Distro News

8月-15-2018
Filed Under (新入荷) by wsrecords

今日は終戦の日です。毎年俺の父親が話す疎開体験のスケールが小さくなってます。かつては大変な思いをした的なやつだったのに、普通に白飯腹いっぱい疎開先で食ってたよ的な話にいつの間にかなってきてます。アルツになってから自分を大きく見せることを忘れたようです(笑)なんにせよ、引き続き戦争のない国がいいです。戦争したいならまずは決めるお前らの家族から最前線に送り込めよと。そんなことを思わない未来がいいですね。
さて本日はずっと待ってたSPRAYNARDのPatがやってたMARTINの幻のアルバムがようやくリリースされたんで久々にSQUARE OF OPPOSITIONから到着!SNOWING関連のデッドストックも分けてくれたんで面白い感じになってると思います。

MARTIN “SLAUGHTER BEACH” LP

2012年SPRAYNARDの1度目の解散後、PatがHEADIESのToddともう一人の友人と始動させたのがこのMARTIN。1枚の単独7″、CASUALとのスプリットをリリースしてちょっと知名度出てきたんだけど、せっかくツアーにも出て、さらにこんな傑作なアルバムを録音してたのに、SPRAYNARDがJade Treeから誘われて復活しちゃったもんだから、PatはSPRAYNARD優先にするためにこのアルバムのお蔵入りを決定。しかし、SPRAYNARDはせっかく再結成してアルバム出してやる気満々だったのにも関わらずJade Treeが突如運営を停止、Deep Elm同様ライセンスビジネスとしてのみ存続することを決定して位置消沈してSPRAYNARD解散。SQUARE OF OPPOSITIONの度重なる説得によりようやく、Patがオッケーを出してようやく陽の目を見ることになりました。但し300枚オンリーということなんでなくなり次第廃盤決定してます。はい、一度限りの入荷でございます。いや、ほんともったいないね。これリリースしてMARTINの活動ちゃんとしてればよかったのに。SPRAYNARDよりもPLOW UNITEDなローカル色の濃いメロディック/ポップパンクは掛け合いボーカルもありやっぱりかっこいい。SPRAYNARDのラストアルバムの対局に位置するサウンドだね。Patは現在BIG NOTHINGで活動中。”Locals Only”泣けるでしかし。1曲目の出だしもろにあのバンド彷彿じゃないですか(笑)(O)

BAD HEAVEN LTD “COOL HELL” LP/CD

SNOWING/STREET SMART CYCLIST、それからSLOW WARM DEATH、それからソロ名義での作品などリリースしてるJohnがまたまた新たなバンドを結成。それがこの、BAD HEAVEN LTD。元々はTopshelfから限定カセットでリリースされてたのをSQUARE OF OPPOSITIONがジャケを一新させてアナログ化。SQUARE OF OPPOSITIONのメールオーダー限定での販売ですがうちにも卸してもらいました。ソロ名義のアルバム同様、SNOWINGを期待すると全然違いますよ。Elliott SmithなSSWにGRANDADDYなlo-fiインディーロックな仕上がりでチル感出してます。時折出てくる女性コーラスも良い感じ。このままJohnには好きなことやっても行ってもらいたいっす。(O)

SNOWING “THAT TIME I SAT IN A PILE OF CHOCOLATE: A RETROSPECTIVE” LP(RARE)

2009年リリースの1stシングル「Fuck Your Emotional Bullshit 7″」、解散発表後の2012年にリリースされた2ndシングル「PUMP FAKE 7″」のリイシューとしてその2枚のシングル全曲に「PUMP FAKE」のオリジナルレコーディングバージョン、ツアー用50本限定カセット収録の2曲、Ticklebutt recordsのカセットコンピに収録された「You Bring Something…No」(アルバム収録曲)の初期バージョン、Algernon、1994!、Boys n Sexとの激レア4 WAY SPLIT提供曲を含むアルバム以外のレコーディングした曲全11曲をリマスタリングして収録した編集盤のBroken World Fest 2の会場限定で発売された限定200枚のみのシルクスクリーンプリントジャケ。まさにコレクターズエディション。ホントに欲しい方だけ手に入れてください。転売はしないでね。(O)

AMYGDALA “POPULATION CONTROL” 12″

テキサス州サンアントニオの女性ボーカル・スクリーモ2016年リリースの10曲入りで唯一のアルバム。ライブの映像見てもこの女性ボーカル本気で泣き叫んでます。元々はエモバイオレンスなサウンドが基本だったんだけど、ブラストやDビートなども飛び出てきてコロコロと転調していくサウンドはもうクラストなんじゃないだろうか。その中で女性ボーカルが怒りと悲しみの感情をまさに炸裂させてる。ボーカルが初期の頃と比べると思いっきり膨よかになってしまっているよ。。(O)

TRES OUI “Singles Going Nowhere” 12″+CD

LITERATUREの中心メンバーNateとSethによる新バンドのデビュー12″。ボーカルは当然のことながら作曲もNateなもんでLITERATUREファンは飛びついてください!モータウンを思わせるベースラインのイントロから、まさに彼らなキラキラギターが鳴りまくる”Fall Back”で幕を開け、気だるく心地良いスローなインディーポップチューン”Dead Ringer”まで、これLITERATUREの新曲と言っちゃっても全然問題ない5曲!

SNOWING “Broken World Fest!” Tシャツ

2016年に奇跡の限定復活を遂げたBroken World Fest!の会場で販売されたSNOWINGのTシャツが倉庫にあったよってことで入荷。僅か2枚です。プリントはフロント中心部。背中のタグの表面には彼らの活動をサポートし続けたSQUARE OF OPPOSITIONのレーベルロゴプリント。ボディーカラーはブラック、ボディーはGildan Heavy Cottonです。サイズはSMALLのみです。

SQUARE OF OPPOSITION “MONEY FIRE” スリップマット

SQUARE OF OPPOSITIONのスリップマット。レコードのターンテーブルに載せるやつです。わからなかったらググってくださいよ。レコードプレーヤー持ってないって人はランチョンマットとか壁に飾ったりどうでしょうか。まさにレーベルをやるということはお金がどんどん無くなっていくという多くのインディーレーベルの経済事情を的確に表したデザインに思わず苦笑です。

SQUARE OF OPPOSITION “OH HAI DOGGY!” Tシャツ

SPRAYNARDのジャケなどを手がけるAmy Chalifouxデザインによる犬T。ボディーカラーはグレーで、プリントはブルー、ボディーはRoyal Apparelです。サイズはSmallのみ。

SQUARE OF OPPOSITION “SofO 3:16” Tシャツ

パンクロックとプロレス大好きSQUARE OF OPPOSITIONのChrisだもんでこんなデザインのも作ってしまいました。これライブ会場限定だったやつのデッドストック。ボディーカラーはブラックで、プリントはホワイト、Gildan Heavy Cottonです。サイズはMediumのみ。

SQUARE OF OPPOSITION “Dog” Tシャツ

SQUARE OF OPPOSITIONのレーベルTシャツ。彼の本業はプリント屋です。若干の汚れがあり販売できないTシャツのボデイーを使って製作したレーベルTシャツ。好きな人だけ着てほしいということでボディーの本体価格のみです。ボディーカラーはホワイトで、プリントはブラック、ボディーはRoyal Apparelです。サイズはSmallのみ。

こちらも再入荷してるんでチェックよろしくです。
CRYBABY “DRAG ME UNDER” LP
CASUAL “S/T” LP
GLITTER “DIAL TONE (AND OTHER BAD EXPERIMENTS)” CD
1994! “FUCK IT” LP
SPRAYNARD “CUT AND PASTE” LP
SNOWING “PEANUTS” Tシャツ

SHOP(通販)はこちらから




8月-13-2018
Filed Under (新入荷) by wsrecords

THE HUM HUMSのインドネシアショートツアー完了したようです。ちょっと動画見たんだけど、お客さんがみんな合唱しててびびったわ。PrabuにeleventwelfthのTirtaありがとー!
今日はスペインのNO TOMOROOWからSHOCK TREATMENTの1stリイシューと、FEEDBACKSのニューシングルが再入荷です!

SHOCK TREATMENT “S/T” LP+mp3

1993年リリースの記念すべきSHOCK TREATMENTの1stアルバムがリリースから25周年を記念してマスターテープのリマスタリング処理を行いついにリイシュー!なくなってしまう前にゲットですよ。

FEEDBACKS “THE CHORDS ARE STILL THE SAME” 7″+mp3

大変だFEEDBACKSが久々にリリース!そしてそれがNo Tomorrow Recordsからだなんて。多分限定300枚なんでそろそろなくなると思うっす。

SHOP(通販)はこちらから




8月-10-2018
Filed Under (新入荷) by wsrecords

Waterslideの分が少ないのでPOHGOH “SECRET CLUB”のアナログ盤を先行して予約受付開始します!それから、まだかと問い合わせもらってたMUNCIE GIRLSのアナログ盤のみとTシャツの予約受付も開始します!MUNCIE GIRLSの国内盤CD、とアナログ予約分のみには先日の日本ツアーをサポートしてくれたfallsの将くん、summermanの竹腰、Yellowknifeの南ちゃん、PUNX SAVES THE EARTH blogのサトパン、NAVELのトハタ君によるライナーノーツ付きですよー。

POHGOH “SECRET CLUB” LP+mp3

※こちらは予約となります。発送はリリース日の9/7に到着するようにしますので、他の注文と一緒にせずに単独でご注文してください。
※2018年2018年9月7日リリース予定
※歌詞対訳付き
※ダウンロードコード付き
※予約分は限定100枚のWHITE VINYLです。

フロリダ州タンパの女性ボーカル90’sエモ/インディーロックバンドPOHGOHが、97年リリースの1stアルバムから21年ぶりとなる2ndアルバムを発表。DEEP ELMのコンピレーションアルバム・エモ日記第一弾”WHAT’S MINE IS YOURS”に収録されていることはとても大事な事実であり、先日リイシューした1stアルバムの1stプレスは予約の時点で即ソールドアウトと根強い人気を誇る彼ら。現在の姿を収録した新音源の発表は驚きだったと思います。
JAWBOX、BURNING AIRLINESのJ. Robbinsによる録音、プロデュースで制作された今作は、全く衰えることのないSusie嬢の瑞々しくも透明感のあるあの歌声そのままでエモーショナルなメロディーを奏で、全体的なサウンドも90年代の空気感そのものを感じさせるサウンド。Susieは15年以上に渡る多発性硬化症との戦いをしていますが、このバンドに賭けるポジティブな思いが前編を通して伝わってきます。とにかく美しいメロディーがこれでもかというほど満ち溢れている。エモリヴァイバルから90年代エモをリアルタイムで過ごした方まで撃沈のマストアイテムに仕上がっていますよ。JEJUNE、RAINER MARIAと並ぶ女性ボーカル90年代エモを代表するPOHGOH完全復活!今作のレコーディングはSusie (vocals, guitar)、Matt (guitar)、Keith (drums)というオリジナルメンバー3人に、同じくフロリダの90’sエモ/インディーロックバンドのHANKSHAWのBrian Robertsが加入しているというこちらも熱いネタです。もちろんJ. Robbinsの参加。本当に90年代彼らの作品の流通が悪くなかったら確実にJEJUNE、RAINER MARIA同様の知名度を今日得ていたんだろうな。けれど、彼らは地道にやっていてよかったのかもしれない。こうして21年という長い期間を経て再びアルバムを世に送り出すことが出来たのだから。しかも、あの頃以上に、音楽に対してピュアな気持ちで。そしてこんな傑作を産み出したのだから。
今作のリリースが出来て、ホントに夢みたいでうれしい。94年リリースの1st 7″を手に入れて以来、20年以上聴き続けてきた人生に感謝。当時、同じようにPOHGOHに出会った人が今作を手に取ってくれていたら本当に嬉しいことです。

今月リリースのMUNCIE GIRLSのアナログ単品とTシャツ単品も予約受付開始しました。お待たせしてすいませんでした!
MUNCIE GIRLS “FIXED IDEALS” LP+mp3

こちらは予約となります。他の注文と一緒にせずに単独でご注文してください。アナログのカラーは最もプレス数の少ないYellow Vinyls(限定250枚)です。国内盤限定数には先日の日本ツアーをサポートしてくれたfallsの将くん、summermanの竹腰、Yellowknifeの南ちゃん、PUNX SAVES THE EARTH blogのサトパン、NAVELのトハタ君によるライナーノーツ付き。

MUNCIE GIRLS “FIXED IDEALS” Tシャツ

※期間限定再受注生産。こちらは完全受注制作となります。発送は完成次第となりますので他の注文と一緒にせずに単独でご注文してください。

バンドルも週明けまで延長します。
MUNCIE GIRLS “FIXED IDEALS” LP+Tシャツ
MUNCIE GIRLS “FIXED IDEALS” CD+Tシャツ

SHOP(通販)はこちらから




8月-10-2018
Filed Under (新入荷) by blackie

いつになったらこの暑さは和らぐのでしょうか、、、フィンランドも前例のない暑さらしく大変みたいです!明日のロッキンは曇り予報だからももクロで燃え尽きて酒でも飲むしか!ロッキンは近年稀に見るアウェー現場なんで最っ高に燃えるぜっとぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!さてでは本日は大量のコレクションを預けてくれたコレクターさんの委託中古盤の売れ残りを全て半額にプライスダウン!迷ってた音源がかなりお安く買えます!既に値下げされてますので早いモノ勝ちなのでお急ぎ下さい!気付いた方からRARE/DELETED/USEDコーナーの並び順をアルファベット順にしてチェック!(R)

SHOP(通販)はコチラからでありやすほっといて!




8月-9-2018
Filed Under (新入荷) by wsrecords

キムさんほんと面白いね。もうみんな処刑されちゃうから何言っても爆笑の嵐ですよ、きっと。しかし、このスタイルは一昨年亡くなったWSハウスの斜め前の米屋の親父とそっくりだわ。

スペインに激ヤバイ、バーニングメロディックパンクいました!ついにUSでも知名度アップしていきそうなすごい逸材です。メロディックもポップパンクもハードコアもパンクもみんな大好きなやつだと思います。とにかくメロディーあるので熱いメロディック好きだったら聴いて欲しい!

CRIM “SENSE EXCUSES EP” 7″+mp3

2018年リリースの4曲入りシングル。今作もBCore、Tesla、Contra、Pirates Pressによる共同リリース。確実にアメリカでも人気出てきそうな勢いですね。サウンドは全くこれまでと変わることなくLEATHERFACE、MANIFESTO JUKEBOXなバーニングメロディックにストリートパンクのキャッチーな全員合唱を持つCRIMスタイル。今作も最高!特にコーラスのメロディーラインがメロディックもポップパンクもハードコアもパンクもみんな大好きな感じです。タイトル曲の時点でもうこれは手に入れずにいられないでしょう。久々にバッコーンとさせられるメロディックパンクバンドですね。2曲目のイントロはLEATHERFACE好きな人はキタキタコレコレってなことになるでしょう。B面は彼らのルーツを見せてきてるんでしょうね。違和感なくカバー仕上げてます。3曲目はTURBONEGROの”Prince Of The Rodeo”、そしてやっぱり好きなのねなCOCKSPARRERの”Watch Your Back”のカバー。しかし、カバーよりもオリジナルをもっと聴きたいよ。(O)

CRIM “S/T” LP/CD

2014年リリースの14曲入り1stアルバム。これはLEATHERFACE、MANIFESTO JUKEBOX好きな人は即死でしょう。スペイン語大丈夫だったらもうこれはやばいっすわ。2ndアルバムがリプレスされそのリプレス盤のリリースにPirates Pressが絡んでたんで聴いてみたらこれはほんとヤバイ。ほんとさっきも書いたけどLEATHERFACE以降のシワガレ渋メロディックで、ストリートパンク色もある合唱コーラスとか危険でしょう。絶頂期のゲインズビルメロディックも思い出すね。そこにサビに何故か壮大なシンセとか入ってきてもう分けわからないけどクソかっこいいんだ。ギターソロもBAD RELIGIONの個人的に一番美しいと思ってる”Generator”や”Recipe For Hate”の頃のBrettの旋律を彷彿させてくれるので更に倍増です。ミドルの曲ではジワジワと胸を熱くさせ、疾走感のある曲では一気に弾けさせる。どの曲もいちいちかっこいいよ。2ndアルバムにはBCore絡んでるのびっくりしたけど。LPサイズの10ページの歌詞掲載のブックレットも熱い!とにかく熱いメロディック好きなら絶対に聴いて欲しい!(O)

CRIM “BLAU SANG VERMELL CEL” LP/CD

2016年リリースの13曲入り2ndアルバム。このアルバムのリプレス盤にPirates Pressが絡んでたんで知ることになったんだけど、これはPirates Pressが絡んだの納得の合唱コーラス!しかもLEATHERFACE、MANIFESTO JUKEBOX的なシワガレ渋メロディックだもんね。1stもすげー良いんだけど、さらに哀愁が帯びコーラスが増えた2ndアルバムも問答無料のかっこよさ。2曲目なんて完全なポップなOiだもんね。90年代だったら確実にHelen Of Oi!からリリースされてそう。そう思うようなVANILLA MUFFINSの初期を思わせるくらいのキャッチーさもあるんだよね。それに疾走感のある曲はTRALL PUNK色出てきてやしないかい?!すげーすげー。個人的にはモッドパンクなリフから始める5曲目で昇天しました。けど続く6曲目のサビもやばい。これさ、パンク好きな人ならみんな好きなやつだろ?やっぱスペイン語適当に合唱出来て最高!スペイン語だけど、英語の対訳も付いてるんでどんな歌詞かわかりますよ。とにかく、レコード聴いてたらどんどんライブ見てみたい欲が続々と湧いてくる。(O)

CRIM トートバッグ

スペインのバーニングメロディックパンクCRIMのトートバッグ。もちろん12″レコードが入る大きさです。

SHOP(通販)はこちらから




8月-9-2018
Filed Under (新入荷) by wsrecords

カナダのベテランラモーン直系バンドTHE VAPIDSのフロントマンJIMMY VAPIDさんから、一人でも多くの日本の人に俺らを知ってもらいたいってことで、カナダは送料がアメリカよりもバカ高いんで送料一部負担して送ってくれました。ので驚きの価格だぜ!JIMMY VAPID名義のニューアルバムをリリースするにあたって全てDIYでやってみたかったらしく、自主で制作して、扱ってもらうところも自分でメールしてというスタイルです。だもんで、興味ある方ぜひ手にとってください。すでにVAPIDS好きな人はもちろんゲットでお願いします!

JIMMY VAPID “NIGHT MOVES” LP

カナダのベテランラモーン直系バンドTHE VAPIDSのフロントマンJIMMY VAPIDが2012年にイタリアのSurfin’ Kiからリリースした3枚の7″シングル依頼となる久々のリリースは、自主でリリースとなった14曲入りのアルバム!7″シングル時代よりも曲長くなってます。といってもだいたい2分あるかないかだけども。シングルは30秒台のラモーンパンクの連発だったからね(爆)シングルではすべての楽器を一人で演奏してたけど、今回はちゃんとベーシストとドラマーがいるみたいです。だから、勢いがとにかくあるね。で、THE VAPIDSとの違いは何かって聴かれたら何なんだろうね?ソロのほうがギターソロが泣きまくるところがラモーンよりもパンク/ロックンロール色が強いとこかな?でもメロディーも変わらないんだけどな。恐らく線引きはTHE VAPIDSだと完全ラモーンスタイルでってのが自分で決まりがあって、こっちは70’sパンク色やMC5なんかのプロとパンク色を出してるって感じなんじゃないだろうか。ちょっと初期THE BOYSっぽさもあるのかな。あと、初期のDESCENDENTSっぽさもあるな。あっちなみにレコードの内袋に頼んでないけど勝手にサイン書いてあります。律儀ですね。俺はサインいらない派なんだけど…(O)

THE VAPIDS ‎”THE POINT REMAINS THE SAME” CD

カナダのベテランラモーン直系バンドTHE VAPIDSの2007年の15曲入り6thアルバム。CDで在庫があるのはこのアルバムと”TEENAGE HEAD”のみだそうですよ。捜してた方は急いでください!リリースはもう11年前になるんですね。今作は前作”TEENAGE HEAD”よりもラモーンズ化してます。そして速い。昨年初のアナログ化もされましたね。とにかく飛ばしまくるラモーンパンクの雨あられ!しかし1曲目ってBLACK FLAGの”Nervous Breakdown”を速くやってるだけじゃいのか?(笑)前作よりもアグレッシブにスピードアップしてそこに陰りのあるメロディーを忍ばせた楽曲がずらっと並ぶ。そうさ、俺達にはこれしかないんだぜ感が痛快!やっぱりUSポップパンクよりもイタリアなどのユーロ3コードポップパンク好きにオススメのバンドであります。(O)

THE VAPIDS ‎”TEENAGE HEAD” CD

カナダのベテランラモーン直系バンドTHE VAPIDSの2002年の10曲入り5枚目のアルバム。CDで在庫があるのはこのアルバムと”TEENAGE HEAD”のみだそうですよ。捜してた方は急いでください!再生ボタンを押した瞬間から3コードラモーンポップパンクの連発。SCREECHING WEASEL、QUEERSとは異なり、HEADやRICHIES同様、思いっきりラモーンスタイルはカナダというよりもイタリアで人気が高いのも納得のスタイル。時折すっげーキャッチーなメロディーをさり気なく入れてるところが、ラモンし過ぎなサウンド苦手なポップパンクファンもイケルと思いますよ。(O)

こちらのJIMMY VAPID名義の30秒ラモーンパンクチューンがぎっしり詰まった7″ 3部作の新品デッドストックも再入荷!
JIMMY VAPID “TRIANGULATOR” 7″
JIMMY VAPID “REALITIES OF WAR” 7″
JIMMY VAPID “HUMBLE BEGINNINGS” 7″
VAPIDS “CHARM SCHOOL DROPOUTS” LP

SHOP(通販)はこちらから




8月-8-2018
Filed Under (新入荷) by wsrecords

台風近づいてます。けど、久々に涼しくてちょっとホッとしてる。今日はこちらをアップ!明日もアップシますよ。そろそろPOHGOHの予約も開始しようと思います。
いやー東京でもまだ電波通じないとこあるんだねってことで先週末は久々に携帯無しで生活しました。YouTube見れなくて2号がブチ切れてたけどね。

あっ今日銀だこ安いんだよね。誰か買ってきて。

ANCHORD “AS A REAL RETURN” CD

CD派の方お待たせしました!ついにCDバージョンがUKからリリースされましたよ。WILD ANIMALSのメンバー全員一致でこのバンドチェックしなよってことで教えてもらったのがこのスペインのエモーショナルメロディックANCHORD!2017年アナログでリリースされた11曲入り1stアルバムがワンタイププレス限定でCD化。インストの1曲目から続いての2曲目の時点でガッツポーズ!この2曲目がLIFETIMEの疾走感を持ちながらも合唱パートありの悲哀のメロディック!さらにというか殆どがミドルテンポなんだけど(といっても疾走感あるね)STARMARKETを思い出す轟音のメロディックチューンもで最高!おかずもそんな感じなんだよね。しかもスペインのバンドが英語歌ってるっていうのもあるし声質もSTARMARKETを思い出させる鼻詰まり声なんだよね。でも母国語の曲もあるよ。ってことで曲も短くトゥインクル感は皆無でガーッてギターを掻き鳴らすMid 90’sエモ爆発前夜のエモーショナルなメロディック好きな人迷わずゲットだぜ!LIFETIME、TITLEFIGHT、SAMIAM、JAWBOX、スペインってことで初期AINA好きな人へ!曲によっては高速メロディックファンも大好きそうだな。(O)

THE BURNT TAPES “ALTERATIONS” CD

期待の哀愁ラフメロディック現る!LAWRENCE ARMS、ALKALINE TRIOなシカゴメロディックをもろに彷彿させるこのバンド以外なことにUKはロンドンのバンド、もちろんRED CITY RADIO、TIMESHARES、RIVER JUMPERSといった現行のバンドとも共通ありで、エモじゃなくあくまでもメロディックだけど、このエモさはやっぱりIRON CHIC以降の合唱コーラスもありでこの手のサウンド好きな人は確実にチェックすべきでしょう!注目も高いみたいでこのCD速攻でソールドアウトで今回入荷分もかなりショートされましたがこれで最終入荷だって。(O)

DOWN AND OUTS “BOYS FROM THE BLACKSTUFF” CD

ついにDOWN AND OUTSの傑作1stアルバムがリイシュー!18年の初来日ツアーは開始早々、西日本豪雨災害で大変だったもののツアーを完遂してくれ各会場で多くの人に笑顔を届けてくれました。GRAMPUS EIGHT、NO MARKSでも活動しているフロントマンのMark、LAST CHANCEのKevinにShaun、そしてMattと現在のDOWN AND OUTSのメンバーとは異なりますが2004年にリリースされた14曲入りアルバム。ヨーロッパではストリートパンクファンに、ここ日本ではメロディック/ポップパンクファンの注目をかっさらった1曲目の時点からテンション激上がりのアルバム。日本ツアーでも1stアルバムからの曲始まると歓声が上がってました。とにかく切なくも熱いメロディー、一聴しただけで一緒に歌えてしまうコーラスとシンプルながらもUK独特の最高の音が濃縮されてる。最初このバンド聴いたときにGRAMPUS EIGHTのMarkだなんて想像もしなかったもんな。なんか声聴いたことあるって思っただけでさ。これまで手に入れられなかったみなさんついに待望の再発!聴き倒してくださいね。(O)

SPLIT Twolow / SUNDAY BLOODY SUNDAY “COMMON DESTINY” CD

POGOを始めとして数々のバンドで活動し、DAIEI SPRAY加入のときは驚きましたが、職人的でもあり最強のドラムを叩く二郎好きでも知られているジュンさんが現在KENNY BAKERと並行して在籍しているバンド、Twolow。もうバンド名の時点で3人のメンバー全員が二郎好きなんだろうなと推測されます。というか公表してるしね(笑)各メンバーの経歴もすごいんですけどね。AS MEIAS、KULARA、HELLISH LIFE、DETRYTUなどですから。そのTwolowと、FIXING A HOLEからすでに単独もリリースしてるSUNDAY BLOODY SUNDAYによるスプリット。いつものFIXING A HOLEリリースを知ってると驚きかもしれないけど、ジュエルケースで帯付いているというパッケージングも含めてね。両バンドともにグランジ以降の90年代のオルタネイティブロックサウンドを吸収したヘビーかつグルーヴ力の強いサウンドでグイグイ引き込んでいく。各バンドそれぞれ2曲づつの収録で、お互いのバンドのカバーを1曲づつ収録。両バンドともにリフの応酬がすごい。QUICKSANDからSHINERやGIANT`S CHAIRなエモ好きな人も。(O)

それから日にち間違えてました!MUNCIE GIRLSのニューアルバムのバンドルは今週末まで予約受付してますのでまだ間に合いますよ!
MUNCIE GIRLS “FIXED IDEALS” LP+Tシャツ
MUNCIE GIRLS “FIXED IDEALS” CD+Tシャツ

SHOP(通販)はこちらから




8月-3-2018
Filed Under (新入荷) by blackie

あーりんTIFから俺らの夏が始まったぜ!!!今年も最っ高の夏にしよな!!!どちゃクソ沸き散らかすしか!さてでは今夜も20時に委託中古盤アップされます。毎年恒例のレア盤放出は今月末予定です!よろしくお願いしまーす!(R)

BRIONICS “ORIGIN” CD
鹿児島の新星ハードコアバンドの初音源となる自主制作盤!ジャケや1曲目のイントロからはBLACK METALなバンドなんだろうと想像しがちですが、リードギターが光るバーニング・ジャパニーズ・ハードコア!DEATH SIDEが示した素晴らしき日本のハードコア・スタイルをTRAGEDYが再び世界に発信し、その後も数々のバンド達が脈々と受け継いだジャパニーズ・ハードコアを放つ現行バンド!(R)

SHOP(通販)はコチラからでありちゃん!

 




8月-2-2018
Filed Under (新入荷) by wsrecords

TH3EE DAYS AWAYのジュンくんから3冊のジン入荷です。この3冊すごい内容濃くて面白い。ジンを通じてのパンクロックの表現も味わってみてくださいな!

うちで売れたこの3冊のZINEの売上は全額、TH3EE DAYS AWAYのジュンくんを通じて西日本豪雨災害への支援に募金します!ので良かったら3冊ともよろしくお願いします!内容面白いんで。っていってもTH3EE DAYS AWAY ZINEの新作楽しみにしてる人多いと思うんでよろしくです!

TH3EE DAYS AWAY #23

富山のジュン君発行のTH3EE DAYS AWAY ZINEの最新号が出たよ!もう23号なんだね。今作はPLAN-IT-X創始者でもあるCHRIS CLAVINとOPERATION:CLIFF-CLAVIN、THE DEVIL IS ELECTRICでそのChrisと一緒にバンドをやってるex-SISSIESのHannahによる男女混声フォーキーパンクGHOST MICE、BOSS TUNEAGEからアルバムをリリースしたLEATHERFACE、FORMER CELL MATESで活動していたDavey Lee BurdonによるニューバンドD L BURDONのインタビューにBALLADMENのライブレビュー、LEATHERFACE “Don’t Work”の翻訳、音源レビュー、前号に掲載されてたPINKU SAIDOのインタビュー再掲です。とにかく内容が濃い!前号よりも濃いっす!

LOST IN TRANSLATION Vol.1

2016年12月に発刊されたオリジナル版にg.l.o.s.sの記事など新たな記事を追加した増補盤。g.l.o.s.s、PEEPLE WATCHIN’、CREDENTIALSのSadie Switchbladeのインタビューに、g.l.o.s.sのメンバーが関わっているバンドの音源レビュー、MRRのg.l.o.s.sインタビューの翻訳と一冊まるごとg.l.o.s.sについて特集です。面白い!

LOST IN TRANSLATION Vol.2

WOMEN IN PUNKと副題が付けられた第二号。今作では”women in tronto punk 2017″と言うカレンダーに付属しているジンの翻訳です。各月ごとに時代を超えて、カナダの初期パンクだったりストレートエッジだったりクラストだったりパワーポップだったり様々なパンクシーンにおける女性のインタビューが掲載されてる。そしてそれに関するシーンの女性バンドの音源レビューなど。これも興味深く内容も濃い!

SHOP(通販)はこちらから




8月-1-2018
Filed Under (新入荷) by wsrecords

すごい、今日のアップ音源3作品すべて活動してるときにリリースされなかった幻の音源(笑)サスペンのブックレットの90’sポップ/メロディックパンクバンドのジャケ掲載がじわじわ効いてきてます!KUNG FOOLSの紹介で書いたBOMBSITEもまさかの入荷するんでそちらも到着までお待ち下さい。90年代世間的にはシカトされてたバンドがこうやって評価されてきてるのは嬉しい限りです。色んな思い出が蘇るわ!良いも悪いもだけどな!

KUNG FOOLS “MODERN WOES & BASEMENT SHOWS” CD

90’sポップ/メロディックパンクを掘っていくと、PORCELAIN BOYSとかたどり着くわけですよ。そうすると、えっミネアポリスシーンって結構ヤバイじゃんかってなるよね。だってDILLINGER FOURにTHE STRIKE、SALTEENS、SCOOBY DON’T、あんま良くないけど(笑)QUINCY PUNXとか。で、更に掘った人だけがたどり着くのがKUNG FOOLS。ってかこのバンドSUSPENDED GIRLSのブックレットで下地くんがこれみよがしにデモテープ掲載してるやつですよ!このKUNG FOOLSなるバンド調べてくと、実際に活動していたときってそのデモテープだけのリリースなんだよね。でメンバーがやばくて、PORCELAIN BOYSが93年に一度活動した後にやってたBOMBSITEってこれまたヤバイバンドやってたメンバーが在籍してるんだ。KUNG FOOLSと関係ないんだけど、このBOMBSITEってPORCELAIN BOYS〜JETTISONのScottとか、初期DILLINGER FOURにAMP 176のメンバーもいたやっばいバンドなんだよね。話をKUNG FOOLSに戻します(笑)で、なんで今回このバンドの音源を入荷出来たかって言うと、SUSPENDED GIRLSのブックレットに下地くんがデモのジャケ載せてるって書いたでしょ。そしたら、メンバーから何で日本のやつが俺たちのデモ持ってんだよって連絡くれたんだよね。で、まだ7″残ってるよ。それに2014年に地元で再結成ライブやったときに未発表音源収録したCD作ったの残ってるって言うじゃないですか。ってことで入荷できました。ここに収録されている13曲はすべて1995年から96年の間にレコーディングされこれまで陽の目を見なかった音源です。デモテープにすら収録されていない。なんで、これ当時リリースしなかったのか。ホントにもったいないよ。曲によってちょっと表情違うんだけど、BROKEN TOYSっぽかったり、BADTOWN BOYSの1stアルバムの頃のようなエルビスコア、すなわち初期のTEEN IDOLSっぽかったり、それにLILLINGTONSっぽさも時折ちらつきます。”99 Green Day Songs”とかほんと当時の郊外の少年なタイトル(笑)全然GREEN DAYっぽさはないんだけど。ラストはBUZZCOCKSの誰もが知ってる曲のカバー。2014年に地元のライブハウスの20周年記念のときにライブをやってほしいと言われ、そのときに200枚のみでプレスされた音源。90’Sポップパンク好きならば聴いて欲しい。(O)

KUNG FOOLS “S/T” 7″

7″も残ってましたよ。CDと同様に95年から96年にレコーディングしてたのにリリースしてなかった4曲収録で、CDとデモテープとかぶりのない4曲収録。自身で立ち上げたSuper Scenes Recordsから2005年にリリースし、このときにもリリースパーティーとして一度限りの再結成ライブをやったようです。多分日本では知名度全然なくても、地元では人気あったんだね。内容はCDと同じく、BROKEN TOYSっぽかったり、BADTOWN BOYSの1stアルバムの頃のようなエルビスコア、すなわち初期のTEEN IDOLSっぽかったり、それにLILLINGTONSっぽさもあったりとポップパンクとメロディックの中間を行くいかにもな90’sローカルポップパンクサウンドでにんまり。90’Sポップパンク好きならばこちらもCDと合わせて聴いて欲しい!(O)

LEVELHEAD “S/T” LP+mp3

ジョージア州アトランタのメロディックパンクバンドLEVELHEADの幻のアルバムがクラウドファウンディングを利用してひっそりと自主でリリースされていた!CHEERS PUNK RADIOのポップパンクヘル男に入荷しないの?って言われて調べたらフィジカルで2016年にリリースされてたとは。。。で、調べてみたらブラザー手に入れてたし。恐るべし。。。94年に1stシングル、95年にQUADILIACHAとスプリットをリリースするんだけどその後は解散したバンドかと思いきや未発表のアルバムがあったとは驚き!1stシングルの初期衝動爆発のつんのめり感もすげー良いんだけど、このアルバム当時リリースされていたら確実に今日も多くのファンがいたんじゃないかって思うほどの激名盤!とにかくMARBLE並に演奏力が抜群。やっぱりこのバンドも元々はPRIMUSやRED HOT CHILLI PEPPERSに憧れていたキッズだった。そんなキッズがメロディックにのめり込んで変わっていったからこその演奏力なんじゃないかな。OBLIVIONもミクスチャーバンドだったし、MARBLEも元々はプログレだったらしいしね。とにかく、繰り出されるサウンドはMARBLE、FUNSIZEといったアレンジ力に長けたCRUZ影響下のメロディック!もう確実にその手のサウンドが好きな人は一発で叩きのめされるだろう。そこにMAN DINGO、RHYTHM COLLISION、ZOINKSといった黄金期のDr. STRANGEなショボ要素、FIFTEENやJAWBREAKERのようなリズム半分落としな展開等、90’sメロディックの時代を経ても輝くサウンドが炸裂しちゃってます。何度も言うが、この音源レコーディングされたのは95年。もし、リリースされてたら確実に今日のメロディック史に名前を残してたと思う。余談だけど初期にはMUTANT POPでお馴染みにPULLOUTSのメンバーも在籍、そんでLEVELHEAD解散後、メンバーはエモ化していったそうだ。まあ、そんな余談はさておいて、問答無用でこのアルバムを聴くべし!(O)

SHOP(通販)はこちらから