MEGA CITY FOUR “FORWARD 4 WIZ TRUST – 10 YEAR REVOLUTION” Tシャツ
MC4MC4黒
MC4赤MC4赤
※ご注文受付期間は2016年10月31日の正午まで

※価格は予定です(多分大丈夫だと思いますが大幅に変更の際はお知らせします。)
※1度限りの完全受注生産となります。
※お振込み希望のお客様は入金頂いてからの制作開始になります。
※11月中旬から下旬完成、イギリスから到着後の発送の流れとなります。
※DM便選択可能ですが、Tシャツ1枚につきDM便1通の価格がかかります。

早くももう10年経つんですね。WIZの急死から。WIZの死後、彼の意志を引き継ぎ奥さんのKarinaが「FORWARD 4 WIZ TRUST」として若手バンドマンのサポートを続けています。その10周年を記念してMEGA CITY FOURのTシャツがオフィシャルで受注生産で発売されました。日本国内にもMEGA CITY FOURに救われた人が俺と同じようにたくさんいるはずなので、今回のこのTシャツの受注を国内でやらせてもらう運びとなりました。制作はイギリス国内となります。WIZが残してくれた素晴らしい音楽と思い出とともに、支える大切さを誇りに思い着てほしいとのことです。この収益は全て音楽シーンを支えるために使われるそうです。未だにずっとWIZの遺してくれた曲に救われてるよ。
ボディーはGILDAN HEAVY Tシャツ、ボディーカラーは黒と赤あります。プリントは両カラー共にMEGA CITY FOURのロゴがフロントで、バックには”REVOLUTION MUST BEGIN AT HOME”です。サイズはSからXXLまでご注文可能です。完成して到着次第の発送となります。

ボディーはGILDAN HEAVY Tシャツ
サイズは下記を目安にしてください。サイズは目安としてお考えください。

Small 胸囲:86 – 91cm
Medium 胸囲:96 – 101cm
Large 胸囲:106 – 111cm
XL 胸囲:116 – 121cm
XXL 胸囲:127 – 137c

ご注文はこちらから


10月
07
Filed Under (2.BREAK THE CONNECTION, 3.BOSS TUNEAGE) by blackie

NOE007/BTRSV034:RIPCORD “POETIC JUSTICE” CD/2LP+CD

※2016年10月19日リリース予定
※帯/対訳付き
※LPは限定カラー盤/別デザイン帯/同内容のCD付き

元RIPCORDなんて説明も不要なほどVIOLENT ARRESTで精力的に活動中の彼等が、今年10月になんとRIPCORD再結成GIGを二回行うことが決まり(チケットは既に完売!)それに伴い以前からアルバムをリマスターして出し直したいとメンバーが考えており、この機会に2枚のアルバムをそれぞれ未発表のボーナスを加えてリマスター再発!

新たなライナーを読んでみてもやはりこのアルバムがメンバーの中でも最高傑作でありボストン・ハードコアから影響を受けつつ、練り上げられた曲、ツアーで鍛え上げた演奏力が詰まった渾身の一枚である。こちらも『DEFIANCE OF POWER』同様にWHITEHOUSEスタジオを使わず新たにリマスターされオリジナル・アートワークでの再発!バズの出すギター音は誰が聴いても彼の音と判断でき、ジムのベースも存在感たっぷりにジョンのドラムのテクニックも向上。個人的にはバズビーの癖のある歌い方が好きだが、スティーヴの力のこもったヴォーカルは後にフォロワーも多くでたスタイルで素晴らしい。そしてボーナス・トラックにアルバムのレコーディング後間もなくしてやったブリストルでの解散ラスト前のライブ録音24曲を収録!録音状態も良くこれまた円熟した勢いのある演奏が聴けます。

(収録曲)
-POETIC JUSTICE-
1. Intro
2. So Strong
3. Aim To Please
4. Get Away
5. On the Way Down
6. No Reason
7. Fools To Persist
8. Collision Of Vision
9. Resolute
10. No Effort, No Thought
11. Out Of Reach
12. Barriers
13. The Vain
14. Passer By
15. Cross Culture
16. Existence Without Cause
17. Overload
18. Passive Memories
19. Infiltrate
20. Censorship
21. Poetic Justice
-LIVE at Tropic Club in BRISTOL-
22. Fools To Persist
23. On My Way Down
24. So Strong
25. Aim To Please
26. Collision Of Vision
27. Can’t You See
28. Poetic Justice
29. Vivisection
30. Passer By
31. Drugshit
32. Out Of Reach
33. No reason
34. Subconscious thoughts
35. Barriers
36. Get Away
37. No Effort, No Thought
38. Infiltrate
39. Censorship
40. Overload
41. Passive Memories
42. Boiling Point
43. Furder
44. Never Again
45. Starvation


10月
07
Filed Under (2.BREAK THE CONNECTION, 3.BOSS TUNEAGE) by blackie

NOE006/BTRSV033:RIPCORD “DEFIANCE OF POWER” CD/2LP+CD

※2016年10月19日リリース予定
※帯/対訳付き
※LPは限定カラー盤/別デザイン帯/同内容のCD付き

元RIPCORDなんて説明も不要なほどVIOLENT ARRESTで精力的に活動中の彼等が、今年10月になんとRIPCORD再結成GIGを二回行うことが決まり(チケットは既に完売!)それに伴い以前からアルバムをリマスターして出し直したいとメンバーが考えており、この機会に2枚のアルバムをそれぞれ未発表のボーナスを加えてリマスター再発!


ドイツのEPISTROPHYが編集盤でリリースした再発盤もデジタル・リマスターしたものでしたが、今回はWHITEHOUSEスタジオを使わず新たにリマスターされオリジナル・アートワークでの再発!そして未発表音源は、録音状態の良かった87年の7月にオランダのアーネムでやったLIVE音源と87年の3月に行ったスタジオ・リハーサル音源を追加収録。リハーサル音源は、アルバム・レコーディングの一週間前に録音したもので、レコーディング曲を全て通して行った言わばレコーディング前の最終調整となる気合い十分の貴重音源。ライブも荒くれまくった音源の倍のスピードで燃えます!

(収録曲)

-DEFIANCE OF POWER-

1. Abuse
2. Lucky Ones
3. You Don’t Care
4. Eternal Tomb
5. False Prophecies
6. Ignorant
7. Drugshit
8. Live By the Bomb Die By The Bomb
9. Furder
10. Blind Eye
11. Wicked
12. Viviseccion – Tortura Innecessaria
13. Defiance Of Power
14. Prisoners
-Live in ARNHEM Netherlands 1987/7/2-
15. Abuse
16. Lucky ones
17. Empty Faces
18. Eternal Tomb
19. Ignorant
20. Single Ticket to Hell
21. Live By The Bomb Die By The Bomb
22. Defiance Of Power
23. Thatchula
24. State Of Emergency
25. Drugshit
26. Kiss Of Death
27. You Don’t Care
28. Vivisection
29. Blind Eye
30. Furder
31. Lies, Lies, Lies
32. Eve Of the End
33. Prisoners
-1987/3/14 リハーサル・セッション-
34. Abuse
35. Vivisection
36. Prisoners
37. Defiance Of Power
38. Furder
39. Lucky Ones
40. Drugshit
41. Wicked
42. Live By The Bomb Die By the Bomb
43. Eternal Tomb
44. False Prophecies
45. Blind Eye
46. You Don’t Care
47. Ignorant


WS154: SPLIT TURNCOAT / offseason FLEXI+mp3

turncoatoffseason

※今秋発売予定(プレス完了次第)
※ダウンロードコード付き

お待たせしました、ついに情報解禁です!俺もTURNCOATも超待ったwww 四国の男女混声トリオTURNCOATと沖縄の4人組offseasonによる両者新曲3曲づつ収録の音源をリリースします!本来はBROCCOLIの来日ツアーの下北沢から先行リリース予定だったような。。
TURNCOATの3曲はすでにライブで聴いている人も多いと思いますが、ミニアルバムの延長線上にあるエモい極上のメロディックナンバー3曲収録!メンバー3人のそれぞれの個性が出た3曲だと思います。1曲目”The End Won’t Come”はサビから始まる大合唱必至なサブちゃん節炸裂!ギターのフレーズが半端無く耳に残る。続く”Still Trust You”はキョウヘイのベースから幕を開けるアップテンポでダンサブルなリズムに自然と体が動いちゃうんじゃないでしょうかね。大サビは全員合唱よヨロシク!そしてラストはキヨミちゃんメインボーカルのガールボーカルメロディックファン即死の曲!JAWBREAKERからLEMURIAといった現在進行形のUSシーンと真っ向勝負出来る最高の楽曲連発!これアルバムどうなっちゃうんだろうか。ワクワクでしかない!
そして沖縄発の4人組offseason、アルバム以降ひっそりとしてたように感じるかもしれませんが、残念なことに今作はこの4人のメンバーでの最後の録音となってしまいます。ギターの立津くんとベースの福冨くんが残念ながら卒業しちゃうのですよ。しかししかしですよ、1曲目”uperarm”の緊張感半端ない!解散かと思うくらい悲壮感のあるナンバーです(注:解散はしない)。ターミーのオフキーボーカルも一段上のレベルにあがったんじゃないのか?!速くこの曲をライブで聴かせてくれよ!続く”kitchen counter”は、まさにoffseasonな脱力感溢れる愛すべきエモナンバー。そしてツインクルなギターが全編支配する”hello,again”。全曲合唱できるポイントあります。いやさー、こんな良い曲演ってるんだからライブもっとやろうよw
MVは両バンドともMINUS VIDEO制作でそれぞれのバンドの持ち味が出てる素晴らしい作品に仕上がってます!もちろん今作もmostoffとの共同。完成まで今しばらくお待ちください!

TURNCOAT

1. The End Won’t Come
2. Still Trust You
3. Towards The Light

offseason

1. uperarm
2. kitchen counter
3. hello,again



いよいよスコットランドからやってくるMURDERBURGERSの初の日本ツアーまで2週間となりました!現行ポップパンクバンドの中でも精力的に動き続けるバンドの一つを是非体感してください!ニューアルバムもこれまででもっとも切ない作品となってます。歌詞がマジでサッドすぎる!そしてツアー全行程THE NERDY JUGHEADSの出演も決定したよ!

来日ツアー詳細をまとめました!

THE MURDERBURGERS JAPAN TOUR 2016 with THE NERDY JUGHEADS

%e7%a5%9e%e6%88%b8
10.5(水)神戸HELLUVA LOUNGE
Sämesi presents ”FLERA TSUNAMIER”
OPEN: 19:14 / START 19:44 DOOR 1400円

THE MURDERBURGERS
THE NERDY JUGHEADS
BRONxxx (大阪)
CRITICAL THINKING (大阪)

osaka
10.6(木)大阪 難波BEARS
YELLOWKNIFE presents
OPEN: 18:30 / START 19:00 ADV: 2000円 / DOOR 2500円

THE MURDERBURGERS
THE NERDY JUGHEADS
BOYS ORDER
SANSQURIT

10.7(金)名古屋 東山studio246
BEAGLE presents
OPEN: 19:00 / START 19:30 ADV/DOOR 2000円

BEAGLE
THE MURDERBURGERS
THE NERDY JUGHEADS
Killerpass
icecreamer

yokohama
10.8(土)横浜 天王町オレンジカウンティーブラザーズ
Bubble and Squeak records presents “HOW DO YOU LIKE POP PUNK?”
OPEN: 18:00 / START 18:30 ADV/DOOR 1500円

THE MURDERBURGERS
THE NERDY JUGHEADS
FELIX!(THE BAND)
SURRENDER
WITCHCRAFT ACT ←キャンセル

matsuri
10.9(日)東京 八王子MATCH VOX / RIPS / PAPABEAT / RINKY DINK STUDIO 5st & 8st
BREAK A SCHOOL presents “MATSURI 2016”
OPEN: 11:00 / START 12:00 ADV: 3000円 / DOOR 3500円

LAWSON TICKET (L-CODE:73562)

出演52バンド

このイベント詳細は下記のリンク先にてご確認ください。WATERSLIDEからはTHE MURDERBURGERS、THE NERDY JUGHEADS以外にもSHIPYARDS、slugger machine、FELIX!、falls、THE URCHINが出演します。
http://matsuri2016.blogspot.jp/

finalˆóü—p
10.10(月、祝)東京 大塚MEETS
WATERSLIDE records presents “LIVEAGE Vol. 70”
OPEN/START 17:00 ADV: 2000円 / DOOR 2500円

THE MURDERBURGERS
THE NERDY JUGHEADS
FELIX!(THE BAND)
Pelotan
The CCS
SWEET CHILDREN
WOODCOCKS

予約は各企画者、各会場または

WATERSLIDEでメールにて受付しています(10/9のMATSURI 2016はこちらでのチケットは受付できませんのでご注意ください)
前売チケットの予約は
前売り予約(メール受付分): pre-order@watersliderecords.com

予約の際はメールに下記情報をお願いします。
・予約希望会場「」
・名前フルネーム:「」
・連絡先電話番号:「」
・枚数:「」

必ずこちらからメールで返信しますので、返信が来ないという方は携帯やご利用のメーラーのドメイン設定を確認して下さい。また当日入場規制する可能性ありますので予約後のキャンセルの際はご連絡お願いします。


8月
16

WS153: STEVE ADAMYK BAND “GRACELAND” CD
WS153
※2016年9月初旬リリース決定
※帯付き、歌詞、対訳付き

FOR FANS OF: SONIC AVENUES、MOTHER’S CHILDREN、SEDATIVES、GENTLEMEN JESSE、MARKED MEN、DICKIES、BUZZCOCKS、70’sパンクロック/パワーポップ、ポップパンク、ガレージロック

カナダ・オタワのパンクロックバンドSTEVE ADAMYK BAND待望の5thアルバムリリースです!今作よりSONIC AVENUESのSebに加え、Maxも電撃加入!1stアルバムでは激キャッチーなポップパンク、そして2ndアルバム以降70’sパンクロック色を色濃くしていきましたがこの5thアルバムではその中間を行くポップでキャッチーなパワーパンクロック13曲を収録。まさにこれまでの集大成といった傑作を作り上げてくれました!またゲストとしてColleen Green(Hardly Art)、Mike Krol(Merge)がコーラスで参加、プロデューサーにはAdrian Popivich(Solids, The Dears)とこちらでも驚かせてくれてます。ソリッドで疾走感抜群のパンクロックチューン「Through My Fingers」で幕を開け、パンクロックの持つ緊張感を体現したギターリフ、とにかくそのギターの音がかっこいい!ガラッと変わって一気にパワーポップワールドへと変わる「Carry On」。陰りがありつつも耳にこびりつくメロディー、そして絶妙なタイミングで入れられるColleen Greenのハーモニーは絶品!またシンセがいい味出しているんです。これぞグレートポップパンクチューン!収録曲それぞれ、一見シンプルに聞こえるが緻密に練り上げられた最高傑作。陰りのあるメロディー哀愁を煽ったり、切なさで胸を締め付けたり、ショートチューンで勢いをつけたりと70’sパンクロック/パワーポップ、ポップパンクファンみんなに愛されるSTEVE ADAMYK BANDの本気がここに!そしてラストに号泣の名曲「She’s On My Mind」収録!
そして2017年再びJAPAN TOURを予定しております!

(収録曲)
01. Through My Fingers
02. Carry On
03. If I Wanted To
04. Swallow You Whole
05. Broken Arms
06. Die Dead Forever
07. False Teeth
08. Give It Away
09. Lose Control
10. Tell Me To Fall
11. Fallen Off
12. High Mile
13. She’s On My Mind〜Heyday(THE SOUNDカバー)


MURDERBURGER tour

USはASIAN MAN RECORDS、ヨーロッパはMONSTER ZEROというポップパンク鉄板レーベルからのリリースで、すでに日本でも知名度の高いスコットランドのラモーンパンクトリオTHE MURDERBURGERSがついに日本ツアーを行います!元々この話はMATSURIに出たいんだけど知り合いいないかな?っていうメールをもらったことから始まりました(笑)ギターボーカルでもありレーベルROUND DOGも運営しているFraserとは長いことメールのやり取りをしてて、ニューアルバムをWSからもリリースしてもらいたいって話をしてるところで、実はさ「MATSURI」に出たいって言われたわけです。で、「MATSURI」企画者のヒロ先輩に相談したところ快諾もらって、Fraserに伝えたところ絶対行くってなったわけで、だったらツアーやろうって感じで今回のツアーが実現となります。
彼らの本拠地スコットランドは、というかUK全体としてラモーンポップパンクバンドいるにいるけど土地柄か、産まれては消えていく土地。そこで継続して精力的に活動を続けて今や、世界中から支持を得たのはこのTHE MURDERBURGERSが初めてかもしれませんね。SCREECHING WEASELやTHE QUEESといった90年代のラモーンポップパンクや00年代のラモーンポップパンクリバイバルの波には結成時期のせいで乗れはしなかったけど、好きだから続けるという信念で動き続けている。
そして今回ツアーに合わせてリリースされるニューアルバムが、本当にカッコいいんだ。彼らが行き着いたのは、これまでよりも切なく哀愁のメロディーを持つサウンド。これが個人的にドンピシャでした。不覚にも泣きそうになりました。そう、ラモーンポップパンクの持つ魅力というのは、何万というバンドが同じコードをシンプルにかき鳴らしてる土壌において、いかにメロディー、コーラスの展開でセンスが「ある」か「ない」かで良し悪しがはっきりと出てしまうサウンド。だから誰でも簡単に始められる一方、評価してもらえるのは難しいと思います。そこが面白いところだと俺は思うんですが。けれど、このTHE MURDERBURGERSはこれまでもゴキゲンなポップパンクアルバムを産み出してきたけど、今作はこれまでと違いストレートに感情を揺さぶる一段上のレベルに登ったんだろう。
1年中ほぼツアーをしてるから現在決まった住処を持っていないFraser率いるTHE MURDERBURGERS日本ツアーでございます!こないだまで北米大陸ツアーしてましたけどね。3コードポップパンクファンはぜひ遊びに来てください!哀愁メロディック好きな人も彼らのニューアルバム気に入ってもらえるんじゃないかな。
今回の初来日ツアーはTHE NERDY JUGHEADSが「MATSURI」の日以外は一緒に回ります!THE NERDY JUGHEADSももうちょいでTHE YOUNG ROCHELLESとのスプリット出るんでお楽しみに!

各地の詳細は決定次第随時発表します!

THE MURDERBURGERS JAPAN TOUR

10/5(水)神戸HELLUVA LOUNGE(サメシママツリ)
10/6(木)大阪難波BEARS(YELLOWKNIFE企画)
10/7(金)名古屋STUDIO246(BEAGLE企画)
10/8(土)横浜TBA(BUBBLE AND SQUEAK aka 134 aka 将軍企画)
10/9(日)八王子MATSURI 2016(BREAK A SCHOOL企画)※この日はTHE NERDY JUGHEADS出ません
10/10(月・祝)東京大塚MEETS(座頭市CREW企画)

ニューアルバムはこんな感じです。
WS155: THE MURDERBURGERS “THE 12 HABITS OF HIGHLY DEFECTIVE PEOPLE” CD
MURDERBURGERS

※2016年10月5日リリース予定
今作内容もすごいんだけど、レコーディングをサポートしたメンツがクソやばい!Zack Gontard (Dear Landlord/Off With Their Heads/House Boat) – guitar &
vocals、Intruder Yellow (Masked Intruder) – bass & vocals、Intruder Red (Masked Intruder) – drums、Additional vocals by Adam Fletcher (The Copyrights/Dear Landlord)。ね、すごいでしょ。アナログ盤はASIAN MANからのリリース。

(収録曲)
1. Now That You’re Not At #21
2. 8am Headlights
3. I Used To Hate That Life
4. My Bones Are Full Of Holes
5. Opium Bombs All Round
6. The Waves
7. Now That I’m Stuck At #27
8. December Ruined Everything
9. A Month Of Nosebleeds
10. She’ll Be Filed Away
11. Lung Capacity
12. My Staple Diet Of Rice, Vitamins, Alcohol & Painkillers
+
ボーナストラック付ける予定


BROCCOLI

ついにBROCCOLIが復活し日本ツアーをやるんだぜー!くっそ楽しみ!実は俺BROCCOLIの来日これまで見逃してるんですよね。その頃、壁の向こうだったもんで(嘘)日本にいなかったんで。もう一生ライブ見れることないだろうなと諦めてましたが、まさかもう一度日本ツアーやってくれるとは感激!
そしてそのツアーの東京編をやらせてもらうことになりました。グレアム、どーどーありがとう!
ということで東京編はプチWATERSLIDEサミット的なこのラインアップで決行します!

WATERSLIDE RECORDS presents “LIVEAGE Vol.69”
with BROCCOLI JAPAN TOUR 2016

9/17(土) 下北沢 Basement Bar
OPEN:16:30(予定)START:17:00 ※OPEN/START時間は予定です。変更の可能性があります。
前売&予約:2800円 当日:3500円

with
TURNCOAT (四国)
FELIX! (札幌)
shipyards
Filthy Hate
falls
sluggermachine

DJ: CHEERS 1号(CHEERS PUNK ROCK RADIO)

でございます!

前売チケットの予約は
前売り予約(メール受付分): pre-order@watersliderecords.com

予約の際はメールに下記情報をお願いします。
・予約希望会場「」
・名前フルネーム:「」
・連絡先電話番号:「」
・枚数:「」

必ずこちらからメールで返信しますので、返信が来ないという方は携帯やご利用のメーラーのドメイン設定を確認して下さい。また当日入場規制する可能性ありますので予約後のキャンセルの際はご連絡お願いします。

電話または直接:下北沢 Basement Barへ

Fixing A Hole & Friends Presents
BROCCOLI JAPAN TOUR 2016
broccoli_flyer_big

9/17 (Sat) 東京 @ 下北沢 Basement Bar
9/18 (Sun) 名古屋 @ 新栄 Daytrive
9/19 (Mon) 京都 @ 夜想
9/20 (Tue) 岡山 @ Pepperland
9/22 (Thu) 徳島 @ Crowbar
9/23 (Fri) 福山 @ 明治館5c
9/24 (Sat) 鳥栖 @ Vapeur
9/25 (Sun) 福岡 @ Keith Flack


WS138: SPLIT THE NERDY JUGHEADS / THE YOUNG ROCHELLES 7″+mp3
WS138
※2016年8月中旬リリース予定
※限定300枚(国内は150枚)
※ダウンロードコード付き
※INSERT付き

日米の現在進行形3コードポップパンクファン狂喜のスプリットがついにリリース!現在進行形USポップパンクシーンで頭ひとつ抜き出ているニューヨークのTHE YOUNG ROCHELLESと、USのみならずヨーロッパ、東南アジアでも人気を誇る日本のTHE NERDY JUGHEADSの両者新曲を収録したスプリットがいよいよ投下されます!今作はWATERSLIDEと、SWEET BABYのリイシューや、PARASITES、KURT BAKERのリリースで現在のUSポップパンクシーンを牽引しているレーベルECCENTRIC POP RECORDSの共同でお届けします!再プレスの予定はしておりませんのでお早めに!
THE YOUNG ROCHELLESはこれまでリリースされた音源はすべて速攻でソールドアウトしている現在の3コードポップパンクシーンで絶大な人気を誇るバンド。デビューシングルリリース前から世界中のポップパンクマニアに注目されていたんですが、そのデビューシングルに90’sポップパンクファンには懐かしのCLEARVIEW(一連のRAMONESアルバムまるごとカバーシリーズで有名)が絡んだことで、一気に世界中に知れ渡ることになったんです。ご存知かと思いますが、このTHE YOUNG ROCHELLESは別名THE NEW ROCHELLSでも活動しており、THE NEW ROCHELLSのディスコグラフィーアルバムは、PARASITESのDave運営のKID TESTEDからリリースされています。あの天才的なメロディーメーカーであるDaveも大絶賛しているということはすごい保証になるのではないでしょうか。しかし、このTHE YOUNG ROCHELLESはTHE NEW ROCHELLSよりもメロディーの殺傷度が高い!そしてポップパンクに必須なBEATNIK TERMITESのような鼻づまりの声!あっPARASITESのトリビュートアルバムにはこのTHE YOUNG ROCHELLES名義で参加していました。
そんなTHE YOUNG ROCHELLESの新曲2曲ですが、オリジナルの”Not Any Use”ですが、今作は彼らの新たな境地となる、オープニングからシンセを導入し、これまでの彼らのよりダークなメロディーで切り込んできます。最初聴いたときあれっと思ったんですけど、これが中毒度相当高い名曲に仕上がってるんです!そしてこの曲に合わせるためのもう1曲はRAMONESの”Psycho Therapy”のカバー!これはご愛嬌でしょう。
一方のTHE NERDY JUGHEADSは関東近郊を中心に活動し、昨年は自主で5曲入りのミニアルバムをリリース。矢継ぎ早にその後スペインのRUFUSからの4 WAYにも参加し、多くのバンドからアメリカ、スペイン、イギリス、インドネシアからツアーオファーを受けているんです。LILLINGTONS~TEENAGE BOTTLEROCKETといったSCREECHING WEASELからの流れを汲む正統派ポップパンクはポップパンクファンで嫌いな人いるわけないじゃないですか?!今作収録の3曲は、全曲それぞれがA面として成り立つ名曲をTHE YOUNG ROCHELLESに負けじとぶち込んできてて、レーベルとしては最高の提供曲になってます。1曲目の”Fuck Away From Me”の勢いから、”Here We Go”のイントロの単弦ギターの旋律には自然に拳が上がる!そして哀愁メロディー爆発の”Party Hard”でもう何も言うことありません!
とにかく現在進行形3コードポップパンクシーン注目の2バンドの対決を聴いてください!

(収録曲)
THE YOUNG ROCHELLES
1. Not Any Use
2. Psycho Therapy
10622866_669390723168978_8190872444895279806_n

THE NERDY JUGHEADS
3. Fuck Away From Me
4. Here We Go
5. Party Hard
13709808_548163312036806_4793301765982213395_n


7月
29

WS151: SHOPLIFTERS “BELIEVE” CD
WS151
※2016年8月17日リリース予定
※帯付き紙ジャケ仕様。インサート付き

FOR FANS OF: HUSKER DU〜SUGAR〜BOB MOULD、THE LAST、DESCENDENTS、初期SNUFF、MOVING TARGETS、G-WHIZ、DOUGHBOYS、MEGA CITY FOUR、MILES APART

先日リリースしたWILD ANIMALS同様全くの無名バンドですが、セルビア共和国に是非紹介したい渋メロディックパンクがおりました!2000年代中盤から活動をスタートした4人組。デジタルリリースオンリーの前作「A Fresh Start」で最高なメロディックパンクバンドへと変貌を遂げ、一部のメロディックパンクフリークにはその存在を知られることになったんですが、そのサウンドをさらに進化させた新作が完成となりました!今回リリースするのは、新曲8曲に、デジタルオンリーでリリースされこれまでフィジカル化されていない2ndアルバム「A Fresh Start」からチョイスさせていただいた6曲をボーナストラックとして収録した全14曲でリリースします!
彼らのサウンドのルーツになっているのはTHE REPLACEMENTSやHUSKER DU、DESCNDENTS。そこに90年代のメロディックパンクの要素を加えたメロコアとは一線が画す蒼くサッドなメロディック。オープニングトラックの「Whisper」なんてもろに初期SNUFF彷彿させ、いかにもUKの天候からの影響大ないわゆる、ここ日本でUKメロディックと言われて真っ先に頭に浮かぶ陰りのあるサウンド。その後も次から次に繰り出されるのも一体今年は何年なんだと思わされること間違いなしなearly 90’sサウンドを聴かせてくれる。これを作り上げられてるっていうのは逆にすごいですよ。しかも時折サイケガレージとかも感じるんだな。さらにDESCENDENTS、BIG DRILL CAR、CHEMICAL PEOPLEが作り上げたCRUZサウンド直系の曲もあったり、果てはMEGA CITY FOURやMILES APARTといった泣きのメロディックバンドまでも炸裂!みなさんがお気に入りにあげていただけるだろう名曲「She’s My Diary」、「CLEAR BLUE SKY」(メガスのカバーではない)も収録してますよ!特に中盤から後半にかけてが圧巻ですよ!!流行りなんかじゃない普遍のメロディックサウンドがここにはある。これがセルビアで産まれているんだよ?なんてことだ!

(収録曲)
1. WHISPER
2. COLD FEET
3. THINK EASY
4. BELIEVE
5. SLOWING DOWN
6. BAD LUCK
7. BAD TASTE O’ TIME
8. SMILE
9. NEXT BIG THING
10. CARNIVORE HEART
11. SHE’S MY DIARY
13. SAFE AND SORRY
13. OLDER
14. CLEAR BLUE SKY