MUNCIE GIRLS名古屋編は4 Brothersが贈るこちら!企画者の4BROTHERSに、同じく名古屋のツィンクルエモ/メロディックgood luck with your fun、そして東京からSUMMERMAN!追加もあるかもです!

4BROTHERS presents
5/3(木) 愛知 @ 名古屋納屋橋まねきねこ

OPEN 18:00 START 18:30 前売り当日ともに 2000円(+free drink)

(出演)
Muncie Girls (UK)
good luck with your fun
Summerman
4BROTHERS
+ more

各会場共に予約はWATERSLIDEでもメールにて受付しています
前売チケットの予約は
前売り予約(メール受付分): pre-order@watersliderecords.com

予約の際はメールに下記情報をお願いします。
・名前フルネーム:「」
・連絡先電話番号:「」
・希望公演場所:「」
・枚数:「」

必ずこちらからメールで返信しますので、返信が来ないという方は携帯やご利用のメーラーのドメイン設定を確認して下さい。



MUNCIE GIRLS横浜編はMorethanとSZKNが贈るこちら!このメンツは豪華じゃないですかね。こちらも追加もあるかもです




Morethan & SZKN presents
5/5 神奈川 @ 横浜 Studio Olive

Open 17:00 Start 18:00 前売り 2000円 当日2500円 学生割引 500円

(出演)
Muncie Girls (UK)
SZKN
MORETHAN
SLEEPLESS
without
+ more

各会場共に予約はWATERSLIDEでもメールにて受付しています
前売チケットの予約は
前売り予約(メール受付分): pre-order@watersliderecords.com

予約の際はメールに下記情報をお願いします。
・名前フルネーム:「」
・連絡先電話番号:「」
・希望公演場所:「」
・枚数:「」

必ずこちらからメールで返信しますので、返信が来ないという方は携帯やご利用のメーラーのドメイン設定を確認して下さい。


イギリス・エクゼターのUKエクセターのガールボーカルメロディックパンクバンドMUNCIE GIRLS。Waterslideでも初期の頃から音源を取り扱ってるくらい好きなバンドなんですけど、ツアーが決定する前に飛行機のチケットを押さえちゃって、全然決まらないのに時だけがどんどん経ってしまって助けてもらえないかと連絡をもらいました。DOWN AND OUTS / NO MARKSのMarkからも友達を助けてもらえないかと連絡をもらったり、MUNCIE GIRLSをリリースしているSpecialist SubjectsはBANGERSのAndrewが運営しているレーベルで、BANGERSもうちでリリースしててツアーもそのうちやろうねって言ってたのに解散しちゃったし、そういう繋がりもあるので今回MUNCIE GIRLSのツアーをサポートすることにしました。しかし、日程が超ギリギリ!どんだけ、つんのめってんだよって話なんだよ(笑)現時点でもいろいろな手配をしてる状況なんだけど、自分がMUNCIE GIRLS絶対に見てみたかったし、今のタイミングで絶対に見てみたかったんでなんとか頑張りたいと思います!
現在進行系のUKメロディックバンドの中でも、期待してるバンドの上位に位置する若手のバンド。LEMURIAやHOP ALONGやCANDY HEARTSにRVIVR、それに後期DISCOUNTやSERVOにCAVESにMEASUREにFIFTH HOUR HEROとか好きな人絶対好きになってもらえると思うんでぜひ各会場に足を運んでいただければと思います!
1stフルアルバムではメロディックだけでなく、インディーロックの要素も増えてきててまだまだ引き出しはありそうなこのトリオ。ガールボーカルメロディック好きならよろしくです!あまりにも突然のお助け依頼だったので全行程俺は同行できないんだけど、各地友達に協力してもらってなんとか発表できる状況までたどり着きました。日程は下記の通り各会場詳細決まり次第、随時アップしていきます!名古屋、ラストの東京2本はSummermanに同行してもらいます。

MUNCIE GIRLS JAPAN TOUR 2018スケジュール

5/2(水) 東京 @ 秋葉原音楽館 「NKZW(Summerman)presents」
5/3(木) 愛知 @ 名古屋納屋橋まねきねこ * 「4 Brothers presents」
5/4(金) 大阪 @ 難波 Bears 「Yellowknife presents」
5/5 神奈川 @ 横浜 Studio Olive 「Morethan & SZKN presents」
5/6(日) 東京 @ 新宿 Nine Spices * 「Waterslide presents」
5/7(月) 東京 @ 吉祥寺 Warp * 「Spider Sho Yamamoto(falls)」企画

*印はSummermanも同行します





各会場共に予約はWATERSLIDEでもメールにて受付しています
前売チケットの予約は
前売り予約(メール受付分): pre-order@watersliderecords.com

予約の際はメールに下記情報をお願いします。
・名前フルネーム:「」
・連絡先電話番号:「」
・希望公演場所:「」
・枚数:「」

必ずこちらからメールで返信しますので、返信が来ないという方は携帯やご利用のメーラーのドメイン設定を確認して下さい。


3月
26
Filed Under (1.WATERSLIDE, 1.関連レーベル情報!) by wsrecords

WS181: THE CCS “WHAT A COINCIDENCE!!” CD

※2018年5月23日リリース予定
※DiSGUSTEENS シモジ氏によるライナーノーツ
※MUTANT POP RECORDS公認のオマージュジャケ

DiSGUSTEENS/SUSPENDED GIRLSのシモジコウタとWATERSLIDEが共同ですすめる国内3コードポップパンクバンド発掘シリーズからTHE HUM HUMS、FELIX!(THE BAND)、GIRLFRIENDに続く最新作でございます!東京のパワーポップパンクバンドTHE CCSの1stフルアルバム!

東京のパワーポップパンクバンドTHE CCSの1stフルアルバム!単独作品としてはTHE HUM HUMS、FELIX!(THE BAND)、GIRLFRIENDに続くシリーズ第4弾!元々はパワーポップを基本としたサウンドをやってましたが、途中から一気にポップパンクの世界へこんにちは!したTHE CCSが産み落とした1stフルアルバムはポップパンクとパワーポップの中間を行くサウンド!これが90年代から現在のシーンへ影響を与え続けているYUM YUMS、VACANT LOT、PARASITES、THE CHEEKSといった海外バンドから、国内ではPELOTAN、THE HUM HUMS、PIGGIES、PENCH LINEをも彷彿させるミラクルキャッチーで甘酸っぱいメロディーを疾走感あるサウンドに載せたパワーポップパンクバンド。ハーモニーもガッツンガッツン決めてくるし、サビはなんたって切なさも兼ね備えてるんだから。こんなバンドがまだまだ出てくるなんてポップパンクまだまだいけますぜ!本作もジャケ及びこの解説は、Mutant Pop RecordsのSHORT-RUN CDシリーズをオマージュ!もうこのジャケの写真むかつくっしょ?w ちなみにベースボーカルのOganeはTHE HUM HUMSのマルコとSURRENDERもやってま。

(収録曲)
1. I can’t get off my bed
2. Hard to tell
3. A second time
4. In my dream
5. Wasted
6. She uses the psychic
7. I’m gonna fall
8. Armageddon queen
9. Kick me out
10. Don’t be kind

ちなみにミニアルバムも発売中!
THE CCS “HER FAVORITE TASTE OF SOUP IS SALT” CD

通販はこちらから


3月
19
Filed Under (2.BREAK THE CONNECTION, 3.BOSS TUNEAGE) by blackie

NOE009: HERESY “FACE UP TO IT! EXPANDED 30TH ANNIVERSARY EDITION” CD

※2018年5月23日(水)リリース予定

※CDのみ特典として復刻ステッカー付
※メンバー4人のライナー対訳/国内盤限定BREAK THE CONNECTIONが個人的に面白くて好きな87年のHEADROT ZINEのロング・インタビューをつまんで対訳転載(予定)

2005年に初オフィシャルCD化に伴いリマスターで蘇ったHERESYの集大成ともいえる唯一のアルバム。当時再発のアナウンスを聞いた時はあの大失敗に終わった録音がどう蘇るのか震えて待ったものの、やはり潰れてしまった音源から完璧に元通りになることはなかった。メンバー自身も納得のいく結果にならずもやもやしていたその後数十年。GERIATRIC UNITで活動するスティーヴとカルヴがVIOLENT ARRESTで活動するバズと一緒に新たなプロジェクト・バンドをスタートさせるべく曲を作り始めた2017年。そこで再び持ち上がった『FACE UP TO IT!』の完璧なリマスター化。そう遂に、遂に完全なる理想の音で蘇ることに成功!30周年記念の題目と共にオリジナル・リールから最高傑作が救い出される!

『FACE UP TO IT!』が上手く行けば再びリマスターし直すかもしれない。この話を昨年の中頃BOSS TUNEAGEから聞いた時は、個人的にはこれほどない喜びだった!実現して欲しいと願うこと数ヶ月。マスター・リールは死んでおらず各パートを全て抽出し完全なリマスターが施されると!!!そして届いた音源を聴いて瞬間あの言葉が過った『あとは・・・ ・・・さえ良ければきっと当時のマイルストーンになれたはずなのに。』まさにコレですよ!前作ではリマスターされたにも関わらず引っ込んでしまったヴォーカルは完全に戻らず、ギターはノイジーで厚くなったものの風呂場サウンドは消えることはなかったあの音。。。本当にアノ音がここまで変わることが出来たのか!!!この衝撃と言ったら!現代の技術力に感謝!とりわけジョンのヴォーカルはクリーンに、そして完全に前に出ることによって本来の表情が歌で伝わる!これぞハードコアのヴォーカルな怒りがバックの極限のスピードによって新たな表情を見せたのは大きい!他の楽器隊の変化も言わずもがな素晴らしいのですが、コレについても語りたい所ですが、この件はメンバー各々がライナーで語っているのでネタバレはつまらないので自粛します。更にDOGMAからリリースされた日本特別企画盤だった『VOICE YOUR OPINION』にボーナスで収録された7曲は、前回リリースのライナーでマスター・テープが無くなってしまった為二度と再発されることはないと、カルヴ自身が語っていましたが、オリジナル・リールには音源が残ってたのでこちらもバッチリ収録!そう初CD化です!この音源もリマスターによってまた別モノの音源となってます。レコーディングは上手くいったものの、馴染みのRICH BITCHスタジオが変貌してしまった当時の最新型レコーディングに悩まされミックスも大失敗し、その後のバンド活動のモチベーションも奪ってしまった悲劇のアルバム。88年のオリジナルLPから再発盤までと、これまで15,000枚近くも『失敗作』を世に送り続けてきた『FACE UP TO IT!』ですが、再発盤もレーベルプレス切れ/廃盤になったので新たな『FACE UP TO IT!』いや、これが正真正銘最終形態の『FACE UP TO IT!』ですので、もう散々聴いてきた音源だから別に、、、とは言わずに是非ともこの音を耳にして、この驚きと感動を共感して欲しいと願います!
(収録曲)
1. CONSUME
2. FACE UP TO IT!
3. BELIEF
4. FLOWERS IN CONCRETE
5. TOO CLOSE TO HOME
6. NETWORK OF FRIENDS
7. WHEN UNITY BECOMES SOLIDARITY
8. ACCEPTANCE
9. CORNERED RAT
10. DEDICATION FROM INSPIRATION
11. AGAINST THE GRAIN
12. SICK OF STUPIDITY
13. TRAPPED IN A SCENE
14. BELIEVING A LIE
15. INTO THE GREY
16. BUILD UP – KNOCK DOWN
17. THE STREET ENTERS THE HOUSE
18. MAKE THE CONNECTION
19. NEVER HEALED
20. OPEN UP
21. STAND PROUD
22. TOO SOON TO JUDGE
23. A SENSE OF FREEDOM
24. CONFORM
25. STANDING HARD
26. THE WAY FORWARD

BTRSV041J: HERESY “FACE UP TO IT! EXPANDED 30TH ANNIVERSARY EDITION” 2LP+CD

※2018年5月23日(水)リリース予定

※同内容CD付
※初回プレス限定ゲートフォールドジャケット(2ndプレスからシングルジャケットになります)
※国内流通盤のみ帯付
※メンバー4人のライナー対訳/国内盤限定BREAK THE CONNECTIONが個人的に面白くて好きな87年のHEADROT ZINEのロング・インタビューをつまんで対訳転載(予定)

2018.5.12(Sat) @ 渋谷LUSH
OPEN 17:00 START 17:30予定

WATERSLIDE PRESENTS LIVEAGE Vol.74
SUSPENDED GIRLSレコ発 “POP PUNK IS BACK!!”

出演
SUSPENDED GIRLS,
THE DAZES,
Toy-Pooh-Dolls,
THE CCS,
THE NERDY JUGHEADS,
THE HUM HUMS

SUSPENDED GIRLSレコ発という名目ですが他にも当日プラスアルファ起こる可能性有りです!
THE DAZES久々の東京ライブもあるし、ポップパンク好きなら会場に遊びに来てちょうだい!

SUSPENDED GIRLS

Don’t Trust Under 30でお馴染みのおっさんたちが結成したSUSPENDED GIRLSもいよいよ1stフルアルバムを3月にリリース!そしてこのレコ発当日はアルバム全曲をやっちゃいます!こんなにがっちりとSUSPENDED GIRLS聴けるのもこの日だけだぜ!おっさん達がヘロヘロになったら蹴り倒そう!

THE DAZES

ひっさびさじゃないか東京は!ガールポップパンクトリオTHE DAZESがついに東京にやってきてくれる!めったに遠征来れないんだからこの機会を見逃すなよ!

Toy-Pooh-Dolls

広島のガールポップパンク(一人おっさん紛れてるけど)Toy-Pooh-Dollsも広島から急遽参戦!かつては演奏もしょぼかったんだけどこないだ久々に見たらすげー良くなってたんだよ。フロントの二人のボーカルも力強くなってたしリズム隊もしっかりしてた!ってことで頑張って東京来てもらうしかないなと思ってスペシャルゲストで参戦してもらいます!

THE CCS

東京のパワーポップパンクトリオTHE CCS!新作がかなりの出来で震えております。シーシーエス、シーシーエス、名前覚えてくださいよ!この日に彼らの1stフルアルバムの先行発売あるかもよ!YUM YUMS、PARASITES、VACANT LOT、PELOTAN、PIGGIES好きならチェックしてちょうだい!

THE NERDY JUGHEADS

もう見た目が重鎮になってきたんだけど、心はいつまでも若手。THE NERDY JUGHEADSも参加です。最近はギターのメンマに注目してます。

THE HUM HUMS

マルコニックセーバーズを母体に結成されたTHE HUM HUMS。WATERSLIDEから2枚のアルバムをリリースし、今度はイタリア、オーストリア、アメリカのレーベルと4レーベル共同でバンド初となる7”シングルをリリース予定。さあ、間に合うのでしょうか。乞うご期待。

LUSH: 03-5467-3071
INFO: info@watersliderecords.com


2月
16

WS179: SUSPENDED GIRLS “POP PUNK IS BACK!” CD

※2018年3月21日リリース予定
※歌詞対訳付き

驚異の新人現る!と思いきや、NAOKIDZ(NOBODYS、THE DUDOOS、Toy-Pooh-Dolls)、シモジコウタ(LIFEBALL、DISGUSTEENS、MUSCLE BEACH PARTY、killerpass)、Nass Ramone(早朝PISTONS、Dumb Records)という90年代から日本のポップパンクシーンを牽引するベテランが若い者には負けてられないとガチの勝負を挑む!自主でリリースされた1st4曲入りデモ、キリキリヴィラのコンピ「While We’re Dead」、TEENAGE BOTTLEROCKETのトリビュートアルバムへの参加を経てついに渾身の15曲入り1stフルアルバムをぶっ放した!
彼らが敬愛する90年代から世界中に派生したメロディック/ポップパンクバンド(レコード)への愛をこれまでは、各自のそれぞれのバンドではストレートに出してきていなかったけど、ついにそのカラーを曲のタイトルでもあるように90’sポップパンクジェネレーションとして思いっきり打ち出してきた!これがもう最高以外なわけないじゃないですか?!だって、NAOKIDZにシモジ君だけでもすごいのに、そこに8ビートマシンのNass Ramoneのドラミングが加わってるんですから。正直、これまでに彼らがそれぞれやってきたどのバンドよりも震えさせられてます!(ごめん、失礼。)いや、ディスってるわけじゃないよ。この3人故の化学反応がすごいのよ!俺自身も90’sポップパンクジェネレーションですんで、もうあの時代の音源を漁りまくり新しい世界(音楽)に出会えた時の興奮と衝動がこのサウンドから伝わってくるんだ!「POP PUNK is back」なるタイトルが偶然にも2曲収録されてるが、全くの別の曲。これはNAOKIDZとシモジ君それぞれのポップパンク愛を込めた曲が偶然にもそれぞれが同じ曲名で作ってきたんだ。どんだけおっさんたちポップパンクへの思いが強いんだ(笑)オーバー40の方はもう笑っちゃうしかありません。ニュージェネレーションのポップパンクキッズたちも新鮮ながら興奮してもらえると思う。この作品で国内のポップパンクシーンをネクストジェネレーションに連れて行ってやってくれ!あっ1stデモ収録の4曲をしっかりと録り直して、新曲11曲追加しての全15曲入りの大ボリューム。しかも当然のことながら捨て曲なんてなし!
ジャケはわかる人はわかるであろう、90年代のポップ/メロディックパンクと言えば誰もが避けては通れなかった傑作コンピ「SHREDDS」シリーズのオマージュで、ブックレットの中にも彼らが大好きなレコードジャケがてんこ盛り。狂った蒐集家S君のコレクションのデモテープのジャケで震えるも良し、この音源からあの時代の名盤を掘り下げていってももらいたいぜ!


(収録曲)
1. Trance Ramone (kills POP PUNK)
2. I don’t know what of you are right
3. The sun wind in summer zeal !!
4. A sign of early fall
5. I’m O.K., you’re O.K.
6. Back to your nostalgia
7. A thousand view
8. Wash my mind
9. Surfside Route54
10. Surfin’ summer
11. Your voice
12. Do the likeliest, God will do the best
13. POP PUNK is back N
14. POP PUNK is back S
15. POP PUNK generation

そして記念すべきレコ発をやりますよ。なんと久々にあのガールポップパンクバンドTHE DAZESが出演!震えて待て!

2018.05.12(Sat.) 東京(会場、詳細は決定次第発表します!)

出演:SUSPENDED GIRLS, THE DAZES (from Kansai), THE CCS, & more


2月
15

WS176: DOWN AND OUTS “DOUBLE NEGATIVE” CD

※2018年3月7日リリース予定
※歌詞対訳付き

ついに多くの人が待ち望んだ待望の初のツアーが今年の夏計画中とのこと!震えて待て!


ポップパンク/メロディックパンクファンからOi/ストリートパンクファンにも支持されている現在進行系UKパンクロックバンドDOWN AND OUTSのニューアルバム登場!これが5作目となり2ndアルバム以降WATERSLIDEからリリースさせてもらってます。NO MARKS、FLAMINGO 50、TOWN BIKEと言ったバンドでも活動するメンバー在籍。CLASH、COCK SPARRER、SHAM 69といった先駆者からの影響を見せながらも現在進行形のメロディックパンクのエキスも注入した掛け合いボーカル&コーラスでシンガロング必須のパンクロック!そこにUKメロディックの哀愁も入れてきているのがこのバンドの良さ。とにかくギターのカッティングがカッコイイのが今作。初めて聴いたときから聴きながら一緒に歌えちゃうくらいメロディーがいいのはもちろんこれまでの作品でもわかってますよね。現地ではTHE CLASHが30年後にリバプールで誕生してたらこのバンドのサウンドと言われてますが、それはそれな話です。そんなことは置いておいても、現在進行形正統派英国パンクロックってことだけでポイント高いですから。

(収録曲)
1. Astoria
2. Basingstoke
3. Shot
4. You Can Have Your Country Back
5. Tea and Sympathy
6. You’re Still Here
7. What Did You do in the Culture Wars
8. Free
9. Heartbreak Radio
10. I Think I’m Falling Apart
11. About Time
12. All in it Together
13. Norah Marie


12月
07
Filed Under (3.BOSS TUNEAGE) by blackie

BTRC117J/BTRC12-117J: LOUDMOUTH “EASY TIGER!” CD/LP+CD

※2018年1月24日リリース予定
※CDは帯付

LEATHERFACE、H.D.Q、HOOTON 3 CARでお馴染みサンダーランドから再びUKメロディック・バンドの登場!現在のH.D.Q、RED ALERT、ANGELIC UPSTERSでも活動するミックがギター・ヴォーカルを務めるLOUDMOUTHは2010年に1stアルバムをドイツのMAD BUYCHERからリリース。2013年にはRED ALERT、HALBSTARKE JUNGSとのスプリットを出しており、久々の音源がこの2ndアルバムとなります。このバンド名は各国に多く存在しますし、ジャケも悩ましい所ですが飛出してくる音はやっぱり僕らの大好きなUKギター・メロディック!コーラスとの掛け合いから往年のサンダーランド・ギター・メロディックサウンドを基本にしながらも古臭さだけに終わらない最高のメロディーとパワフルなUKメロディックを披露!ありがちのようでありがちでないメロディックではないでしょうか!故ディッキー・ハモンドへの追悼曲としてSTOKEの“MEXICAN STAND OFF”のカヴァーも収録!現行哀愁メロディックもまだまだ捨てたもんじゃないですね!

-収録曲-
1 SINK OR SAIL
2 THICK AND THIN
3 THE LAST FAREWELL
4 LONELY ROAD
5 SQUARE ONE
6 NEVER SAY NEVER
7 ALL WE’VE EVER KNOWN
8 ON A BUS
9 TO THE GRAVE
10 GROUNDHOG DAY
11 SHADOW OF DOUBT
12 MEXICAN STAND OFF


12月
06
Filed Under (3.BOSS TUNEAGE) by blackie

BTRC12-118J: PARASITE “残響” LP

※2018年2月下旬から3月上旬リリース予定(プレス工場の繁忙の為、発売日が決められず申し訳ございません!)
※国内流通分限定帯付

海外レーベルからのリリース等、国内外からも絶賛される愛知メタルパンク代表バンド”PARASITE”の1stアルバムが遂にリリース!! DORAID、BIRTH RITUALとのスプリット以降、ライブ盤、シングルを1枚リリースするもその後音源のリリースはありませんでしたが、待望の音源がアルバムといてリリースされるのを心待ちにしているファンも多い事でしょう!邪悪な日本語ボーカルに、耳に残るメロディー、ギターリフはジャパニーズ・メタルパンクファンからハードコア・ファンまで必聴の1枚!!!

-収録音源-

-収録曲-
A1 CURSE BY THE DEATH
A2 MORGUE
A3 DESPAIR
A4 DOOMSDAY

B1 ENDLESS TRAGEDY
B2 GRAVE
B3 TEARS OF SUICIDE
B4 DYSTOPIA