CHEERS RADIO Vol.47-20210121

(グングン後記)
月に一度のみんなの憩いの場「CHEERS PUNK RADIO」視聴いただいた皆様ありがとうございます!

2021年1月号は、猫尻欠席でお送りしました。自分、仕事が長引きギリギリの到着で、(自分の中で)準備が十分に出来てなくて、変な入り方したけどまあいいよねw スタジオみんなの困った(呆れたw)表情がラジオでは伝わり難いかもでしたが、彼らのコメントで結構伝わったかなー?w
ていう事で2021年も始まりました!今年もどうぞヨロシクお願いします!!

今回はリスナーからのツイッター、YOU TUBE上で、それぞれで良いCHA CHAがたくさん入りスタジオも盛り上がりました!
それとリクエストが2曲も!本当に嬉しいです!という事で、今後もリクエストはジャンジャン受付中なので、#cheerspunk タグ付きでツイートして下さいませ!今回の放送でお届けした、また今までの選曲リストも記録してますので、是非チェックして下さい!!

みんな、まだまだ不安で不安定な時が続いています。でもそんな時だからこそ前向いて、くつろげて、楽しめる時間を共有していきたいCHEERS PUNK RADIOです。
本当にみんな健康第一!そして来月も「CHEERS!PUNK RADIO」であいましょう!

『今回の前半戦、紹介バンド』

☆GOIN’ PLACES (2000年代初頭から不定期な活動をしてきた、90’S US西海岸(GREEN DAY、MTXなど)を感じさせるPOP PUNKSの約10年ぶりの新アルバム)

☆CARBONA (ブラジリアンポップパンクス!90年代後期からブラジルで活動。ポルトガル語の巻き舌でまくし立てるボーカルに、スピード、メロディー、単弦引き、そしてイタチ声なグループのアルバム)

☆RANDELLS (スウェーデンのサマーポップパンク!女子コーラスも加えたアルバム)

「リクエストタイム」は今回、2枚もリクエストいただきました!ありがとう!どしどしリクエスト送ってくださいませ!

CHU毒 ”だってそうでしょ?

Beaver Feaver “Take It All”

『CHEERS! PUNK RADIO 後半戦の選曲者』

チアーズ1号(@Tsoundnow
オニギリ(@wsonigiri)

Hip Cat’s Records (@HipCatsRecords)(欠席)
Pop Punk Hell(PPH)(@POPPUNKELL4321)

2021年2月は17日(水)の放送予定です!いつもは、木曜日ですが、次回は、水曜日なので逃さずに!
お外でチアーズパンクラジオもやりていなー2021と言う事で、ちょっと会話開始してますw お楽しみに!

ナマ放送のみの『CHEERS PUNK RADIO』
放送時にYou Tube内検索で「cheers radio, cheers punk」などで検索してください!

Twitter アカウント:@tsoundnow, @wsonigiri, @POPPUNKELL4321
Instagramアカウント: tsoundnow, nekoshiri_death

PLAYLIST

2021年、最初の放送は第47回目。今回はぐんぐんが絶妙なテンションで、レギュラー陣も楽しませんてくれて珍回となりました!視聴者プレゼントもすぐに無くなりたくさんの方のご視聴ありがとうございました!次回は2/17で久々の水曜日放送となりますのでご注意を!青木聞いてくれてたかな。あっ、グングンが日本人特集だったんだけど放送終了後に、早速ドイツのFLEX執筆してる人からTHE WORKSの問い合わせがあったそうだよ。すげーな。

Pop Punk Hell(PPH)(@POPPUNKELL4321)

LADIES ROOM – SWAPPING PARTY (1988)

SCROTUM – MISSLYCKAD ABORT (1993)

PEE TANKS – PRO FUN (1993)

LATEBLOOMER- TRUTH (1997)

BUFORD – PEDAL ON (1996)

チアーズ1号(@Tsoundnow

THE MAGNETS – TRY MY LIMIT (1988)

JOKER BOYS – I’M ALWAYS IN HIGH SPIRITS (1987)

THE VANITY – KILL ONE SELF (1989)

THE MAMAT’S – KISS KISS SEX AND KISS (1988)

THE WORKS – PRIVATE MOON (1987)

オニギリ(@wsonigiri)

PAIN – JABBERJAW (1999)

WILLIS – WHITE TRASH (1996)

POPPETS – SEE THAT GIRL (1994)

LE BAMBINE CATTIVE – LOVE SONG (1994)

SKIMMER – MISSING OUT (1994) dedicated to Aoki

放送日前日、Micro PlanやBaggage始め色んなバンドで活動していて仙台メロディックシーンに大きな貢献をした友人である青木が突然亡くなってしまいました。放送の最後に、彼がやっていたMicroplanの曲を流しました。このバンドは、SET YOU FREEの千葉もお気に入りで単独7″もリリースしてた。MicroplanはメンバーはのちにDeedds Not Wordsを結成するキューヘイやヤマべくんによるトリオでしたね。青木そのうちまた会おうね。

MICRO PLAN – PASS AWAY (1997)

BACK TO CHEERS RADIO main

CHEERS RADIO Vol.0 2014/03/28

CHEERS RADIO Vol.1 2014/04/09

CHEERS RADIO Vol.2 2014/12/16

CHEERS RADIO Vol.3 2015/01/28

CHEERS RADIO Vol.4 2015/04/22

CHEERS RADIO Vol.5 2015/07/22

CHEERS RADIO Vol.6 2015/09/30

CHEERS RADIO Vol.7 2015/12/21

CHEERS RADIO Vol.8 2016/06/22

CHEERS RADIO Vol.9 2017/10/18

CHEERS RADIO Vol.10 2017/11/08

CHEERS RADIO Vol.11 2017/11/22

CHEERS RADIO Vol.12 2017/12/20

CHEERS RADIO Vol.13 2018/01/17

CHEERS RADIO Vol.14 2018/02/21

CHEERS RADIO Vol.15 2018/03/14

CHEERS RADIO Vol.16 2018/04/25

CHEERS RADIO Vol.17 2018/06/13

CHEERS RADIO Vol.18 2018/07/18

CHEERS RADIO Vol.19 -20180822

CHEERS RADIO Vol.20 -20180919

CHEERS RADIO Vol.21 -20181024

CHEERS RADIO Vol.22 -20181121

CHEERS RADIO Vol.23-20181212

CHEERS RADIO Vol.24-20190116

CHEERS RADIO Vol.25-20190213

CHEERS RADIO Vol.26-20190313

CHEERS RADIO Vol.27-20190417

CHEERS RADIO Vol.28-20190522

CHEERS RADIO Vol.29-20190718

CHEERS RADIO Vol.30-20190829

CHEERS RADIO Vol.31-20190919

CHEERS RADIO Vol.32-20191017

CHEERS RADIO Vol.33-20191121

CHEERS RADIO Vol.34-20191219

CHEERS RADIO Vol.35-20200115

CHEERS RADIO Vol.36-20200220

CHEERS RADIO Vol.37-20200319

CHEERS RADIO Vol.38-20200423

CHEERS RADIO Vol.39-20200521

CHEERS RADIO Vol.40-20200618

CHEERS RADIO Vol.41-20200716

CHEERS RADIO Vol.42-20200828

CHEERS RADIO Vol.43-20200917

CHEERS RADIO Vol.44-20201022

CHEERS RADIO Vol.45-20201119

CHEERS RADIO Vol.46-20201217

CHEERS RADIO Vol.47-20210121

CHEERS RADIO Vol.48-20210121