4月
20
Filed Under (3.BOSS TUNEAGE) by blackie

BTRC118J: PARASITE “残響” CD

※2018年6月20日リリース予定
※国内流通分限定帯付

リリース後あっという間に国内外でアルバムを売り切ってしまった愛知メタルパンク代表バンド”PARASITE”の1stアルバムがバンドからのオファーによりCD化!!!これまでの音源は全てアナログでのリリースでしたのでバンドのリリース作品としては初のCDリリースです。今回のアルバムCD化に伴い2009年の1stデモをボーナスで追加収録!2010年にマーレーシアのレーベルからカセットでデモをまとめた音源は出ていましたが、既に廃盤のようなので嬉しい追加収録です。邪悪な日本語ボーカルに、耳に残るメロディー、ギターリフはジャパニーズ・メタルパンクファンからハードコア・ファンまで必聴の1枚!!!

-収録曲-
1. CURSE BY THE DEATH
2.MORGUE
3. DESPAIR
4. DOOMSDAY
5. ENDLESS TRAGEDY
6. GRAVE
7. TEARS OF SUICIDE
8. DYSTOPIA

BONUS TRACKS:
9. KEISHOU
10. DENSENBYOU
11. RASEN


3月
19
Filed Under (2.BREAK THE CONNECTION, 3.BOSS TUNEAGE) by blackie

NOE009: HERESY “FACE UP TO IT! EXPANDED 30TH ANNIVERSARY EDITION” CD

※2018年5月23日(水)リリース予定

※CDのみ特典として復刻ステッカー付
※メンバー4人のライナー対訳/国内盤限定BREAK THE CONNECTIONが個人的に面白くて好きな87年のHEADROT ZINEのロング・インタビューをつまんで対訳転載(予定)

2005年に初オフィシャルCD化に伴いリマスターで蘇ったHERESYの集大成ともいえる唯一のアルバム。当時再発のアナウンスを聞いた時はあの大失敗に終わった録音がどう蘇るのか震えて待ったものの、やはり潰れてしまった音源から完璧に元通りになることはなかった。メンバー自身も納得のいく結果にならずもやもやしていたその後数十年。GERIATRIC UNITで活動するスティーヴとカルヴがVIOLENT ARRESTで活動するバズと一緒に新たなプロジェクト・バンドをスタートさせるべく曲を作り始めた2017年。そこで再び持ち上がった『FACE UP TO IT!』の完璧なリマスター化。そう遂に、遂に完全なる理想の音で蘇ることに成功!30周年記念の題目と共にオリジナル・リールから最高傑作が救い出される!

『FACE UP TO IT!』が上手く行けば再びリマスターし直すかもしれない。この話を昨年の中頃BOSS TUNEAGEから聞いた時は、個人的にはこれほどない喜びだった!実現して欲しいと願うこと数ヶ月。マスター・リールは死んでおらず各パートを全て抽出し完全なリマスターが施されると!!!そして届いた音源を聴いて瞬間あの言葉が過った『あとは・・・ ・・・さえ良ければきっと当時のマイルストーンになれたはずなのに。』まさにコレですよ!前作ではリマスターされたにも関わらず引っ込んでしまったヴォーカルは完全に戻らず、ギターはノイジーで厚くなったものの風呂場サウンドは消えることはなかったあの音。。。本当にアノ音がここまで変わることが出来たのか!!!この衝撃と言ったら!現代の技術力に感謝!とりわけジョンのヴォーカルはクリーンに、そして完全に前に出ることによって本来の表情が歌で伝わる!これぞハードコアのヴォーカルな怒りがバックの極限のスピードによって新たな表情を見せたのは大きい!他の楽器隊の変化も言わずもがな素晴らしいのですが、コレについても語りたい所ですが、この件はメンバー各々がライナーで語っているのでネタバレはつまらないので自粛します。更にDOGMAからリリースされた日本特別企画盤だった『VOICE YOUR OPINION』にボーナスで収録された7曲は、前回リリースのライナーでマスター・テープが無くなってしまった為二度と再発されることはないと、カルヴ自身が語っていましたが、オリジナル・リールには音源が残ってたのでこちらもバッチリ収録!そう初CD化です!この音源もリマスターによってまた別モノの音源となってます。レコーディングは上手くいったものの、馴染みのRICH BITCHスタジオが変貌してしまった当時の最新型レコーディングに悩まされミックスも大失敗し、その後のバンド活動のモチベーションも奪ってしまった悲劇のアルバム。88年のオリジナルLPから再発盤までと、これまで15,000枚近くも『失敗作』を世に送り続けてきた『FACE UP TO IT!』ですが、再発盤もレーベルプレス切れ/廃盤になったので新たな『FACE UP TO IT!』いや、これが正真正銘最終形態の『FACE UP TO IT!』ですので、もう散々聴いてきた音源だから別に、、、とは言わずに是非ともこの音を耳にして、この驚きと感動を共感して欲しいと願います!
(収録曲)
1. CONSUME
2. FACE UP TO IT!
3. BELIEF
4. FLOWERS IN CONCRETE
5. TOO CLOSE TO HOME
6. NETWORK OF FRIENDS
7. WHEN UNITY BECOMES SOLIDARITY
8. ACCEPTANCE
9. CORNERED RAT
10. DEDICATION FROM INSPIRATION
11. AGAINST THE GRAIN
12. SICK OF STUPIDITY
13. TRAPPED IN A SCENE
14. BELIEVING A LIE
15. INTO THE GREY
16. BUILD UP – KNOCK DOWN
17. THE STREET ENTERS THE HOUSE
18. MAKE THE CONNECTION
19. NEVER HEALED
20. OPEN UP
21. STAND PROUD
22. TOO SOON TO JUDGE
23. A SENSE OF FREEDOM
24. CONFORM
25. STANDING HARD
26. THE WAY FORWARD

BTRSV041J: HERESY “FACE UP TO IT! EXPANDED 30TH ANNIVERSARY EDITION” 2LP+CD

※2018年5月23日(水)リリース予定

※同内容CD付
※初回プレス限定ゲートフォールドジャケット(2ndプレスからシングルジャケットになります)
※国内流通盤のみ帯付
※メンバー4人のライナー対訳/国内盤限定BREAK THE CONNECTIONが個人的に面白くて好きな87年のHEADROT ZINEのロング・インタビューをつまんで対訳転載(予定)

12月
07
Filed Under (3.BOSS TUNEAGE) by blackie

BTRC117J/BTRC12-117J: LOUDMOUTH “EASY TIGER!” CD/LP+CD

※2018年1月24日リリース予定
※CDは帯付

LEATHERFACE、H.D.Q、HOOTON 3 CARでお馴染みサンダーランドから再びUKメロディック・バンドの登場!現在のH.D.Q、RED ALERT、ANGELIC UPSTERSでも活動するミックがギター・ヴォーカルを務めるLOUDMOUTHは2010年に1stアルバムをドイツのMAD BUYCHERからリリース。2013年にはRED ALERT、HALBSTARKE JUNGSとのスプリットを出しており、久々の音源がこの2ndアルバムとなります。このバンド名は各国に多く存在しますし、ジャケも悩ましい所ですが飛出してくる音はやっぱり僕らの大好きなUKギター・メロディック!コーラスとの掛け合いから往年のサンダーランド・ギター・メロディックサウンドを基本にしながらも古臭さだけに終わらない最高のメロディーとパワフルなUKメロディックを披露!ありがちのようでありがちでないメロディックではないでしょうか!故ディッキー・ハモンドへの追悼曲としてSTOKEの“MEXICAN STAND OFF”のカヴァーも収録!現行哀愁メロディックもまだまだ捨てたもんじゃないですね!

-収録曲-
1 SINK OR SAIL
2 THICK AND THIN
3 THE LAST FAREWELL
4 LONELY ROAD
5 SQUARE ONE
6 NEVER SAY NEVER
7 ALL WE’VE EVER KNOWN
8 ON A BUS
9 TO THE GRAVE
10 GROUNDHOG DAY
11 SHADOW OF DOUBT
12 MEXICAN STAND OFF


12月
06
Filed Under (3.BOSS TUNEAGE) by blackie

BTRC12-118J: PARASITE “残響” LP

※2018年2月下旬から3月上旬リリース予定(プレス工場の繁忙の為、発売日が決められず申し訳ございません!)
※国内流通分限定帯付

海外レーベルからのリリース等、国内外からも絶賛される愛知メタルパンク代表バンド”PARASITE”の1stアルバムが遂にリリース!! DORAID、BIRTH RITUALとのスプリット以降、ライブ盤、シングルを1枚リリースするもその後音源のリリースはありませんでしたが、待望の音源がアルバムといてリリースされるのを心待ちにしているファンも多い事でしょう!邪悪な日本語ボーカルに、耳に残るメロディー、ギターリフはジャパニーズ・メタルパンクファンからハードコア・ファンまで必聴の1枚!!!

-収録音源-

-収録曲-
A1 CURSE BY THE DEATH
A2 MORGUE
A3 DESPAIR
A4 DOOMSDAY

B1 ENDLESS TRAGEDY
B2 GRAVE
B3 TEARS OF SUICIDE
B4 DYSTOPIA


12月
06
Filed Under (3.BOSS TUNEAGE) by blackie

BTRC7-119J: CASTRO “PERSONALY” 7″

※入荷次第発送させて頂きます

元LIFE BUT HOW TO LIVE IT?、ANGOR WAT、ISRAELVISのメンバーからなるベテラン・ノルウェー勢CASTROの来年リリースの2ndアルバムからの先行シングルカット!限定250枚!しかもこのEPはアルバムとは別レコーディングでの音源と気合いの入り方が違います!BAD RELIGIONよろしくなメロディック・ハードコアから1981、EL BANDAやUTOPIAなんかの女性ヴォーカル・アナーコ・サウンドスタイルは変わらず!スピード感に関しては前作を上回るほど!そしてヘビーさも増し、ハードなサウンドはだんだん薄れるものかと思いきや増すばかりとベテラン勢でも侮れません!

-収録曲-
1. PERSONAL QUESTION
2. TING
3. PACIFIC

BTRC120J/BTRC12-120J: CASTRO “INFIDELITY” CD/LP+CD

※2018年3月14日リリース予定
※CDは帯付

ベテラン・ノルウェー勢の満を持した2ndアルバムが登場!元LIFE BUT HOW TO LIVE IT?、ANGOR WAT、ISRAELVISのメンバーの肩書よりも常に進化続ける現行バンドとしての勢いを真空パックした1枚!BAD RELIGIONよろしくなメロディック・ハードコアから1981、EL BANDAやUTOPIAなんかの女性ヴォーカル・アナーコ・サウンドスタイルは変わらず!スピード感に関しては前作を上回るほど!そしてヘビーさも増し、ハードなサウンドはだんだん薄れるものかと思いきや増すばかりとベテラン勢でも侮れません!バラエティーに富んだ楽曲は、LIFE BUT譲りとも言える奥の深さを感じます!

-収録曲-
1. INFIDELITY
2. GREAT ESCAPE
3. PERSONAL QUESTION
4. UNDERCOVER
5. TIME BOMB
6. IRONIMO
7. SCANDANAVIAN AIRLINES
8. SHARE THE BURDEN
9. LIVING THE DREAM
10. SLEEPS ALONE
11. LONG STORY SHORT


NOE008: ELECTRO HIPPIES “DECEPTION OF THE INSTIGATOR OF TOMORROW:COLLECTED WORKS 1985-1987” CD

※2018年1月24日リリース予定
※ライナー対訳/ 国内盤限定インタビュー付(予定)

構想はあったもののCD化に辿り着くまで長い年月が経ちましたが遂に実現しました!!!オリジナルは86年にGENERICとのスプリットLPでリリースされ、89年にCARCASSのジェフ・ウォーカーが自身のレーベルであるNECROSISから単独音源として再発したLATE UK屈指の名作『PLAY FAST OR DIE』がオリジナル・メンバーであり、バンドの核であったドラムのサイモン全面協力の元に再発!しかも初CD化!

-ELECTRO HIPPIESはドラムのサイモンがFRICTION、MAYBE TOMORROWというローカル・バンドをやった後に84年の夏に始動。NEGLECTED(その後バンド名をABREACTIONに変える)というローカルバンドもやっていたフィルが最初のギターだったが、NIGHTMARE VISIONSというローカル・メタルバンドのギターだったアンディーと動物権利団体の集まりで意気投合しフィルに代わって加入、ヴォーカルに友人だったジェフ・ウォーカーを迎える。バンド名はベースのブルーノがヒッピーとエレクロニカが好きで彼の提言によるもの。当初は方向性なんか全く決めずにただ音楽を作っていたが、初めてまともに練習したのはアメリカはボストンのケイトという文通相手であり当時サイモンと一緒に住んでいた女の子にヴォーカルを取って貰った時だった。初のGIGはリバプールのCHRISTIAN STREET COMMUNITY CENTREでINSTIGATORS、GENERIC、ANARK & POPPYとCYCLIC AMPとの共演。-

ざっとバンドの歴史を振り返ってみましたが、今作はバンド創生期からサイモンがバンドを去った87年までの音源をまとめた謂わば初期コレクションとなる音源集!リリースされた音源としては86年、87年の二本のデモ・テープは勿論、87年のジョン・ピールセッション、そして名作『PLAY FAST OR DON’T』を収録!ここで注目したいのはNECROSISからリリースされた音源はGENERICとのスプリットLPからの盤起こしであって、オリジナル・マスターテープからではなかったのでした。しかし今回はサイモンが所持しているオリジナル・マスターを使用しての再発となり満を持して名作が蘇ります!さらにボーナス音源としては、冒頭でも触れたプロトHIPPIESとも言える最初期に手伝って貰ったケイトがヴォーカルを取ったバンドの最初の練習を録音したテープを始め、85年、86年のリハーサル、86年のマンチェスター、87年のバーミンガムでのLIVE音源も収録。このご時世ありがたいことにYOUTUBEで聴けたりもしますが、正規音源でバンドの残した音源を是非堪能して頂きたく思います!ライナーはサイモンによるざっとまとめた短いものでしたので、CONCRETE SOX、RIPCORD同様に日本盤のみ特別インタビューを掲載できるよう頑張ります!

(収録曲)
JOHN PEEL SESSION , RECORDED 12TH JULY 1987 (FIRST TRANSMISSION 20TH JULY 1987)
1. SHEEP
2. STARVE THE CITY (TO FEED THE POOR)
3. MELTDOWN
4. ESCAPE
5. DEAD END
6. THOUGHT
7. CHICKENS
8. MOTHER
9. MEGA-ARMAGEDDON DEATH LIVE IN BIRMINGHAM, 13 JUNE 1987
10. MELTDOWN
11. MOTHER
12. SHEEP
13 .THOUGHT
14 .DEAD END
15 .VIVISECTION SONG
16. LIFE IF KILLING BABIES IS TIGHT…KILLING BABIES FOR PROFIT IS TIGHTER (SECOND DEMO, JANUARY 1987)
17. INTRO (DEATH IN THE SWAMP) / SATANIC WARMONGER OF THE ABYSS
18. MELTDOWN
19. AT THE EDGE
20. MOTHER
21. REJECT
22 .SHEEP
23. DEAD END
24. LIFE REHEARSAL RECORDING FOR HICKY’S COMP, 23RD DECEMBER 1986
25 .TERROREYES
26. AM I PUNK YET?
27 .VIVISECTION SONG

PLAY FAST OR DON’T (SPLIT LP WITH GENERIC), 14TH / 15TH JULY 1986
28 .INTRO (WRATH OF MICHAEL)
29 .ACID RAIN
30. RUN RONALD
31 .WINGS OF DEATH
32 .TERROREYES
33. THEME TOON (FRASH IT OUT)
34.AM I PUNK YET?
35. THE REAPER
36. NEXT TIME
37 .VIVISECTION SONG
38. PROFIT FROM DEATH
39. MEGA-ARMAGEDDON DEATH PT 3
40 .THE HORN OF HADES

LIVE IN MANCHESTER , 30TH JUNE 1986
41. UNITY
42 .RUN RONALD
43 .LIFE
44. MELTDOWN

REHEARSALS FOR SPLIT LP, 27TH MAY 1986
45 .UNTITLED INSTRUMENTAL
46. STAND PROUD KILLING BABIES IS TIGHT (1ST DEMO) , 3RD MARCH 1986
47 .INTRO
48. UNITY
49. RUN RONALD
50. WINGS OF DEATH
51 .VIVISECTION SONG
52.SAY GOODBYE NOW
53. OUTRO PRACTICE RECORDING, 3RD JUNE 1985
54. FOOD BOWL
55. WATFORD GAP
56. REJECT DETECT
57. SMILE
58. CATTLE FIRST EVER PRACTICE, 23RD FEBRUARY 1985
59. AM I PUNK YET?
60.HIDE.. WHERE?

BTRSV039J: ELECTRO HIPPIES “DECEPTION OF THE INSTIGATOR OF TOMORROW:COLLECTED WORKS 1985-1987” 2LP+CD
※2018年1月24リリース予定
※同内容CD付
※国内流通盤のみ帯付
※ライナー対訳/ 国内盤限定インタビュー付
(予定)

9月
29

BTRSV037J: HDQ “SINKING” 2LP+CD 

※10月中旬発売(入荷次第発送させて頂きます!)
※国内流通盤限定帯付

※ベーシスト・ロブによる当時を語るラーナーノーツの対訳+HDQのヴォーカル・ゴリ―のディッキーへの追悼インサート付
※全曲デジタルリマスタリング済み
※CDには無かった新たな写真を追加!

故ディッキー・ハモンドへ追悼も兼ね、ヨーロッパではアナログの再発希望が多くあった為2008年に出たCDリイシュー盤がアナログ盤で再び登場!『SINKING』は、このバンドの評価の決定盤でありUKのDAG NASTYと呼ばれた傑作3rd!『YOU SUCK!』で見せたスラッシュ色はだんだん影潜め、ミッド・テンポな曲調の曲が増え終始泣きの哀愁ギター炸裂!しかしスピード感抜群の曲も勿論残っており、それもまた最高!リマスターされた事によって音源を改めて聴くと、このバンドの完成度が如何に高いかがマジマジと判らされます。この練られた曲は簡単にはいかないですよ!神がかってるってこういうのに使ってもいいんじゃないでしょうかね。ホント良いので説明なんていらないと思いますよ。オリジナル・アルバム音源に加え、VA参加曲、バンド初のピールセッション、初のプロスタジオで録音された88年のデモ・テープ音源も収録。UKオリジナルのジャケットはメンバーが気に入らなかったのもありCD再発盤で変更になりましたが、今回のアナログ再発にあたりフランスの盤のジャケで出したらどうか?と提案したものの、このジャケも曰くつきというかレーベルが勝手にデザインして出したとのことでNG(爆)全作品通してホントっジャケットのデザインに泣かされたバンドだったんだなとつくづく思いました。

(収録曲)
A1 LEAVING HOME
A2 ALL WE KNEW
A3 THERE COMES A TIME
A4 TOWING THE LINE
A5 PRAISE
A6 WITHIN THESE FOUR WALLS
A7 PICTURES
B1 IF ONLY
B2 SINKING
B3 ONE WORD
B4 REDNECK RAP
B5 FRIENDS
B6 LOOKING BACK
B7 THE GRASS IS GREENER
C1 LOVE ALONE
C2 THROUGH MY EYES
C3 THOSE REMEMBERED TIMES
C4 BELIEVE
C5 HAVE FAITH
C6 POSITIVE ATTITUDE
C7 REDNECK
D1 I TRY
D2 BRIDGES AND WALLS
D3 LOVE ALONE
D4 TOMBSTONES OF BLASPHEMY
D5 WITHIN THESE FOUR WALLS
D6 MY LIFE IS YOUR LIFE

A1 – B7 : SINKING LP
C1 :  SINKING OUTTAKE FROM UNDERGROUND ROCKERS COMP LP
C2 – C5: FIRST PEEL SESSION
C6 – D6 : FROM “LIFE IS” DEMO CASSETTE COMP
D2 : FROM SPLUERK COMPILATION


9月
29

BTRC12-116J: PRAY U PREY “FIGURE THE 8” LP

※10月中旬発売(入荷次第発送させて頂きます!)
※国内流通盤限定帯付

-UKグラインド・クラスト・デス・メタル・レジェンド PROPHECY OF DOOMメンバーらによる新バンド PRAY U PREYのデビュー作!!PROPHECY OF DOOM時代から変わらぬVo.のステンチなシャウトで、オールドスクール・デス・メタル・ファンにも注目を集める話題のバンド!!!-

UKオールド・バンドの活躍が目まぐるしくなってきてますが、このLATE UKバンドも新しいバンドでいぶし銀の渋いサウンド放ってます!2015年に自主でデモを出し、ポーランドのSELFMADEGOD RECORDSから1stアルバムを今年頭にリリース!そしてメンバーの要望も強かったアナログ盤もBOSS TUNEAGEがリリースの運びとなりました!メンバーはPROPHECY OF DOOM、ALEHAMMERのヴォーカル、ギターと残りの二人はSUICIDE WATCHのメンバーで、オールドスクールなデス・グラインドをプレイしライブもどんどんやっている模様!UKベテラン・ハードコア勢も火が着いてます!そしてこのリリースを切っ掛けにPROPHECY OF DOOMの再発もなるか!?

(収録曲)
A1. Figure The 8
A2. Sentinels Of Shade
A3. The Centre Of Nowhere Is Everywhere
A4. Psychodrama Peepshow
A5. Circles Into Spirals
A6. Nightmare Field
A7. All The King’s Men

B1. Suffering Rules This World
B2. Step Out Of The Kaleidoscope
B3. We Become What We Are
B4. I-Con
B5. Pure
B6. Enigma Rising
B7. Halo Of Lies
B8. Black Light Of Time
B9. Liquidate Their Perceived Privilege


4月
03

BTRC110J: ANTI SYSTEM “AT WHAT PRICE IS FREEDOM?” 12″+CD

※4月下旬発売
※国内流通盤限定帯付

ANTI SYSTEM is BACK!!!2014年に復活を果たし、現在はオリジナル・メンバーであるVarik、Mick、Markに新しいシンガーであるDean、そしてドラマーにVARKERSのKevというラインナップで精力的にライブを行ってる模様!過去の作品は近年イギリスのANTI-SOCIETYより再発されたのも記憶に新しいですが、初期のアナーコ色の強いハードコアからシンガーが代わり更に怒りを倍増させた重圧な85年のアルバムの延長とも取れる、DISCHARGEを基本にしながら攻撃的でスピーディーなメタリック・スラッシュ・サウンドは健在!不穏なアルペジオでいきなり3分もあるイントロからスタートした時には言葉を失いかけましたが、これぞUKメタリック・スラッシュ・ハードコアな攻撃的かつ性急な新曲3曲に、85年リリースされた1stアルバム『NO LAUGHING MATTER』に収録曲されている“Don’t Worry”と“Wot! No Meat?”を再録!“Don’t Worry”のオリジナルはツイン・ヴォーカルが捲し立てるスラッシュでしたが、スピード感も増し衰えなど全く感じさせないパワーは十分!“Wot! No Meat?”はよりハードロッキンになってますけど。見た目はかなり典型的なオッサン体系になってもその攻撃性は失なわず!

(収録曲)
A1. At What Price Is Freedom?
A2. False Flag Media
B1. Eyes Wide Shut
B2. Don’t Worry
B3. Wot! No Meat

YouTube Preview Image
12月
22

BTRCRS093J/BTRSV035J: HELLKRUSHER “WASTELAND” CD/LP+CD

※2017年1月25日リ リース予定
※帯付国内盤仕様(アナログ盤は限定300枚)
「カルト・マイナー・メタル・ファンに人気のUKスラッシュ・メタル・レーベル R.K.T.作品の中でも発見難易度の高い作品でありながら、日本のクラスト・パンク・ファンには非常に人気の低いUKクラストコア・パンク不運の名作 HELLKRUSHERの1990年発表1stアルバムが、オリジナル・リリースから25年以上の歳月を経て遂にアナログ盤再発。いきなりRACER Xばりの早弾きギターのイントロで幕を開けメタルヘッズのドギモを抜いた後は、ブリブリに黒いメタルコア・リフで突進する、UKHCプライド全開のアナザー・クラスト・パンク・スラッシュ・クラシック!!」(RECORD BOY:大倉)

HELLBASTARDのオリジナル・メンバーであるイアンがHELLBASTARD脱退後にENERGETIC KRUSHERのアリ結成したUKクラスト・ハードコアの90年作の1stアルバムが長年の時を経て遂に再発!アナログに関しては27年ぶりにして初の再発です!R.K.T.からMETAL DUCKやDESECRATORもリリースされた年で、これまで彼等がやってきたスタイルからDISCHARGEを基本にしたドス黒いUKハードコアをプレイ。しかし根底にあるメタルも加味されたサウンドは紛れもないUKクラストでした。98年にはUKのBOMB FACTORYより1度ボーナスを加えてCD化されましたが、この再発も待ち望んだ日本のファンは多い事でしょう!

(収録曲)
1 Intro
2 Wasteland
3 Smash The Trash
4 Darkness Provides
5 Confused
6 Warlords
7 Religion (Isn’t Very Nice)
8 Hellkrusher
9 Progressive Desolation
10 Morbid
11 No Religion
12 Darkside
13 The End
14 Outro