NOE008: ELECTRO HIPPIES “DECEPTION OF THE INSTIGATOR OF TOMORROW:COLLECTED WORKS 1985-1987” CD

※2018年1月24日リリース予定
※ライナー対訳/ 国内盤限定インタビュー付(予定)

構想はあったもののCD化に辿り着くまで長い年月が経ちましたが遂に実現しました!!!オリジナルは86年にGENERICとのスプリットLPでリリースされ、89年にCARCASSのジェフ・ウォーカーが自身のレーベルであるNECROSISから単独音源として再発したLATE UK屈指の名作『PLAY FAST OR DIE』がオリジナル・メンバーであり、バンドの核であったドラムのサイモン全面協力の元に再発!しかも初CD化!

-ELECTRO HIPPIESはドラムのサイモンがFRICTION、MAYBE TOMORROWというローカル・バンドをやった後に84年の夏に始動。NEGLECTED(その後バンド名をABREACTIONに変える)というローカルバンドもやっていたフィルが最初のギターだったが、NIGHTMARE VISIONSというローカル・メタルバンドのギターだったアンディーと動物権利団体の集まりで意気投合しフィルに代わって加入、ヴォーカルに友人だったジェフ・ウォーカーを迎える。バンド名はベースのブルーノがヒッピーとエレクロニカが好きで彼の提言によるもの。当初は方向性なんか全く決めずにただ音楽を作っていたが、初めてまともに練習したのはアメリカはボストンのケイトという文通相手であり当時サイモンと一緒に住んでいた女の子にヴォーカルを取って貰った時だった。初のGIGはリバプールのCHRISTIAN STREET COMMUNITY CENTREでINSTIGATORS、GENERIC、ANARK & POPPYとCYCLIC AMPとの共演。-

ざっとバンドの歴史を振り返ってみましたが、今作はバンド創生期からサイモンがバンドを去った87年までの音源をまとめた謂わば初期コレクションとなる音源集!リリースされた音源としては86年、87年の二本のデモ・テープは勿論、87年のジョン・ピールセッション、そして名作『PLAY FAST OR DON’T』を収録!ここで注目したいのはNECROSISからリリースされた音源はGENERICとのスプリットLPからの盤起こしであって、オリジナル・マスターテープからではなかったのでした。しかし今回はサイモンが所持しているオリジナル・マスターを使用しての再発となり満を持して名作が蘇ります!さらにボーナス音源としては、冒頭でも触れたプロトHIPPIESとも言える最初期に手伝って貰ったケイトがヴォーカルを取ったバンドの最初の練習を録音したテープを始め、85年、86年のリハーサル、86年のマンチェスター、87年のバーミンガムでのLIVE音源も収録。このご時世ありがたいことにYOUTUBEで聴けたりもしますが、正規音源でバンドの残した音源を是非堪能して頂きたく思います!ライナーはサイモンによるざっとまとめた短いものでしたので、CONCRETE SOX、RIPCORD同様に日本盤のみ特別インタビューを掲載できるよう頑張ります!

(収録曲)
JOHN PEEL SESSION , RECORDED 12TH JULY 1987 (FIRST TRANSMISSION 20TH JULY 1987)
1. SHEEP
2. STARVE THE CITY (TO FEED THE POOR)
3. MELTDOWN
4. ESCAPE
5. DEAD END
6. THOUGHT
7. CHICKENS
8. MOTHER
9. MEGA-ARMAGEDDON DEATH LIVE IN BIRMINGHAM, 13 JUNE 1987
10. MELTDOWN
11. MOTHER
12. SHEEP
13 .THOUGHT
14 .DEAD END
15 .VIVISECTION SONG
16. LIFE IF KILLING BABIES IS TIGHT…KILLING BABIES FOR PROFIT IS TIGHTER (SECOND DEMO, JANUARY 1987)
17. INTRO (DEATH IN THE SWAMP) / SATANIC WARMONGER OF THE ABYSS
18. MELTDOWN
19. AT THE EDGE
20. MOTHER
21. REJECT
22 .SHEEP
23. DEAD END
24. LIFE REHEARSAL RECORDING FOR HICKY’S COMP, 23RD DECEMBER 1986
25 .TERROREYES
26. AM I PUNK YET?
27 .VIVISECTION SONG

PLAY FAST OR DON’T (SPLIT LP WITH GENERIC), 14TH / 15TH JULY 1986
28 .INTRO (WRATH OF MICHAEL)
29 .ACID RAIN
30. RUN RONALD
31 .WINGS OF DEATH
32 .TERROREYES
33. THEME TOON (FRASH IT OUT)
34.AM I PUNK YET?
35. THE REAPER
36. NEXT TIME
37 .VIVISECTION SONG
38. PROFIT FROM DEATH
39. MEGA-ARMAGEDDON DEATH PT 3
40 .THE HORN OF HADES

LIVE IN MANCHESTER , 30TH JUNE 1986
41. UNITY
42 .RUN RONALD
43 .LIFE
44. MELTDOWN

REHEARSALS FOR SPLIT LP, 27TH MAY 1986
45 .UNTITLED INSTRUMENTAL
46. STAND PROUD KILLING BABIES IS TIGHT (1ST DEMO) , 3RD MARCH 1986
47 .INTRO
48. UNITY
49. RUN RONALD
50. WINGS OF DEATH
51 .VIVISECTION SONG
52.SAY GOODBYE NOW
53. OUTRO PRACTICE RECORDING, 3RD JUNE 1985
54. FOOD BOWL
55. WATFORD GAP
56. REJECT DETECT
57. SMILE
58. CATTLE FIRST EVER PRACTICE, 23RD FEBRUARY 1985
59. AM I PUNK YET?
60.HIDE.. WHERE?

BTRSV039J: ELECTRO HIPPIES “DECEPTION OF THE INSTIGATOR OF TOMORROW:COLLECTED WORKS 1985-1987” 2LP+CD
※2018年1月24リリース予定
※同内容CD付
※国内流通盤のみ帯付
※ライナー対訳/ 国内盤限定インタビュー付
(予定)

10月
07
Filed Under (2.BREAK THE CONNECTION, 3.BOSS TUNEAGE) by blackie

NOE007/BTRSV034:RIPCORD “POETIC JUSTICE” CD/2LP+CD

※2016年10月19日リリース予定
※帯/対訳付き
※LPは限定カラー盤/別デザイン帯/同内容のCD付き

元RIPCORDなんて説明も不要なほどVIOLENT ARRESTで精力的に活動中の彼等が、今年10月になんとRIPCORD再結成GIGを二回行うことが決まり(チケットは既に完売!)それに伴い以前からアルバムをリマスターして出し直したいとメンバーが考えており、この機会に2枚のアルバムをそれぞれ未発表のボーナスを加えてリマスター再発!

新たなライナーを読んでみてもやはりこのアルバムがメンバーの中でも最高傑作でありボストン・ハードコアから影響を受けつつ、練り上げられた曲、ツアーで鍛え上げた演奏力が詰まった渾身の一枚である。こちらも『DEFIANCE OF POWER』同様にWHITEHOUSEスタジオを使わず新たにリマスターされオリジナル・アートワークでの再発!バズの出すギター音は誰が聴いても彼の音と判断でき、ジムのベースも存在感たっぷりにジョンのドラムのテクニックも向上。個人的にはバズビーの癖のある歌い方が好きだが、スティーヴの力のこもったヴォーカルは後にフォロワーも多くでたスタイルで素晴らしい。そしてボーナス・トラックにアルバムのレコーディング後間もなくしてやったブリストルでの解散ラスト前のライブ録音24曲を収録!録音状態も良くこれまた円熟した勢いのある演奏が聴けます。

(収録曲)
-POETIC JUSTICE-
1. Intro
2. So Strong
3. Aim To Please
4. Get Away
5. On the Way Down
6. No Reason
7. Fools To Persist
8. Collision Of Vision
9. Resolute
10. No Effort, No Thought
11. Out Of Reach
12. Barriers
13. The Vain
14. Passer By
15. Cross Culture
16. Existence Without Cause
17. Overload
18. Passive Memories
19. Infiltrate
20. Censorship
21. Poetic Justice
-LIVE at Tropic Club in BRISTOL-
22. Fools To Persist
23. On My Way Down
24. So Strong
25. Aim To Please
26. Collision Of Vision
27. Can’t You See
28. Poetic Justice
29. Vivisection
30. Passer By
31. Drugshit
32. Out Of Reach
33. No reason
34. Subconscious thoughts
35. Barriers
36. Get Away
37. No Effort, No Thought
38. Infiltrate
39. Censorship
40. Overload
41. Passive Memories
42. Boiling Point
43. Furder
44. Never Again
45. Starvation


10月
07
Filed Under (2.BREAK THE CONNECTION, 3.BOSS TUNEAGE) by blackie

NOE006/BTRSV033:RIPCORD “DEFIANCE OF POWER” CD/2LP+CD

※2016年10月19日リリース予定
※帯/対訳付き
※LPは限定カラー盤/別デザイン帯/同内容のCD付き

元RIPCORDなんて説明も不要なほどVIOLENT ARRESTで精力的に活動中の彼等が、今年10月になんとRIPCORD再結成GIGを二回行うことが決まり(チケットは既に完売!)それに伴い以前からアルバムをリマスターして出し直したいとメンバーが考えており、この機会に2枚のアルバムをそれぞれ未発表のボーナスを加えてリマスター再発!


ドイツのEPISTROPHYが編集盤でリリースした再発盤もデジタル・リマスターしたものでしたが、今回はWHITEHOUSEスタジオを使わず新たにリマスターされオリジナル・アートワークでの再発!そして未発表音源は、録音状態の良かった87年の7月にオランダのアーネムでやったLIVE音源と87年の3月に行ったスタジオ・リハーサル音源を追加収録。リハーサル音源は、アルバム・レコーディングの一週間前に録音したもので、レコーディング曲を全て通して行った言わばレコーディング前の最終調整となる気合い十分の貴重音源。ライブも荒くれまくった音源の倍のスピードで燃えます!

(収録曲)

-DEFIANCE OF POWER-

1. Abuse
2. Lucky Ones
3. You Don’t Care
4. Eternal Tomb
5. False Prophecies
6. Ignorant
7. Drugshit
8. Live By the Bomb Die By The Bomb
9. Furder
10. Blind Eye
11. Wicked
12. Viviseccion – Tortura Innecessaria
13. Defiance Of Power
14. Prisoners
-Live in ARNHEM Netherlands 1987/7/2-
15. Abuse
16. Lucky ones
17. Empty Faces
18. Eternal Tomb
19. Ignorant
20. Single Ticket to Hell
21. Live By The Bomb Die By The Bomb
22. Defiance Of Power
23. Thatchula
24. State Of Emergency
25. Drugshit
26. Kiss Of Death
27. You Don’t Care
28. Vivisection
29. Blind Eye
30. Furder
31. Lies, Lies, Lies
32. Eve Of the End
33. Prisoners
-1987/3/14 リハーサル・セッション-
34. Abuse
35. Vivisection
36. Prisoners
37. Defiance Of Power
38. Furder
39. Lucky Ones
40. Drugshit
41. Wicked
42. Live By The Bomb Die By the Bomb
43. Eternal Tomb
44. False Prophecies
45. Blind Eye
46. You Don’t Care
47. Ignorant


11月
07
Filed Under (2.BREAK THE CONNECTION) by blackie

音楽館 秋葉原店5F

『HATE IS POWER vol.3』

SUMMER OF DEATH

FILTHY HATE

11/30(sun)18:45 open/19:00 start

1000yen

スタジオライブ注意事項!スタジオ内での飲み物(特に酒!!!)は水以外一切NGです!もちろん禁煙です!これは口をすっぱく言われてることなんで来られる方は頭に入れといて下さいね!せっかく良い場所なのにもう使えなくなるとか嫌なんで!お酒と煙草は店の外でお願いします!2バンドなんで長時間のGIGじゃないんでお願いしまーす!

FILTHY HATEは新作パーカー/Tシャツも持っていきます!あと新メンバーで録ったデモを販売予定でしたが間に合わなかったので名古屋のGIGより販売します!

———————————————————–

『EL PASO TRAGEDIA vol.3』

FILTHY HATE

MASSGRAVE

LOW CARD de la morte

Folkeiis

NOT A NAME SOLDIERS

12/13(sat)名古屋HUCK FINN 18:30 start

2000yen


NOE005/BTRSV015: RIPCORD “FAST’N’FURIOUS – THE COMPLETE DEMOS” CD / 2LP(CD付)


※2014年4月 9日 リリース予定

※LPは二枚組でRED/CLEAR/WHITE/GRAYの4種類のVINYLランダム組み合わせ

※CD/LP共にライナー対訳付

  BOSS TUNEAGEによる1st FLEXIの再発以降、Tシャツの復刻等RIPCORD関連のリリースに携わってきましたが遂に国内盤でRIPCORDがリリースされます。彼等が活動期間中に残したデモテープ音源5作をまとめたコンプリートデモ音源集!デモ音源と言っても全てレコーディング音源!バズの手によってリマスターもされていますが、中には彼の所持するデモテープからの起しになる為、バックにテープノイズが入る曲もありますのでそこはご理解下さい!既にいくつかのデモはレコード盤で再発されている音源もありますが、CD化は今回が初となり2ndデモ、4thデモ(DAMAGE IS DONE FLEXIレコーディング時のボツミックス)は初の正規再発となります。初期ヴォーカル時の1st、2ndデモはまた創生期のRIPCORDの探り探りの音であり、趣向の違うギターのスピードが速すぎて全く弾けてない所なんか若さ故でしょう。THRASHをやりたかったバンドの中で自然の流れでギターが抜けギターとベースを全てバズ弾いた2ndはよりTHRASH色の濃い音へと変化。が、今度はスキンズスタイルのヴォーカルで抜け、1stソノシート、1stアルバムでヴォーカルを取ったバズビーにチェンジしより攻撃的なTHRASHサウンドを手に入れ、SACRILEGEや初期CONCRETE SOXを聴いてメタリックな刻みを大胆に取り入れつつUSHCに影響を受けた爆裂THRASHを武器にRIPCORDらしさを開花させる。そんな彼等の初期スタイルを堪能できる1枚です!

(収録曲)
-IN SEARCH OF A FUTURE 1stDEMO-
1. False Prophecies
2. Lucky Ones
3. 3 Minutes
4. Keep Away
5. Starving Kids
6. Big World
7. The Way You Are
8. In Search Of
9. Blind Eye
-2nd DEMO-
10. Intro / State Of…
11. Countdown
12. Freedom Fighters
13. The Exterminator
14. Crush Apartheid
15. Kiss Of Death
16. Lies Lies Lies
-WEST COAST THRASH 3rd DEMO-
17. Intro / Eve Of The End
18. Single Ticket To Hell
19. Armchair Critic
20. Crush Apartheid
21. Kiss Of Death
22. Blind Eye
23. Thatchula
24. 3 Minutes
-DAMAGE IS DONE 1st MIX-
25. Big World
26. Furder
27. Empty Faces
28. Armchair Critic
29. Thatchula
30. Eve Of The End
31. Single Ticket To Hell
32. State Of Emergency
33. Kiss Of Death
34. Lies Lies Lies
-FAST AND FURIOUS 5th DEMO-
35. Drugshit
36. You Don’t Care
37. Wicked
38. Ignorant
39. Eternal Tomb
40. Live By The Bomb
41. Lucky Ones
42. False Prophecies
-BONUS TRACK-
43. Bonus

予約は少々お待ちください。


BTRC078J: THIRTY SIX STRATEGIES “STRATEGY ONE” CD

※2013年8月28日リリース予定
※帯付き、歌詞対訳付き

FOR FANS OF: FAREWELL CONTINENTAL、ZOLOF AND DESTROYERS、DAG NASTY、SERVO、LUNA:SUITガールボーカルメロディック、エモーショナルメロディック

BOSS TUNEAGEの新作は突如現れたガールボーカルエモーショナルメロディックパンクバンドTHIRTY SIX STRATEGIESのデビュー音源!元々は2枚の7″でリリース予定だった作品ですがあまりにも内容が素晴らしいため急遽1枚のCDとしてリリースすることを決定!聴いていただければ納得いただけると思いますが、とにかく女性ボーカリストの存在感が最高!透き通り伸びやかでありながら芯の強いこの声質がこのバンドを極上のものに仕上げています。「ブロンディーのデビー・ハリーがDAG NASTYを歌っているようだ」っていう声がイギリスの知り合いから聴かされてる。
まだまだ若いボーカルクリスティーのバックを務めるのは、インナーでは名前は伏せていますがSHUTDOWNのニール、DECADENCE WITHIN、FLUX OF PINK INDIANSそしてUKパンクロックの歴史を綴った教科書「Burning Britain」や「Trapped in a Scene」の著者としての方が有名なイアン・グラスパーが参加と新旧のUKシーンの強者が勢揃い!しかしそんなことですらどうでも良くなってしまうほどこのバンドは素晴らしい!流れるような疾走感が溢れエモーショナル度たっぷりな天空を突き抜けるメロディックパンクが炸裂する全6曲。ガールメロディックファン撃沈。。

(収録曲)
1. No Peace On Earth
2. One Of these Days
3. Crossfire
4. Landscape Of Loss
5. Won’t Roll Over (And Die)
6. Forget Me Not

SHOP(通販)はこちらから


NOE003:DEATH DUST EXTRACTOR / RETURN “MAKE A NOISE OR NOT AT ALL” split 7″

※2013年6月21日発売予定
※レーベル直販特典デカバッヂ2種付

新たなメンバーでの精力的な活動がサウンドに現れてきた津山ステンチ・クラストDEATH DUST EXTRACTOR。LATE 80’s UKサウンドに切っても切れない”メタル”をデスダスト流に表現した新たなDEATH DUST流ステンチ・メタリック・ナンバー。この進化は必然的であり、新たな音楽性から生まれた究極の音だろう。一方のRETURNは、作為的かナチュラルかギリギリ微妙なラインの演奏力でプリミティブ・ロウネスを体現する80年代スラッシュ・サウンドに拘りを持った音作りで”あくまでTHRASH METAL”を主張出来たであろうアルバムの印象を払拭したダーク・スラッシュ・メタルを放つ。 共に新曲2曲を収録。

※ご予約はコチラから!

 

レコ発GIG!!!当日限定別ジャケット付EP先行販売!

IN CONSPIRASY WITH SATAN VOL.2
-DEATH DUST EXTRACTOR/RETURN split release GIG-
2013.6.16.(日) 新宿NINE SPICES

DEATH DUST EXTRACTOR
RETURN
AIMING HIGH
FILTHY HATE
DEADLY SPAWN
TAKAHASHI GUMI(TOKYO LAST GIG)
+SPECIAL FOOD:MEXICAN TACOS Taqueriaカランコロン


HARVEST HARDCOREの復刻Tシャツも皆様のお蔭で好評を頂いておりますが、Bazからまだ当時のシャツあるが作らないの?と嬉しいお話を頂き第二弾復刻販売致します!

オフィシャル復刻第二弾!今回もオリジナルを所持していたBazからデザインを貸して貰いました!NAPALM DEATHのリー・ドリアンも着ていた名作1stアルバムのジャケデザインで、バックプリントは“DAMAGE IS DONE”の裏ジャケに描かれていたイラストです!CONCRETE SOXに引き続きUK EXTRA協力の元、染み込みインクでのプリントになります!

RIPCORD “DEFIANCE OF POWER” Tシャツ 販売価格3,000円

4/23より受注販売開始!4/30までにご注文頂きますと最短の5月半ば発送となります!

※ボディーカラー:ホワイト/グレー/イエロー/ライトブルー/ライムグリーン/ナチュラル/サンドカーキー

グレーボディー

イエローボディー

ブルーボディー

グリーンボディー

ナチュラルボディー

※プリントカラー:フロントがブラックとグリーンの2色刷り/バックプリントはブラック(インクは全てこの仕様のみです)

※表面のロゴのプリントですが、ボディーカラーによってグリーンの色が変わってしまう場合がありますので予めご了承頂きご購入下さい!

※フロント、バックの両プリント/タグにBOSS TUNEAGEプリント

※受注生産となりますので、制作の関係上2週間から3週間かかる場合がございますことをご了承下さいませ。また決済方法をお振込みご希望の際は、お振込み確認後の製作となります。

※ボディーサイズ:XS(160)/S/M/L/XL/XXL(ボディーはUNITED ATHLE 5401-01になります)

※Tシャツのサイズは以下のリスト参照下さい

単位cm 着丈 身幅 袖丈
160  62 / 45 / 20
S       65 / 48 / 20
M     68 / 50 / 20
L       71 / 53 / 21
XL    75 / 58 / 22
XXL   80/ 63 / 24

★サイズは目安としてお考え下さい。

ロンT、パーカーも同時販売!

ロンTのサイズは以下のリスト参照下さい

単位cm 着丈 身幅 袖丈
S / 65 / 47 / 57
M / 70 / 52 / 62
L / 73 / 55 / 63
XL/ 76 / 59 / 64

サイズは目安としてください多少の誤差はありますので予めご了承下さい。

パーカーのサイズは以下のリスト参照下さい

着丈/ 身幅/ 袖丈/(単位cm)
S  64 / 45 / 60
M  67 / 48 / 62
L  70 / 51 / 62
XL 73 / 54 / 93

サイズは目安としてください多少の誤差はありますので予めご了承下さい。

 


連絡遅くなりましたがMIDWAY STILL JAPAN TOUR今回も無事完了しました!会場に来てくれたみなさん本当にありがとうございました。一緒にやるバンド目当てで来た人もMIDWAY STILL終わった後に気に入ってくれてマーチャン買ってくれたりしてうれしかったです。後、往年のファンの人で前回会場に来れなかった人で今回初めて見た人が昔の音源と全然違ってこんなにラウドだって知らなかったよなんて声かけてくれたときはニヤニヤしちゃいました。
ツアー決める前というか俺と揉めたわけじゃないけどちょっと巻き込まれるようなことがあってこいつら何考えてるんだよって思ったことあったけど、前回よりも今回ははるかにさらに楽しかったです。愛すべきアホ3人やっぱりバカで面白かった。底抜けのアホでした!
毎回サポートしてくれるバンドを真剣に見て、始まる前にやべーみんなかっこいいどうしよう。緊張してきたなんて毎晩いってましたよ(爆)。でも演奏始まった瞬間に目つき変わって最高の演奏するんですよ。やっぱり当然ながら負けたくないみたいですね。
牛たんが食べれなくて差別じゃないんだけど食べられないと涙目で訴えかけたポール。毎晩運転がある俺に向かってビール飲むと聞いて「死ぬか?」と言われ続ける成長しないデック。便秘になっちゃったと切ない表情で訴えかけるラッセル。今思い出しても笑える。でも、俺の家族のことを心配してくれる彼らはそういうとこでは兄さんなんだよな。
今回のツアーにはいつものレニーだけでなく、あーちゃんFILTHY HATEが物販で全行程参加してくれたし、社会不適合者のだめな弟分ミツも半ば強制で参加させたりとしたけどみんな楽しかったと思う。きっとそうだ(笑)
津山のみんないつもご飯とかありがとう。最高でした。企画してくれたキミ君(DEATH DUST EXTRACTOR、LAST、ウシロダ工房)ありがとう。共演してくれその後も遊んでくれたDEATH DUST EXTRACTORのみんな、朝見送りに来てくれたSKIZOPHRENIA。BOMB KETCHもありがとう。
名古屋で企画してくれたHUCK FINNのクロちゃん。ヘルニア大変だね。ありがとう。NAVEL、egotrunk、THE STEP WISEの名古屋勢もいつもありがとう!NAVELの新音源待ってるよ!味仙最高だったな。一日で二回も行っちゃったよ。翌日レニーの尻は大変なことになってたけど。
下北で企画してくれた川崎君ありがとー。面白いメンツだったよ。MIDWAY STILLも楽しみました!ABNORMALS、CRYPT CITY、VELOCITYもありがとうございます。アブのキヨくんなんていつもどおり最終日一番楽しんでたんじゃないの?(笑)
仙台で企画してくれたミサキちゃん。そしてミサキちゃんじゃ心配と共同企画者になってくれたアーリーいつもありがとう! JACK NICHOLSONSはいつもありがとう。でも早くレコーディングしてね。DESPERDICIOはコンノさん凹んでたけどカッコ良かった。コンピに参加してもらえてやっぱ良かった。STRANGENESSも良かった。
ファイナルのNINE SPICES。始まる前にまさかの嵐。あれはビビった。空が一瞬で変わったもの。お陰でパンチラ二回見れましたと言い放ったHIP CAT’Sのサトシ星はある意味すごいですね。いつも驚きです。驚きといえばエロマジこの日も超越してたな。shipyardsにHER SPECTACLESもありがとう。RETURNもなんら異色臭なかったっしょ。仙台から同行してくれたFILTHY HATEもおつかれさま!また遊びましょう。強制同行の高橋名人もおつかれ。もうすぐ活動停止だけど最後にまた一緒に楽しめたね。もうちょいがんばりましょう。今回ユースト配信しないのに撮影はするよってやってきてくれたkampsiteクルーもホントうれしかったよ。
とにかく会場に来てくれた人、フライヤー配布協力してくれた人、TwitterやFacebookで拡散してくれた人、みなさんありがとうございます!やっぱりツアーは面白い。やってよかった。やらせてもらって良かった。体力勝負ってとこが個人的には盛り上がります。次のツアーもよろしくお願いします。
今回ツアーに同行した人がそれぞれの視点でツアー日記書いたら面白いんじゃないだろうか?どうだろう。



MIDWAY STILL “REDIAL” CD

※会場限定販売
※プレスCDR

事件ですコレは!1992年にROUCHNECKからリリースされたMIDWAY STILLの1stアルバム。前回来日した際に1stアルバムのプロダクションがMIDWAY STILLのライブでのギターサウンドが反映されてない点を話していて本人たちもそれに同意していて、あの当時はレーベルの意向で当時のグランジサウンドの中心だったDon Flemingをプロデューサーに起用し、わけのわからないままレコーディングしちゃってさという言い訳をかまし次のツアーの時には録り直すよって飲んでる時に話したんだ。で、飲みの席での話だったし俺はすっかり忘れちゃってたんだけど今回ツアーをブッキングしたら、約束してたやつを録音したよって送ってくれたんです。何事も言ってみるもんだ。
これ凄まじい。まさに今のMIDWAY STILLサウンドで蘇ってます。それもそのはず、復活後にリリースされた”NOTE TO SELF”、”ALWAYS END”を聴いてくれた方ならわかると思いますが、過去のMIDWAY STILLのこじんまりとした感じがなくよりパワフルでラウドなギターが炸裂してるんですよ。これこそ当時この音でリリースされるべきだったと思うんですよ。FOUNDの時点でこれとオリジナル盤聴き比べてもらうとわかると思うんですけど、オリジナル盤こもってるんですよ音が。さすが現役でやってるバンドだと思うんですよね。そしてポールの才能がやっぱりすごいんだなと思います。まさに音楽バカです。ぜひ会場で手に入れてください。マジで彼らのライブ最高なんでどの会場でもいいんで見に来てください。ちょっとでも興味持ってくれた方は損は絶対しないと思います。もう50近いんだよ。でもDIYツアーやるんだよ。年なんて関係ないんだよ。ジャンルも関係ない。やりたきゃやるんだよ。よろしくお願いします!

(収録曲)
1. Found listen!
2. Better Than Before
3. Me In You
4. Come Down
5. What You Said
6. Sweat
7. Wish