CHEERS RADIO Vol.20 -20180919

CHEERS RADIO Vol.20 -20180919

(グングン後記)
遅くなりました!!!DE LYCKLIGA KOMPISARNA (DLK自国の言い方だとディーエルコー(japonica x 参考)のJAPAN TOUR 2018へのいろいろな準備で!すんません!(って言い訳をいうw)

無名、無評価、過小評価でも良質なポップパンクが大好きなヘンタイ(あえて言うw)の憩いの場、 CHEERS PUNK RADIO 視聴ありがとうございました!!!!!!!

今回は、(ネットの)つながりに問題あるとか、WARNINGコメントが出たりとか、いろいろなトラブルがあったようですが、改善できるところはしていきますよーーー。出来るかぎりーーーー!

ということで前半戦は、現行リリースやDLK JAPAN TOURに向けてのバンドや曲を紹介していきました。
FLANDERS72(ブラジルのGREEN DAYの4THニューアルバム, 広島のDUMB RECORDSとの共同リリース!)FLAG OF DEMOCRACY (FOD) (生きる伝説PAハードコアバンドのニューアルバム)
POHGOH(静と動を使い分ける90’S EMOサウンドの教科書に載るべきバンドのNEW ALBUM!)
SPOILERS(現行UKメロディックの台風の目)
eleventwelfth (インドネシア産の00年代以降のエモサウンド!アルバムはWSより!で10月の後半に日本ツアー!!!)
DLK のJAPAN TOURにも出るNobodys(!!)、THE DUDOOSなどを織り交ぜつつの前半選でした!

ワレワレCHEERS PUNKも初日の9月23日にてレコードをかけるので、是非!ライブ現場で乾杯しましょう!(←とっくに終わってるちゅーの!)

そしてCHEERS PUNK RADIOリスナーお待ちかねの後半戦は、チアーズ1号(@ Tsoundnow)、Pop Punk Hell(PPH)(@POPPUNKELL4321) 、オニギリ(@ wsonigiri)、の順にお届けしました!!
今日、流したレコードのセットリストもチェックしてみてくださいネ。

チアーズパンクラジオは「生」放送のみなので、リアルタイムでしか聴けません(笑)、放送時にYou Tube内検索で「cheers radio, cheers punk」などで検索してください。

チアーズパンクラジオではリスナーの皆さまが食い付く様な、ココでしか聴けない、他のトコではピックアップされないような内容、レコード、バンドを各自の視点からのいろいろなセレクションでドンドン紹介していくのでこれからもCHEERS PUNK RADIOをどうぞよろしく!
また、もちろん現行バンドやライブ情報などもバンバン発信していくので、そこらへんもチェックしてもらえればと思います!
チアーズパンクラジオやチアーズ年代(80年代後期から90年代初期らへん)パンクのネタや情報、放送のコメントや感想、または特集やこんなバンドを聴いてみたいなどのリクエストなど、ツイッターやYou TubeのCheers PUNK radioの番組ページなどでタグ #cheerspunk 付きでポスト、ツィートください!!!クダサイ!!!!

勝手に選んだ今回の放送中、放送後のツイート集 #CHEERSPUNK:
「レコードとの出会いは一期一会だかんな!リスナー100人来い!」
「小生www」
「天神局wwww」
「CHEERSPUNK RADIO最高でした。」
リアルタイムじゃなく、あまり追っかけられん!(すいません)#CHEERSPUNKタグでよろしくーーー!

次の放送日は10月24日です!カレンダーにブチ込んでネ!!!
ではまたみんなの憩いの場チアーズパンクラジオでお会いしましょう!!!!!!

Twitter アカウント:@tsoundnow, @wsonigiri, @POPPUNKELL4321
Instagramアカウント: tsoundnow

PLAYLIST
第20回目。PPH復帰するも空回り!で彼は酔っ払って帰宅でしたね。けどやっぱ人数多い方が面白いね。しかもあいつテストプレスオンリーのレコードとか持ってきましたしね。今回も放送開始前にレニーがスピンしてくれて、そこで雑談開始な感じでお送りしました。今後はこのスタイルでやってきます。つまり本編開始前にレニーが彼のレコードを流しそこでああだこうだのレコード談義します。奴もかなりやばいレコード持ってるんで、本編前からお時間あれば聞いてくれたらさらに面白いと思いますよ。

オープニング章
FLANDERS 72

FLAG OF DEMOCRACY

Pohgoh

Spoilers

De Lyckliga Kompisarna

NOBODYS

DUDOOS

eleventwelfth

ラジオ本編はこちらから

グングン
1. BEYONDS – SHE LIKE THE TUBE BOY (1992)

2. STICKS AND STONES – SAVED (1988)

3. LAPSILTA KIELLETTY – SORANMETSASTYS (1993)

4. THE STAND – SAD BUNCH OF PEOPLE (1992)

5. CHEMICAL DOLLS – GIMME SOME HEAD (1989)

PHP
1. MILK-SHED – WHOA (1995)

2. OSWALD FIVE-O – LOST AND FOUND (2008)

3. J CHURCH – YOUR SHIRT (1995)

4. VACANT ANDYS- UNGLUED (1996)

5. S.O.B – NOT ME (1986)

ギリオ
1. ASEXULAS – CONTRA REBEL (1984)

2. GHOUL – Oi Oi Oi (1985)

3. HOUSEBOY – PUKE IS ON THE WAY (1995)

4. DIE SCHNICKERS – Der Göttliche Surfer (1992)

DIE SCHNICKERS – NEVERENDING WELLE (2018)

5. DISGUSTEENS – SIGNED, YOUR # 1 FAN (1998)

BACK TO CHEERS RADIO main

CHEERS RADIO Vol.0 2014/03/28

CHEERS RADIO Vol.1 2014/04/09

CHEERS RADIO Vol.2 2014/12/16

CHEERS RADIO Vol.3 2015/01/28

CHEERS RADIO Vol.4 2015/04/22

CHEERS RADIO Vol.5 2015/07/22

CHEERS RADIO Vol.6 2015/09/30

CHEERS RADIO Vol.7 2015/12/21

CHEERS RADIO Vol.8 2016/06/22

CHEERS RADIO Vol.9 2017/10/18

CHEERS RADIO Vol.10 2017/11/08

CHEERS RADIO Vol.11 2017/11/22

CHEERS RADIO Vol.12 2017/12/20

CHEERS RADIO Vol.13 2018/01/17

CHEERS RADIO Vol.14 2018/02/21

CHEERS RADIO Vol.15 2018/03/14

CHEERS RADIO Vol.16 2018/04/25

CHEERS RADIO Vol.17 2018/06/13

CHEERS RADIO Vol.18 2018/07/18

CHEERS RADIO Vol.19 -20180822

CHEERS RADIO Vol.20 -20180919