Distro News

7月-3-2020
Filed Under (新入荷) by wsrecords

ほい、荷物到着!今日はアメリカからと国内から到着です。しかし、アメリカの送料どうにかならんもんですかね。誰かトランプと知り合いだったら、日本への国際郵便を値下げしてもらえるようにお願いしてちょうだい!ついでに、さっさと辞めろよとも!東京都民のみなさん、都知事選しっかりと投票しましょうね。「SAY NO TO YURIKO」ですよ。
それから先日Wizzard In Vinylさんから残っていたデッドストックを分けてもらいましたが、第二弾が到着です。どんどん無くなってますので気になる方はお早めに!
下の委託中古でレニーガップしてるJailcellのブーとTシャツくそだせーなwww

OLDIE HAWN “EVERYBODYS KNOWN” 7″+mp3

いやいやいやこれすごい成長じゃないの?!テキサスの3コードポップ/メロディックパンクOLDIE HAWNの2nd 7″はすごい内容になってる!これ、SCREECHING WEASELの”Wiggle”アルバムが好きな人はマジでチェックしたほうがいい!1st 7″も良かったけど、今作ブッチぎりで単弦ギター、メロディー、コーラスが良くなってるよ。これは完全にMutant Popなやつだ!1曲目はBEATNIK TERMITESとJAKE AND THE STIFFSの合いの子みたいだし、2曲目のAメロに落ちるサビも最高だし、4曲目で3コードポップパンクで盛り上がらないやついないでしょな、出だしから全て最高なショぼポップパンク炸裂!で、ラストはJ CHURCHのカバーというセンスも大好き!また、どうでもいい情報言うけどこいつらTHE KOOPASの舎弟だかんね!(O)

BREAKLIGHTS “SECOND TO NONE” 7″

これまでにDESCENDENTSのSTEPHEN EGERTONプロデュースでリリースもしているテキサスのメロディック/ポップパンクBREAKLIGHTSがニューシングルをリリース。出だしはもろにLILLINGTONSか?と思わせるけど、その後は完全なるCRUZIANポップパンクが炸裂でございます!個人的にはHAGFISHを思い出しましたね。メンバーはDESCENDENTSやTEENAGE BOTTLEROCKETのTシャツ着てっからやっぱそのままサウンドに現れた(笑)もうDESCENDENTSに全てをやられちゃったんだよね彼らは。だもん、この1曲目のMVはFILMAGEのディレクターであるDeedle Lacourさんが手がけてますよ。やっぱりローカルバンド最高!(O)

TROUBLEMAKERS “KLEPTOMAN” CD

新品デッドストック!BIRDNESTから2003年にリリースされた14曲入りアルバム。ドイツ盤もNASTY VINYLからリリースされてましたね。1曲目の”Kleptoman”の時点で最高です!そして2曲目の大名曲”Jobba”でのヤバヤバヤバでTRALL PUNKファンも撃沈でしょう!かなりポップパンクの要素が高い今作ですが同じようにロックンロールを軸としたPSYCHOTIC YOUTHファンには必聴とは言えません(笑)それが母国語パワーの凄まじさですから!(O)

こちらも再入荷です!

RANDELLS “ENDLESS VACATION” 7″+mp3
HAMBURG RAMONES “FREE PHIL SPECTOR” CD
SHAME ACADEMY “PUNK ROK FOR DUMMIES” CD
SQUARE THE CIRCLE “EVERYONE’S A WINNER” CD

SHOP(通販)はこちらから




7月-3-2020
Filed Under (新入荷) by blackie

いやプリントデカすぎっ!そして絶対バンド知らないだろ(笑)trashは案の定転売でしたな。ま、目に見えてましたが。うちの入荷分は欲しい人の手にのみ渡ったので何の問題もないですハイ。さてでは本日も委託中古盤投入です。今夜は全部CDです!22時にアップされますのでチェックしてみて下さい!(R)

SHOP(通販)はコチラからどうぞ!




7月-2-2020
Filed Under (新入荷) by wsrecords

税関で捕まって居た荷物ようやく到着!実はこれ3月にスペインから郵送されるも、スペインでのコロナパンデミックで郵便局に保管されたままだったんだけどようやく到着!じつもすでに次の荷物も向かってるんで、そこにはRANDYの2ndアルバムのリイシューも搭載されてるはずです。
ってかマックが着てるのHOOTERSなのかよw

PASSAGE 4 “WORLD CIRCUS” LP

96年にスウェーデンのWOUNDED KNEEのメンバー運営のWonded RecordsからCDオンリーでリリースされ世界中の高速メロディック好きのWant Listに入ってることですげーレア盤化してましたが、ついにWILD ANIMALSのフォンの青春時代のレコードリイシューシリーズにて初のアナログ化でリリース!ジャケはオリジナルから一新されてしまいちょっと残念ですが、元データがなかったそうなのでしょうがないですね。高速メロディック好きの間ではADHESIVEと一緒に語られるのも納得の北欧ならではの哀愁メロディーがどっぷり詰まった傑作!91年から97年の活動期間中、2枚のシングルと1枚のアルバムしか出していないこともこのバンドの伝説化に繋がってるとこもあるよね。さあ、探し続けていた人、ようやく入手できますよ!この調子でTHE LUCKY SEVENのアナログ化もして欲しいよっと!(O)

JAMIE 4 PRESIDENT “CONSOLATION PRIZE” LP

スペインのアナーコメロディックパンク/パワーポップバンドWILD ANIMALSのギターボーカルにして英語教師、Jamie率いるJAMIE 4 PRESIDENTのニューアルバムが登場。WILD ANIMALSのドラマーPaulaちゃんの従兄弟のPabloも在籍。1stアルバムはWaterslideでもリリースしましたが、2ndアルバムはタイミング的に参加出来なかった。けれど、サウンドは1stの延長線上にある曲で相変わらずのハートウォーミングなメロディーが爆発してる!WILD ANIMALSとメロディーは根本的に一緒なんだけど、こちらはアレンジがパンク色が薄れてよりインディーロックな仕上がりになっているんだけど、それだけで表情が異なっているのはすごいね。1曲目始まったらIDLEWILDが真っ先に浮かんじゃったよ。もちろん、ギターのフレーズにはJamieが大好きなCUREや、コード進行にはGUIDED BY VOICESも感じる。90年代以降のパワーポップ好きな人も大好きなんじゃないですか?!90年代にあれだけいたUKインディーロックファンが消えた現在が今いたらこのバンドも注目を集めていたんだろうな。そしたら、FUJI ROCKとか呼ばれちゃって俺もマネージャーとかで遊びに行けたのにとか妄想してしまいます(笑)WILD ANIMALS好きな人は問答無用で好きだと思うけど、PROMISE RING好きな人にもチェックしてもらいたい。サビのフレーズがラストで変わったりとスッゲー良いんだわ。4、5曲目のつながり最高!これCHESTER COPPERPOT好きもこのバンドに気づいてってば!(O)

FOR I AM “LATE BLOOMERS” LP

これNOT ON TOURやACCIDENTE好きなガールメロディックファンは絶対チェックしたほうがいいやつ!ベルギーのFOR I AM、15曲入りの2ndアルバム。19年に日本ツアーもやってますよ。ストップ&ゴーもリズムチェンジもみんなが欲しいものをバッチリきめてるし、それにこのHanneのボーカルワークも力強いし感情も豊かだしね。スピードばかりに頼らなくちゃんと聴かせるミドルテンポの曲もあるしでおじさんでも疲れない(笑)45回転のDOLLYROTSな感じもありだね。国内盤CDはMilestoneから販売中ですよ。(O)

HEKSA “CENIZAS” LP

スペインにノルウェーにイギリスとヨーロッパの様々な国に住むメンバーがスペインで出会い結成した女の子4人組のアナーコメロディックパンクHEKSAの2ndアルバムが登場!1stアルバムもSOFAHEAD、DAN、初期SWOONS、VUTURE CULTUREを思わせてくれる悲壮感溢れるメロディー全開でよかったけど、この2ndも同様のサウンドでいいよ。BURNING KITCHEN彷彿ですね!知らなかったんだけど、元LIFE BUT HOW TO LIVE IT?、DRUNK、2:20、SO MUCH HATEのメンバーによるDANGER!MANとスプリットをBoss Tuneageから出していたLUCKY MALICEのメンバーもいた!全然知らなかったなぁ。スカンジナビア半島特有の湿り気のある哀愁メロディーが好きな人は絶対このバンドのメロディーツボに入ると思いますぜ!VICIOUSとかMASSHYSTERIに比べるとロウで速いけど余裕でいけるんじゃないですか?(O)

こちらも再入荷!

LAST DAYS OF APRIL “ASCEND TO THE STARS” LP
NOT ON TOUR “BAD HABITS” LP
NOT ON TOUR “ALL THIS TIME” LP
RANDY “THERE’S NO WAY WE’RE GONNA FIT IN” LP
SATANIC SURFERS “KEEP OUT” 12”

SHOP(通販)はこちらから




6月-29-2020
Filed Under (新入荷) by wsrecords

スペインのElefantから久々に好物なサウンドのバンドリリースされたんで久々に入荷!あわせて、入荷漏れしちゃってたAXOLOTES MEXICANOSのアルバム、ソールドアウトなんだけど頼み込んでなんとか入荷できましたよ。それからスプロケのリッキーのソロプロジェクトの第二弾も作ってもらえてついに入荷です。

FRED FREDBURGUER “S/T” 10″+mp3

これもうジャケで絶対手に入れるでしょうよ!だって完全にJUNIPER MOON彷彿させるよね。で、肝心のサウンドはこれまで俺がリイシューしたVACACIONESやJUNIPER MOONといったLate 90’sからEarly 00’sの俺的に絶頂期のElefantサウンドなんだよね。ここ最近スペインでも、当時のバンドが再注目されてて当時のレコードがレア盤化してきてて、そこへこんなあの時代の音を鳴らすバンドが絶好のタイミングで出てきたんだから!そりゃElefantのLuisがこのバンド登場に速攻で俺にメールくれるわけです(笑)LOS FRESONES REBELDES、TCR、HEAVENLYなど好きな人は問答無用で手に入れてください!次のリリースには俺も絡むかもしれない。打ち込みじゃなくて、ギターポップとポップパンクの中間をいくサウンドを舌っ足らずのガールボーカルが支配するバンド。最高。変にオシャレにいかずに2ndアルバムもこの調子で作って欲しいぞ。NEW ADVENTURES IN POPシリーズはワンタイムプレッシングなんでリプレスしないんで迷ったらなくなります。(O)

AXOLOTES MEXICANOS “SALU2” LP+mp3

こちらが最後の在庫です。本当はソールドアウトだったところ、ごり押ししてレーベル保存分を数枚だけ卸してもらいました(笑)うちの販売分がなくなれば廃盤だそうです。15年にリリースした8曲入りのデビューアルバムは速攻でソールドアウトして2ndアルバムリリースされたら絶対入荷するぞと思ってたんだけど、このところのElefantリリース作品が俺の好みじゃなくて見送ってたらいつの間にか18年にリリースされてて速攻で売り切れてたんだけど、なんとか数枚だけ入荷できました!打ち込みでもろにスペインポップな曲が中心なんだけど、このバンドJUNIPER MOONとHELEN LOVEをブレンドしたような疾走感溢れ、パンキッシュですげーキュートな曲あるから侮れません。LA CAZA AZULがJUNIPER MOONをやったらこんな感じじゃないかという俺のドツボのElefantサウンドだな。前作はセーラー服の後ろ姿だったけど、今作は前になってますね。J-POP大好きっ子なので、しっかりとピース写真で日本文化学んでます(笑)この手のサウンド好きな人は一度限りの入荷なので逃さないでね!(O)

AXOLOTES MEXICANOS “INFECTADOS” 7”+mp3

こちらが最後の在庫です。うちの販売分がなくなれば廃盤だそうです。

DOES HUMOR BELONG IN MUSIC? “CD-R 2” CDR

現在再びSPROCKET WHEELで活動し、その前はWATER CLOSET、CRADLE TO GRAVEと渡り歩いたメロディックパンク界のギター職人Rickyによるユニット「DOES HUMOR BELONG IN MUSIC?」の第2弾リリースもお願いしたら作ってくれましたよ!俺のように第3弾で知った方は、こちらも手に入れましょう!今作もギター、ベース、打ち込みは全曲Rickyで、今作のゲストボーカルはBLEW/SOONのタクロウとJELLY BELLY/WATER CLOSETのアスカです。1曲目はタクロウとの共作でピロピロ自由に弾きまくるギターはRickyなんだけど、曲はもろにタクロウまんまでBLEW/SOON好きな人はニンマリでしょう。で、問題は2曲目、あれLEATHERFACEみたいな曲、しかも歌い方スタッブス?と思ったら、なんとこれ、歌ってるのRickyだよ!初めて歌ってる声聞いたわ。全然予想と違かった、普段話してる時の声から想像できなかったよ。曲もさることながら、ほんと意外な一面を伺えました。とは、いえこの世代のみんなLEATHERFACEにももちろん影響はどっぷり受けてるからね(笑)続く3曲目、あれこれ知ってると思ったら、戦場のメリークリスマスをギターでやってます。普通にギターうまいわ(爆)そしてラストにアスカを迎えたメロディックナンバーで、2人が一緒にWATER CLOSETやってた時代を思い出しました。ってことは第四弾あったら、スプロケのマルがゲストボーカルなのかな?!(O)

60′ WHALES、SEA OF TIMEのオオノさん、それからFOUR TOMORROWのナガサワにスプロケのシモくん参加の第三弾も再び作ってもらえました!

DOES HUMOR BELONG IN MUSIC? “CD-R 3” CDR

SHOP(通販)はこちらから




6月-26-2020
Filed Under (新入荷) by wsrecords

本日はこちらをアップです!BRAIDやFRICTION、HEY MERCEDES、LIFTED BELLSとたくさんのバンドをやっていることでも知られるBob Nannaが初のソロアルバムを発表ってことでプレオーダー開始です!リリースはPOHGOHのメンバー運営のNew Granada Recordsってことで他の新作も合わせて登場!

BOB NANNA “CELEBRATION STATES” LP+mp3

※プレオーダー

BRAIDとPOHGOHは当時からスプリットをリリースしたりと親交が長く深いことで知られてますが、Bob Nannaが離婚経験をし、その個人的事柄を通して感じたことを歌にした10曲をレコーディングした作品を友人であるNew Granada Recordsへレコード製作を依頼し実現したのが今作。と、いっても悲壮感全開のものではなくタイトルに「Celebration States」とあるようにポジティブな内容となってます。Nanna曰く、今作は「1年に渡る良い時期と上手くいかなかった時期のことをドキュメントしたもの。自伝的で、このプロジェクトを完成する前にポジティブな決意を持って望んだものなんだ。」と語ってます。全編、Nannaのウタとアコースティックギターの響きだけのシンプルな構成で展開されるものの、やっぱり声もメロディーもBRAIDだもんで、心を揺さぶると同時に心を高揚させるような作品で、自分の頭の中では様々な光景が浮かぶそんな作品になっています。しかし、このレコーディングセッションは結婚記念日であった9月7日に敢行されたというのもなかなかにエモいですね(笑)(O)

WREATH “S/T EP” CT+mp3

レボリューションサマー!2019年後半に結成されたこのフロリダのWREATHはVACANCY、AWKWARD AGE、LEVIATHAN CROSS、NEW MEXICAN DISASTER SQUAD、THE HOLY MOUNTAINというバンドのメンツにより結成されたバンドなんでベテランバンドマンが集まってるんで、今作が初となる5曲入り音源なんdけど音質は強力!まさにEMBRACE、THE FAITH、PAINT IT BLACK、そしてJADED EYESといったバンドが真っ先に頭に浮かぶ!最近、世界中にレボリューションサマーを彷彿させるバンドが増えてきてるけど、この今のサイクルの流れなのかもしれないね。(O)

DIEALPS! “MORE IMPORTANT THINGS” CD

POHGOHのKeith運営のNew Granada Recordsが現在大プッシュ中の地元タンパのインディーロックバンドDIEALPS!の20年リリースの13曲入り2ndアルバム。男女混成ボーカルにより、90’s CMJなインディーロックサウンドを聴かせてくれてかなり良い!BUFFALO TOMやSPARKLEHORSE、THE SUNDAYSなんかを思い出させてくれる。特に女性がメインをとる曲はドリーミーな感じで若干シューゲイズっぽさもあり気持ち良いし、男性ボーカルがメインの曲も哀愁あるギターバンドな感じでどっちの雰囲気も良い。Polyvinylリリースのバンド好きな人はチェックしたほうがいいと思います!(O)

DIEALPS! “OUR CITY” CD

こちらは17年リリースの12曲入り1stアルバム。POHGOHの日本ツアー中に移動中に2ndアルバムのプリプロ音源を聴かせてもらって気になっていたのようやく入荷できました。2ndアルバム同様男女混成ボーカルで曲によって、男女のいずれかがメインボーカルをとるスタイルもすでに1stアルバムで確立されてるんです。90’s CMJなインディーロックに、シューゲイズやインディーポップもミックスしたサウンドは、1ローカルバンドレベルじゃないですね。PolyvinylリリースやTopshelfリリースのインディーロック好きな人は、確実にこのバンドはアンテナに引っかかるはずですよ。(O)

SHOP(通販)はこちらから




6月-26-2020
Filed Under (新入荷) by blackie

今月は四週に渡りコレクターさん委託中古盤放出でしたが本日最終です!CD100枚越えで、あまり見かけないレア/廃盤も混じってます!在庫の残ってる中古盤も見やすくなってますで一緒にチェックしてみて下さい!22時にアップされます!EL ZINE新刊も発売です!(R)

EL ZINE vol.43

■SPECIAL DUTIES
(『Punk Is Dead』と歌ったCRASSに対して、真っ向からケンカを売った作品『Bullshit Crass』でも知られているUK82バンド、SPECIAL DUTIES。そのオリジナル・ベーシストにして現在はヴォーカルを務めているSteve Dutyへのインタヴュー&バイオグラフィ)

■UNDERGROWTH VANCOUVER 2020
(カナダ/バンクーバーの現在のパンク/ハードコア・シーンに関するテキストと、3バンドへのインタヴュー)

■SPECTRES
(過去にはLEBENDEN TOTEN/FrankのレーベルであるWhisper In
Darknessからも作品をリリースしていた、バンクーバーのポスト・パンク・バンドSPECTRES。そのヴォーカリストであるBrianへのインタヴュー)

■PHANE
(バンクーバーのUKスタイル・ハードコア・パンク・バンドPHANEのギタリストにして、当地のパンク・フェスHave A Good Laughの主催者でもあるCordieへのインタヴュー)

■BOOTLICKER
(バンクーバーなどを拠点に活動している、Oi! meets ボストン・ハードコア meets D-Beatなバンド、BOOTLICKERのヴォーカリストであるLewisへのインタヴュー。※Lewisは5月に来日を予定していたMASS GRAVEでもヴォーカルを務めている)

■PUNK LIVES!!
(ポーランドのハードコア・バンドOHYDAのMikeによる、イギリスのDIEとアメリカのWARCRYのライヴ・フォト・レポート)

■Distort Reality
(アメリカ/ポートランドのノイズ・パンク・バンドFRENZYのベーシストにして、日本のバンドも数多くリリースしているハードコア・レーベルDistort RealityのオーナーであるSkellへのインタヴュー)

■SOLPAATOS
(昨年にディスコグラフィCDを、そして今春にはそのディスコグラフィのアナログ盤をリリースした、新潟のフィンランド式ロウ・ハードコア・パンク・バンドSOLPAATOSへのインタヴュー)

■NAGASAKI NIGHTMARE
(STAGNATION/C etcのAzusaが主催し、今年は8月9日に長崎で開催される予定のイヴェント『NAGASAKI NIGHTMARE』。そのイヴェントや長崎、そして平和に関するコラムby山下大介/VELOCITYUT)

■ROOTS OF T.K. FROM NAGASAKI PUNK HISTORY
(大阪で活動するDEFORMATION QUADRICのメンバーにして長崎出身のT.K.による、自身のルーツに関するコラムby T.K./DEFORMATION QUADRIC)

■record KNOX
(茨城県水戸市のパンク/ハードコア・レコード専門店record KNOXのオーナーである橋本氏へのインタヴューby Shooter/the GEROS)

■うしろ前さかさ族
(東京で活動するうしろ前さかさ族のフロントマンにして、cuntsではドラムを務める関口マーフィー氏へのインタヴュー)

■Umea Punk City
(ex.AC4~現ACID BLOODのKarlによる、スウェーデンUmeaの現地情報コラム)

■ANTIGEN
(ドイツのゲッティンゲンとチェコのプラハに暮らすメンバーらによる、女性ヴォーカルのメロディアスなポリティカル・ハードコア・パンク・バンド、ANTIGENへのインタヴュー)

■Anti-Art Book Review
(アートブックの書評by Yoshi Yubai/弓場井宜嗣)

shop(通販)はコチラからどうぞ!




6月-25-2020
Filed Under (新入荷) by wsrecords

まじかーこの新品デッドストックが国内に残っていたとは?!Wizzard In Vinylさんに残っていたデッドストックを入荷しましたよ!音源は一期一会です。探していた人逃さないでくださいね。枚数に限りがあるので本日20時にアップしますよ!

NOISE ANNOYS “FIRST STEP” CD

CHEERS PUNK!ドイツの初期パンクロックバンドRAZORS、それからRAMONEZ 77をやっていたMartin、同じくRAZORSのOldに、後にSQUARE THE CIRCLEを結成するArneとSvenが在籍していたNOISE ANNOYSの90年リリースの1stアルバム。CDバージョンには1stシングル収録の2曲を含むボーナストラック7曲収録。DOLL誌上でSnuffy Smileの栄森さんが彼らの3rdシングルを「メロディック狂必聴ディスク」のヨーロッパ編紹介したことで一気に日本でも知られる存在になりましたね。まじ1曲目からブチあがりな最高なバンド!BUZZCOCKSからバンド名拝借したセンスとメロディーとPOPセンス!たぶんメタル上がりだろうと推測されるギター上手さも最高!メロディック、ポップパンク、パワーポップをブレンドした最高なバンド!(O)

「ドイツの人気者。そしてドイツ生まれの至宝。DOLLのメロディック狂(ヨーロッパ編)で紹介され日本でも一気に知名度が上がった。その楽曲は3rdシングルの曲名にも使われている通りバブルガムでポッピーであり、グループ名の通りBUZZCOCKSでもあり、カバー曲をやっている通りUNDERTONESでもある。全部で7インチ3枚とアルバム2枚。(1999年当時)」(BLOWPOP-T CHEERS! aka グングン)

SQUARE THE CIRCLE “EVERYONE’S A WINNER” CD

ex-NOISE ANNOYSのArneとSvenが結成したドイツハンブルグ産POP PUNK/MELODIC/POWER POPバンドの95年作の19曲入り1stアルバム!ボーカルもNOISE ANNOYSと同じなんでまさしくそのまんまNOISE ANNOYSなサウンド。いやぁ1曲目からブチ上がるキラーソング!ジャーマンバンドらしい癖も何のその!最高にキャッチー!捨て曲なし!前身のバンドはヨーロッパMELODIC狂必聴ディスクでも紹介されたりしてるように、このバンドでもその才能はいかんなく発揮されているのでヨーロッパのPOP PUNK/MELODIC/POWER POP好きは聴いておかなければまずいでしょう。STUKASファンも飛びつけ!(O)

SQUARE THE CIRCLE “CHANGE” CD

ex-NOISE ANNOYSのArneとSvenが結成したドイツハンブルグ産POP PUNK/MELODIC/POWER POPバンドの98年作の13曲入り2ndアルバム!1stはNOISE ANNOYS路線まんまでしたがこの2ndでは落ち着きを見せる所か極上のロックンロールをプラスしながらもキャッチーさを失わない進化が伺える好盤!これまでよりも哀愁な感じも出てきて新たな側面を見せ始めたアルバムでもある。個人的にはスキップする曲も収録されてるけど、やっぱ最高な曲もあるから逃せないわけですよ。(O)

HAMBURG RAMONES “FREE PHIL SPECTOR” CD

ドイツという国はレコ屋にRAMONE PUNKというコーナーが存在すると以前も書きましたが、まさにそのコーナーにぴったりなのがこのHAMBURG RAMONES。、RAMONESしかし、メンバー写真を見ると確かにRAMONESを真似てるけどヅラです(爆)2005年リリースの9曲入り1stアルバムでRAMONESのカバーも2曲収録で、はっきり言ってパーティーラモーンパンクです。酔いどれでいっぱいのライブハウスではすげー盛り上がったでしょう。世界にたくさんいるTHE CRETINSのドイツのラモーンパンクバンド、BYOからリリースしてるSMARTIES、そして後にGIGANTORのJensがやっていたバンドです。RAMONESまんまかよと思っていると、まさにドイツポップパンクな大合唱な曲が潜んでいたりするからこれはDIEなバンドに反応しちゃう人はスルーしたら損しますよ!つまり逃すなってことです。(O)

SHAME ACADEMY “PUNK ROK FOR DUMMIES” CD

Good Vibraionsの映画で再び脚光を浴びているRUDIのBrianと、THE OUTCASTSのGREG、そしてUKアナーコメロディックF.U.A.L.、STALAG 17、そんで再結成後のOUTCASTSに加入しているPetesyが00年代中期にやっていてわずか1枚のアルバムをフランスのCombat Rockからリリースしていたアイルランド産パンクロックバンドSHAME ACADEMYのそのアルバムです。アルバムとしてはスタジオ録音12曲に、ライブ音源14曲をボーナスで収録した26曲入り。ライブはRUDIやOUTCASTSの曲を始め往年のパンクロック代表曲をカバーしたやつで面白みないけど、オリジナルがもちろんRUDIっぽいんだけど、俺的にはTHE SECTお初期に近いと思うんだよね。で、やっぱりCombat Rockなんで、DEVIATORSっぽさもあてCHEERS! PUNK RADIOでグングンが選盤するレコード好きな人はチェックしたほうがいいよ!(O)

SHOP(通販)はこちらから




6月-23-2020
Filed Under (新入荷) by wsrecords

本日はこちらをアップ!すげー懐かしいの出てきたわw

VARIOUS ARTISTS “TOUR EP3″ 7”

SPEEDOWAXのツアーエディションシングル第三弾がみつかりました!2000年にRHYTM COLLISIONのUKツアーに合わせてリリースされたもので、当時、SPEEDOWAXの国内流通をやっていたのでその時の新品デッドストックが出てきたよ(元々コピージャケなのでよれがありますよ)。ちなみに公称100枚限定ですが実際はジャケ違いもあるんで200枚から300枚だと思われます。いずれにしても新品デッドストックだし、SPEEDOWAXの初期リリース作品なのでUKメロディックファンは持っていて損はないです。持っていなかった人はこの機会にどうぞ!(O)

SHOP(通販)はこちらから




6月-22-2020
Filed Under (新入荷) by wsrecords

これ前回の公約ね。何の大改革もしてねえ(爆)WSハウスの前の電柱に防犯カメラつけられそうになったわwww
本日はこちらをアップ!BOSS TUNAGEのDIAZ BROTHERSに続く新作はこちらでございます。リリースを記念して、残りわずかのJADED EYESの旧作をスペシャルプライスにしました。無くなり次第、ソールドアウトとなりますよ。

JADED EYES “CALL OF THE VOID” LP+CD

90年代初頭から2000年代初頭にかけて精力的に活動し、バンド名のみでも知れ渡らせているブッチ切れの壮絶テンションのUKスラッシュハードコアバンドVOORHEESのメンバーRich (ギター)とSteve(ベース)がシーンに返り咲いた事で一部で話題になったGOVERNMENT ISSUEの曲名からバンド名を付けた現行DAG NASTYスタイルを見せつけたJADED EYESの5年ぶりの新作アルバム3rd!ハードに熱いメロディーをのせたエモーショナル・サウンドは変わらずLIFETIMEやKID DYNAMITEとは異なる、PAINT IT BLACKスタイルは今作も健在!イギリス国内ではかなりの人気を誇っているが日本ではまだまだ知名度は低い。今作で一気に知れ渡ることとなるのか?!

SHOP(通販)はこちらから




6月-19-2020
Filed Under (新入荷) by wsrecords

Kurt Blochが積極的に動き続けてますよ。初期音源を編集しアナログでリリースしたリイシューシリーズ2作品に続いて今度はCDオンリーだけど、アルバム”ZUCKER”を丸ごとリミックスをしてリイシューです!FASTBACKSなのに限定300枚なので速攻でソールドアウトすると思うんでお早めに!
今日からプロ野球開幕です。

FASTBACKS “ZUCKER 2020” CD

Sub Popへと移籍して93年にリリースされた”ZUCKER”が再びKurt Blochのリミックスにより新たなに命を吹き込まれリリース!Sub Popということで音を聴いて判断しない日本のメジャーのおかげでグランジ一派という紹介をされた時にはずっこけさせられましたけど、しかしそのおかでで日本でライブも観れたし、人気も出たのも事実ですが… リミックスされた2020年バージョンにはオリジナルに収録の14曲に加えて、その時代のシングルやコンピ提供曲もボーナストラックに追加されて20曲になっています。リミックスされたことにより現代の音に生まれ変わってます。しかし、もともとが名作なだけにどう聴いても最高なのは確か!FASTBACKSを好きな人は大喜びな内容だけど、これまであまりFASTBACKSを聴いてこなかった方もこの機会に聴いてみてください!個人的には次は、「Very, Very Powerful Motor」をやってもらいたい!(O)

SHOP(通販)はこちらから