Distro News

3月-24-2020
Filed Under (新入荷) by wsrecords

ほい、オリンピック延期です。ようやく動きましたね。しかし、状況は変化してるとは言えほんと1週間に言ってたことを政治家はなかったかのごとく、まるっきり違うこと言いますね。首都封鎖とかほんと無理やりオリンピックやろうとしてた人の発言とは驚きです。学校は新学期から普通にやるという発表してんのに、なんだか天界は人によってバラバラで困りますな(笑)一つ言えることは不安を煽って、思い通りにやろうとすんな!です。褒めて伸ばしてくれよ。しかし、首都封鎖って河とかでわかれてるとこはわかりやすいけど、入り組んでるとこどうすんのか興味あるけどね。

WORRIERS “YOU OR SOMEONE YOU KNOW” CD/LP

Don Giovanniを離れSideOneDummyへ移籍するもS1Dのお家騒動に巻き込まれて大変な目に遭ってしまいましたが6131へ移籍してみんな待ち望んでいた3rdアルバムをリリースですよ!前作でCAVESのLouが驚きの加入ということで驚かせてくれましたが1枚限りで抜けちゃったみたいだね… ご存知のようにTHE MEASURE [SA]のLaurenこそがこのバンドなわけで、そこにERGSのMikey Ergがドラムで存在していればWORRIERS。ベースは前作と同じくREMNANTSのNick。で、なんと今回のアルバムから知る人ぞ知るローカルメロディックバンドMISSING CHILDRENやDEGENERICS、STAR FUCKING HIPSTERSのFrankがギターで加入となってます。MISSING CHILDRENさいこーっと!やっぱりLaurenの存在感のある凛々しい声は健在なわけで、そこにMEASURE時代からの渋いメロディックな曲があるわけですよ。6曲目生で聴いたら昇天しそうですわ。後半に入ってからの8曲目とかもグワーっと盛り上がります。これまでWORRIERSを聴いてる人であれば今作も聴くごとに染み渡る内容になってますんで安心して手に入れてください!(O)

WORRIERS “SURVIVAL POP (EXTENDED VERSION)” CD/LP

再録1曲を追加して、曲順も再考されリイシューきました。オリジナル盤はリリースされ速攻でソールドアウトしたのにSideOneDummy内部に起きた内紛でリプレスされずにバンドはせっかくのアルバムのためのツアーなのに会場で売ることができなかったのは本当にかわいそうでしたね… このアルバムはTHE MEASURE [SA]のLauren、ERGSのMikey Erg、REMNANTSのNick、そんで、目玉はCAVES、FLAMINGO 50、PERSONAL BESTとやるバンドがかっこいいLouがギターボーカルで参加してます。しっぽりとした感じで始まりギターが鳴り一気に幕を開ける感じいいね!そうそうこれこれといったいかにもWORRIES(CAVESっていう言い方もあるw)らしいメロディックナンバーから幕を開ける。この瞬間にDISCOUNT以降のガールメロディック好きな人はテンション上がるよね。Louのコーラスも絡みまくるというサービス満点な1曲目。そこから立て続けにアップテンポで走り回る。3曲目のギターのおかずの入れからはRVIVR好きな人も巻き込んじゃうだろ。後半もダレることなく10曲目の出だしのギターリフからほっこりな曲はWWWにも通じる感じ。んで続く曲でバーストする感じの流れにはグワーッときますよ。(O)

MACSEAL “SUPER ENTHUSIAST” CD/LP

キラキラの新人登場!LATTERMANにINSURGENTなどなど数々の名バンドを産み出しているニューヨークのロングアイランドからまたもや注目のバンドがやってきました。しかもドラマーが女の子っていうのもポイント高いよね。これまでに2本のカセットと10″をリリースしているMACSEALが6131から11曲入りの1stアルバムをリリース。このバンドの耳にこびりつくメロディーと、心地よいリズムはエモ、メロディック好きな人はもちろんのことインディーロックしか聴かないっていう人にも訴えかけてくるものあるんじゃないだろうかね。2曲目なんてWEEZERの「Blue Album」好きな人ドンピシャのメロディー展開っしょ!今作はSEBADOH、DINOSAUR Jr、PIXIESも手がけたジャスティン・ピッツォフェラートさんが関わったことでこのバンドのポテンシャルを最大限引き出してる。すっげーテクニカルなことしてるわけじゃやなく、シンプルでハーモニーなんかで繰り返し何度も朝でも昼でも夜でもその時の気分に合った世界観に華を添えるような感じ。これってすごいことだと思うけどな。I LOVE YOUR LIFESTYLE、TIGERS JAW、DOWSING、WEAKERTAHNS、BONADUCES、それから日本のsummermanやgood luck with your fun好きな人もチェックしましょうね!(O)

NATO COLES AND THE BLUE DIAMOND BAND “FLYOVER” LP+mp3

THE MODERN MACHINES、USED KIDS、RADIO FECESのNATE COLESによるNATO COLES AND THE BLUE DIAMOND BANDの2ndアルバム。アナログはDon Giovanni Recordsからで、CDはRum Barから入荷中。ブルース、カントリーといったルーツミュージックを取り入れながら現在進行形でパンクロックをかき鳴らしている。やっぱくそ渋いね。俺らのボス!6曲目の”Demolition Man”では日本のYOUR PEST BANDがコーラスで参加してるようだよ。日本でも熱心なファンベースを持つバンドの6年ぶりとなるスタジオアルバム、待ち望んでた人も多いんじゃないですか?(O)

LISA PRANK “PERFECT LOVE SONG” CD/LP

HELEN LOVEへのアメリカの返答的な打ち込みTweeポップパンクLISA PRANKがSOFTIES、TIGER TRAP、GO SAILORのRose Melbergプロデュースですっげー進化遂げてます。1stアルバムのチープでラフな宅録感は思いっきり90年代しててよかったんだけど、録音状態が良くなった今作はバンド感が濃くなってFASTBACKSファンも必ずチェックしてほしい。そんなアルバムになっちゃってますよ。1stでも確かにFASTBACKSっぽさあったけど、このアルバムの方がほんとそれだね。このユニットとREMEMBER SPORTSはポップパンクファン絶対チェックしといた方がいいバンドだからね!(O)

LISA PRANK “ADULT TEEN” CD

HELEN LOVEへのアメリカの返答的な打ち込みポップパンク!シアトルのRobin Edwardsによる1人ユニットで現在進行形でCHUBBIES、CUB、GO SAILORのようなポップパンクとTweeポップの中間のようなサウンドをやってるよ。このバンドのサウンドがPRIMITIVESっぽかったり、FASTBACKSを彷彿させるのはやっぱりSub Popのお膝元シアトルだからでしょね。ライブはギター片手にドラムマシーンで一人でやってるらしい。2ndアルバムはSOFTIES、TIGER TRAP、GO SAILORのRose Melbergプロデュースで日本でも注目されるだろうから、これはもしかすると来日したりするかもしんないね。今作は彼女の友人であるTACOCATのEricプロデュース。90年代のあの時代のガールズバンド好きな人はこのユニット懐かしくて気にいるんじゃないでしょうか。(O)

REMEMBER SPORTS “SUNCHOKES (DELUXE EDITION)” CD/LP

いやっほー俺がポップパンクファンに激推ししてるのシカトされちゃってるジャングリーガールポップバンドREMEMBER SPORTSが2014年にカセットオンリーでリリースしてた1stアルバムがついにリイシューされました!これはデータなんてクソ派なんでうれしい。しかもオリジナルに収録の8曲に加えて、Addieちゃんによるベッドルームポップバージョンでの5曲にデモバージョンの3曲も収録されちゃってます。彼女たちの初期衝動が詰まった今作は個人的には彼らの作品の中ではダントツに好きですね。メロディーはすでにここで完成されてるし、スカスカ気味なギターもたまらない。Rose Melberg、CUB、CARS CAN BE BLUE、GO SAILORから、LOOKOUT!、またはSHREDDER好きなポップパンクファンもこのバンド好きになってください!ベッドルームポップバージョンもトイピアノの音が最高だと思うんだけどどうでしょうか?!(O)

SOMOS “PRISON ON A HILL” LP+mp3

デビューアルバムをTINY ENGINESからリリースするやすぐに、エモリババル吹き荒れる全米で大注目を浴び2ndアルバムをHoplessからリリースしましたね。SOMOSの3rdアルバムが再びTINY ENGINESへと返り咲いてのリリースとなりました。なんとなくHopelessがこのアルバムリリースしなかったのわかる気がする。2ndアルバムリリース後、契約でツアーをしまくったものの疲れて活動停止したのも、レーベルとバンドの間に溝を作ったのかもしれないけど、2ndアルバムまではSAMIAMに通じる感じがあってメロディック寄りのアプローチだったんだけど、今作で感じるのはイギリスのサウンド。前作のコメントでもSMITHSっぽい曲あるってコメントで書いてたけど、今作は全体的な音質に、雰囲気もだし、シンセの入れからもUKインディーな感じしてるね。これ全然ありだと思う。だから、TINY ENGINESに戻ったのは当然だと思う。現在は、バンド活動だけに専念するのではなく、仕事をしながらやりたい音楽を続けるという姿勢に変わったようでその結果が今回のアルバムなんだろうね。これまでの彼らしい突き抜ける感じのメロディーのある曲もあって第二章に突入と言った感じ、これはこれでまた注目されて忙しくなってバンドをまた止めてしまうことにならなければいいんだけど…(O)

こちらも再入荷!HUNTINGTONSのCDはかなり少ないプレス数300枚らしいのでお早めに入手をオススメします。

DISTANTS “II” LP
ERGS “DORKROCKCORKROD” LP
FRIEND OF MY YOUTH “TELLING” LP
HUNTINGTONS “MUERTO, CARCEL, O ROCANROL!” CD
P.S. ELIOT “2007-2011” 2xCD

SHOP(通販)はこちらから




3月-23-2020
Filed Under (新入荷) by wsrecords

飛行機の大幅な削減などで荷物の到着がかなり遅れてます!2月中に頼んだのも届いていないのが結構あるんだな。まあ、しょうがないけどね。でも、今日は1つ到着しましたよ!ようやくSHIVVERSのリイシュー到着しましたぜ!
先週のラジオまたまたトータルで300人の視聴者数を突破しました。聞いてくれた方ありがとうございます!今月のラジオは、現在の閉塞感をぶっ飛ばすためにかなりのプレゼント用意してますんで、まだまだ間に合いますよ!視聴者プレゼントキーワードのヒントは、7″セットは「7”最●!」、CDセットは「●●最高!」、LPセットは「L●最高!」です。●を解いて、ご注文の際は備考欄に記載くださいね。音楽聴かなきゃやってられない世の中なんで!

SHIVVERS “S/T” CD/LP

Sing Sing Recordsから2014年にリミックス&リマスターされた最強の編集盤がうれしいことにRerun RecordsとBachelorの共同リリースでリイシューされましたよ!CDバージョンは今回初なんでCD派の人も、アナログとの両フォーマット買いもいけますね。80年リリースの7″が正規リイシューも瞬殺でソールドアウトしてしまうのも当然なガールボーカルパワーポップパンクの大名盤!この作品を彼らの1stアルバムと言っても問題ないでしょう。Sing Sing盤を逃してしまった人は再びこの編集盤を手に入れられるチャンス到来に狂喜ですよね!Sing Sing盤もレア化してましたしね。内容については触れるまでもないでしょう。もう1曲目の”TEENLINE”を聴けば全てのパワーポップ、ポップパンクファンがマストなのは当然でしょう!なるべくこのアルバムはプレス続けてこのバンドを知った人がいつでも聴けるようになるといいなと思います。それくらい教科書的なバンド。(O)

こちらも再入荷。レーベル在庫残りわずかですよ。後悔しないように。

THE CHOOSERS “FILE UNDER POWER POP” LP

SHOP(通販)はこちらから




3月-20-2020
Filed Under (新入荷) by blackie

昨晩のcheers radioはいかがだったでしょうか?またまた全員そろわず!001番縛りを言い出した猫尻さん本人欠席でしたので次回以降に持ち越しですね!お楽しみに!さてでは本日も22時に委託中古盤アップされます!祝日ですのでごゆっくりチェックしてみて下さい!(R)

SHOP(通販)はコチラからどうぞ!




3月-19-2020
Filed Under (新入荷) by wsrecords

今夜はCHEERS! PUNK RADIOでっす!19:30から本放送ですが、18:30くらいから始めると思います。飲み物片手にお時間を一緒に過ごせたらアーバン!

WS205: LIFEWENTPEAR “About About” CD

定期的にドイツという国はLEATHERFACEフォロワーを産み出しますが、このバンドはすごいです。何も言わずに聴かせたら確実にLEATHERFACEの新譜だと思うのではないでしょうか?SAD DAYS INDEEDというよりも、ストリートパンクバンドなのに日本ではメロディックパンクファンに話題沸騰中のスペインのCRIMに続き、新たに注目に値するバンドが現れました!彼らが衝撃を受けたレコード3枚に挙げているのはLEATHERFACEの「Mush」、JAWBREAKERの「Bivouac」、PEGBOYの「Strong Reaction」。まさに、あの当時のメロディックパンクを聴いている人にはドストライクなレコードを挙げてますね。正直言うと彼らのサウンドはガチなLEATHERFACEフォロワーです。もう、誰が聴いてもLEATHERFACE。MUSHにMINXライクな、再結成する前のみんなが一番衝撃を受けた頃のLEATHERFACEサウンドなんだよ。2本のギターもよく頑張ってるなと言うほどにフランキーとディッキーの絡みのようで、歌い方も大好きすぎて過去のフランキーのようです(笑)掛け声こそBEAR TRADEを彷彿させるんですが。でも、かっこいいからしょうがないです。2010年以降、新作を発表しないLEATHERFACEの穴を埋める存在となれるのか。今後さらに期待のバンド。1stアルバム全10曲に、2016年リリースの6曲入りの1stデモテープの音源も全部収録して登場です。最後にアメリカのPUNKファンジンRazocake Fanzineのコメントを。「これLEATHERFACEの新作かと思って聴いてたよ!違うのかよ!」やっぱり、このサウンドは誰かが引き継いで次の世代に知らせなきゃいけない。

Gremlin “NIBBLES” CD

※プレオーダー(3/21発売開始)

徳島のエモ/メロディックバンドGremlin久々の待望の6曲入り音源登場でっす!SILVERWIGSでも一時期ドラムを叩いていたヨシキくん在籍のバンドで、bowsとsummer monthsとの3 way splitで初めて耳にした人も多いのでは?これはalgernon cadwalladerもちろん大好きなんだろうなって感じでSNOWING、初期malegoat、日本語詞もあるからoffseasonもね、fallsといったタッピングツインクルエモでありながらメロディック要素もしっかりとあるサウンド好きな人であれば超テンションの上がっちゃうウキウキ系なやつです。そうなんだよ、こういうエモが好きなんだよ。パワーポップとかシューゲイザーにならないやつ!ですよね?!レコーディングはトロゴリで一点の隙もありやしません!いや、海外ツアーとか行って是非とも現地のやつらをビビらせてきて欲しい。(O)

SHOP(通販)はこちらから




3月-18-2020
Filed Under (新入荷) by wsrecords

上のレコードもうすぐ完成でーす!
アメリカからの送料がとにかく高いんだよー!ということでメンバーが気にして、STICKERや缶バッジをたくさん入れてくれたので購入者にあげてのことなんで付けます。2019年、NAVELのUSツアーをサポートしたフィラデルフィアのTEENAGE BIGFOOTのシングル集に限定150枚のスプリットシングルを入手!彼女(彼ら)はなんと俺の大学の後輩でした!NAVELとツアーをやったことで日本からメッセージとかいっぱいもらえてバンドを続けて行こうって思わせてくれたから、日本ツアーをやるのが今の目標だって!そんなに枚数無いので18:00にアップします!
あっ栃尾の油揚げ無事食べました。

TEENAGE BIGFOOT “SINGLES” CD

NAVELのUSツアーに帯同したガールボーカルポップパンク/メロディックバンドTEENAGE BIGFOOTがこれまでにデジタルなんかでリリースしてたシングルをライブ会場販売用にCDとしてリリースしたものがようやく登場!いやーほんと期待のバンド。最近こういう直球のガールボーカルポップパンクいなかったからね。LIPSTICK HOMICIDE、THIS IS MY FIST、BAMBIX、NOT ON TOURといった新旧問わずシンプルながらメロディーを前に出しててそれでいて勢いを失わないメロディック/ポップパンクは、レコーディング技術が上がって小難しいことばかりやるバンドが多くなった今では貴重だし、これこそが痛快でございます!フィラデルフィアなんて、いつの間にかインディーロックの街になっちゃったしね。そんな場所で彼らのようにまっすぐに好きなことを鳴らしてるなんて想像するだけで楽しい!何も飾ることなく、自分たちを矢継ぎ早に曝け出した8曲。あっという間に終わっちゃうとこも好感度アップ!(O)

SPLIT TEENAGE BIGFOOT / THE BARREN MARYS 7″+mp3

フィラデルフィアといえば、90年代は、ハードコア、ポップパンク、メロディック、エモ、ポストロックとジャンルの垣根もなく西のバークレーのように様々な音を鳴らす数多くのバンドが潜む街でした。例えばWESTONとLIFETIMEとPLOW UNITEDが一緒に見ることのできる地下室のショーがあったり。ここ最近、エモリバイバル以降は、いつの間にかインディーロックバンドが集う街として全米中に知られるようになってしまった、そんな街で疎外感を受けながらもメロディック/ポップパンクをやっている2バンドが、自分たちで資金を出し合って製作したのがこのスプリットです。NAVELのUSツアーをサポートしたTEENAGE BIGFOOT目当てで入荷をしたものの、スプリット相手のTHE BARREN MARYSを知ることができて嬉しかったですというのが感想。もろにWEST CHESTER的なメロディックサウンドなんですもの!もちろんTEENAGE BIGFOOTも最高だけど、ここに収録の3曲全部シングル編集盤に入っちゃってるからね。でも、もちろんこれも手に入れますけどね!(O)

SHOP(通販)はこちらから

明日3/19はCHEERS! PUNK RADIOですよ!18:30くらいから流し始めますんで聴いてくださいね。今月のプレゼント半端ないよ!




3月-16-2020
Filed Under (新入荷) by wsrecords

もう今日はお昼から栃尾の油揚げが食べたくて仕方ありません。絶対に今夜は栃尾の油揚げを食べますってば。ステマではありません。
荷物が急に届き始めました。今日はA-F、Eccentric Pop、Asian Man、Rum Barから到着です!

DEAD BARS “REGULARS” CD

ついに限定数だけどA-F RecordsからCDでも登場!これぞ皆が思うNO IDEAなサウンドを体現している現在進行形バンドDEAD BARSが1stアルバム「DREAM GIG」から2年経ちついに発表したニューアルバム。11曲入り。今作聴けばA-F RecordsがなぜDEAD BARSと契約したのかわかると思う。それぐらいの大成長っぷりな傑作。ドラムのイントロで始まるオープニングナンバーはこれまでの路線を引き継ぐ、合唱ありの1曲目としては完璧な流れ。続く2曲目これもうネクストレベルに入ってるでしょう。肩の力を抜いたパワーポップパンクなこの曲、もろに90年代のファズギターで轟音ギターのメロディックパンクにも通じるんじゃないでしょうか?!もちろん、普通にインディーロックな人のアンテナに引っかかる可能性もこのキャッチーなメロディーだったらありうるでしょうよ。つまり、A-F Recordsがなぜ契約したのかがこの2曲で納得できると思う。3曲目以降もしっかりとこれまで好きだった人を裏切ることもないし、新しい層にもアピールできる新たな側面も見せてくれてるしね。No Ideaのメロディックパンク、FLUF/HUFFY/TENEMENTなファズメロディックギターバンド、エモ経由のパワーポップバンドすなわちWEEZERの「Blue Album」に影響を受けたバンドサウンド好きな人までぜひチェックすることをオススメする。(O)

WESTERN SETTINGS “ANOTHER YEAR” CD/LP

EAGER BEAVER RECORDS、LA ESCALERA RECORDS、A.D.D. RECORDS、FAST CROWD RECORDS、RAD GIRLFRIEND RECORDS、SNATCHEE RECORDSといった良質のレーベルの共同リリースで発表された1stアルバムがSTAY CLEAN JOLENE、NOTHINGTONといった男の背中の哀愁メロディック好きな人たちのこと線に触れましたが、11曲入りの2ndアルバムがA-F RecordsとドイツのGunner Recordsとの共同でリリース!やっぱり伸びやかなメロディーでサビの力強さがかっこいいんだな!しかも歌詞も男気。「大丈夫だろ。だって死んでないじゃないか。」うぉー、サウンドだけでなくメッセージもまさに兄貴的。IRON CHICとは異なるサウンドだけど、すげー共通項を感じる。8曲目なんてFLUFかよと思いました。確実に1stアルバムよりもスケール感アップして、確実にライブバンドとしてのパワーも上がってる。相当の力作なんじゃないだろうか。(O)

SARCHASM “BEACH BLANKET BUMMER POP” LP

先日リリースされたデビューアルバムがむちゃくちゃ良かった女性ボーカルメロディックの新星GRUMPSTERに続いて、現在のギルマンストリートで活動しているポップパンクトリオSARCHASMをAsian Man recordsがリリースっと!11曲入りの2ndアルバム(デジタルオンリー入れると3枚目)。実は、このバンドの1stアルバムにミニアルバムを入荷したくて連絡したことあるんだけど、残念なことに送料確認すると言われて以降返事もらえてないんだよね… これまじで入荷あるあるだから(白目)実はこのバンドのAlexは、一時的に復活したSEWER TROUTの改名バンドSEWER TROUT EXPERIENCEのメンバーでもあるのですよ。それでチェックしてました。あと、こないだリリースされたGREEN DAYトリビュートにも参加してたし、SPRAYNARDのメンバーとSUNDIALSのメンバーによるBAT BOYとのスプリットも良かったしね。されこのバンドは、ポップパンクなんだけど、MARTHAのアメリカ版かよとか、DELAYってかPLAN-IT-Xのような感じもあり、ATOM & HIS PACKAGEのようでもあり、MAX LEVINE ENSAMBLEやFISHBOYとかも思い出させるメロディーを前面に出したサウンド。これギターポップ好きな人にもオススメですよ。メンバーもルックス見る限りまだ10代とか20代前半の装い。とにかく、6曲目聴いてほしい。この曲ダントツ!しょぼカスポップパンク好きは絶対チェックを!CDはライブ販売のみだそうです。(O)

GUERILLA POUBELLE “L’ENNUI” CD

ご存知フランスのDILLINGER FOUR、OFF WITH THEIR HEADことパリのGUERILLA POUBELLEが前作から2年で早くもニューアルバムをリリース!13曲入りで5枚目ですね。2003年結成のベテランバンド、今作もRed Scareです。Fat行かなかったかぁ(笑)アドレナリン出まくりのテンション高めで、ハイスピードで混声ボーカルに合唱もありで、まさにラフメロディックパンクの見本のような感じのアレンジも最高ですぜ。STRIKE ANYWHEREやLEFTOVER CRACK好きな人もテンション上がんじゃないかなぁ。ビジーベースもかなりかっこいいぜ。(O)

HAYLEY AND THE CRUSHERS “VINTAGE MILLENNIAL” CD/LP

Eccentric Pop Recordsからの2ndアルバムリリースで世界中のポップパンクファンに一気に知られることになったガールボーカルポップパンクバンドHAYLEY AND THE CRUSHERSも2年というスパンでニューアルバムをリリース。これ前作を遥かに凌ぐ内容になってる!やってることは50’sなロックンロールをベースなバブルガムポップパンクで変わらないんだけど、むちゃくちゃメロディーラインが個人的には今作の方がよりツボ。もう今作、オールディーズを今のバンドがオリジナルでやってる感じなんだよね。4曲目とかもう完全に禁じ手だろ!完全に80’sなカリフォルニアなパワーポップでGO GO’Sをスピードあげたみたいじゃんか。キム・ワイルドの”Water On Glass”にXの”Los Angeles”のカバーもすげーハマってる。Eccentric PopのTravisが激推ししてるのも納得ってか脱帽っす。ガールポップパンク好きは聴きましょう!(O)

UPSET “S/T” LP+mp3

ようやく入荷!ガールポップ/インディーパンク好きはこのバンドもチェックしなきゃダメ!HOLEのPatyyに、VIVIAN GIRLのAli、BENNY THE JET RODRIGUEZのLauren、PEACH KELLI POPのNicoleによるオールガールズバンド、UPSETが再び始動し2ndアルバムをリリース。これまでのリリース作品に比べるとミッドテンポの曲中心だけど、勢いあるから全然だるくないし、メロディーも良いし、それにこのバンドの素晴らしさは2人のボーカルのハーモニーの気持ち良さ。SUPERCHUNK好きなエモ派も、前作でカバーをしているJAWBREAKER好きな人もこのバンド注目してくださいね。1stアルバム、ミニアルバム共にすごい良い音源なんで。(O)

KEN FOX “& KNOCK YOURSELF OUT” CD

生ける伝説ガレージパンクのTHE FLESHTONESのKen Foxのソロデビューとなる5曲入り音源!なんとYUM YUMSやソロでもおなじみのVibeke Saugestadがコーラスとピアノで参加してますよ!パワーポップとCrypt RecordsスタイルのロックンロールパンクなサウンドはPaul Collin’s THE BEAT、SHOESとガチンコガレージロックが交錯する5曲を収録。曲ごとにいろんな表情をのぞかせるあたりさすがベテランの貫禄っすわ。(O)

NATO COLES & THE BLUE DIAMOND “FLYOVER” CD

THE MODERN MACHINES、USED KIDS、RADIO FECESのNATE COLESによるNATO COLES AND THE BLUE DIAMOND BANDがようやく2ndアルバムをリリースですよ。アナログはDon Giovanni Recordsなんでそのうち入荷しますが、まずはRum BarからのCDバージョンを入荷。ブルース、カントリーといったルーツミュージックを取り入れながら現在進行形でパンクロックをかき鳴らしている。やっぱくそ渋いね。俺らのボス!6曲目の”Demolition Man”では日本のYOUR PEST BANDがコーラスで参加してるようだよ。日本でも熱心なファンベースを持つバンドの6年ぶりとなるスタジオアルバム、待ち望んでた人も多いんじゃないですか?(O)

THE RATBOYS “CLICK” CD

やったーWand Recordsから限定30枚という少なさでリリースされ、当然ながら速攻でソールドアウトしてしまったRATBOYSのアルバムのCDバージョンがリリース。このバンドTHE BACKSEAT ANGELSのEricがやってるベルギーのバンドなんだけど、ラモーンパンクからパワーポップ好きな人はチェックですよ!VIBRATORS、UNDERTONES、RAMONESをコンセプトにしているそのサウンドはもろにまんまなんで!グラム要素、バブルガム要素ありのBoot Stomping Punk Rock!(O)

THE PEAWEES “WALKING THE WALK” CD

「Dead End City」に続き08年の4thアルバムもUSのRum BarがCDでリイシュー!いや、俺正直これリリースされた時あんまだったんだけど、ここ最近のPEAWEESの世界的再評価で聴き直してみたらすげーカッコよかったんだなと思ってたところに絶好のタイミングでリイシューだったからビビった。とにかくロックンロールバンドとして良いとこどりをしたサウンドで、マカロニウエスタンやサーフなギターフレーズといったおかずもかっこいんだよ。ミドルテンポな曲なんてROCKET FROM THE CRYPTみたいだし。12年前の俺バカだったなと思い知らされました。まあ、その時のテンションと合わなかったんだろうと自分を慰めました(笑)(O)

こちらも再入荷!

DAN VAPID “ALL WOUND UP” CD
DOWSING “SKY COFFIN” LP
PERSPECTIVE, A LOVELY HAND TO “LOUSY” CD
PERSPECTIVE, A LOVELY HAND TO “LOUSY” LP
RAMONA “DEALS, DEALS, DEALS!” CD
ROCK N ROLL TELEVISION “TAKING BACK THE BRAINWAVES” CD
SIGNALS MIDWEST “PIN” 12″
THE SPEEDWAYS “JUST ANOTHER REGULAR SUMMER” CD
TIGHTWIRE “SIX FEET DEEP” CD
UPSET “’76” 10″

SHOP(通販)はこちらから




3月-13-2020
Filed Under (新入荷) by blackie

CONCRETE SOXの名盤3rd遂に再発か!!!しかもCD化は初!これは嬉しい!ですが、、、BIG KISSの許可取れたのか???BOSS TUNEAGEがVISIONS OF CHANGEの2nd再発できなかったのはBIG KISSの権利関係(要は金)なわけでしてこれは心配です(笑)問題になる前に手に入れた方が良いかもね。さてでは本日も委託中古盤22時にアップされますのでチェックしてください!(R)

SHOP(通販)はコチラからどうぞ!




3月-13-2020
Filed Under (新入荷) by wsrecords

かつてはSCOTT VEGETABLE、DAWNでも活動をしているKYOSUKEが中心となり、青森県でMINOR THREAT、HUSKER DU、FUGAZI、EMBRACE、JAWBREAKER、FUEL、CRIMPSHRINE、400years、Hooverに影響を受け結成され、08年ごろからその活動の拠点を東京へと移したDAIEI SPRAY。バンド主催のSakanade Recordsから17年にリリースされた1stアルバム「ISN’T BRAZING」に続く待望の2ndアルバムは12曲入りでDEBAUCH MOODとSakanade Recordsの共同で本日リリース!

DAIEI SPRAY “BEHIND THE WALL” LP+CD

1stアルバムも音の圧の塊が圧倒的だったけど、今作はさらにアレンジ含め音の幅が広がってグルーヴ感も深くなっている!中期DCに触発されたlate 90’sなUKメロディックバンドを感じさせるサウンドは結成からブレることはなく、より円熟味を増していると思う。まさにメロディックハードコアな熱量!MOVING TARGETS、HDQ、Ed Shredサウンズ(STUPIDS、SINK、BAD DRESS SENSE、K-LINE…)を筆頭にあのヒリヒリとしながらも輝いてUKメロディックが好きならドツボっしょ?!もちろん、DCサウンド、サッドメロディック好きな人も聴くべし!7曲目は確実にHDQファンがぶっ飛ぶ曲だろ。このアルバム相当かっこいいですよ!(O)

SHOP(通販)はこちらから




3月-12-2020
Filed Under (新入荷) by wsrecords

なんだかどこの国の税関も忙しいようで荷物の到着が遅れてます!まあ、仕方ないね。本日はこちらが到着!これまで何度か入荷してたレーベルからリリースされてるんだけど、うっかりリスト確認漏れ!しちゃってました。ここんとこずっと閉塞感がたまんないけど好きなことはして発散しましょ!

BALBOA BURNOUT “OKHC” CD

この音源がまだ残っていたとは… EL MARIACHIのメンバーが解散後に始めたドイツのサッドメロディックBALBOA BURNOUTの2010年リリースの11曲入り1stアルバム。2014年に解散前のラストアルバムもリリースされてますが、そちらはデジタルまたは会場限定でのリリースという厳しめのものだった。その音源のリイシューはここ最近90’sメロディックのリイシューや現行のドイツのメロディックパンクバンドの音源を精力的にリリースしてるLast Exit Musicが19年にカセットでリリースしたんだけど、ドイツ国内では人気あるみたいで限定50本なんで速攻で売り切れちゃって逃して悔しい思いをしましたね。そんな、BALBOA BURNOUTなんですが、UKメロディックに通じるMuff Potter以降のdeustchpunkの系譜を受け継いだサウンドで、メンバーがフェイバリットにLEATHERFACEやSAMIAM、STARMARKETをあげているのも、聴けば、うん知ってると言う感じです(笑)だもんで、CHINA DRUM、PHOENIX FOUNDATIONやCUSTODYなメロディックバンド好きな人も気にってもらえると思うよ。こないだデッドストックを発掘したJUICYやDNA!を気に入ってくれてる人はこのアルバムもマスト!時折さらっと入る管楽器もかっこいい。(O)

SHOP(通販)はこちらから




3月-11-2020
Filed Under (新入荷) by wsrecords

いよいよ来週と迫ってきたTHE STEADYSによる、アメリカのシアトルのメロディックパンクバンドKIDS ON FIREと、そのベーシストであるSidが中心となって活動しているプロジェクトSID BRODERIUS & THE EMERGENCY EXITのツアー用音源が到着です!18年のTHE STEADYSのUSツアーをサポートしてくれたのがSID BRODERIUS & THE EMERGENCY EXITだったようで今回の日本ツアーも実現というNETWORK OF FRIENDSによる来日ツアーは飛行機が欠航にならない限り日本に来たいとバンドが言ってくれてるそうなんで、当日まで準備を進めていくそうです。行ける方は行ってあげてください!

ツアースケジュール
2020年3月18日(水)@高円寺喜楽Music Warehouse
2020年3月19日(木)@早稲田ZONE-B
2020年3月20日(金・祝)@横須賀PUMPKIN
2020年3月21日(土) @名古屋カラオケまねきねこ納屋橋店
2020年3月22日(日)@吉祥寺DAYDREAM

3 WAY SPLIT “SIGN OF ARRIVAL” CD

先日リリースされたアルバムとは被りなしの3曲を収録したKIDS ON FIREはアルバム同様、RED CITY RADIO、BOUNCING SOULS、なんかを彷彿させる合唱コーラスもありで曲を聴きながらすぐに一緒に盛り上がれるメロディックサウンド。そして、日本のポップパンクバンドTHE STEADYSも3曲を収録。勢いのある2曲に、ほろっとさせる1曲。GIRLFRIENDのように日本人らしいポップパンク!そして、SID BRODERIUS & THE EMERGENCY EXITはこの音源で初めて聴いたんだけど、アコースティックでカントリーテイストも入った渋いメロディックでLUCEROやCHCK RAGANっなんかが好きな人は好きでしょう!ギターボーカルとドラムボーカルという2人組らしい!アートワークやインサートの挿絵は奄美大島で生活する自由人、酒井画伯によるもの。ほんとあの男見た目からは想像もつかない繊細な絵を書きやがる。(O)

KEPI GHOULIE “KEPI FOR KIDS!” CD

GROOVIE GHOULIESのKepiによる子供向けアルバムがEccentric Popからアナログでわずか50枚という超限定でリリースされ当然ながら速攻でソールドアウトしてましたが、CDバージョンが100枚限定でリリースされました。「Dee Deeにカウントのやり方教えてもらった」とかニヤリとさせられるタイトルの曲もあるけど、曲調はアコギで子供が楽しめるように面白い効果音などを入れて本格的な仕上がりです。これなら車で移動の際に、うるさいなどと言われずにすむかもしれませんよ。お子さんと楽しんではいかがでしょうか?うちの子は、うるさい方が好みですが…(O)

こちらも再入荷できました!レーベル在庫残りわずかですってよ。

THE BLENDOURS “WRONG GENERATION” CD

SHOP(通販)はこちらから