NOE008: ELECTRO HIPPIES “DECEPTION OF THE INSTIGATOR OF TOMORROW:COLLECTED WORKS 1985-1987” CD

※2016年12月13日リリース予定
※ライナー対訳/ 国内盤限定インタビュー付(予定)

構想はあったもののCD化に辿り着くまで長い年月が経ちましたが遂に実現しました!!!オリジナルは86年にGENERICとのスプリットLPでリリースされ、89年にCARCASSのジェフ・ウォーカーが自身のレーベルであるNECROSISから単独音源として再発したLATE UK屈指の名作『PLAY FAST OR DIE』がオリジナル・メンバーであり、バンドの核であったドラムのサイモン全面協力の元に再発!しかも初CD化!

-ELECTRO HIPPIESはドラムのサイモンがFRICTION、MAYBE TOMORROWというローカル・バンドをやった後に84年の夏に始動。NEGLECTED(その後バンド名をABREACTIONに変える)というローカルバンドもやっていたフィルが最初のギターだったが、NIGHTMARE VISIONSというローカル・メタルバンドのギターだったアンディーと動物権利団体の集まりで意気投合しフィルに代わって加入、ヴォーカルに友人だったジェフ・ウォーカーを迎える。バンド名はベースのブルーノがヒッピーとエレクロニカが好きで彼の提言によるもの。当初は方向性なんか全く決めずにただ音楽を作っていたが、初めてまともに練習したのはアメリカはボストンのケイトという文通相手であり当時サイモンと一緒に住んでいた女の子にヴォーカルを取って貰った時だった。初のGIGはリバプールのCHRISTIAN STREET COMMUNITY CENTREでINSTIGATORS、GENERIC、ANARK & POPPYとCYCLIC AMPとの共演。-

ざっとバンドの歴史を振り返ってみましたが、今作はバンド創生期からサイモンがバンドを去った87年までの音源をまとめた謂わば初期コレクションとなる音源集!リリースされた音源としては86年、87年の二本のデモ・テープは勿論、87年のジョン・ピールセッション、そして名作『PLAY FAST OR DON’T』を収録!ここで注目したいのはNECROSISからリリースされた音源はGENERICとのスプリットLPからの盤起こしであって、オリジナル・マスターテープからではなかったのでした。しかし今回はサイモンが所持しているオリジナル・マスターを使用しての再発となり満を持して名作が蘇ります!さらにボーナス音源としては、冒頭でも触れたプロトHIPPIESとも言える最初期に手伝って貰ったケイトがヴォーカルを取ったバンドの最初の練習を録音したテープを始め、85年、86年のリハーサル、86年のマンチェスター、87年のバーミンガムでのLIVE音源も収録。このご時世ありがたいことにYOUTUBEで聴けたりもしますが、正規音源でバンドの残した音源を是非堪能して頂きたく思います!ライナーはサイモンによるざっとまとめた短いものでしたので、CONCRETE SOX、RIPCORD同様に日本盤のみ特別インタビューを掲載できるよう頑張ります!

(収録曲)
JOHN PEEL SESSION , RECORDED 12TH JULY 1987 (FIRST TRANSMISSION 20TH JULY 1987)
1. SHEEP
2. STARVE THE CITY (TO FEED THE POOR)
3. MELTDOWN
4. ESCAPE
5. DEAD END
6. THOUGHT
7. CHICKENS
8. MOTHER
9. MEGA-ARMAGEDDON DEATH LIVE IN BIRMINGHAM, 13 JUNE 1987
10. MELTDOWN
11. MOTHER
12. SHEEP
13 .THOUGHT
14 .DEAD END
15 .VIVISECTION SONG
16. LIFE

IF KILLING BABIES IS TIGHT…KILLING BABIES FOR PROFIT IS TIGHTER (SECOND DEMO, JANUARY 1987)
17. INTRO (DEATH IN THE SWAMP) / SATANIC WARMONGER OF THE ABYSS
18. MELTDOWN
19. AT THE EDGE
20. MOTHER
21. REJECT
22 .SHEEP
23. DEAD END
24. LIFE

REHEARSAL RECORDING FOR HICKY’S COMP, 23RD DECEMBER 1986
25 .TERROREYES
26. AM I PUNK YET?
27 .VIVISECTION SONG

PLAY FAST OR DON’T (SPLIT LP WITH GENERIC), 14TH / 15TH JULY 1986
28 .INTRO (WRATH OF MICHAEL)
29 .ACID RAIN
30. RUN RONALD
31 .WINGS OF DEATH
32 .TERROREYES
33. THEME TOON (FRASH IT OUT)
34.AM I PUNK YET?
35. THE REAPER
36. NEXT TIME
37 .VIVISECTION SONG
38. PROFIT FROM DEATH
39. MEGA-ARMAGEDDON DEATH PT 3
40 .THE HORN OF HADES

LIVE IN MANCHESTER , 30TH JUNE 1986
41. UNITY
42 .RUN RONALD
43 .LIFE
44. MELTDOWN

REHEARSALS FOR SPLIT LP, 27TH MAY 1986
45 .UNTITLED INSTRUMENTAL
46. STAND PROUD KILLING BABIES IS TIGHT (1ST DEMO) , 3RD MARCH 1986
47 .INTRO
48. UNITY
49. RUN RONALD
50. WINGS OF DEATH
51 .VIVISECTION SONG
52.SAY GOODBYE NOW
53. OUTRO

PRACTICE RECORDING, 3RD JUNE 1985
54. FOOD BOWL
55. WATFORD GAP
56. REJECT DETECT
57. SMILE
58. CATTLE

FIRST EVER PRACTICE, 23RD FEBRUARY 1985
59. AM I PUNK YET?
60.HIDE.. WHERE?

BTRSV039J: ELECTRO HIPPIES “DECEPTION OF THE INSTIGATOR OF TOMORROW:COLLECTED WORKS 1985-1987” 2LP+CD
※2016年12月中旬リリース予定
※同内容CD付
※国内流通盤のみ帯付
※ライナー対訳/ 国内盤限定インタビュー付
(予定)

9月
29

BTRSV037J: HDQ “SINKING” 2LP+CD 

※10月中旬発売(入荷次第発送させて頂きます!)
※国内流通盤限定帯付

※ベーシスト・ロブによる当時を語るラーナーノーツの対訳+HDQのヴォーカル・ゴリ―のディッキーへの追悼インサート付
※全曲デジタルリマスタリング済み
※CDには無かった新たな写真を追加!

故ディッキー・ハモンドへ追悼も兼ね、ヨーロッパではアナログの再発希望が多くあった為2008年に出たCDリイシュー盤がアナログ盤で再び登場!『SINKING』は、このバンドの評価の決定盤でありUKのDAG NASTYと呼ばれた傑作3rd!『YOU SUCK!』で見せたスラッシュ色はだんだん影潜め、ミッド・テンポな曲調の曲が増え終始泣きの哀愁ギター炸裂!しかしスピード感抜群の曲も勿論残っており、それもまた最高!リマスターされた事によって音源を改めて聴くと、このバンドの完成度が如何に高いかがマジマジと判らされます。この練られた曲は簡単にはいかないですよ!神がかってるってこういうのに使ってもいいんじゃないでしょうかね。ホント良いので説明なんていらないと思いますよ。オリジナル・アルバム音源に加え、VA参加曲、バンド初のピールセッション、初のプロスタジオで録音された88年のデモ・テープ音源も収録。UKオリジナルのジャケットはメンバーが気に入らなかったのもありCD再発盤で変更になりましたが、今回のアナログ再発にあたりフランスの盤のジャケで出したらどうか?と提案したものの、このジャケも曰くつきというかレーベルが勝手にデザインして出したとのことでNG(爆)全作品通してホントっジャケットのデザインに泣かされたバンドだったんだなとつくづく思いました。

(収録曲)
A1 LEAVING HOME
A2 ALL WE KNEW
A3 THERE COMES A TIME
A4 TOWING THE LINE
A5 PRAISE
A6 WITHIN THESE FOUR WALLS
A7 PICTURES
B1 IF ONLY
B2 SINKING
B3 ONE WORD
B4 REDNECK RAP
B5 FRIENDS
B6 LOOKING BACK
B7 THE GRASS IS GREENER
C1 LOVE ALONE
C2 THROUGH MY EYES
C3 THOSE REMEMBERED TIMES
C4 BELIEVE
C5 HAVE FAITH
C6 POSITIVE ATTITUDE
C7 REDNECK
D1 I TRY
D2 BRIDGES AND WALLS
D3 LOVE ALONE
D4 TOMBSTONES OF BLASPHEMY
D5 WITHIN THESE FOUR WALLS
D6 MY LIFE IS YOUR LIFE

A1 – B7 : SINKING LP
C1 :  SINKING OUTTAKE FROM UNDERGROUND ROCKERS COMP LP
C2 – C5: FIRST PEEL SESSION
C6 – D6 : FROM “LIFE IS” DEMO CASSETTE COMP
D2 : FROM SPLUERK COMPILATION


9月
29

BTRC12-116J: PRAY U PREY “FIGURE THE 8” LP

※10月中旬発売(入荷次第発送させて頂きます!)
※国内流通盤限定帯付

-UKグラインド・クラスト・デス・メタル・レジェンド PROPHECY OF DOOMメンバーらによる新バンド PRAY U PREYのデビュー作!!PROPHECY OF DOOM時代から変わらぬVo.のステンチなシャウトで、オールドスクール・デス・メタル・ファンにも注目を集める話題のバンド!!!-

UKオールド・バンドの活躍が目まぐるしくなってきてますが、このLATE UKバンドも新しいバンドでいぶし銀の渋いサウンド放ってます!2015年に自主でデモを出し、ポーランドのSELFMADEGOD RECORDSから1stアルバムを今年頭にリリース!そしてメンバーの要望も強かったアナログ盤もBOSS TUNEAGEがリリースの運びとなりました!メンバーはPROPHECY OF DOOM、ALEHAMMERのヴォーカル、ギターと残りの二人はSUICIDE WATCHのメンバーで、オールドスクールなデス・グラインドをプレイしライブもどんどんやっている模様!UKベテラン・ハードコア勢も火が着いてます!そしてこのリリースを切っ掛けにPROPHECY OF DOOMの再発もなるか!?

(収録曲)
A1. Figure The 8
A2. Sentinels Of Shade
A3. The Centre Of Nowhere Is Everywhere
A4. Psychodrama Peepshow
A5. Circles Into Spirals
A6. Nightmare Field
A7. All The King’s Men

B1. Suffering Rules This World
B2. Step Out Of The Kaleidoscope
B3. We Become What We Are
B4. I-Con
B5. Pure
B6. Enigma Rising
B7. Halo Of Lies
B8. Black Light Of Time
B9. Liquidate Their Perceived Privilege


9月
27

WS174: JAMIE 4 PRESIDENT “The Heartbreak Campaign” CD

※2017年10月18日リリース予定

FOR FANS OF: GUIDED BY VOICES、CURE、THE SMITHS、BIG STAR、THE PROMISE RING、WILD ANIMALS、インディーロック/エモ、パワーポップ

2017年4月に日本ツアーを行ったWILD ANIMALSのギターボーカルJamie R.Greenによる別プロジェクト。元々はJamieとPablo(このPabloはWILD ANIMALSのPaulaちゃんの従兄弟)がマラガという街でやっていたエモ/インディーロックバンドNOTE TO MYSELFを母体で、2人がマドリードへと移住しバンド名をJAMIE 4 PRESIDENTへと変更。現在のメンバーはWILD ANIMALSのJamie、FUCKAINEのPablo,BULLITTのXavi、PLEASE WAITのBorjaと現行スペイン・エモ・シーンのバンドのメンバーが在籍。ってことなんで思いっきり所謂エモなサウンドなのかと思いきや、彼らの敬愛するThe Beach Boys、American Football、Guided by Voicesからの影響が色濃く出されたサウンドなんだな。80年代で言えばTHE SMITHS、CUREを彷彿とさせ、90年代で言えばGUIDED BY VOICES、THE PROMISE RINGといったエモ/インディーロック/パワーポップをブレンドし極上のメロディーを搭載した清涼感のあるサウンド。どのバンドも共通してるのはウタを大事にしてるってこと。元々はイギリスからの移民であるJamieの血のためか、UKインディーロックバンドに通じる陰りがある切ないメロディーがこのバンドの特徴になっている。この哀愁がMILES APARTやJUNE AND THE WELL好きな人にも受け入れられるんじゃないかと思う。スペインの老舗エモ/インディーロックレーベルBCore Discとの共同リリース。そしてNO MORE LIESのメンバーで現在数多くのエモ/インディーロックバンド(Jeremy Enigk aka Sunny Day Real Estate、Daïtro、Fireside、The Van Pelt)を手がける現在進行形スペインの最重要レコーディング職人Santi GarciaとVicotr Gariciaが兄弟がバンドを気に入り自らプロデュースを手がけているということで、スペイン国内におけるこのバンドの注目度が現れているだろう。エモ/インディーロック/パワーポップを同時に愛聴している方はぜひこの作品を聴いて欲しい。目を閉じるとスペインというよりも英国の空が思い浮かぶ。WILD ANIMALSと通じるメロディーももちろんあるけど、全く別のベクトルのサウンドを奏でてるところが面白い。CHOPPER解散後に始めたPYLONにも通じると思うよ。

(収録曲)
1. The Day I Fell for a Gypsy Girl
2. Candyfloss
3. Everything Fades
4. Power Ballad Prince
5. Secret World
6. Mexico 86
7. Far from Blue
8. The Mystery of Amy Woo
9. 3 Years and Counting
10. Somewhere on the Costa Brava


9月
27

WS166: STARTER JACKETS “PREFERRED STOCK” 7″+mp3

※2017年10月初旬リリース予定
※ダウンロードコード付き
※Yellow/Pink split color with Black splatter vinyl
※国内販売分は100枚です

START JACKETSはTHE COPYRIGHTS、HOSPITAL JOBのポップパンク名人ルーク・マクニールによる最新バンド。ルークはHOSPITAL JOBのドラマー、フレッド・マルコムとともにSTARTER JACKETSを結成、ラニー・ダービン(ギター/ボーカル)とタイラー・カリー(ベース)を迎え入れる。THE COPYRIGHTS、HOSPITAL JOBのファンであれば両バンドから期待するフックがたっぷり詰まったメロディーもちろんあるよ。けれど、START JACKETSはそこにインディー/ニューウェーブの要素もまとった新しい領域に進んでいる。キラキラしたギター、クリーンなベース、シンセサイザーの疾走感たっぷりな旋律がパンチの聴いたドラムのリズムに乗っかっり信じられない程のキャッチーな曲なんだ。ルークとラニーによる掛け合いボーカルに楽器隊の音の厚みが加わり、この新人バンドの最高なキラーデビューリリースになっている。(アダム、It’s Alive Records)

日本でもお馴染みのポップパンクバンドCOPYRIGHTS/HOSPITAL JOBのLuke McNeillが結成した新バンドSTARTER JACKETSの4曲入りデビューシングル!USのIt’s Alive records、UKのBrassneck recordsとWaterslide records 3レーベルがデモの段階で打ちのめされて即答で共同リリースとなったのが今作!HOSPITAL JOBをさらにパワーポップ化した激ポップで切ないメロディーが炸裂!さらにそこにシンセも加わっちゃってるもんだから、もうどんだけキャッチーなんだよって感じですよね。Lukeの作曲能力と歌唱力の高さはHOSPITAL JOBでも実証済みですが、このSTARTER JACKETSは彼のこれまでの集大成とも言えるポップパンク経由のパワーポップサウンドを詰め込んでいる。まさにUSパワーポップの王道とも言える”Outlets”で幕を開け、シンセピコピコで疾走感もバッチリ、それにそこへシカゴな哀愁メロディーを搭載したキラートラック”I Suppose”で畳み掛けてくる、続くこちらもシンセ全開の”Landline”は90年代以降のパワーポップサウンドを継承した伸びやかなメロディーが光る、そしてラストがこのバンドの方向性の集大成となる大名曲”Grandview Cleanup”で、もう完全にTHE LEFTOVERS路線のKURT BAKERファンびっくりじゃないですかね。THE LEFTOVERS、THE GUTS、DAN VAPID AND THE CHEATS、THE METHADONES、全てのパワーポップパンクファンに捧げます!

(収録曲)
1. Outlets
2. I Suppose
3. Landline
4. Grandview Cleanup


9月
05

WS144: THE WIMPY’S “DO THE WIMPY’S HOP!” CD

※リリース予定日:2017年9月20日
※ボーナストラック7曲追加

FOR FANS OF: THE WIMPY’S, RAMONES, BEACH BOYS, Pelotan, THE QUEERS, THE MANGES, ポップパンク

大阪を代表するポップパンクバンドといえばこのバンドTHE WIMPY’Sでしょう!長らく廃盤になっており、みんなが再発を待ち望んでいた彼らの2002年リリースのデビューアルバムがついにリイシューです!サーフ、ラモーンズ、オールディーズがたっぷり詰まった上にさらにSummer Funなポップパンク名盤ですよ。現在もライブでやっている曲多数収録されているのに、このアルバムが長い間手に入らなかったというのは本当にもったいない限り!海を越えた海外にも多くのファンを持つバンドで、こないだまで大阪に滞在していたSCREECHING WEASELのJugheadが彼らのライブに飛び入りでギターで参加したりってなこともありました。BeachboysミーツRamonesとはまさにこのバンド!オリジナアルバム全16曲に、ボーナスとして1st 7″「Get On My Van」7″収録の全曲、コンピ7″「Hook Up Bikini Girls」提供の”Darling, Love You So?”、コンピ「Poppers MCD 2001」提供の”No Matter Where You Go”、そしてカナダのMagic Teeth RecordsからリリースされたBUMのトリビュートアルバム提供の”Why Go Out Of Your Way”までも収録しての再登場!

(収録曲)
1. The 1st Song
2. T.V News
3. Get On My Van
4. (Tonight) She’s Not At The Party
5. Wimpy’s Hop
6. Just Right Thing In Summer
7. Blue Eyed Girl
8. Stay Away From My Baby
9. Not Gimme One More Chord
10. Bye My Baby
11. She’ll Be Apples, Mate!!
12. Little Sheela
13. She Doesn’t Know
14. Califor-N-I-A
15. Play It Again
16. The Last Night F Summer

BONUS TRACKS
17. Get On My Van (from Get On My Van 7″)
18. Teenage Dickhead (from Get On My Van 7″)
19. Maybe Baby (from Get On My Van 7″)
20. She Doesn’t Know (from Get On My Van 7″)
21. Darling, Love You So? (from Hook Up Bikini Girls Compilation)
22. No Matter Where You Go (from Poppers MCD 2001 Compilation)
23. Why Go Out Of Your Way (BUMカバー)


9月
05
Filed Under (1.WATERSLIDE, 1.関連レーベル情報!) by wsrecords

SL092/URCD011/WS: DOWZER “SO MUCH FOR SILVER LININGS” CD

※リリース予定日:2017年9月20日(プレオーダー開始しました!)
※デジパック

オランダの男女混成青春メロディックパンクバンドDOWZERが3年ぶりとなるニューアルバムを10曲入りでリリース。1stアルバムからの付き合いなんでもうすぐ10年の付き合いになるんですね。ギタリストが加入して4ピースとなりますが、今作が現在の4人のメンバーの個性が色濃く出て過去のポップパンクサウンドからスピードも上がりもうこれは完全なメロコアになっているんだけど、やっぱりDOWZERの泣き泣きのメロディー炸裂なんで大好きだし、全くのいやらしさがない!恐らく後から加入したTimがメロコア大好きっ子なんだろうと、Denyの作曲している曲と比べると感じる。スピードは上がってるけど基本は1stアルバムから変わってません。サンドラちゃんのコーラスもばっちりだしね。メインボーカルを取ってる曲もあるよ!とにかく一曲一曲のフックが高く突き抜けるメロディーワークはこれまでのDOWZERを遙かに凌ぐ成長作!今作はオランドのSHIELD RECORDINGS、UKのUMLAUT RECORDSとWATERSLIDEの3レーベルによるリリース。

(収録曲)
1. Scenes Are For Sinners
2. Hindsight Bias Blues
3. Broken Record
4. No One Knows
5. Making Waves
6. On The Beat Of Repentance
7. Scars
8. Back-up Plan
9. A Swing And A Miss
10. Glimpses

SHOP(通販)はこちらから



SONIC SURF CITY 2017 JAPAN TOUR無事に完了しました!このツアーをサポートしてくれた各公演関係者、並びに会場に足を運んでいただいた皆さん、出演してくれたバンド、本当にありがとうございました。各会場とも前回訪れた時よりも暴れまくり一緒に歌ってくれたお客さんにメンバー大興奮でした。みんな前回のツアーの時よりも楽しかったと喜んでいました。また、次のアルバムを作って日本に絶対戻ってきたいと言ってますので、その際はまたよろしくお願いいたします!
今回は現在の正式メンバーSaraが出産で急遽来れなくなりましたが、代わりに一緒にやってきてくれたイヴェがほんと可愛いし性格もメチャクチャ良くて、マイペースなオラとステファン、飛ばしまくりのヨハンとカッレにヘトヘトの俺らを癒してくれて最高だったぜ!アップはしないかもしれないけど、最近記憶力が著しく低下してるから自分のためにツアー日記もまとめようかなと思ってます。

久々の仙台へのツアーを実現させてくれたSPOTTED PATTERN RECORDS運営、The CheckmatesとBOODLEのメンバーのハシケンくん、Little Factoriesのブライアンありがとう。久々にライブ見ること出来たFASTCARSに東京からやってきてくれたTHE URCHIN、GIRLFRIENDもありがとう!DJのBillさんも3年前のツアーTシャツ着て来てくれてありがとうございます。
2日めの下北THREEでの企画を組んでくれたTarget Earth Records中上さんホントいつもお世話になってます!メンバーが俺らこの後にやるのかよってボヤくほどの強力なメンツに感謝です。ROCKBOTTOM、THREE MINUTE MOVIE、TRIPLE JUNK本当にありがとうございました。DJやってくれたHIROSHIさんの70’sのクールな選曲あがりました!
そして大阪公演。いつもうちのツアーではお願いさせてもらってるYELLOWKNIFE今回もバッチリでした!TRASHMINDにはホント期待してますよ。東京から急遽参戦してもらったTHE NERDY JUGHEADSもといTHE NERDY HUM HUMSはこの日のみの激レアな編成楽しかった。
4日めの名古屋がホントにやばかった。前日メンバーにしっかりと睡眠を取らせてなかったらどうなるかとぞっとしたのは、ライブハウスの空調の不具合により激暑の環境でのライブ。けど逆にこれでメンバーエンジンがかかった様子だった!フロアーの泥酔状態も輪がかかりカオスな感じで最高だった。企画をしてくれたHAYASICK率いるkillerpassもホントにいつもありがとう!横浜からやってきてくれたTHE STEADYSもありがとう。DJをやってくれたRecordshop ZOOのカズーさん、にツルくんもありがとうございました。
そして迎えたファイナル。POP PUNK FEST 2いかがだったでしょうか。今回も自分が現時点でSSC、そして普段小さいライブハウスには現れない人たちにこそ見せたい国内のポップパンク集結できたと思ってます。気に入ったバンドがいたら、彼らのライブにまた足を運んでみてください!良いバンドまだまだ国内にいますから!!出演してくれたPelotan、SO-CHO PISTONS、THE WIMPY’S、DiSGUSTEENS、THE HUM HUMS、SUSPENDED GIRLS、THE NERDY JUGHEADS、Girlfriend、Sunny Branch、SWEET CHILDRENありがとう。引続き頑張りましょう!THREE、BASEMENT BARと東京の2回公演を最高の形でやらせてくれた高木君ホントに感謝です。
今回のツアーもボランティアで一緒に回って裏方仕事手伝ってくれたPelotanのアキラ、リョウスケ、に元芸人のカキヌマシンゴ(前回のツアーの後、スウェーデン遊びに来いって言われて本当にSSCに会いに突然スウェーデンに行くバカ)おつかれさまでした!
細かい裏話はツアー日記公表する時があったら明らかにします。まずは本当に皆さんありがとうございました!ツアー再び大成功っと!

後、最後に、海外からのツアー招聘を考えてる方、This Time Records運営の宿泊所かなりいいっすよ。相談してみてくださいね。



さあ、SONIC SURF CITYのファイナルのラインナップがいまさらですが決定しました!もうこのメンツ俺の中ではかなりすげーんですけどね。もちろん誘ったけど日程の都合でダメだったバンドもいるんだけどそこであえて増やしたりはしてませんよ!しかしSONIC SURF CITYが正味な話ニューアルバム作ってまた日本に来るって言ってくれるとは思わなかった。アルバム今のところうちからのリリースだけなんだけど、お前のところから真っ先に出すのが筋だろってオラ先輩に言われるとは思わなかったよ。しかも、この人達全然守りに入らなくて俺たち続けっからってのがニューアルバム聴けばすっげーわかるし。確実に進化してるし、過去よりも今の音もしっかりと吸収してんだよ。オラ先輩なんて一年中本職で世界中飛び回ってて忙しいのに、ちゃんと音楽を聴き続けてるんだなってのがわかるよね。もう、おっさんなのにスウェーデンから来て、日本から帰国した日に仕事するんだぜ?バカなんじゃねーのかと思いましたけどねw やっぱりこういう音楽バカだからこそ一緒にやりたいんだよね。今回の来日には女性コーラスも連れてきてってのも前回のツアーでみんなが女性コーラスありの曲をリクエストしてくれたから、あれだけの楽しいライブを経験させてもらったからその御礼にっていうか、その希望に答える形ってのもうれしい。
さてファイナルSSC以外のメンツを駆け足で紹介。


前回のツアーを一緒に回ったPelotan。残念ながら今回のツアーには同行できないけどアキラとリョウスケは、運転手やローディーという形で全部俺と一緒に回ってくれる。マキコが公表したから書くけど、今回のファイナルをもってコーラス・キーボードのマキコはPelotanを脱退します。おれがPelotanに関わるようになったのはマキコが加入してからだから思い入れはすごいあるんだな。うちからリリースさせてもらったアルバムの収録曲”アブラカダブラ”最初聴いた時これ俺を狙って作っただろ?ッて思うくらいツボだった。そして前回のSSCのツアーの時、SSCの女性ボーカルが歌う曲数曲をマキコに歌って欲しいってSSCからリクエストあって、彼女に頼んだ時、彼女は最初やりたがらなかったけど、話してくうちにやってくれることになってツアー中の移動の際に必死に車の中で彼女の姿を見てやべー軽はずみに頼んじゃったけど、こんなに負担になってるのかと心配もしたけど、ライブ終わった後やって良かったですって言ってくれてホッとしたのは忘れられない。彼女はめんどくさがりな部分もあるけど、真面目で一直線な子なんだよね。子って歳じゃないかもしれないけど(笑)俺はその彼女のPelotanとしての最後のステージをしっかりと楽しみたいと思います。

大阪のポップパンクといえばやっぱりTHE WIMPY’Sでしょう。長く続ければ誇れるって言う訳じゃないのはわかってる。でもずっと同じクオリティーをキープして続けていくってのはバンドとしてすごい難しいことだっていうのはバンドをやってる人はわかるよね。THE WIMPY’Sは初めて見た時から今現在のライブとで、いい意味で変わってない。何よりメンバーが楽しんでるのが伝わるから。これまで何度か声をかけていたんだけど、都合が合わなくて出演してもらえなかったけど今回はついに出演してもらえることが出来た!しかも、彼らの大事な1stアルバムのリイシューをさせてもらえてさ。ファイナルの会場で真っ先に手に入れることが出来ますよ。廃盤で悔しい思いをしてた人聴いてください。ライブで彼らを見て、そして音源を手に入れてください。それが彼らが一番うれしいと思うんで。

広島からはベテランSO-CHO PISTONS。ツアーで広島に行った時にツアーバンドみんなSO-CHO PISTONS見て驚くからね。あんなタイトで音源以上に速い速度で繰り出される曲はライブでこそ体感して欲しい。ここまで自分たちのスタイルを確立してるってのはすごくないか?ってライブを見るたびに思う。このバンドも年齢重ねても全く守りに入るどころか新しいことにどんどん取り組んでいく姿勢を忘れない尊敬するバンド。

こちらも大ベテランDiSGUSTEENS。下地くんと初めてちゃんと話したのってSKIMMERの法政大学でやったライブの時だったような気がする。SKIMMERの前身のTHE SECTがやばいって言うような話をして以来、ずっといつもレコードの話をしている大事なおじさん。このバンドも今じゃ下地くんが名古屋に引っ越して、メンバーも色々忙しくて昔みたいにしょっちゅうライブをやることができていないけど、その分以前よりもライブをやるときの爆発力があると思うんだな。久々のライブですよ。お楽しみに!俺の楽しみにしてる。下地くんにはマラソンの話を振るとよく喋ると思います。

THE HUM HUMSはTHE HUM HUMS。大事な友だちですが、彼らの貪欲な姿勢が俺が彼らをサポートし続けたいって思わせる。THE HUM HUMSはTHE HUM HUMS。これ大事なことだと思う。どんどん吸収しろ。今年中にアメリカ、イタリアのレーベルと共同でニューシングルリリース予定。これにもネクストレベルの名曲ぶち込んできてる。

THE NERDY JUGHEADS。スコットランドのTHE MURDERBURGERSのツアーを皮切りに一気にエンジンがかかって、自らTHE JOGGER HOLLYの日本ツアーを招聘したりと精力的に動きまわっている彼ら。ヨッシーが過去にやっていたバンドのことはもういいっしょ。まだまだ伸びしろありますよ。TEENAGE BOTTLEROCKETを引き合いに出されるのは仕方だないけどそれだけじゃないと思うよ。

今年うちから新しい音源をリリースさせてもらったGirlfriend。メンバーがやってるそれぞれのバンドも名前が知られてるけど、このバンドでは真正のポップパンクをやってます。SONIC SURF CITYを目指したのに辿り着いたのはTHE CHROMOSOMESってのはあながち間違いじゃない。メンバーがポップパンクたまらんって感じで楽しんでやってる姿は自然と笑顔にさせられる。

かなりのベテランだけど全然ベテランの感じがしないのは何故だろうか?のSunny Branch。横浜からの刺客。日本人ならではのメロディー感覚を持つ男女掛け合い3コードポップパンクで根強い人気を誇ってますね。横浜なのに絶賛CARPファン。C・A・R・P!

今回の出演バンドの中では最も若い茨城のSWEET CHILDREN。もはやホントの名前を忘れちゃったけどThe Hathawaysでも活動しているミニヨシがメインを務めるバンド。THE NERDY JUGHEADSのヨッシーの弟だってことはどうでもいい話。しっかりと次世代を引き継いでいって欲しい!

そして最後に出演が決まったのが、ポップパンク界の強力新人SUSPENDED GIRLS。新人なのに態度がでかいのもご愛嬌です。広島と名古屋に散りばったメンバーで練習回数は少なくつつもパーフェクトなライブを毎度繰り広げるのは驚き(楽屋ではメンバーすごい緊張してますけどね)。いよいよ待ちに待ったフルアルバムのリリースも秒読みで、ライブではアルバム収録曲をレコーディング後ほぼ初めての披露となりますが、その良さにみんなきっと驚くと思うのでお楽しみを。最後にメンバーはNOBODYS、DUDOOS始めとして様々なバンドでマルチな才能を見せてくれているNaokids、DISGUSTEENS、そして先日まさかのkillerpass加入を遂げたex-LIFEBALLのシモジコウタ、そしてSO-CHO PISTONSのドラムマシーンことNass Ramoneというおっさんたちが新人バンドとして頑張ってます!

SONIC SURF CITY JAPAN TOUR 2017 FINAL
Liveage Vol.73 “POP PUNK FEST 2”
8/20(日) at: 下北沢BASEMENT BAR & Three (2会場)

OPEN 15:00 START 16:00 前売り 3500円 当日4000円
※当日の入場には時間がかかることが予想されます。余裕を持って早めに入場ください。時間が長いので後半はThreeが休憩所になります。無理せず休憩をとってください。

(出演)
SONIC SURF CITY
Pelotan
SO-CHO PISTONS
THE WIMPY’S
DiSGUSTEENS
THE HUM HUMS
SUSPENDED GIRLS
THE NERDY JUGHEADS
Girlfriend
Sunny Branch
SWEET CHILDREN

DJ: YUSUKE (from LAUNDRY), MODEL. T (from IDAHO RAINYS), CHEERS1号, SENJO (from GO HONEY GO), MANA (from GO HONEY GO)

前売りチケットはe+でも購入可能です。
こちらから

各会場共に予約はWATERSLIDEでもメールにて受付しています
前売チケットの予約は
前売り予約(メール受付分): pre-order@watersliderecords.com

予約の際はメールに下記情報をお願いします。
・名前フルネーム:「」
・連絡先電話番号:「」
・希望公演場所:「」
・枚数:「」

必ずこちらからメールで返信しますので、返信が来ないという方は携帯やご利用のメーラーのドメイン設定を確認して下さい。


さてさて大阪公演は今回もやっぱりいつもうちのツアー大阪編をやってくれてるYELLOWKNIFE企画でございます!前回のSONIC SURF CITYの大阪といえばBEARSがまさかのソールドアウトでパンパンで、SSCが一番びびってたという思い出があります。酸素薄くてライターの火も点かない感じで、オラとステファンが終わった後、死にそうだった(笑)今回は火影のノーステージでのSONIC SURF CITYというさらに熱いライブでやりたいと思います!金曜遅めスタート、仕事帰りでも間に合う感じでやりますんでぜひ参加してください!意外と火影キャパありますよー。けど確実に見たい方はお早めに予約をお願いします!ツアーで大阪飛ばす人いるけど、やっぱり大阪、YELLOWKNIFEがある限りは外せない!南ちゃん、ナオミさんいつもありがとう!大阪のGREEN DAYと話題になっている期待のTRASHMINDに、TEENAGE BOTTLEROCKETの来日公演でのサポートでも盛り上がったTHE NERDY JUGHEADSが大阪でSONIC SURF CITYと対決!SONIC SURF CITYはセット長めで頑張ってもらいますよ!


YELLOWKNIFE presents
8/18(金)at: 大阪 火影

OPEN 18:30 START 19:00 前売り 3000円 当日3500円

(出演)
SONIC SURF CITY
TRASHMIND
THE NERDY JUGHEADS

各会場共に予約はWATERSLIDEでもメールにて受付しています
前売チケットの予約は
前売り予約(メール受付分): pre-order@watersliderecords.com

予約の際はメールに下記情報をお願いします。
・名前フルネーム:「」
・連絡先電話番号:「」
・希望公演場所:「」
・枚数:「」

必ずこちらからメールで返信しますので、返信が来ないという方は携帯やご利用のメーラーのドメイン設定を確認して下さい。