Archive for 4月, 2021

4月-13-2021
Filed Under (新入荷) by wsrecords

ついに到着しましたぜ!ついにこの時はがやってきたのか… RAMONESにサーフを打ち込んだバブルガムポップパンクバンドが90年に産み落とし、CHEERS!世代の音源の中でも入手困難作品の1つであったBEATNIK TERMITESの1st 12″が2021年ついにリイシュー化!かなりの枚数確保できましたが18時から販売開始させていただきます!

BEATNIK TERMITES “S/T” LP

NIRVANAのカート・コバーンもこの12″お気に入りだったことがのちに彼の日記に書いてあったこともレア化を進めてしまったんでしょうかね。この音源探しまくって某eのbayで最終的なビッドで怯え、逃した人も多くいることでしょう(俺もその一人)。ジャンルを問わずリイシューをリリースするイタリアのRadiationのサブレーベルHey Suburbia が、この作品のリリースを発表した時は震えました。しかも、新レーベルの第一弾として。それくらい気合い入ってるんでしょう。しかし、350枚という枚数の少なさから、入荷できるか不安でしたが僕やったった!今作の収録曲はその後の音源に、再録された曲も多いですが、これまでなぜかリイシュー化を拒んでいた今作。今作のみに収録の”Faces”と”Sand Castles”がもしかしたら嫌だったのかもね。でも良い曲なんだけどな。嫌な思い出もあったのかな。オリジナルと比べてみると、ジャケの色がちょい暗い、それから裏のフォントが打ち直してるのかなってところと、レーベル面のアートワークが違うくらいの感じです。でも、メンバーも公認のリイシューなので安心を。リマスタリングを経て、少し今っぽい音になってます。しかし、このレコードは部屋に飾りたいよね。みなさん、ようやく手に入れることができますよ。個人的にもこちらも手に入れたかったイタリアのポップパンクバンドSENZA BENZAの1stアルバムもリイシューされるなんてマジで胸熱です。(O)

SENZABENZA “PERYZOMA” LP

きゃははは、ついにこれ手に入れられた。しかもアナログで!もうね、マジでこのアルバム手に入らなかったんですよ。スペインのファンジンの付録のコンピCDに収録されてて、一発で気に入って必死に探しまくるも、手に入る音源はロックンロールサウンドに変わってからの音源ばっかりで、うーんなんか違うと悶々としてたんですよ。イタリアでは90年代の彼らはRAMONESがやってくればオープニングアクトになっていたようでやっぱり当時から人気あったみたいで、このアルバムもどんどん価値上がって高くて手が出なくて、そしたらついにリイシュー!マジでこれは俺のためなんじゃないかと思いましたね。しかも、ボーナストラックも2曲追加!89年結成、まさにCHEERS! PUNK世代。完璧っしょHARD-ONSのファンでもあった彼らはまじで初期のHARD-ONSの3コードポップパンクチューンが好きだったらドストライクでしょ。THANX欄の一番最初にBlackieの名前があるように親交もあったので当然でしょうね。もちろんスペインポップパンコスも大好物でだろうね。個人的には、初期のGREEDY GUTS、そして外せないのはイギリスのWACTの前身PSEUDO HIPPIESも感じるんですよ。この調子で2ndアルバムもリイシューお願いします!このアルバムの前にカセット2本出てるんだけど、それもアナログでだったら欲しいな。(O)

FIFI AND THE MACH 3 “ATTACK THE ZOMBIES” LP

海外のレコードリイシューバブルすげーよ!BEATNIK TERMITESの1st 12″、SENZABENZAの1stアルバムときて、第三弾は日本の北九州市小倉のFifi And The Mach IIIの93年リリースの1stアルバムだぜ!やっぱり当時ヨーロッパツアーを行っているだけに爪痕をしっかり残していたんでしょう。ついにめでたく初のアナログ化!しかもボーナストラック4曲追加。RAMONESCOREをベースにRUNAWAYS、STOOGESといったロックンロールを織り交ぜた唯一無比の存在なのはこのアルバムを今聴き直しても納得だし、だからこそ、BUM、SHOCK TREATMENTとのスプリットや、Screaming Apple、Get Hip、No Tomorrow、Let’s Danceのように多くの海外レーベルからリリースオファーがあったのも当然だろうね。この時期だからみんな手紙でやり取りしてたんだろうな。(O)

THE CRACK “IN SEARCH OF THE CRACK” LP

UKメロディックファンにもおなじみのバンドだよね。名盤コンピ「Underground Rockers Vol.1」にMC4、SECTともに収録されてるもんね。Oiパンクバンドと認知されている彼らだけど、実は音楽性は広くグラムパワーポップも感じさせるほどにキャッチーでポップなパンクロックを聞かせてくれる。この1stアルバムは88年にLinkからリリースされ、その後リイシューはされ続けこのイタリア盤で4回目。それなのに、現在もオリジナル盤の価値は下がらないってすごくない?それも聴いてみてもらえばわかると思う。とにかく、”Don’t Just Sit Here”の半端ない名曲度すげーだろ?哀愁度もバッチリだけどふつふつと盛り上がるようなサビの繰り返しは頭にこびりついて離れないんだもん。おそらく、COCKSPARRORやCOCKNEY REJECTSといったOiパンクの影響だと思うんだけど、89年のこのアルバムは当時のUKの現在進行形のMC4や初期MANIC STREET PREACHERSといったロックンロールバンドとライバルだったからその感じもしっかりと音に現れてんだよね。と、いうことでUKメロディック好きな人でこのバンドスルーしてた人はちゃんと味わってみてくださいな。きっと好きになってくれると思うから。(O)

THE SIMPLETONES “CALIFORNIA” LP

ポップパンクファンならもちろんこのバンドまで掘り下げていますよね?80年代のカリフォルニアで抜群にキャッチーで軽快なパンクロックを3人の立ちボーカルでやってるキッズたち!メンバーにはのちにドイツへ移住しGIGANTORを結成するJayが在籍。とにかく、どの曲もパンクロックなことを忘れるほどにドポップな彼らが残した曲を網羅した20曲収録の編集盤。元々は2002年にPoshboy(CD)、Jay運営のRe-Force RecordsからリリースされてたけどイタリアでRadiationがリイシュー。SIMPLETONESといえばの”California”、VANDALSのJoshも一時このバンドのメンバーだったのでカバーもした”I Have A Date”、まさにキッズなポップパンク”Kirsty Q”、DICKIESの曲をパロった”You Drive Me (Disco) Ape”などなど大好きな曲がてんこ盛り。とにかく歌詞も10代の等身大すぎるアホなところも最高!俺の音楽的嗜好にも大きな影響を与えてくれたバンドです。ドラッグ大好き、気分最高と朗らかに歌う”I Like Drugs”も彼らの代表曲だけど、メンバーは大人になってからオーバードーズで亡くなっていることは内緒にしておこう。(O)

XPOZEZ “SINGLE KILL” LP

のちにINSTIGATORSを結成するAndrewにCRIMINAL JUSTICEと並行にやっていたAndy在籍のアナーコパンクXPOZEZの82年から85年の間にリリースされた5枚のシングル収録の全曲にコンピ提供曲をまとめた19曲入り!スッカスカのサウンドで時におかしなアレンジ(おそらくCRASSっぽい感じやりたかったのかも)もあったりと、すっとぼけな感じがクセになる。たまに顔を出すポップな感じも、当時のUKのハードコアといえばのステレオタイプなイメージとは一線を画すのがこのバンドの面白いところ!UKメロディックの源流とも思える曲もあったりして、この後INSTIGATORSへと続く布石は現れてるんだな。BOSS TUNEAGEの誰得シリーズが続いていたら特集されたバンドでしょう。(O)

DOWN BY LAW “ALL IN” LP

ex-DYS、ALL、DAG NASTYのDaveさんがやってる大ベテランバンドの9枚目のアルバム2018年作。Samはこのバンド加入するためにSLAP OF REALITY、POHGOHのメンバーとやってたBALANCEをアルバムリリース前に脱退するとこいうトレビアも後年出て来ました。もう、ここまでやってると特段変わりはなく、Daveの声と歌、Samのギターワークの絡みがこのバンドの特徴でしょう。驚きこそないけど、やっぱりかなりのレベルの良曲を普通にポンポンと繰り出してくるとこはお化けですね。奇をてらわないことも大事なんですよ。(O)

K.G.B. “KEIN GRUND ZUR BERUHIGUNG” CD

80年代中盤誕生のドイツのSLIME影響下のメロディックパンクロックK.G.B.の87年リリースの2ndアルバムがボーナストラック付きで97年にリイシューされたやつ。新品デッドストックだよ。てんこ盛り盛りなんで、スキップしないと気が滅入るんだけど(笑)やっぱりキタキタっていうキャッチーな曲あるんで、やめられないやつ!ま、万人向けじゃないのはわかってますけど(爆)Incognitoの333XUPDOWNシリーズ好きな人はわかってくれると思う!(O)

THE HYMANS “THE CHAIRMEN OF THE BORED” CDN

RAMONECOREバンドの人気上昇とともにここ最近再評価されている北欧珍ラモーンパンクの一つスウェーデンのHYMANSですが、98年Amp recordsから北米大陸デビューを果たした4thアルバム!1曲目から誰が聴いても疑うことのないRAMONESCORE炸裂で、スウェーデンよりもお隣のフィンランドで活動すべきだったんじゃないかと逆に心配になるほどにラモーンスタイルなんですよね。北米大陸ということでテンション上がってるのかいつもよりもハッチャケた疾走感溢れワイルドな仕上がりになってます。(O)

THE HYMANS “A HYMAN WORLD” CD

4thアルバムと同時に北米大陸のみなさんへ挨拶がわりとしてこれまでの音源からセレクトされた20曲をコンパイルした編集盤。RICHIESと変わりないんじゃ…とかそんなこと言っちゃダメ!RAMONESCOREバンドに理解のあるフィンランドじゃなくてスウェーデンで頑張ってたバンドですよ。20年を経てようやく再評価されて彼らも報われいてるはず!初めてTHE HYMANSを聴く人にはぴったしな一枚だと思う。(O)

こちらも再入荷しちゃってますよ

THE PEAWEES “MOVING TARGET” LP
SQUARE THE CIRCLE “CHANGE” CD
SQUARE THE CIRCLE “EVERYONE’S A WINNER” CD
THE VAPIDS “CHARM SCHOOL DROPOUTS” CD

SHOP(通販)はこちらから




4月-12-2021
Filed Under (新入荷) by wsrecords

こちらも到着!明日もアップしますよー

BRUCE MOODY “FOREVER FRESH!” CD

パワーポップファンにはおなじみののちにWALKEE TALKEE名義でも活動するBRUCE MOODYのコンプリート音源集が登場!何はともあれ聴いてもらったら、嫌いな人なんていないであろうキラキラで完璧な甘酸っぱいメロディーが炸裂!3枚のシングル収録曲に、未発表音源も追加とうれしい限りじゃないですか!世界中でコレクターが狙っているんでオリジナル盤は万超えでしたからね… パワーポップの歴史にひっそりと咲くメロディーメーカーちゃんとフォローしていきましょう!この編集盤には歌詞に加え、未発表写真や本人によるライナーノーツを掲載!(O)

SHOP(通販)はこちらから




4月-12-2021
Filed Under (新入荷) by wsrecords

色々届いていますがまずはこちらから!
スペインのFamily Sphereの勢いが止まらない!マジで今一番スペインで良質なリリースしまくってるんじゃないでしょうか!

PIGGIES “TIME” LP

日本のPiGGiESのリリースも待ち遠しところですがこちらはスペインのパワーポップバンドPIGGIESの11曲入りアルバム。90’s NEO MODリバイバルのBRIGHTON 64、ElefantリリースでおなじみのLES TRES BIEN ENSEMBLEなどをやっていたPabloが90年代にやっていたバンドの唯一のアルバムがついにアナログリイシュー化!オリジナルは99年にMODEL ROCKETSのリリースやBUMのスペイン盤でおなじみのImposible recordsからCDオンリーでリリースされていました。いやいや、これなかなか入手困難な1枚でしたが、この再発はばっちりなタイミングじゃないでしょうか。キラキラしたギターワークにキーボード、そしてパンクなビートがあるからなよってはしていない。レーベルメイトのBUMにMODEL ROCKETSからFEEDBACKS、CHEEKSやBUBBLEGUMといったスパニッシュパワーポップ好きな人でこのバンド聴いたことない人は絶対に聴くべし!このFamily SphereこれからFEEDBACKSのあの名盤”Speedway”もまかさのアナログリイシュー化予定。しっかりとプレス前に予約入れてるんで完成次第入荷予定ですぜ。(O)

こちらもカラー盤で再入荷っと!

K7s “MONDO BIZARRO” LP

SHOP(通販)はこちらから




4月-9-2021
Filed Under (新入荷) by blackie

今年はありがたい事に毎週金曜の恒例となりました委託中古盤の投入です!新たにコレクター様から大量のCDをお預かり致しましので第一弾の投入です!紙ジャケ系が150枚ありますので吟味してみて下さい!廃盤というより昔WSで入荷していた系です。22時にアップされますので是非!CHEERS RADIOでもちょこちょこお伝えしておりましたが、EVERSORの復刻Tシャツが近々サンプルが出来あがると思うので21日の50回目となるCHEERS RADIOで現物の感想をお伝えできるかと!まずは二種類の復刻から!受注は今月末から予定しますのでお楽しみに!(R)

SHOP(通販)はコチラからどうぞ!




4月-7-2021
Filed Under (新入荷) by blackie

ちょっとイレギュラーですが本日22時に委託中古盤アップします!CD100枚近くありまして廃盤も少し混じってます!6セットほどまとめCDセットなんてのもありますが『HA、はっ?』と言わずに勉強用だと思って欲しい方是非(笑)今週の9日金曜には新たにお預かりしております大量の委託中古盤も投入しますのでお楽しみに!(R)

SHOP(通販)はコチラからどうぞ!




4月-6-2021
Filed Under (新入荷) by wsrecords

はい、リリース前から期待のでかかったCAMP TRASHのデビューシングル到着ですよ。新世代エモ/インディーロック好きな人まで、90’sメロディックギターバンド好きな人まで巻き込みそうな予感。

CAMP TRASH “DOWNTIMING” 7″

これはもう最高なやつでしょ!エモ、インディーロックにちょびっと90’sパワーポップも足したような、実際のスピードよりも疾走感を感じる青春系!FOUNTAIS OF WAYNEを郊外の若者がエモよりにさせたような感じか?!とにかく、肩の力を抜いた感じが気持ち良い。2曲目のギターフレーズは完全にUKインディーからの影響なんじゃねーかと思っちゃいますね。OSOOSO、ORIGAMI ANGELに中期LEMONHEADS以降な90’sメロディックギターバンド好きな人までいけるバンドだと思う。最近だとSUPERCRUSHとか。これは、アルバムむちゃくちゃ化けるんじゃないだろうか。やめなければ(笑)(O)

THE GOALIE’S ANXIETY AT THE PENALTY KICK “WAYS OF HEARING” CT+mp3

フィラデルフィアからE!E!のKeithのアンテナに引っかかったエモ/インディーロックバンドのこれがデビュー音源にして1stアルバム!KeithがTHE WORLD IS A BEAUTIFUL PLACE、VERY SECRETARYを思い出させると絶賛してるけど、このバンドはBUILT TO SPILLやRob CrowにKARATE、ヴァイオリンも入っているからKIND OF LIKE SPITTINGなんかも思わせる染みるインディーロックじやないですか!フィリーってことでレコーディングはALGERNONのJoeだしね。つぶやくように歌う男性ボーカルに、ギタポっぽい歌い方の女性ボーカルによる混声ボーカルもポイント高い。疲れ切った夜に体育座りで聴きましょう!(O)

KITTYHAWK “MIKEY’S FAVORITE SONGS” CT+mp3

登場した時はむちゃくちゃ話題になったよね。女性ボーカルKeteを要し、バックもはJOIE DE VIVRE、DOWSINGのメンバーが在籍という女性ボーカルエモ/インディーロックKITTYHAWKの嬉しい編集盤登場!アルバム以外にこれまで発表した音源をまとめた13曲入り。うーんありがたい、ありがたいけどできればアナログで欲しい。けど、アナログでのリリースは予定していないから仕方ない。RAINER MARIA、POHGOH、SARGE、LEMURIA好きならどストライクだよね。(O)

こちらも再入荷!

ANNA FLYAWAY “TOMORROW I WILL TAKE A KNIFE TO YOUR CONFIDENCE” 12″
HIGHTIDE HOTEL “NATURALLY” 12”
KITTYHAWK “HELLO, AGAIN” CD
KITTYHAWK “HELLO, AGAIN” LP
LONG KNIVES “THE SUBJECT” CT
MOUNTAINS FOR CLOUDS “ANXIOUS & AWARE” CT
THANK YOU, I’M SORRY “I’M GLAD WE’RE FRIENDS” LP

SHOP(通販)はこちらから




4月-5-2021
Filed Under (新入荷) by wsrecords

国内からやばいの到着!

SUNDAY MONDAY “HAKUNETU NICHIYO ROKUON” CT

やばいバンド動き出した!コンピ「JET OVER NIGHT」に参加していたEDELWEISSのメンバー松永くんが長い沈黙を破り新バンドを結成。一緒にやってるメンバーもWAFFLESのザブさんという一部の人にはいまだに支持されているバンドをやっていた2人によるバンドの5曲入り音源。もう聴く前から興奮しちゃいました。日本語詩によるそのサウンドはメンバーがLOST LYRICSやDEROZERが好きと言ってるようにユーロポップパンク!初期VINDICTIVES、ドイツの泥臭いの、イタリアのスコスコ、スペインのクセありげなポップパンク好きな人にはドストライクでしょう。DUDOOSをより疾走感出してNOBODYS寄りにしたような感じ?!曲もそうだけど、アートワークもやっぱりすごいセンスだよ。レーベル名のMESOPOTAMIA SYNDICATEであれ?と思った人病気です(笑)カセットというフォーマットでダウンロードコードも一切ついていない仕様も含めてありです。手に入れて是非聴いて欲しい。(O)

SHOP(通販)はこちらから




4月-5-2021
Filed Under (新入荷) by wsrecords

SATURDAY NIGHT KARAOKEのAndresaによるBATTLEBEATSのアルバムがなんとAlien Snatchからリリース!これは逃せないっしょ!

BATTLEBEATS “SEARCH & DESTROY” LP+mp3

このアートワークに見覚えない?そうです、SATURDAY NIGHT KARAOKEのベーシストAndresaなんですよ。でもってこのバンドはAndresaが楽器を全部自分で演奏してるんだよ。SNKの日本ツアーでも彼はTEENGENERATEのカバーをやるくらいガレージパンクロックの大ファンなんだけど、コロナでSNKとして活動できない期間に彼が一人で製作したのがこのアルバム!それを、Alien Snatchが気に入ってアナログオンリーでリリース!まず、Alien Snatchが無名のAndresaのアルバムをリリースしたってのは、相当気に入ったことは簡単にわかるでしょ?!これ相当かっこいいよ。ローファイレコーディングゆえの荒々しい勢いあって、ほとんどの曲が2分以内でシンプルな3コードで掻きむしってるガレージパンクなんだよ。このバンドの結成は、AndresaがSNKツアー中に彼の永遠のアイドル、TEENGENERATEのFifiさんのお店Poorcowに出向いて会ったことから始まってるんだ。このBATTLEBEATSというバンド名も名付けてもらったそうだ。TEENGENERATEが蒔いた種はインドネシアでも育ってます。DEVIL DOGS、PSYCHOTIC YOUTHなどのロックンロールパンク好きな人もチェックを!RAMONESCOREな曲もあり。TEENGENERATEの”Let’s Get Hurt”カバーもやってます。(O)

COCKTAILS “CATASTROPHIC ENTERTAINMENT” LP

サンフランシスコの80’sパワーポップを現行でやっているCOCKTAILSのニューアルバム。これはむちゃくちゃ良い!ノスタルジックなメロディーももちろん良いけど、ギターシンセの女性メンバーとの混声も最高具合にさらにプラスされてる。ってか、メインボーカルの人、松井さんっていうのかよ。松井さんの声も弱くて泣いてる感じすげー会ってるんだよな。THE KNACK、CARS、ROMANTICS、BOYS、20/20なBomp!パワーポップサウンドが好きな人は気に入ってもらえるんじゃないかな。これ、聴いてると今のレコードじゃない錯覚に陥るんだよ。80年代のレコード聴いてるみたいな。でも、それと同時にTEENAGE FANCLUBやPOSIESみたいな感じもする。そう、タイムレスなパワーポップの普遍性の良さが詰まってるって言ったらわかるだろうか?SPEEDWAYSやWHIFFS、REFLECTORSといった現行バンドが好きな人このバンドもチェックですよ!(O)

こちらも再入荷!

TV CRIME “METAL TOWN” LP
REAL TEARS “HAY FEVER” LP
IMPO & THE TENTS “PEEK AFTER A POKE” LP

SHOP(通販)はこちらから




4月-2-2021
Filed Under (新入荷) by blackie

本日も委託中古盤の投入です!廃盤のCDとLPミックスです!珍しい音源もあるので是非!来週は水曜日にも中古盤出します。枚数はありますが内容は普通です(爆)ありがたいことに現在大量の委託中古盤が手つかずでWSハウスにあります。順次進めていきますので送って下さったコレクター様はもう少々出品までお待ち頂けたらと思います。では本日も22時にチェックよろしくお願いします!(R)

SHOP(通販)はコチラからどうぞ!




4月-1-2021
Filed Under (新入荷) by wsrecords

ついにアナウンスできる日がやって来ました!PiGGiESの新作をリリースしまっす!詳細はこちらでございます。

今日はイタリアから荷物が到着してます。

KOMET S/T LP

THE PONCHESとANTARESのメンバーによる新バンドKOMET!イタリアのバンド連中から大絶賛されているバンドなんだけどデビュー音源はいきなり13曲入りアルバムときた!これが予想では完全なRAMONESCOREバンドかと思っていたら嬉しい誤算!もちろんRAMONESCOREの要素もあるけど、そこにSTEVE ADAMYK BANDやMARKED MENなロックンロールなパワーポップ要素もあったりしてその上、BEATLESっぽさもあるんでBUMも思わせるんだよね。6曲目がすげーなんかのパワーポップバンドの曲に似てるんだけど誰だか思い出せない!誰かわかる人教えて!とにかく、どの曲も最初くらいかなと思いきやサビで思いっきりノスタルジックで甘いメロディーになる瞬間がたまらない感じ。わかるっしょ?!(O)

TWISTER “TEN YEARS OF FAILURES” 7″

イタリア・ローマの3コードポップパンクバンドTWISTERの新作登場!このバンド90年代のアメリカの郊外にいたポップパンクバンド彷彿させてくて大好きなんだけど、今作は90年代のMcRACKINSを思わせてくれてむちゃくちゃ良い!んでもってもう1曲はBAT BITESな感じでどっちも良いぜ!ってかTWISTER聴いて思ったんだけどBAT BITES自体がMcRACKINSっぽいのではと今気づいたよ。活動もう少し加速させれば、もっと知名度も人気も出ると思うんだけどな。2曲じゃ全然足りない。そのくらいのレベル高いやつ収録。(O)

NEW REAL DISASTER “TOMORROW WILL COME” CD

MANGESのAndrea運営のStrippedからイタリアの若手バンドのリリース!HONEYに続き女性ボーカルによるRAMONESCOREじゃないメロディックバンドでございます。MANGESのAndreaのレーベルってことでQUEERSもWEASELもリリースしたからってことで想像すると全然違いますよー!このバンドは哀愁度の高いメロディーを持ったパンクロックで、ってかはっきり言うとDISTILLERSを真っ先に思い出すバンド。そろそろStrippedもラモーンなポップパンクだけじゃなくて、イタリアシーン全体を考えて動き始めてるのかもしれないなということが想像できるリリース。(O)

4 WAY SPLIT “VALVE DRIVE / HOPEWRECKER / LILI CHAMP / COLIN FARRELL” 7″+mp3

2012年リリースの音源が新品デッドストックで発見!日本のハイプオーバースロウ!でおなじみのVALVE DRIVEがDESCENDENTSのStephenミックスで参加してるやつ。GAMEFACE/TANKでも活動してるGuyの別バンドHOPEWRECKER主導でリリースのこの音源は、チリのLILI CHAMP、イタリアのCOLIN FARRELLというワールドワイドなメロディックパンクバンドを集めたもの。チリのLILI CHAMPは母国語のスペイン語でもうその時点でポイント高いですね。VALVE DRIVEはもうぶれませんからDr. Strange、マジで彼らの音源集出してあげてくださいよ。インサートの写真を見てください。とても爽やかな笑顔じゃないですか。嘘くさいですけど(笑)HOPEWRECKERは正直おれはGAMEFACE/TANKの方が断然好きですね、はい、このシングルの隠し球はラストのスコスコパンクCOLIN FARRELLです。SOLANAXを倍速にしたかのようなこの勢いはもろにSEPREやHOMEALONEをはじめイタリアのバンドの特権です!あい、僕はCOLIN FARRELLのみで手に入れる価値があると思います!(O)

こちらも再入荷!

ANDREA MANGES AND THE VETERANS “S/T” CD
DEAF LINGO “BUG” LP
HONEY “BLAST” CD
THE MANGES “GO DOWN [REMASTERED]” CD
THE MANGES “PUNK ROCK ADDIO” CD
MEGA “NARCISSISTIC PUNK ROCK DISORDER” CD
PORNA & THE KOKOTS “DISEASE” CD
THE RAZORBACKS “SOMETIMES” CD
THE QUEERS “SAVE THE WORLD” LP (BLUE)
THE SHANGHAIS “SICK OF YOU” 7″

SHOP(通販)はこちらから