XINGFOO & ROY JAPAN SHORT TOUR 2017

バンドからコンタクトもらって聴いてみたら良いじゃないかと!それで早速入荷の件でやりとりしてたら、インドネシアツアーの後、日本に行きたいんだけど。僕らみたいなバンドでもライブやらせてくれる人いないかな?って言われて早速知り合いで彼らを気に入ってくれそうなBASEMENT BARの高木君、Rhyming Slangのスーさん、sluggermachineの吉野くんに聴いてもらったら気に入ってもらえて3本のライブを組むことが出来ました!ということで急遽ですが5月に東京だけだけど、XINGFOO & ROYのショートツアーとなりました!

XINGFOO & ROYはtoe、malegoat、fallsといった日本のバンドも大好物だというシンガポール産のトリオバンドです。エモリバイバルの波は確実にアジアにも広がっていますね。INTO IT. OVER IT.、GET UP KIDS、falls、does it float、SUMMERMAN、曲によってはMILES APARTなんかも彷彿させてくれるエモからメロディックな方にまでおすすめできるバンドです!このバンド相当いいですよ!この手のサウンドが好きな人はぜひ彼らのライブに足を運んでください。
ちなみに最近知ったんですが、今度うちでリリースするインドネシアのeleventwelfthとインドネシアツアーの時3回位一緒にやるようです。世の中狭いねってまた痛感させられました(笑)

5/18(木)下北沢THREE
OPEN 18:30 / START 19:00 ADV.2000 / DOOR 2500(+1D)

SMELLS&TKG pre. 『T3』
-Xingfoo&Roy(from Singapore) JAPAN TOUR 2017-

出演
Xingfoo&Roy(from Singapore)
Lucie
Too 渦
and more…

5/19(金)高円寺Sound Studio DOM
open:19:00 start:19:15

bnj(花とひとびと)& Sue(Rhyming Slang)合同企画
Xingfoo&Roy Japan tour 2017

出演
Xingfoo&Roy(from Singapore)
Goodbye Gangsters
outhouse map
Bug
SUMMERMAN

FOOD(屋上):所さんのまぜそば

5/20(土)横浜天王町スタジオオリーブ
open/start:TBA

出演
Xingfoo&Roy(from Singapore)
slugger machine
hue
without
60’whales
and more…

現在手に入る音源はこちらです
XINGFOO & ROY “10 DATING TIPS FOR THE SPINELESS YOUTH ADDICTED TO PORNOGRAPHY” CD



WILD ANIMALS無事に帰国し日常生活に戻っているとのことです。
ブッキングしてくれた各地のみなさん、各地で対バンしてくれたバンドのみんな、会場に足を運んでくれてみなさん、ツアー中の俺らを泊めてくれたみなさん、Twitterで告知拡散してくれたみなさん、そしてもちろん一緒に回ってくれたTURNCOATの三人、本当にありがとうございました!みんなのおかげでまたツアーを回ることが出来ました!最後に空港に送って行ったとき、メンバーが涙ぐみながら体半分を日本に置いて帰りたいって言ってくれてました。それくらい、彼らは良い思い出をみんなからもらうことが出来たんで最高だったんじゃないでしょうか!
WILD ANIMALS音源以上にパンクで、ライブだと特に炸裂しまくるBIG MUFFのバーストギターがすごかった。ギターのジェイミーは90’sインディーロック大好きっ子ってのが出まくってる感じで、USインディーから現在進行形のエモリバイバル/インディーロックのバンドやレコードの話で終始盛り上がった。で、ベースのフォン。彼はレーベルもやっててE 150やSPORTまでもリイシューしちゃうくらいなんで、ハードコアからエモリバイバル、さらにLOOKOUT!なポップパンクまで大好きな雑食で、俺とお互いにお前のストライクゾーン広すぎるってレコード見ながらいつも突っ込みあってました。ドラムのポーラもパワフルなドラムとあの声でのコーラス最高だったな。で、意外にもメンバー一番の激情エモ好きだった。だから、すぐ泣くのか(笑)けど、空気読んですっげーいい子。年末には新作のレコーディングに入るそうなんでそれマジで楽しみだぜー。今回のツアー中に新曲もやっててそれ良かったからね!アルバムだけじゃなくて、ACCIDENTEとのスプリットもやるみたいですよー。
メンバーみんな2つのバンド掛け持ちでやってるんで、そのバンドも今後紹介していこうかなって思ってます。けど、それはまた別の機会で。近日中にフォンのやってるレーベルLa Agonía De Vivirから入荷しまーす。
また、ツアーの際にはよろしくお願いします!

感謝:TURNCOAT、SHIPYARDS、下北沢Three、小坂くん(BLACK HOLe)、HAYASICKBOY + killerpass、NAVEL、POVLACION(インフルで残念だった)、鶴舞Daytrip、中村さん + Recordshop ANSWER、岡田君 + THE NOUP、MASSGRAVE、BOMB KETCH、Excuse To Travel(京都)、キミくん(THE LAST)、Crazy Mama 1、江上くん + Vespers、THE ABSENTS、BIG CITY、bows、徳島 Crowbar、瀬尾くん(SILVERWIGS)、南ちゃん + YELLOW KNIFE、Diskover、FIVE NO RISK、AKKA、マサカリ、THE BRYAN、火影、みんな本当にありがとう!


4月
03

BTRC110J: ANTI SYSTEM “AT WHAT PRICE IS FREEDOM?” 12″+CD

※4月下旬発売
※国内流通盤限定帯付

ANTI SYSTEM is BACK!!!2014年に復活を果たし、現在はオリジナル・メンバーであるVarik、Mick、Markに新しいシンガーであるDean、そしてドラマーにVARKERSのKevというラインナップで精力的にライブを行ってる模様!過去の作品は近年イギリスのANTI-SOCIETYより再発されたのも記憶に新しいですが、初期のアナーコ色の強いハードコアからシンガーが代わり更に怒りを倍増させた重圧な85年のアルバムの延長とも取れる、DISCHARGEを基本にしながら攻撃的でスピーディーなメタリック・スラッシュ・サウンドは健在!不穏なアルペジオでいきなり3分もあるイントロからスタートした時には言葉を失いかけましたが、これぞUKメタリック・スラッシュ・ハードコアな攻撃的かつ性急な新曲3曲に、85年リリースされた1stアルバム『NO LAUGHING MATTER』に収録曲されている“Don’t Worry”と“Wot! No Meat?”を再録!“Don’t Worry”のオリジナルはツイン・ヴォーカルが捲し立てるスラッシュでしたが、スピード感も増し衰えなど全く感じさせないパワーは十分!“Wot! No Meat?”はよりハードロッキンになってますけど。見た目はかなり典型的なオッサン体系になってもその攻撃性は失なわず!

(収録曲)
A1. At What Price Is Freedom?
A2. False Flag Media
B1. Eyes Wide Shut
B2. Don’t Worry
B3. Wot! No Meat

YouTube Preview Image
3月
23

WS164: GIRLFRIEND “A Boy’s Dream” CD

※2017年5月17日リリース予定
※DiSGUSTEENS / SUSPENDED GiRLS シモジ氏によるライナーノーツ
※MUTANT POP RECORDS公認のオマージュジャケ

FOR FANS OF: LOOKOUT! RECORDS、MUTANT POP RECORDS、90’sポップパンク、SONIC SURF CITY、THE CHROMOSOMES、LOS SUMMERS

「Pop Punkバンドをやるよりはモテそうな(邪推)バンドのメンツが集まっているんですが、実は皆こういうの、好きなんですね。メンバーとは昔からちょくちょく話すのですが、そのPop Punk愛については良く知るところなので、ようこそよろしくって感じですわ。各々の幅広い支持層にPop Punkの素晴らしさを伝える伝道師と成りうる、良い教典になったと思います。本作を機にシーンに新しい風を吹かせてくださいな。」シモジコウタ(沖縄にて)

WATERSLIDEが共同で国内の3コードポップパンクバンド発掘の目的でリリースしているシリーズの最新作は東京のドリーム・ポップパンクバンドGIRLFRIENDの6曲入りミニアルバム!東京のTHE HUM HUMS、札幌のFELIX!(THE BAND)に続く作品となりますが、今回のこのバンド、活動期間としては若手ではあるのですがちょっと異なるかもしれません。UNITED SKATES、THE SENSATIONS、The Yesterday、yellow gang、the mornings、DICKERVE、TROPICAL GORILLAと錚々たるバンドで活動するOSAWA17、RED、YAMADA、PONTAからなるメンバー4人が正統派ポップパンクをやりたくて結成しています!WSのコンピシリーズに参加してもらい、自主でリリースしたミニアルバム以降いつ正式な音源をリリースするのか個人的に楽しみに待っていたんですが、嬉しい事にまさかの逆指名でのリリースとなりました。だってさ、アルバム制作途中に聴かせてもらったらバッチリなバブルガムポップパンクなんだもの。まさしく夏真っ盛りなサマーアンセムチューン、ホロリとさせられる50’sテイスト溢れるハートブレイクチューン、さらにスペインのポップパンクのもつスレスレ感を持つヘッポコチューンなどツボを付いたソングライティングはさすが。夏を迎えるにもってこいの耳にこびりつくキャッチーなポップパンクチューンいかがでしょうか!
ちなみに本作のジャケ及びこの解説は、かつて一世を風靡したMutant Pop RecordsのSHORT-RUNCDと言うシリーズをいつも通りオマージュしています。それは、全50作近くも出ているUS若手PopPunkバンドの登竜門的な素晴らしいシリーズでしたよ。

(収録曲)
1. A Boy’s dream
2. Rock changes everything
3. Gonna kill you
4. Dream Girl
5. Be my girlfriend
6. Tonight I’ll be your friend

そして今作の正式リリース前にアルバム完成記念を悲しくも閉店が決定してしまった池袋MANHOLEにてリリースパーティを行います!この日の会場でだけ初売り予定です。ただし、間に合えばですが。間に合わない場合も何とかしますんでぜひ足を運んでください!

GIRLFRIEND presents「A BOY’S DREAM」リリースパーティー

4/10(月)池袋マンホール
ADV./DOOR 1,500 OPEN/START 18:00/18:30

GIRLFRIEND
JIV
MY SHOES MY CAP
THE ROUGES
HAM HAM HAMBURGERS


JAGGER HOLLY & NERDY JUGHEADS JAPAN TOUR

4/28(金)下北沢 Poor Cow アコースティックライブ(※)
4/29(土) : 高円寺 Studio Dom
4/30(日) : 荻窪 Club Doctor
5/1(月) : 大阪 Howlin Bar(※)
5/2(火):大阪 Fandango(※)
5/3(水):名古屋 Studio 246
5/4(木):横浜 Olive Studio
5/5(金):大宮 Sparkling Hearts
5/6(土):武蔵境Statto
5/7(日)秋葉原 Ikebeck Studio

(※)の日はNERDY JUGHEADSは出演しません



未だにカルト的人気を誇るJohnie3のJayがSpastic Heartsの後に結成した現在進行形バンドJAGGER HOLLYが日本ツアーを5月に行う。招聘はTHER NERDY JUGHEADS!
JAGGER HOLLYはヨーロッパではMONSTER ZERO、アメリカではOUTLOUD、SWAMP CABBAGEからアルバムをリリースした絶好のタイミングでのリリース!まじでこんなに現在進行形のバンドが続々来日してくれるようになって最高だぜ!
シンセも入ったごきげんなパワーポップパンクバンドでPAUL COLLIN’S BEAT、KURT BAKERなど好きな人にも絶対受け入れられると思うし、CHEEKS、FEEDBACKS、もちろんTHE QUEERSな3コードポップパンクファンも気に入ってもらえると思う。こういうバンドが気軽に見れるようになるなんて思いもしなかったなぁ。

そしてツアーファイナルの秋葉原ではTHE NERDY JUGHEADSをバックにJohnnie 3の曲もやるかもなんて最高だろ!

がんばれTHE NERDY JUGHEADS!絶賛応援中。ヨッシーのモノマネはSNKのプラブが上手です。


WILD ANIMALS JAPAN TOUR 2017 with TURNCOAT

さあいよいよ来月ももう少しです!スペインから男女混声3ピースアナーコメロディックパンクバンドWILD ANIMALSがやってきますよ。そして四国のTURNCOATが一緒にツアー回ります!各会場の詳細揃い始めましたんでまとめます。ぜひ会場に来てください!


4/5(水)下北沢 Three
WATERSLIDE企画 “LIVEAGE Vol. 72”
OPEN 19:00 / START 19:30 ADV 2000 / DAY 2500
WILD ANIMALS(スペイン)
TURNCOAT(四国)
SHIPYARDS

初日は東京下北はSHIPYARDSを迎えて3マンです。平日何でスタート時間遅めで行きます。いつもより少し長めの演奏時間になると思うんで仕事帰りの人も来てくださいね。

4/6(木)名古屋 鶴舞Daytrip
HAYASICKBOY企画
OPEN 19:30 / START 20:00 ADV/ DAY 2300(1drink込)
WILD ANIMALS(スペイン)
TURNCOAT(四国)
POVLACION(三重)
NAVEL


4/7(金)岡山 Crazy Mama 1
“NOUP PARADE!”
OPEN 19:00 / START 19:30 ADV 1500 / DAY 1800
WILD ANIMALS(スペイン)
TURNCOAT(四国)
Excuse To Travel(京都)
MASSGRAVE
BOMB KETCH
THE NOUP


4/8(土)徳島 Crowbar
Vespers企画
OPEN 17:30 / START 18:00 ADV / DAY 2000
WILD ANIMALS(スペイン)
TURNCOAT(四国)
BIG CITY
Vespers
bows
THE ABSENTS


4/9(日)大阪 火影 「ツアーファイナル」
YELLOW KNIFE企画
OPEN 16:30 / START 17:00 ADV 2000 / DAY 2800
WILD ANIMALS(スペイン)
TURNCOAT(四国)
AKKA
マサカリ
FIVE NO RISK
THE BRYAN
Diskover

各会場共に予約はWATERSLIDEでもメールにて受付しています
前売チケットの予約は
前売り予約(メール受付分): pre-order@watersliderecords.com

予約の際はメールに下記情報をお願いします。
・名前フルネーム:「」
・連絡先電話番号:「」
・枚数:「」

必ずこちらからメールで返信しますので、返信が来ないという方は携帯やご利用のメーラーのドメイン設定を確認して下さい。


3月
07
Filed Under (1.WATERSLIDE, 1.関連レーベル情報!) by wsrecords

WS161: HIGLEY “That’s not me” CD

※2017年4月12日リリース予定
※G-WHIZとFUNSIZE、RIVER CITY HIGH、POSITIVE NOの合体!
※DESCENDETS/ALLのBill Stevenson参加!
※POLLEN、THE ATARISのBob Hoagも参加!
※歌詞対訳付き

FOR FANS OF: DESCENDENTS/ALL、BIG DRILL CAR、G-WHIZ、FUN SIZE、POLLEN、ATARIS、RIVER CITY HIGH

君はG-WHIZを覚えているか?君はFUN SIZEを覚えているか?これ絶対に2016年にリリースされたDESCENDENTSのニューアルバムで興奮した人驚きでしょう!
CHRIMPSHRINEとスプリットをリリースしていることでカルト的人気を誇る80年代後期〜90年台初期に活動していたDESCENDENTS/ALLチルドレンG-WHIZのKevinとGregとDuaneに、そしてこちらも90年代メロディックファンにカルト的人気を誇ったDESCENDENTS/ALLチルドレンFUN SIZEのボーカリストJames(他にもRIVER CITY HIGH、POSITIVE NOで活動してた)、さらにPOLLEN、THE ATARISで活動していたBob Hoagが現在進行形で合体したのがこのHIGLEY。レコーディング3曲を終えた時点でBob Hoagは残念ながら脱退してしまいましたが、残りの8曲は奇跡が起こりG-WHIZと90年代はツアーをしており窮地の友人関係にあるDESCENDETS/ALLのBill Stevensonがドラムを叩いくという奇跡が起こったすさまじい豪華なメンツの新バンド!満を期しての1stフルアルバムはDESCENDENTS/ALLファンは発狂もんのもろにあのサウンド。やりすぎだろってくらいDESCENDENTSしてます。Billのドラムはホント聴けばわかりますよね。ってかこれALLの新作何じゃないかって最初思っちゃいましたもん。しかし聴きこんでいくとJamesの歌の素晴らしさ感じますね。Pollenっぽい感じもあります。ってかJames=RIVER CITY HIGHってイメージ強いんだね。俺はFUN SIZEしか頭になかったけど。
レコーディングはBlasting Room、プロデュースはBill Stevenson、マスタリングはJason Livermoreという完璧なバックアップ体制。一切のスキがない。全CRUZファンマストな最高サウンド!

(収録曲)
1. That’s Not Me
2. 4 Bit Man
3. Goodnight Old Ghost
4. No Need to Know
5. FUP
6. Toledo
7. For a Minute
8. Damne Van
9. 5 Minutes
10. About You
11. This Is…
12. Daddy’s Promise

Guitar: Kevin Carl
Bass: Greg Gleason (Tracks 3, 4, 6, 7)
Duane Kiener (Tracks 1, 2, 5, 8, 9, 10, 11)
Drums: Bill Stevenson (Tracks 1, 2, 3, 5, 6, 7, 8, 9)
Bob Hoag (Tracks 4, 10, 11)
Vocals: James Menefee


3月
07

WS159: F.A.N.T.A. “MAS RAPIDO!!” CD

FOR FANS OF: SHOCK TREATMENT、DEPRESSING CLAIM、FASTFOOD、AIRBUG、SUGUS、SONIC SURF CITY、THE QUEERS、ポップパンク

SHOCK TREATMENT、DEPRESSING CLAIMといった正統派スペインポップパンクを牽引するバルセロナのF.A.N.T.A.のニューアルバムが完成!今作はWATERSLIDE、スペインはRUMBLE Recors、ヨーロッパはMONSTER ZERO Recordsの共同リリースで産み落とします!完全復活を遂げた前作「ASI NO VAMOS A NINGUNA PARTE」のCD盤はリリース後速攻でソールドアウトにしたのは驚きでした。スペインポップパンクってマニアックすぎると思ってたから。でも、彼らのソングライティングスキルは最高だもんね。今作のタイトルは「速いです!」と名付けられた通りいつもよりも転げまくる疾走のラモーンコアチューン収録されてます。が、ミドルテンポの曲はやっぱりバブルガムサーフポップテイストをぶち込んだ激ポップなアッパーポップパンクチューンで最高なのです。もちろん甘酸っぱいメロディー炸裂してるしね!これはTHE QUEERS以降のポップパンクファンであれば大満足してもらえるんじゃないだろうか。「広島観光」って曲もあるんだけど、スペイン語なもんで何を歌ってるのか全くわからないというのがショックです。。スペインポップパンクバンドの中でもクオリティーの高さはFASTFOODと肩を張りますね。けどSONIC SURF CITY好きな人も聴いてくださいね。(O)

(収録曲)
1. Fatal
2. Nunca VI En Directo A Los Ramones
3. Turista En Hiroshima
4. Amor En Descomposicion
5. Te Lo Adverti
6. T.O.C.
7. La Linea Maginot
8. Buscame En El Mas Alla
9. El Pozo De La Chica Muerta
10. Mientras Duermes
11. Una Vida Normal
12. Colecciono Monstruos
13. Esqueletos De Metal
14. Otra Vez
15. Los Locos Del Canonball
16. Vuelve A Mi
17. Tablakamon I (El Dios De Los Surfetas)

SHOP(通販)はこちらから


SATURDAY NIGHT KARAOKE JAPAN TOUR 2017各地詳細出てきてるのでまとめました!

3/4(土)秋葉原スタジオリボレ
NERDY JUGHEADS企画 “REVENGE OF THE NERDY JUGHEADS”
OPEN/START 18:00 DOOR/ ¥1,500

Saturday Night Karaoke
THE NERDY JUGHEADS
WONDERFUL HAPPENS
BELLY BUTTON
THE WOODCOCKS
and more..

3/5(日)高円寺DOMスタジオ
THE CCS企画  “GET YOUR MOOON!! vol.8”
OPEN/START 17:45 DOOR/ ¥1,500

Saturday Night Karaoke
THE CCS
SWEET CHILDREN
THE NERDY JUGHEADS
and more..

3/8(水)早稲田ZONE B
“DANCE MY DUNCE”
OPEN/START 後日発表 DOOR/ ¥1,500+1D ※18歳以下身分証提示で無料(D代別)

SATURDAY NIGHT KARAOKE
JIV
chedder pieces
LIFE IS WATER
UNDERSOCKS


3/10(金)足利大使館
FORTVIVLAN企画 “UNCHAIN GiG vol.19”
OPEN/START 19:30/20:00 DOOR/ ¥1,500+1D

Saturday Night Karaoke
FORTVIVLAN
COOKING CASPER
THE 脱妄ズ
Coke Aloha Sisters

3/11(土)新宿ヒルバレースタジオ
FELIX!(THE BAND) 企画 “TEENAGE FREAKSHOW vol.4”
OPEN/START 後日発表 ADV/ ¥1,500 DOOR/ ¥2,000 

Saturday Night Karaoke
FELIX!(THE BAND)
THE HATHAWAYS(ex-THE EARTHNOID FEDERATION)
KRITICAL HIT
FASTKISS
and more..


3/12(日)横浜・天王町OLIVE STUDIO
BUBBLE AND SQUEAK企画 “POP PUNK SENSEI-TION vol.2”
OPEN/START 17:30 DOOR/ ¥1,500+1D

Saturday Night Karaoke
SUNNY BRANCH
WITHCRAFT ACT
GRILL CHICKENS
FELIX!(THE BAND)
and more..

よろしくお願いします!


2月
07

WS160: Très Oui “Singles Going Nowhere” CD

※2017年3月15日リリース予定
※国内CD盤のみボーナストラック1曲あり

FOR FANS OF: LITERATURE、PAINS OF BEING PURE AT HEART、WILDHONEY、ネオアコ~ギターポップ、80’sブリティッシュ・インディーポップ、 SMITHS、ALPACA SPORTS、ORANGE JUICE

2016年春に突如日本ツアーを敢行したLITERATUREの中心メンバーでありソングライターのNathaniel CardaciとベーシストSeth Whalandがペンシルバニア州フィラデルフィアからテキサス州オースティンに、「寒い」という理由で再び戻り、LITERATUREの初期メンバー1人に地元の仲間2人を加え結成したバンド、Très Ouiの第一弾単独音源が登場!
LITERATUREの1stアルバム”ARAB SPRING”はPAINS OF BEING PURE AT HEARTのKip BermanがTwitterで紹介したことで世界中から注目を集め、日本にも大きな影響を与えたのは皆さんも御存知だと思います。そして目下のところの最新作2ndアルバム”CHORUS”はSlumeberlandからと大出世を遂げた彼らですが、寒いから引っ越すというのもいかにも彼らならでは(笑)そういえば、日本ツアーの帰る前日にNateはインフルエンザにかかってたわwww
Très Ouiとしては、LITERATUREの1stアルバムをSQUARE OF OPPOSITION RECORDSと共同でリリースしていたAUSTIN TOWN HALL RECORDSからリリースされたオースティンシーンのバンドを集めたコンピレーションアルバム「SLACK CAPITAL」にひっそりと参加していましたが、単独音源としては今作が正式なレコーディングの第一作目となります。
さて今作、ボーカルは当然のことながら作曲もNateなもんで正直LITERATUREと変わりはありません!あくまでもメンバーが違うためにこの変名でのリリースなので、LITERATUREファンは安心して手に入れてください。シンセが多いのと80’s感覚がこちらのほうが色濃いかな。LITERATUREも見受けられたモータウンを思わせるベースラインのイントロから、まさに彼らなキラキラギターが鳴りまくる「Fall Back」で幕を開け、あれ?LITERATUREな「Prince of Pop」、キラー疾走チューン「Party Planner」、そしてニューウェービーなキラキラポップ「Honolulu」気だるく心地良いスローなインディーポップチューン「Dead Ringer」まで、これLITERATUREの新曲と言っちゃっても全然問題ない5曲に加え、国内リリースのCD盤のみ、ボーナストラックとしてTrès Ouiが一番作曲をした「Phillips Calling」を追加収録した6曲入り。
これでもうLITERATURE終わりなんじゃないかと思って、どうするのか聞いたら、今年中にニューアルバムリリースできるように頑張るよ!とのことなんで、そちらも楽しみにまずはこちらの音源を聴いてください!


(収録曲)
1. Fall Back
2. Prince of Pop
3. Party Planner
4. Honolulu
5. Dead Ringer
6. Phillips Calling(ボーナストラック)