほど渋いサウンドにふつふつと燃える。サビは抜ける伸びやかなメロディーというのもありですな。SHATTERHANDはこのアルバムが生粋のUKメロディックファンが燃えると思うな。(O)

SHOP(通販)はこちらから




7月-17-2019
Filed Under (新入荷) by wsrecords

本日はこちらをアップ!明日はCHEERS! PUNK RADIOですよ!HIP CAT’Sのあいつもやってきてくれますよ。お楽しみに!

SPLIT SILVERWIGS/ CUDDLEFISH3000 LP+mp3

2019年の徳島のSILVERWIGSのカナダツアーにあわせてリリースされたスプリットようやく入荷できました。バンドにお願いしようと思ったんだけどライブでの手売り分がかなり出てしまったってことでリリースしてるレーベルからゲットしました!かつてはCUDDLEFISHと名乗っていたバンドがいつのまにか3000がなぜかついてます。UNFUNとCANCERSのメンバー在籍のバーニングメロディックCUDDLEFISHは変名したところでサウンドは変わってません。激しわがれボーカルでくっそ熱い哀愁メロディックで突き進んでます。サウンドこそ違うけどCHOKING VICTIMやLEFTOVERのテンションっすわ。これさ、BROADWAYS〜LAWRENCE ARMS好きな人も絶対好きなんじゃないかな?TILTWHEELやBOWS好きな時ともマジで聴いて。SABERTOOTHと同列なんで!4曲繰り返し聴けるくらいテンション高すぎ!そして我らのSILVERWIGSはアルバムとかぶりなしの4曲。男女混成ボーカルでもう最高のメロディック!これ聴くとやっぱり日本のメロディックバンドってレベルたけーよなと思わされるね。PEAR OF THE WEST、URCHIN、WHAT-A-NIGHT’S、TURNCOATはこの音源も絶対手に入れるべし!この2バンドで日本ツアーやってくんないかなぁ。(O)

SEAGULLS “DEAR JOHN LETTER” 7″mp3

このバンドは絶対にプッシュしなきゃダメだろ俺!激哀愁のラフメロディックバンド現れたぞ!IRON CHIC、HOT WATER MUSIC、SMALLL BROWN BIKE、DILLINGER FOUR、UNFUN好きなら絶対逃しちゃダメ!しわがれ声で、疾走感もバッチリ、コーラスもバッチリ、ザクザクギターで攻撃性も十分!しかも荒くれ声でのパパパ合唱コーラスときたもんだ!これで上がらないやついないだろ!しかし歌詞すごい。1曲目の出だしから俺の友達が今日自殺しようとしたときたもんだ!この曲の最後がパパパだからね(笑)このセンス大事です。4分という若干長尺なんだけど、展開がすごいのよ。マジでかっこいいんだから!これレコードでこれだけテンション上げさせるんだから、ライブでこの曲聴いたらもうヤバイっしょ!もうこのレコードが見向きされないんだったら俺やめるわ。それくらいかっこいいと思います!だから聴いて!2曲目もうってかわってすげー疾走感のある曲でこれはもろIRON CHICすぎるかなw でもアルバムほんと楽しみだ!リリース絡みたい!(O)

PARADISE “I WANNA BEHAVE” 7″mp3

カナダの轟音メロディック/インディーロックバンドPARADISEの2018年の5曲入りカセットに続く4曲入りニューシングルが7″で登場!これが歪んだギターをかき鳴らすサウンドでJAWBREAKERや、HUFFYなんかのRingin’ Earサウンドを彷彿させるバンド!最近でいうとNOTCHESと同路線!今このサウンド流行ってるよね(俺の中でwww)。とにかくこの手の音を鳴らすバンドは轟音で音楽を聴く楽しみを味あわせてくれるから、もちろん爆音で聴こう!その方が、隠れているフィードバックの音なんかも浮き上がってきてやってるバンドの狙い所がわかるんだから!TENEMENT好きも聴いてくれや!(O)

SUPERCRUSH “NEVER LET YOU DRIFT AWAY” LP+mp3

90’sメロディックギターサウンドを鳴らしていてこれまでのリリース作品全部最初から入荷してきましたが、その7″をまとめた12″が登場!正確には4枚の7″に未発表2曲を追加したもの。いや、うれしいけど、マジかよという気持ちもありますよね。カナダの現在進行系バンドなんだけどもろに90’sな音を鳴らしてるんだよなぁ。後期HUSKER DU〜SUGARの路線と初期TEENAGE FANCLUBの融合サウンドで伸びやかなメロディーとバーストギターがホント90年代のMEGA CITY FOURやDOUGHBOYS路線と重なるよね。このリリースの仕方悔しいけど、中身は最高なんだよ…(O)

こちらも再入荷!

SABERTOOTH “SPACES BETWEEN” LP+mp3
SPLIT BURNING SPRING / CUDDLEFISH 7″+mp3

SHOP(通販)はこちらから




7月-16-2019
Filed Under (新入荷) by wsrecords

SATURDAY NIGHT KARAOKEツアー無事終了しました!7/7日曜日のCROCODILE GODとの下北のライブから、早稲田、取手、神戸、名古屋と各地のライブに来てくれたみなさんありがとうございました!今回のSNKは、サポートメンバーなしのメンバーという布陣でやってきまして、前回よりもはるかに良いライブをしてくれました。Prabuも一生懸命日本語を覚えて来たのでMCでもライブに来てくれた方の心を掴んでいたんじゃないでしょうか。これほど、日本語勉強してやって来るツアーバンドいないですからね。それだけ、彼らが日本を愛してることの証明でもあるんですよ。ツアーで販売していたツアーTシャツ持って帰れば向こうのファンの人が争奪戦になるとこなんだけど、ライブ来れなかった人いると思うからって委託販売してくれましたよ。よかったら手に入れてください!
それから、Outloudから新作が登場!合わせて売り切れていた音源も再入荷しました。

SATURDAY NIGHT KARAOKE “JAPAN TOUR 2019(Black)” Tシャツ+コーヒー

SATURDAY NIGHT KARAOKE “JAPAN TOUR 2019″の会場で販売したTシャツと、彼らの友人でコーヒーショップをやってる人がツアー用に自家焙煎してくれたコーヒー豆をセットで。メンバーの好意により、おそらくライブに本当は来たかったけど、仕事や家庭や仕事や距離の問題で来れなかった人がいるんじゃないかということで、数枚だけ託されました!こちらはボデーィはブラックです。サイズはMediumとLargeがあります。日本サイズと同等の大きさです。プリントは両面で、フロントにはロゴとベーシストAndresaのアートワーク。バックはツアーデータです。

SATURDAY NIGHT KARAOKE “JAPAN TOUR 2019(Blue)” Tシャツ+コーヒー

SATURDAY NIGHT KARAOKE “JAPAN TOUR 2019″の会場で販売したTシャツと、彼らの友人でコーヒーショップをやってる人がツアー用に自家焙煎してくれたコーヒー豆をセットで。メンバーの好意により、おそらくライブに本当は来たかったけど、仕事や家庭や仕事や距離の問題で来れなかった人がいるんじゃないかということで、数枚だけ託されました!こちらはボデーィはブルーです。サイズはLargeのみです。日本サイズと同等の大きさです。プリントは両面で、フロントにはロゴ。バックはベーシストAndresaのアートワークとツアーデータです。

THE COVERT FLOPS “DEFCON 1-2-3-4” CD

THE PUTZのBilly在籍のインディアナのニューポップパンクバンドCOVERT FLOPSの11曲入りデビューアルバム!これTHE PUTZからYOUNG ROCHELLESってか3コードポップパンク/Ramonescore好きな人はマストでしょう。リリースは安定信頼(返信以外www)のOutloud Recordsから!”Riff Randell”って曲あるだけで、Ramonesファンはチンピクしますよね。で、その次の”Have Mind”はGREEN DAYがBen WeaselとJoe King作曲の”Like A Parasite”をパクったらって感じの曲で驚くはず!THE PUTZのBillyがベース、コーラスでやってるよ!これ以上コメント必要ないっしょ。視聴してみたら間違いないと思うよ。(O)

こちらも再入荷!

BLACK RUSSIANS “DEATH BY COMMUNISM” CD
DUMBERGER “S/T” CD
DUMBERGER “CLOSE ENOUGH” CD
GRIM DEEDS “R4RE” CD
THE PUTZ “HOLE IN ONE” CD
THE PUTZ “KNOCK IT OFF” CD
THE RADIO BUZZKILLS “GET LOST!” CD
THE RADIO BUZZKILLS “GET FIRED” CD

SHOP(通販)はこちらから